★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164 > 885.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
弁護士が語る 3等海佐が「告発」決意した自衛隊の隠蔽体質 内部告発を萎縮させる秘密保護法(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/885.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 5 月 03 日 08:29:34: igsppGRN/E9PQ
 

弁護士が語る 3等海佐が「告発」決意した自衛隊の隠蔽体質
http://gendai.net/articles/view/news/149911
2014年5月2日 日刊ゲンダイ


 海自いじめ裁判



左)岡田尚弁護団長/(C)日刊ゲンダイ


 海上自衛隊の護衛艦「たちかぜ」の乗組員だった1等海士の男性(当時21)の自殺をめぐる裁判で先月23日、東京高裁は国側に約7300万円の損害賠償を命じた。1審から大きく進展したウラには3等海佐の告発があった。1審では自衛隊側の「指定代理人」をしていた3佐の心を動かしたのは、自衛隊の隠蔽(いんぺい)体質だ。岡田尚弁護団長が振り返る。


「裁判の依頼を受けたときに考えたのは、最大の課題は自衛隊側からどれだけの情報を入手できるかでした。普通の民間対民間の裁判と違って、原告と被告のスタート地点が違う。自衛隊側が圧倒的に情報を独占していた。それで、2006年5月31日の第1回裁判以前に『証拠保全』の申し立てなどをしたのですが、裁判所は『自衛隊が証拠を隠したり、改ざんしたりするということは考えられません』とあっさり棄却したのです」


 1審の横浜地裁では「自殺の予見可能性」を認められず、440万円の支払い命令にとどまった。


「がっくりしていたところ、1週間もしないうちに3等海佐から手紙が来たのです。正直、国のスパイかなと思ったし、向こうもそう思われるでしょうねと。私は1年以上、告発の事実を内緒にしていました。彼が免職になるんじゃないかと考えて、報道関係者や裁判所にも明かせず、私が法廷で彼の告発をもとに話していました」


 12年4月18日の控訴審第5回裁判で、3佐が「海自が文書を隠している」と陳述書を提出。隊内の「公益通報窓口」への訴えが退けられた上での決断だった。このことが報道で公になり、同年6月に海上幕僚長が記者会見で謝罪。勝訴への転機となった。


■内部告発を萎縮させる秘密保護法


「一方で、13年6月には3等海佐を懲戒処分の対象にするという手続きがはじまった。しかし、彼は弱音を吐くこともなかったし、公務員は国民のために働くものだと一貫してました。勇気ある行動だと思います」


 だが、「特定秘密保護法」の施行で、3佐のように告発する人はいなくなるかもしれない。


「『アンケートは防衛秘密じゃないから、特定秘密保護法とは関係ないじゃないか』というのは誤りです。今回はアンケートの中身がわかったからそう言えるだけ。もし、特定秘密保護法に違反したと刑事裁判で起訴されたとしても、そこに何が書いてあるか具体的には、少なくとも弁護士や被告側に見せちゃいけないことになっている。だから、皆、罰を恐れて内部告発をしなくなるでしょう。第1回裁判の直前のこちらの申し立てに対し、自衛隊側は『国家の安全等に該当する情報』と言って出し渋ったんですが、実はそれが『いじめアンケート』だったんです」


 これだけでも、秘密保護法がいかに危ない法律かがわかるというものだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年5月03日 08:46:20 : GzAgdqT5AM
海自の文書隠し認める いじめ訴訟、控訴審判決
2014年4月23日12時55分

 海上自衛隊の護衛艦「たちかぜ」の乗組員だった男性(当時21)が自殺したのは先輩隊員(当時)のいじめが原因だとして、遺族が国と先輩隊員に計約1億5千万円の賠償を求めた訴訟の控訴審判決が23日、東京高裁であった。鈴木健太裁判長は、いじめについて海自が調査した文書を「国の担当者らが隠した」と認定。上官らが自殺を「予見できた」とも認め、国などに約7350万円の支払いを命じた。

 文書は国が一貫して「捨てた」と主張してきたが、控訴審で現役の3等海佐(46)が「隠されている」と内部告発。これを受け、一転して国が存在を認めた経緯がある。判決は、これを意図的な隠蔽(いんぺい)だったとした上で「文書は裁判の判断に影響を及ぼす重要な証拠だった」と指摘した。

 2011年1月の一審・横浜地裁判決は、いじめと自殺の因果関係は認めたものの、「上官らが自殺を予見できなかった」として、賠償額を440万円にとどめた。今回の判決では、男性が事前に自殺をほのめかしていたことから、上司らが適切に対処すれば自殺は回避できたとして、一審が認めなかった死亡に対する賠償を認め、大幅に増額した。

 判決によると、1等海士だった男性は04年10月、東京都内の駅で電車に飛び込み、自殺。先輩隊員を名指しした遺書が見つかった。海自は自殺の翌月に「たちかぜ」の全乗組員に、いじめの有無を尋ねたアンケートを実施。先輩隊員が男性を殴ったり、エアガンで撃ったりするなど暴行を加えていたことが判明した。しかし、海自がこうした行為と自殺との因果関係を認めなかったため、遺族が06年4月に提訴した。

 遺族は一審前にアンケートの原本の開示を求めたが、海自は「破棄した」と回答。控訴審で3佐が文書の存在を告発し、海自が開示したことを受けて、遺族側が「組織的な文書隠しで精神的苦痛を受けた」として2千万円の賠償請求を追加した。国側は意図的な文書隠しは否定していた。(千葉雄高)

http://www.asahi.com/articles/ASG4N7KCVG4NUTIL01Q.html


02. 2014年5月03日 11:43:42 : iFAZuBA4iY
3佐ありがとう〜涙が出ます
なかなかできないことです、あなたのような人こそが今の日本に必要です。

03. 2014年5月03日 11:53:17 : rECO3VR0Yg
  アメリカを微妙な思惑でけなす奴がいる。が、カルトな利害で共鳴する観点で騒いでいる。  

04. 2014年5月03日 15:44:13 : Huc46W1eZ6
此れは服貿や核四のほんの少し前に在った、戒厳令癖の抜け切らん直ぐ隣の国の出来事

洪仲丘事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%AA%E4%BB%B2%E4%B8%98%E4%BA%8B%E4%BB%B6
http://www.youtube.com/watch?v=5cn5TfmFwCA

愚者の後を追う愚かさを強く省みにゃならん


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧