★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK167 > 287.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「もう公明党は屈服させたから慢心してネタバレしちゃってるのでしょう「機雷掃海」:中野晃一氏」(晴耕雨読)
http://www.asyura2.com/14/senkyo167/msg/287.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 6 月 22 日 00:07:05: igsppGRN/E9PQ
 

「もう公明党は屈服させたから慢心してネタバレしちゃってるのでしょう「機雷掃海」:中野晃一氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/14508.html
2014/6/22 晴耕雨読


https://twitter.com/knakano1970

昨日になっていきなり自民党や外務省が与党協議に持ち込んだ「集団安全保障でも機雷掃海を認めるべき」という話で、ますます訳がわからない、と思っている人に読んでもらえたら。

この話は実は、いかに集団的自衛権を「必要最小限」「限定容認」するというのがありえない話か、よく示している。

ひとつは「武力行使を目的としてイラク戦争での戦闘に参加するようなことは今後もない」と言い切った安倍の記者会見と矛盾せず、戦争のさなか機雷掃海できると政府自民党は思っている、矛盾しないと言って国民をだませると思っているということ。

ようは、戦時中の機雷掃海(ちなみに停戦後の機雷掃海は現行法制ですでに可能)は、「武力行使を目的として戦闘に参加すること」にはあたらないと強弁できると考えているということ。

国際法的にも内閣法制局の国会答弁でも「機雷掃海は武力行使」と認定されているが、安倍首相らは、武力行使を目的とせず、戦闘に参加しないで済む、いわば「守備的」な武力行使として、ホルムズ海峡などでの機雷掃海を位置づけようとしているわけだ。

さすが「積極的平和主義」を掲げているだけのことがある。

日本が武力行使できるようになればなるほど、世界に平和が訪れると信じている安倍ちゃんならでは。

日本が攻撃を受けていないのに集団的自衛権で参加する海外での戦争で武力行使しても、それは「守備的」で「戦闘には参加しない」で済むと。

自衛隊がアンパンマンのようにやってくれば、バイキンマンは「バイバイキーン」「キラッ」と飛んでいなくなる、と。

普通は年中か年長さんくらいまでにはアンパンマンには飽きるけど。

我が国の総理、すごい。

陰気なアンパンマンみたいな顔をしているのは、そういう理由があったのか。

もうひとつは「集団的自衛権で機雷掃海に出掛けていって、途中で安保理の決議があり集団安全保障に切り替わったからと言って、そこでサヨナラと帰るわけにはいかない」という自民党や外務省の主張。

まさにその通りなんだな、これが。

集団的自衛権は、そもそも自国が攻撃されていないのに、他国間の戦争におつきあいで自ら参加しにいく権利だから、明らかに専守防衛を逸脱し、また憲法9条違反。

そこを無視して、他国間の戦争に自分から入っていけるようしておいて、途中で「じゃ、ここまでで」と途中退出することを同盟国も敵国も「お、じゃあまたね!」と許すわけがない。

子どもが夕方校庭で遊んでるんじゃあるまいし。

一度、ありえない解釈改憲をして憲法を無効化してしまえば、その後はいくらでも「必要最小限」な武力行使の幅は拡大できることを、自民党が今とつぜん集団安全保障を持ち出してきたことは明らかにしているわけ。

というか、もう公明党は屈服させたから慢心してネタバレしちゃってるのでしょう。

とにかくなんでもいいから「トロイの木馬」を一頭だけ中に入れれば、あとはどうにでもなる。

「小さく生んで大きく育てる」予定であることを今の段階でばらしてしまっているわけ。

公明党さん、それでも「一定の歯止めは設けた」と学会員そして国民をあざむくつもり?

恥を知れよ。

(終)

> 【緊急拡散お願い】 閣議決定で「戦争する国」にするな! 与党協議で勝手に決めるな! 緊急官邸前行動 6月23日(月)19:00〜20:00  場所:首相官邸前(地下鉄国会議事堂前駅) 呼びかけ:解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会 http://kyujokowasuna.com

> イラク戦争のとき、武装集団の人質になった日本の若者に「ふざけんな!」「自己責任だ!」と罵声を投げつけた人々が、今は、邦人保護のため、集団的自衛権の行使を容認せよ、と叫んでいる。邦人保護はただの方便。だまされるまい。解釈改憲、許すまじ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年6月22日 02:50:35 : QBrYpzDGwo
   海上での機雷掃海などそれほど簡単なものではない筈で、そんなに簡単なら原発事故処理などとっくにもう少し何とかなっているものだとは思うから、結局はいざとなったら「想定外だった」などということになり、隊員の死亡も掃海との因果関係は無い、などと誤魔化すのではないかと思うのだが、それはさておき、掃海中に安保理決議によって空爆が決定されたのに帰れるか、一緒に空爆に参加せねばならん、という論理である。
  しかし、戦争というのは、いや戦争に限らず、どんな場合でも「やれることをやる」「やれないことはやらない」というのが人間社会のルールである。ブラック企業ではあるまいし、「何故出来ないのか、貴様ー」などと言って困らせるというのは、少なくとも国際社会ではタブーであろう。
  個人的行動ですら、「やれることをしてくれれば良いですよ」という寛容が社会を息苦しくさせない最低の条件であるのに、国体としての集団行動について、国民一丸を強制するのは民主国家ではもはや無い。国体としての行動にはマネージメントとして撤収、撤退、退却、などがある。これを戦術、戦略と呼ぶが、これ以上の行動は取らない、という戦術を取っての撤退、撤収は全く問題無い。
  国連決議というのも紛糾はするだろう。そんなに早く決議されるわけはないのだから、掃海しながらでも国連決議を目指す方向となれば一時撤収、決議が終わるまで国内で待機すれば良い話である。何ら情報が入らないのでは異常であり、情報を採ることも出来ない幹部では話にならない。
  逐一国際情勢を計り、一進一退の戦略を担うことが出来ないのであれば先の戦争時と変わらない。途中で帰れない、だから包括的に他国と行動を共にする、などというのは、結局のところ、後日想像を絶する事態になっても「他国もそうだったから」という言い訳が出来るというところだろう。
  「撤収すべき時は撤収する」という自立した行動が日本政府には出来ないということが判明したのであるから、益々この話は廃案にするしかないのである。
  

02. 2014年6月22日 09:49:33 : 5lP352kpIs
裏口入学の憲法違反なのに。それに公明がねじ伏せられたのか?

情けないにもほどがある。


03. 2014年6月22日 19:49:45 : DuE7KOXfPY
グリーンに 乗っ取られたり 公明党
学会棄てて 戦争選ぶ

04. 2014年6月22日 20:58:29 : Q9Per7s1Bs
閣議決定したら
公明党は来年の都議選惨敗確定
学会のおばちゃん
こんな報道でるだけでも
かなり怒っているし憤っている
山口なっちゃん公明利権と
学会のおばちゃんの団結と
どっちをとるのだろう
おばちゃんたちにとって
大田は裏切り者決定のようだ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK167掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧