★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK167 > 348.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「高村私案は自公の合作」(西日本新聞)・・・だとすれば、もうこの国はワヤですね。(くろねこの短語)
http://www.asyura2.com/14/senkyo167/msg/348.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2014 年 6 月 23 日 09:29:23: AtMSjtXKW4rJY
 

http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-f8e5.html
2014年6月23日

 7:45のNHKニュースで、エロオヤジの女性差別野次について自民党が今日協議するって言っていた。てことは、夕方までには犯人の首差し出すことになるかもね。

 ところで、今日は沖縄地上戦終結の日。式典には、空想的な安全保障論を振りかざし、度を越したひとりよがりで平和憲法を骨抜きにしようとしているレレレのシンゾーも参加する。どの面下げてってなもんです。

 で、憲法骨抜きの最初のハードルである集団的自衛権行使についての与党協議に裏があるって、西日本新聞がスクープしてます。記事によれば、高村私案とされる「集団的自衛権行使の3要件」ってやつが、実は、「その原案は、公明党の北側一雄副代表が内閣法制局に作らせ、高村氏に渡したもの」だったそうだ。このところの流れを見ると、さもありなんという気がしないでもない。

・自衛権行使「新3要件」公明が原案 自民案装い、落としどころ
 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/96159

 与党協議をしている最中に、レレレのシンゾーが突然国会会期中の閣議決定と言い出したり、多国籍軍にも参加するぞって言ってみたり、やたら強気な姿勢で喚き散らしてたのは、そういうことが裏にあったのだとすれば納得もいく。ようするに、公明党が「3要件」という落とし所を用意したからこそ、極めて過激なことをわざと喚き散らして、でもって与党協議によって、ようやくここまで集団的自衛権行使は限定的になりましたよってことが言いたいわけなんだね。

 そう言えば、全国紙の与党協議の報道のニュアンスも、なんか奥歯にモノがはさまっようで煮え切らないんだよね。この「事実」を掴んでいたからこその曖昧報道だったとすれば、これもまた納得がいく。

 果たして、結末はいかに。ま、これが事実としたら、もう国はワヤですね。

自衛権行使「新3要件」公明が原案 自民案装い、落としどころ
2014年06月20日(最終更新 2014年06月20日 03時00分)

 集団的自衛権の行使を可能とする憲法解釈変更の閣議決定は、19日に行われた安倍晋三首相と公明党の山口那津男代表の党首会談で最終局面に入った。

 解釈改憲の核心は、自民党の高村正彦副総裁が提案した自衛権行使の「新3要件案」だ。特に「他国に対する武力攻撃が発生し、これにより国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される恐れがある」という集団的自衛権行使に絡む文言をめぐり、自公間で調整が続く。

 だが、実はその原案は、公明党の北側一雄副代表が内閣法制局に作らせ、高村氏に渡したものだった。解釈改憲に反対する公明党が、事実上、新3要件案の「下書き」を用意したのだ。

 「私が考える新3要件というものの、たたき台を作ってみました」

 13日の安全保障法制整備に関する第6回与党協議会で高村氏が突如A4サイズの紙を配った。「集団的自衛権の行使はできない」と結論付けた1972年の政府見解の一部を引用し、行使を認める逆の結論を導き出す私案だった。「この紙を見たのは初めてだ」。協議会後に北側氏は明言した。だが、事実は違う。

 政府関係者によると、その数日前に公明党執行部がひそかに集合。解釈改憲で対立する首相と山口氏の「落としどころ」を探るためだった。連立維持を優先させ、解釈改憲を受け入れる政治決断の場でもあった。

 山口氏が「憲法解釈の一番のベースになっている」と尊重してきた72年見解を援用する形で、限定容認と読み取れる原案を内閣法制局に作成させる。北側氏がそれを指示していた。

 原案に自公協議の焦点となる「恐れ」があったかどうかは分からない。しかし、自民党関係者は言い切る。

 「新3要件は自公の『合作』だ」

 ■「平和の党」連立に固執

 公明党が17日に開いた安全保障法制をめぐる会合。

 「被爆国として個別的自衛権の範囲でやりくりしながら、不戦の誓いを守ってきたのではないか」(中堅議員)

 「同じ1972年見解から逆の結論を導き出して論理的な整合性が保てるというのなら、きちんと説明してほしい」(若手議員)

 「政府が示した事例で集団的自衛権が必要だと主張する議員が一人もいないのに、なぜ行使容認の閣議決定案の議論に入るのか」(ベテラン議員)

 19日の会合でも「高村私案には地理的制限がない」といった異論や慎重論が相次いだ。新3要件の高村私案は、党執行部が「下書き」を指示したものだったとは、一般議員は知らない。

 執行部が限定的ながら解釈改憲を受け入れた以上、党内会合はガス抜きの場になりかねない。政府筋は「公明党幹部から『まだ騒ぎますけどすみませんね』と言われた」と打ち明ける。

 だが、安倍晋三首相に譲歩した執行部と、反対を続ける一般議員の溝は埋まっていない。この状況に最も苦しんでいるのが、党内で解釈改憲に最も強く反対してきた山口那津男代表だ。

 弁護士出身であり、防衛政務次官を経験して安全保障政策に精通する。もともとは72年見解を盾に「憲法解釈を変えるなら論理的整合性などを保つ必要がある」と訴えてきた。連立維持のためとはいえ、解釈改憲受け入れの決断を余儀なくされ、じくじたる思いが募る。複数の関係者によると、山口氏が「俺が辞めればいいんだろ」と漏らす場面もあったという。

 しかし、党関係者の一人は言う。「代表辞任は許されない。辞めれば党が『筋を曲げた』と認めることになる。ますます党員や支持者に説明がつかなくなる」

 限定容認論では一致した自公だが、「限定」の範囲をめぐっては、なお大きな溝がある。公明党が最後の抵抗をみせるのが、集団的自衛権の行使による海上交通路(シーレーン)の機雷除去だ。

 戦闘状態での機雷除去は武力行使に当たる。首相は輸入原油の8割以上が通るペルシャ湾のホルムズ海峡を念頭に、日本の生命線である原油確保のため、集団的自衛権による機雷除去が必要だと主張する。

 これに対し、公明党の井上義久幹事長は「首相は国会答弁で『武力行使を目的とした自衛隊の海外派遣はしない』と述べた。矛盾ではないか」とかみつく。

 自民党は、機雷除去を含め、政府が示した集団的自衛権行使の8事例について「新3要件案で全て対応できる」と譲る気配はない。公明党は、自分たちが「下書き」を用意した新3要件案によって、自縄自縛に陥る可能性がある。

=2014/06/20付 西日本新聞朝刊=


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年6月23日 10:40:33 : aIjrukObbg
自公合作ってことは

創価学会はアベノ634で料理された。ってことかな。

ちなみに首相の支持率を介錯すれば

投票率の中の支持率と見るべきで。実は低いのかも知れない。

とどのつまり投票率8〜9割ないと本当の支持率はでないじゃないか。


02. 2014年6月23日 11:39:05 : qQo4zpJqE2
高村は、山口選出だな。

沖縄の代わりは、山口だ。
山口県民、わかっているのか?
岩国市民よ!

山口は県民総意でそうなるのなら、言及しないが、
近所の広島、島根権に迷惑かけたら許さんぞ。
米軍の騒音がひどくなっているのだ。


03. パラノイア 2014年6月23日 21:04:17 : 5cZmKXh9BZOYo : r0K1nj3WdQ
落としどころ、落としどころってよくマスメディア等で表現されてるけど。
何処を基準に落としているのかな?
がっかり党が落とすところはどの位置なんだろうか?w

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK167掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧