★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK165 > 431.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
明日5月15日は、憲法が棺桶に入れられる日です――野党が手を貸す憲法殺し(生き生き箕面通信)
http://www.asyura2.com/14/senkyo165/msg/431.html
投稿者 笑坊 日時 2014 年 5 月 14 日 13:50:28: EaaOcpw/cGfrA
 

http://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/e/2654621447b431b80b74efc5d0fcc3ca
2014-05-14 09:01:36

 日本という国は68年掲げてきた「平和国家」の看板を、惜しげもなく引きずり下ろす決断をすることになりました。明日、安保法制懇という名の安倍政権の「隠れ蓑審議会」が、”なれあい答申”を出して、憲法を根本からひっくり返す動きを本格化させるからです。

 安倍首相は、「日本をめぐる安全保障環境が様変わりした。国民の安心安全を守るためには、憲法解釈を変える必要がある」と強調します。本当に国民の安心安全が危機に直面する予想があるなら、それこそ堂々と憲法9条を改定を国民に問うのが、政治の王道のはずです。

 なによりも、憲法の根幹に関わる事項を変更しようとするなら、まず国民各層の議論を広く行い、意見を集約する手続きを踏むのが筋です。

 しかし、安倍首相がやっていることは、自分の意見と同じ路線のメンバーだけを選んで恣意的な私的懇談会をつくり、お好みの「答申」を出させて、それをいかにも権威ある有識者の「答申」として通用させようとするまやかしをやっています。安保法制懇のメンバー14人は、全員が「行使容認」の立場で、安倍氏の”お友だち”ばかりです。そして、国民各層の広い議論は、やらせない。

 我が国をめぐる安全保障環境は確かに大きく変化しています。国際情勢は時代の移り変わりにつれて、変化するものです。現在は、中国や韓国との醜い角突き合わせが目立っています。中国とは尖閣諸島の”領有権問題”、韓国とは従軍慰安婦問題がにっちもさちいもいかない状態です。

 しかし、これらがにっちもさっちもいかないのは、主として安倍政権の対処の仕方の誤りから生じたものと言えます。

 尖閣諸島問題は先の民主党政権から安倍政権へ政権交代した時が軌道修正するチャンスでしたが、チャンスを活かすどころか、逆に靖国神社にも参拝して、「中国への挑戦状」を突き付ける愚を犯しました。

 安倍政権の政策は、口では「国民の安心、安全を守る」と言いつつ、やっていることは国民を危険の淵に立たせるものです。

 しかも、歴代政権が守ってきた憲法を順守する対場からの「集団的自衛権は憲法解釈上、行使できない」という判断を、あっさりひっくり返し、時の首相のお好みで憲法解釈を変更できるというとんでもない”悪例”をつくることを意味します。

 かつて悪名高いヒトラーは、当時最も民主的と評判だったワイマール憲法はそのままに、別の法律を作って「ワイマール憲法を棺桶に入れた」前例があります。

 麻生副総理兼財務相は先日、「ヒトラーのように気付かれないようにやったらどうか」と言い放ちました。まさしく気付かれないように最高法規の憲法を骨抜きにし、単なるお飾りにしてしまう政治を進めています。

 しかし、野党が自民党寄りになってしまい、国会がブレーキの役割を果たせません。野党第一党の民主党は、党内が真っ二つに割れたまっまだから、党内議論さえもできず、集団的自衛権に対する賛否すら明らかにできない体たらくです。民主党は議論を進め、結論を出す義務があります。結論を先延ばしするだけなら、高い議員報酬を受け取る資格はありません。つまり議員の資格はないはずです。

 民主党の議論先延ばしは、選挙での棄権と同じく、政権党の動きを黙認する機能となります。民主党は有害な老廃物存在ということになります。

 憲法が氏の淵をさまよっているというのに、のんびりと先送りを決めこむ民主党。野党が全く機能しない、大政翼賛政治の実態が立ち現われてきました。

 かくしてワイマール憲法の死と同じ道をたどる日本国憲法。明日5月15日は、日本が戦争に突っ込んでいく布石となった犬養首相殺戮のクーデター「5・15事件」(昭和7年)から82年。憲法を殺すのは安倍首相です。南無阿弥陀仏、なみあむだぶつ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年5月14日 14:08:41 : 183U02GDLU
自民党の解釈改憲推進については、野党側では生活の党の貢献が大きい。

1996年2月、新進党安全保障基本法プロジェクトチームの東祥三座長が寮法9条は国連加盟国の武力行使を禁じた国連憲章第2条と同義であり、国連憲章が国連の集団安全保障措置を補充するため、各国に個別的、集団的自衛権を認めている以上、憲法上も集団的自衛権の行使が認められると解釈できる、との私案を発表した。

小沢は、この東私案の論理に同調する考えを示すと共に、 「日本は国連に加盟するとき、あらゆる手段をもって国連に協力すると表明した。その国連は集団的自衛権を認めている。これまで私は憲法上は制約されるのではないかと考えていたが、論理的には認められると思う」と述べ、小沢調査会以降、一貫して否定的見解を示していた集団的自衛権の憲法解釈を転換する。

その後、新進党所属の議貞の中で、集団的自衛権の憲法解釈について見解が割れる中、小沢は同年6月、集団的自衛権の行使は憲法上、認められないとする従来の政府解釈を批判、 「従来の政府解釈が間違っている訳で、戦後ずっと日本が都合よく楽をするために、そう解釈してきた」、 「政府解釈なんて内閣が変われば変わる」と述べ、解釈を改めることで集団的自衛権の行使を容認すべきとの考えを明らかにした。
http://hdl.handle.net/11094/9248



02. 2014年5月14日 14:12:44 : 183U02GDLU
>>01(訂正)

その後、新進党所属の議員の中で、…


03. 2014年5月14日 18:37:48 : 7bUsMLlvNQ
13年前の小泉フィーバーの改憲騒動を思い出しますね。
間もなく同時テロが起きて、大混乱の中で改憲は忘れ去られました。

04. 2014年5月14日 21:25:06 : QjIraSB4UA
これは馬鹿な国民の選んだ道だ。
そのつけは馬鹿な国民に帰る。
馬鹿は死ななきゃ直らない!
馬鹿を操ってる賢者のみが生き残るという繰り返し。

05. 2014年5月15日 17:03:17 : P9bWXFKhCE
安倍は世間でいわれる所謂ボンボンだものなあ、これまで普通の人がするような苦労(経済的に)もしたことは多分ないんだろう、いまも多分金は不自由しないぐらいはあるんだろう、子や孫のことで将来を気遣う必要など今の様子だとどうもなさそうだ、だから戦争ができる国になれるようなゲームに打ち興じれるんだろうなあ。平凡な国民の一人としてはとてもお付き合いし兼ねるしご勘弁願いたいよ。

06. 2014年5月15日 22:18:51 : Ez7URBx4bY
いっそのこと安倍晋三を棺桶に入れてやりたい。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK165掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧