★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK167 > 780.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
田原総一朗:選挙が心配で集団的自衛権どころではない?(nikkei BPnet)
http://www.asyura2.com/14/senkyo167/msg/780.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 7 月 02 日 14:10:45: igsppGRN/E9PQ
 

田原総一朗:選挙が心配で集団的自衛権どころではない?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140702-00000000-fukkou-bus_all
nikkei BPnet 7月2日(水)8時1分配信


 憲法解釈の変更により集団的自衛権を使えるようにするための閣議決定案について、自民、公明両党は7月1日午前の与党協議会で正式合意し、夕方に開かれた臨時閣議で閣議決定した。

■政府・与党の国民への説明は不十分だ

 米国など日本と密接な関係にある国が攻撃されたとき、日本が攻撃されていなくても反撃する権利が集団的自衛権である。この行使容認をめぐる議論は国民に十分に説明されてきただろうか。

 毎日新聞6月29日付の世論調査は、「集団的自衛権をめぐる問題について、政府・与党の国民への説明は十分だと思いますか、不十分だと思いますか」という質問と回答を掲載している。その結果は次の通りである。

  十分だ  11%
  不十分だ 81%

 政府・与党の説明が「不十分」と感じている人は81%と圧倒的に多く、国民への説明はまったく不十分と言っていい。

 公明党は集団的自衛権の行使容認については、これまで慎重な姿勢を示してきた。2013年の参院選では「集団的自衛権の行使に断固反対する」と言い、2014年3月に山口那津男代表は「政府が一晩で解釈を変えましたというのは、いかにも乱暴だ」と述べていた。

■自民党内からなぜ反発・反論が出ないのか

 公明党の姿勢は慎重というよりはむしろ消極的だったと言ってもいい。その公明党を説得するため、自民党は与党協議の場で、現行法制では対応できない「15事例」を示した。しかし、多くの事例は「個別的自衛権や警察権で対応できるのではないか」といった反論が公明党からも出され、事例を出せば出すほど矛盾が生じた。

 その矛盾の説明を自民党は党利党略でするものだから、よりわかりにくくなる。公明党も党利党略で協議に応じるものだから、よくわからない。与党協議のやり取りを見ていて、多くの国民がそう感じたのではないか。

 私の不満は、集団的自衛権の行使容認の議論に対する反発や反論が、なぜ自民党内で起きなかったのかということである。本来なら、公明党が反論した程度のことは自民党内で行われてもよかったはずである。

 自民党は右派だけでなくハト派も取り込んだ国民政党だと長いこと見なされてきた。かつて派閥が厳然として存在した時代には、派閥間で“政権交代”が行われ、左右のバランスをうまく取ってきた。

 自民党には宏池会という派閥があった。創設者の池田勇人氏以来、大平正芳氏、鈴木善幸氏、宮沢喜一氏へと受け継がれ、4人の総理・総裁を輩出してきた名門派閥である。あるいは、現在の額賀派(額賀福志郎氏)につながる田中派、経世会があったが、こうした派閥はいずれもハト派である。

 そのハト派の政治家たちが国の針路を左右する重要な局面では大きな力を発揮してきたのが自民党の歴史だ。

■かつて自衛隊の湾岸戦争への派遣に自民ハト派が猛反発

 一例を挙げよう。1990年8月、イラクがクウェートに侵攻したため、国連は多国籍軍の派遣を決定して湾岸戦争が始まった。当時の日本は海部内閣で、小沢一郎幹事長は自衛隊を湾岸戦争に派遣すべきだと主張し、首相の海部俊樹氏もそれに同調した。

 ところが、自民党の野中広務氏や梶山静六氏、古賀誠氏といったハト派が猛反発し、急きょ作成された「国連平和協力法案」は廃案になり、自衛隊を派遣することはしなかったのである。

 自民党の歴代首相を見ると、最近では中曽根康弘氏、小泉純一郎氏、そして安倍晋三氏はタカ派と言えるだろう。たとえば、小泉さんが郵政民営化を進めようとした時、断固反対する人が自民党内にもいた。郵政民営化法案は参議院で否決されると、小泉さんは衆議院を解散し、その抵抗勢力と対決せざるを得なかった。

 これはやや極端な例かもしれないが、このようにかつての自民党ではハト派とタカ派の間で議論が活発に行われ、これにより国民も議論の理解を深めることができたのである。

 こうした自民党内の議論が今、なぜか行われなくなってしまった。

■「論争するゆとりなどない。選挙で必死」

 先日、私は自民党の若手議員による勉強会に呼ばれ、かつての自民党では闊達な議論が行われていたことを話し、「なぜ集団的自衛権の問題では党内議論が行われないのか」「どうして党内でハト派の力が弱くなってしまったのか」と聞いてみた。

 若手議員たちはこう答えた。「論争するゆとりなどない。選挙のことで必死だから」

 地方選出の議員は以前、「金帰月来」と言われた。金曜日に地元へ帰って有権者との会合をこなし、月曜日に上京するという意味だ。ところが、今は少しでも時間があれば、そのすべてを選挙区回りに充てているのだという。

 いかに地元の人たちと会い、握手をしてくるかが最重要課題になっているのだ。だから、集団的自衛権にどんな問題があるのかをじっくりと考え、議論するゆとりなどないのである。

 政策について勉強し議論する時間がないとは、実に危なっかしい状況だといわざるを得ない。自民党は均衡のとれていない政党になってしまったため、公明党にハト派の役割を頼らざるを得なくなってしまったのかもしれない。

■自民執行部に素直に従う議員たち

 政界を引退された森喜朗氏や渡部恒三氏らは、かつて無所属で立候補し、当選してから自民党に入った“やんちゃな政治家”だった。そうした政治家は以前の自民党にはいた。

 しかし今は、党に公認されなければ事実上、立候補するのは難しい。公認されるには自民党執行部の意見に素直に従わなければならず、優等生のような若手議員や立候補者ばかりになってしまう。そんな人が当選後に自分の意見をガンガン言えるのだろうか。

 政治家が選挙区に張り付かなければいけないのは、その一つの原因として小選挙区制の問題が指摘される。1選挙区につき1人を選出するこの選挙制度の下では、政治家がどんどん小さくなるといった批判もある。

 それは政治の政界だけではなく、企業でも同様かもしれない。上司の言うことばかり気にして自分の思ったことを主張できないようなら、会社が活性化し、均衡のとれた成長などしようがない。

 幅広い意見が失われ、バランスの欠いた自民党の姿を見て、私は政治の危うさを感じる。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年7月02日 15:12:26 : FKt2gk5aRx
さすがに日経、さすがは田原総一郎。

森義朗や渡邊恒三のようなカス政治家を持ち上げ、小沢一郎を攻撃する。
小沢がこのときイラクへの自衛隊派遣を主張などしていない。金の段取りをつけただけだ。さらにこのときは国連決議で武力行使するとの決議がなされていた。
国民に対する説明が足りないのでは間違った説明をしているのだよ。
説明自体が根本的に間違っているのだよ。

こんなガス抜きでごまかし電波に重用されてきたのが田原総一郎。


02. 新共産主義クラブ 2014年7月02日 15:33:05 : w0NMVeciJ/Y.. : 183U02GDLU
>>01 小沢信者

>小沢がこのときイラクへの自衛隊派遣を主張などしていない。金の段取りをつけただけだ。


それは間違い。

小沢一郎は、武力行使のためにイラクへの自衛隊派遣を主張していた。

小沢支持者なら、基本中の基本事項だ。

さすがは、小沢信者。 何も知らないで小沢一郎を信じる。創価学会員。


■小沢vs.法制局 湾岸戦争以来の確執 (朝日新聞)

90年の湾岸戦争で、日本は130億ドルの財政支援をしたが、自衛隊を派遣しなかった。

自民党幹事長だった小沢は

「国家が行使する自衛権と国連の活動とは、まったく異質のもの。

(自衛隊が参加する)国連の活動は、武力行使を含んでも憲法に抵触しない」

というのが持論。

小沢率いる党執行部は内閣に湾岸戦争への自衛隊派遣を迫ったが、首相の海部俊樹は態度を明らかにしない。

当時の法制局長官、工藤敦夫は「国連の指揮下でも憲法の制約は及ぶ。正当防衛を除く武器使用はできない」と首を縦に振らなかった。

http://globe.asahi.com/feature/100614/02_2.html


03. 2014年7月03日 12:18:21 : rrhrFN6JLd
02)バイト君。捏造は得意だね。安倍や橋下と同じ匂いがするよ。

04. 新共産主義クラブ 2014年7月03日 13:26:16 : w0NMVeciJ/Y.. : 183U02GDLU
>>03さん

この田原総一朗氏の記事に書かれているように、

小沢一郎と、中曽根康弘、小泉純一郎、そして安倍晋三は、自民党タカ派の同じ穴の狢(ムジナ)です。

小沢一郎は、湾岸戦争時に、イラクへの武力行使のための自衛隊派遣を主張していました。

小沢支持者なら、基本中の基本事項です。

何も知らないで小沢一郎を信じるのは、(創価学会員の)小沢信者です。
 
 
■ 小沢一郎代表講演「安全保障及び自衛権行使のあり方について」  生活の党
 
 小沢一郎:
 
「ずうっと変遷・流転極まりない法制局もですね,
 
つい最近,湾岸戦争のときには,
 
私(わたくし)が何としても,輸送船でも輸送機でもいいから,これに参加すべきだと言ったときに,
 
その輸送を,武力行使の重要な部分であり...
 
何と表現したんだっけな...
 
『武力行使と密接不可分のものである』と『こういうことであるから,憲法違反だからできない』と。
 
こう吐(ぬ)かしたわけです。
 
吐(ぬ)かしたっちゅうのは,本当にあの時のこと思いだすと癪に障るから(笑)言うんですけれども。
 
そう言った。」(小沢一郎)
 
http://www.asyura2.com/14/senkyo163/msg/869.html#c4)□


05. 2014年7月03日 14:16:58 : rrhrFN6JLd
04)創価学会って在日朝鮮人が幹部のねずみ講の事だろ。マルチ商法と同じですな。誰が信じるんだ君たち以外に。俺はお前のような通名の在日が嫌いなんだよ。

06. 2014年7月03日 16:57:34 : aqutAT6gyw

正義と道理が通じない。

脅しが通じて、だまってしまう政治家たち。

どこさいってしまった〜平和を標榜するリベラル派よ〜


07. 新共産主義クラブ 2014年7月04日 09:34:42 : w0NMVeciJ/Y.. : 183U02GDLU
>>05

生活の党の幹部たちは、05のような民族差別的なコメントが、お気に入りです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK167掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧