★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164 > 852.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
TPP基本合意の内容判明!豚肉482円⇒50円!牛肉は38.5%の関税を9%に!自動車など全ての分野で合意!
http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/852.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 5 月 02 日 15:01:28: igsppGRN/E9PQ
 

TPP基本合意の内容判明!豚肉482円⇒50円!牛肉は38.5%の関税を9%に!自動車など全ての分野で合意!TPPで脱原発も不可能に!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2431.html
2014/05/02 Fri. 14:34:33 真実を探すブログ



日米首脳会談後にTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の基本合意が判明しましたが、その詳しい内容が明らかになりました。各種メディアの報道した記事によると、豚肉の税率を今の482円から50円に引き下げ、牛肉の関税も38.5%の税率を9%に引き下げることで合意したとのことです。また、自動車を含む他の分野でも全て合意し、後はTPPを締結するための手続きを結ぶだけの状態になっています。


ただし、日米共に国内の世論がTPPに対して強く反発しているため、それを説得するまではこの基本合意を非公開する予定でした。どうやら、両国の首脳は世論をある程度納得させることが出来たら、そのまま電撃的にTPPを締結しようとしていたようです。マスコミがこのような事前報道をしてくれたお陰で彼らの目論見は崩れましたが、TPPが締結される可能性が高まっているので、油断をすることは出来ません。


個人的には放射能の汚染が酷い牛肉などはアメリカ産でも良いですが、放射能汚染を免れた豚肉だけは止めて欲しいところです。あと、TPPには国民皆保険制度の解体や、日本の保険制度に米国系の企業が介入することも定められています。全ての分野で合意したということは、安倍首相がこのような分野でも合意したということになるのです。他にもアメリカの投資家が日本政府を訴える事が出来るようになる「ISD条項」等も含まれているわけで、TPPの締結は絶対にするべきではありません。


そもそも、TPPにおける全ての決定権は米国が保有しており、TPPは日本国憲法よりも上位の協定と決められています。日本に有利な条件で合意したとしても、後からアメリカは簡単に修正することが出来てしまうのです。これは日本の国家主権放棄にも等しい協定で、原発などに関してもアメリカから強制されれば、永遠に脱原発は不可能になります。何としてもTPPの締結だけは断固阻止です。
*日本のウランやプルトニウム燃料はアメリカの企業から買っているものが多く、TPPを締結することでそれも対象になる恐れあり。


☆TPP基本合意の内容判明 「豚肉50円」「牛肉9%」
URL  http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140502-00000021-jnn-bus_all

引用: 
TBS系(JNN) 5月2日(金)11時44分配信
 オバマ大統領来日時に決着したTPP=環太平洋パートナーシップ協定をめぐる日米両政府間の基本合意の全容が、JNNの取材で明らかになりました。焦点だった「豚肉」の関税を現在の最大482円から「50円」に、「牛肉」の税率を「9%」に引き下げるなど、全ての項目で合意しています。


 TPPの交渉をめぐっては日米双方とも「重要な進展があった」としているものの、合意したことや内容については明らかにしていません。しかし、焦点となっていた農産品5項目全てと自動車について日米が具体的に合意していたことが、JNNの日米関係筋への取材で明らかになりました。


 まず、豚肉は安い豚肉により高い関税をかける「差額関税制度」を維持する一方、現在1キロあたり最大482円の税率を15年程度かけて「50円」に下げることで合意。また、牛肉は現在38.5%の関税を10年程度かけて「9%」にします。


 コメ、麦、乳製品については、関税を維持する代わりに特別な輸入枠を拡大したり、新たに設定し、国会が求める「関税維持」に沿った合意内容となりました。


 唯一、調整が残っているのは、豚肉の輸入が急増した場合に関税を復活させる「セーフガード」の発動条件についてですが、これによって他の合意内容が変わることはないということです。


 さらに、自動車分野も、関税に加えて市場へのアクセス・安全基準といった非関税分野でも対立していたすべての課題で具体的な合意に至りました。
:引用終了


☆TPP日米交渉 フロマン代表「交渉全体勢いづける十分な前進」(14/05/02)


☆オバマ大統領 来日の成果は? TPP、集団的自衛権 森永卓郎が解説


☆【TPP問題】経済産業省の中野剛志氏が、TPP参加の問題点について解説!!


☆サルでもわかるTPPがヤバい9つの理由 (2013年版)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年5月02日 15:22:11 : GzAgdqT5AM
首相、一層踏み込む「TPP大きな前進」英講演
読売新聞 5月2日(金)14時42分配信

 【ロンドン=志磨力】英国を訪問中の安倍首相は1日夜(日本時間2日未明)、ロンドンの金融街シティーで行われた夕食会で講演し、TPP交渉を巡る日米協議について、「大きな前進だった」と評価した。

 また、消費税率引き上げの影響は限定的だと楽観的な見方を示した。

 オバマ米大統領の来日に合わせた先月下旬のTPP日米協議を巡り、首相は、「大統領と、日本と米国が力を合わせ、交渉参加12か国全体の妥結に向け、交渉を急がせようと約束し合った。大きな前進だったと言える」と強調した。首相は日米が実質的に基本合意した先月25日、「前進していく道筋を確認することができた」と記者団に語っていたが、より踏み込んだ。

 4月から消費税率が8%に引き上げられたことに関しては、「消費を冷え込ませる恐れは、もちろんまだ注意が必要だが、心配したほどではないのではないか。楽観論をとる人たちが増えている」と語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140502-00050071-yom-pol


02. 2014年5月02日 15:34:55 : GzAgdqT5AM
<米通商代表>「重要な一線越えた」 TPP進展に自信
毎日新聞 5月2日(金)11時19分配信

 【ワシントン平地修】米通商代表部(USTR)のフロマン代表は1日、米上院財政委員会の公聴会で証言し、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉について「先週の日米首脳会談で重要な一線を越えた」と述べた。「合意には達しておらず、隔たりを埋める作業は残っている」としながらも、難航する日本との農産品の関税協議を巡って大きな進展があったことを強調し、「一里塚に達し、(12カ国の)TPP交渉全体に大きく弾みをつけるだろう」と自信をみせた。

 日米首脳会談後、フロマン氏が公の場で発言するのは初めて。米議会では、通商協定の権限を大統領に事実上一任する「大統領貿易促進権限(TPA)」の法案成立が難航している。TPA取得はTPP合意のカギを握るとされ、フロマン氏は「与野党の広範な支持が得られるよう協議していきたい」と、議員らの理解を求めた。

 一方、議員からは「日本は円安を誘導して輸出を拡大している。TPPには為替に関する規律を含めるべきだ」と、日本に対して厳しい意見も出た。

 また、訪米中の西村康稔副内閣相は同日、ワシントン市内で講演し、日米首脳会談でのTPP協議について「かなりの進展があり、ようやく先が見えてきた」と指摘。「日米がリードして、早期妥結に向けて連携したい」との意欲を示した。

 日米首脳会談後の共同声明では、TPPについて「2国間の重要な課題について前進する道筋を特定した」と交渉の成果を表明していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140502-00000027-mai-bus_all


03. 2014年5月02日 15:42:49 : GzAgdqT5AM
TPP日米交渉 フロマン代表「交渉全体勢いづける十分な前進」
05/02 13:16
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00267822.html

アメリカ通商代表部のフロマン代表が1日、議会の公聴会でTPP(環太平洋経済連携協定)について、オバマ大統領来日中の日米交渉で、「TPP交渉全体を勢いづける十分な前進を果たした」と述べた。
フロマン代表は「われわれは、焦点の難航分野での市場参入をどのように扱うかについて、重要な一里塚に達する画期的なことがあった」と述べて、農産品などの関税の取り扱いなどについて、進展があったとしている。
日米関係筋によると、オバマ大統領来日の際の日米交渉では、牛肉・豚肉など、農産物の重要5項目の主要な数値では、おおむね一致した一方、日米双方が抱える国内調整を考慮した結果、くわしい内容の発表は見送られたという。
1日の公聴会で、フロマン代表は「合意には至っていない」と述べているが、背景にはこうした配慮があるとみられている。


04. 2014年5月02日 16:18:45 : Ha9fwP7KQU
日米TPP交渉、合意なしとの米政権の判断正しい=米上院財政委長
2014年 05月 2日 06:21 JST
http://jp.reuters.com/news/pictures/articleslideshow?articleId=JPKBN0DH3E620140501&channelName=topNews#a=1
1 of 1[Full Size]
[ワシントン 1日 ロイター] - 米上院財政委員会のワイデン委員長は1日、日米の環太平洋連携協定(TPP)交渉が不調に終わったことについて、この時点で合意しないとの米政権の判断は正しかったとの考えを示した。

日米は前週のオバマ大統領の訪日に合わせ、TPP交渉をめぐり断続的に閣僚折衝を繰り返したが、「大筋合意」に至らず継続協議となった。

この日は日本で交渉に当たったフロマン米通商代表部(USTR)代表が議会公聴会に出席。ワイデン委員長は公聴会の後、記者団に対し「オバマ政権は望ましくない合意が得られるよりは、何も合意がない方がよいと判断した。これは正しい決定だった」と述べた。

TPP交渉には日米を含む12カ国が参加している。

http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPKBN0DH3E620140501


05. 2014年5月02日 17:47:58 : Ha9fwP7KQU
進展以上合意未満が日米両国の認識=TPPで渋谷内閣審議官
2014年 05月 2日 17:25 JST
http://jp.reuters.com/news/pictures/articleslideshow?articleId=JPKBN0DI0FS20140502&channelName=topNews#a=1
1 of 1[Full Size]
[東京 2日 ロイター] - 環太平洋連携協定(TPP)政府対策本部の渋谷内閣審議官は2日午後、記者団に対しTPP交渉は進展以上合意未満が日米両国の認識だと説明し、合意を隠しているとする一部報道を否定した。

 渋谷審議官の発言は以下の通り。

―TPP交渉、進展以上合意未満が日米両国の認識

―甘利・フロマン両大臣、合意しておらず合意隠してもいない

―特定の品目について数字だけの合意との報道、正確でない

―いろいろな配慮から合意公表しないとの報道、否定する

―TPP日米交渉、事実としてかなり進展あった

―フロマン氏も重要な一里塚(threshould)と議会で発言

―TPP交渉、特定品目で合意して隠しているということはない

―TPP合意報道、誤報かどうかためらいある

―日米で数字の議論していないことはない、仮設として議論

―報道されている数字にはコメントしない

―TPP、日米で合意する可能性高くなってきているのは事実

―TPP、日米けんか別れのような状況からは相当前進

―合意とは動かないこと、確定した内容は日米でひとつもない

―「うそをついていると取られる報道は心外」─甘利TPP担当相=渋谷内閣審議官

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0DI0FS20140502?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPTopNews+%28News+%2F+JP+%2F+Top+News%29&sp=true


06. 2014年5月02日 19:45:18 : Ha9fwP7KQU
TPPは進展以上合意未満、特定品目の先行決着ない=内閣審議官
2014年 05月 2日 18:01 JST
http://jp.reuters.com/news/pictures/articleslideshow?articleId=JPKBN0DI0FS20140502&channelName=topNews#a=1
1 of 1[Full Size]
[東京 2日 ロイター] - [東京 2日 ロイター] - 渋谷和久内閣官房審議官は2日、環太平洋連携協定(TPP)をめぐる日米交渉が実は合意していたとの報道が相次いでいたのを受けて会見し、大きく前進したのは事実としつつも、特定品目で合意したが隠していることはないと否定した。

豚肉など特定品目の関税について先行決着することはないと強調した。

<嘘をついたと取られたなら心外と甘利担当相>

オバマ米大統領の訪日と平行して都内で開かれた日米協議について「豚肉と牛肉の税率を引き下げるなど、全ての項目で合意した」(2日TBS)といった報道が相次いでいる。渋谷審議官は「協議前の喧嘩別れのような状態からは相当前進した」としつつ、協議結果について「進展以上合意未満」と表現するにとどめた。 また一連の報道について甘利明TPP担当相が「嘘をついたと取られたならば心外」と述べたことを明らかにした。

<「日米で確定した内容ない」、報道にはコメントせず>

渋谷審議官は、米国があくまで全品目パッケージでの合意をめざしているため「特定品目で先に合意し、隠しているということはない」とした。

報道されている関税率についてはコメントを差し控え、「誤報かどうか(指摘するのに)ためらいがある」とも述べた。交渉では税率などで仮の数値を置いて議論するが、一度決めた内容を米国は次の会合で見直してきた経緯もあり、「合意とは動かないこと」「確定した内容は日米でひとつもない」と指摘した。

(竹本能文)

*内容を追加し、写真を変更して再送します。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0DI0FS20140502?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPTopNews+%28News+%2F+JP+%2F+Top+News%29


07. 2014年5月02日 20:20:33 : GzAgdqT5AM
「豚肉50円」、「牛肉9%」=日米協議で妥協案浮上―TPP
時事通信 5月2日(金)19時46分配信

 環太平洋連携協定(TPP)交渉をめぐる日米の2国間協議で、焦点である日本の豚肉関税の扱いに関し、現在の1キロ当たり最大482円から50円に圧縮する妥協案が浮上していることが、2日分かった。牛肉でも10年以上かけ、関税率を9%に引き下げる案を検討している。日米関係筋が明らかにした。

 ただ、豚肉関税の妥協案では、輸入が急増した場合に関税率を元に戻すセーフガード(緊急輸入制限)の導入を日本側が要求しており、米国の関連業界から反発が強まる可能性がある。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140502-00000123-jij-pol


08. 真実を求めて 2014年5月03日 11:55:00 : YuJuBt3ZxDB0s : ArXofrYji0
原発安全と国民をだまし、次にtppは、国益にかなうとまた国民を騙す。


09. 真実を求めて 2014年5月03日 12:06:47 : YuJuBt3ZxDB0s : ArXofrYji0
国は、国民に嘘をつく

10. 2014年5月03日 15:56:07 : Fx0MAc3H3s
こんな報道があっても
まだ「自民党を信じている」とほざいていた
豚肉業界のお偉方がいました(笑)
ばっかじゃないの!

11. 2014年5月03日 16:45:19 : 85kpqqjgic

まぁまぁ、交渉決裂ということでもなかったんだし、大統領も総理もニコニコ顔だしね。

これでアメリカ産の牛肉が普通に食べられるのは感激ものです。

和牛の肉はサシ入れ過ぎで健康に悪いから、といってオーストラリア産では臭すぎ。

子供の頃からアメリカの小麦と牛肉に飼いならされてるから、今更高い国産など国際価格になるまで食う気しないしね。

農協肥やして何になる。農業を育てず米価運動やって金勘定ばかりしてきた農協が悪い。

農協は農家に利益を還元しろよ、守銭奴が!



[12削除理由]:言葉使い&アラシ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧