★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK167 > 552.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自民党は最悪だが、公明党はブレーキ役の顔をした片棒担ぎである。(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/14/senkyo167/msg/552.html
投稿者 笑坊 日時 2014 年 6 月 27 日 23:01:28: EaaOcpw/cGfrA
 

http://31634308.at.webry.info/201406/article_26.html
2014/06/27 22:34

公明党は、集団的自衛権を認めた。やはり与党に残りたくてしかたないようだ。如何にもブレーキ役というような顔をしていたが、世間体を取り繕うポーズであった。今回の限定的行使容認は、自民党が提案したように思われているようだが、この基本的な考えはむしろ公明党の北川副代表が主導したとニュースでは言われていた。

 今日の自公の交渉の内容は、閣議文章の「てにをは」を一字直しただけの茶番である。この決定の意味することを正確に東京新聞が解説している。


集団的自衛権 公明代表が行使容認 歯止めの確約ないまま
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014062702000140.html

 自公両党は二十七日、十回目の与党協議を開催。政府から正式な閣議決定案の提示を受け、公明党は持ち帰る。

 公明党は二十八日、全国の地方組織幹部を集めた会合を開催し、執行部は閣議決定案を説明する。容認への理解を求め、週明けに執行部が一任を取り付ける方針だが、党内には慎重論が根強い。政府・自民党は公明党との与党合意に達すれば、七月一日にも解釈改憲を閣議決定したい考え。

<解説> 公明党の山口那津男代表が二十六日、集団的自衛権の行使容認に転じた。山口氏は武力行使のための新たな三要件について「二重三重の歯止めが利き、拡大解釈の恐れはない」と言い切った。しかし、既に自公間で集団的自衛権の行使として認められる活動の内容や範囲をめぐって食い違いが生じているように、時の政権が都合よく解釈できる余地を残していることは明らかだ。

 公明党は集団的自衛権の行使容認に一貫して反対の立場を取ってきた。山口氏は昨年七月、「断固反対」と明言。今年四月には、解釈改憲という手法を「憲法の精神にもとる」と批判し、長く維持されてきた政府見解を閣議決定で覆そうとする安倍晋三首相をけん制していた。

 山口氏としては、安倍首相が解釈改憲に強い意欲を示していることを踏まえ、連立政権の維持を優先したとみられる。しかし、結党から五十年にわたって掲げてきた「平和の党」の看板を傷つけ、安倍政権の「ブレーキ役」を期待した国民を失望させるのは間違いない。

 山口氏はこれまで、戦後の安全保障政策の大転換につながる集団的自衛権の行使容認には、国民の理解が不可欠だと主張してきた。だが、各種の世論調査では依然、反対が多い。党内にも異論が根強い。党内の意見集約をする前に、執行部だけで決められる性格の問題ではない。 (生島章弘)


片や、野党第一党の民主党は、集団的自衛権に対して真向反対すると思っていたが、以下の記事のように、党の内部で主張が違うグループが居て、決められないのだ。

こんな一番根幹に関わる考えが違うのだ。先日、民主党が野党再編を言うのなら、まず自党内で再編すべきと述べた所以である。これでは、民主党は全く当てにならない。国民の不幸の極みである。


行使の是非、踏み込まず=集団自衛権で見解―民主
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140627-00000123-jij-pol

 民主党は27日、安全保障総合調査会などの合同総会を開き、政府が安全保障法制整備の与党協議で示した具体的事例に対する見解を決定した。集団的自衛権行使に関わる米艦防護など8事例について、「蓋然(がいぜん)性、切迫性が高いとは考えにくく、今後の検討課題だ」などと判断を棚上げし、行使の是非に踏み込まなかった。
 海江田万里代表は決定後、記者団に「私たちは集団的自衛権の行使ありきではない」と強調したが、同党内では保守派とリベラル派の間で賛否が割れており、明確な方向性を示せなかった。枝野幸男憲法総合調査会長は「限定容認の余地を100%排除したものではないが、限定容認できると認めたものではない」と説明した。 


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年6月27日 23:51:34 : 1I8PtDc3Vf

軍事財閥の犬コロ自衛隊と日蓮は白昼の性交を交わすのか?
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-19/2012031915_01_1.html

腐敗の極にある自衛隊と腐ったカルト創価学会を利用する日米腐敗軍需経済。
http://esashib.com/poor01.htm
31年9月満州事変が起ると,中国大陸全土に抗日運動が広がり,特に上海の情勢は急速に悪化した。
日本軍は抗日運動の鎮圧,満州独立の陰謀から列国の注意をそらすことを目的に買収した中国人に日蓮宗の托鉢僧を狙撃させ,これを契機に 32年1月 28日には租界警備の日本海軍陸戦隊と中国十九路軍との間に戦闘が勃発,2月中旬には日本は陸軍を派遣 (合計3個師団余) ,3月上旬中国軍を上海付近から退却させ,5月停戦協定が成立して陸軍は撤兵した。

http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/409896a2e12ec94196336602a2db27db
1932年(昭和7年)2月16日・日蓮の誕生日
奉天(現・瀋陽)で満州建国会議が開かれた
「関東軍南無妙法蓮華経司令部」での記念撮影
中央でふんぞり返ってるのが我が関東軍司令官の本庄繁である。
ソ連軍が攻めてきた有事の時
女性や子供をほっぽり出して真っ先に
家族を連れて自分たちだけが逃げたあの破廉恥関東軍である。
「願わくはこの功徳をもってあまねく一切に及ぼし、我ら衆生みなともに仏道を成ぜんことを」   法華経化城喩品
1932年(昭和7年)2月16日、日蓮の誕生日に合わせて、奉天(現・瀋陽)で傀儡たちの「満州建国会議」なるものが開かれた。出席者は張景恵、馬占山、蔵式毅、煕洽、そして本庄繁関東軍司令官、板垣征四郎大佐、石原莞爾中佐、片倉衷大尉などである。その会議場には日本侵略傀儡の形跡を消すために日の丸も五色旗も飾られていなかった。
しかしその何もない会議場に只ひとつ、異様な垂れ幕がぶら下がっていたのである。
垂れ幕には肉太な達筆で「南無妙法蓮華経」と書かれていた。
石原莞爾の、
関東軍司令部の、
他人の土地に入り込んでイカれた帝国をでっち上げるコソ泥たちの、正体であった。
左手に国家神道という恥ずべき利権道具を、右手に南無妙法蓮華経・日蓮主義の単細胞的妄想を抱えて、幼稚な男たちが際限のない暴力を行使して行ったのである。
http://esashib.com/mitubishi01.htm



[32削除理由]:無関係

02. 2014年6月28日 01:00:54 : cRee7HBph2
今更もう、そんな事、解かる人には解かり切った事ですよねー。傍若無人振りは酷くなる予感! 

03. ピッコ 2014年6月28日 05:44:17 : ldyqn.PAmBFfI : ITihysr8Mw
>野党第一党の民主党は、集団的自衛権に対して真向反対すると思っていたが、以下の記事のように、党の内部で主張が違うグループが居て、決められないのだ。

すべて海江田さんの党首としての能力不足が原因。 岡田さん、野田さんなど、前執行部の弁が立つ人たちが再び党を盛り返してくれることを期待している。


04. 2014年6月28日 07:51:48 : jknXauazqc

      子曰。巧言令色。鮮矣仁。


        



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK167掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧