★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK167 > 843.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本独自の北制裁一部解除へ…特別調査委設置で (YOMIURI ONLINE) :金正恩の権限で調査前進へ  安倍お手柄
http://www.asyura2.com/14/senkyo167/msg/843.html
投稿者 真相の道 日時 2014 年 7 月 03 日 18:09:39: afZLzAOPWDkro
 


最初に私のコメント、次に記事本文を記載します。


[コメント]

■金正恩から特別な権限が与えられ 調査はこれまでになく前進する方向 既にこれは安倍政権の大きな成果

>政府は3日、北朝鮮に対する日本独自の制裁を一部解除する方針を決定した。

>拉致被害者らの再調査のために設置する北朝鮮の「特別調査委員会」が、金正恩キムジョンウン第1書記をトップとする最高指導機関の国防委員会から国内全ての機関を調査できる「特別な権限」を与えられ、実効性のある調査ができると判断した。


以上のように、金正恩から特別な権限が与えられた調査委員会により、調査は大きく前進する方向となりました。

金正恩から特別な権限が与えられたということは、ほとんどオールマイティのカードを北の調査委員会が持つということ。

これは今までにないことであり、大きな成果が期待できます。

そして制裁は一部解除されることとなりましたが、この制裁カードは解除後も使えます。
それは北朝鮮の調査が進まなければ、再び制裁を戻すという手法です。
制裁カードは、解除する方向と動きが悪ければ再度制裁するというように、2度使えるわけです。

北朝鮮は中国との関係が思わしくないこともあり、切羽詰まった状態となっています。
そこを安倍外交がうまく突いたわけですね。

ここまでのところ、安倍総理は北朝鮮相手にうまくやっていると言えます。
今回は大きな成果が期待できるし、有言実行を掲げる安倍総理ならやり抜くでしょう。


[記事本文]

政府は3日、北朝鮮に対する日本独自の制裁を一部解除する方針を決定した。

 拉致被害者らの再調査のために設置する北朝鮮の「特別調査委員会」が、金正恩キムジョンウン第1書記をトップとする最高指導機関の国防委員会から国内全ての機関を調査できる「特別な権限」を与えられ、実効性のある調査ができると判断した。特別調査委は4日設置され、日本政府は同日の閣議で制裁解除を正式決定する。

 安倍首相は3日午前、首相官邸で記者団に対し、「国防委員会、国家安全保衛部(秘密警察)といった国家的な決断、意思決定をできる組織が前面に出るかつてない体制ができたと判断した。『行動対行動』の原則に従い、日本が取ってきた一部の(制裁)措置を解除する」と述べた。その上で、首相は「これはスタートでしかない。全面的な解決に向けて、一層身を引き締めて、全力で当たっていく決意だ」と強調した。

 これに先立ち、政府は3日午前、首相官邸で拉致問題対策本部の関係閣僚会議、国家安全保障会議(NSC)を開催した。

2014年07月03日 13時26分

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140703-OYT1T50070.html?from=ycont_top_txt


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. パラノイア 2014年7月03日 18:30:44 : 5cZmKXh9BZOYo : c65nVJlHdo
さすが、リベラル安倍!
何事も対話が大事です、これからも世界平和の為に頑張ってください。

02. 2014年7月03日 19:09:51 : CBHhmWJKOk
北朝鮮への制裁解除発表と同じ日に在日系タレントの噂もあるASKAが保釈。これが激化した嫌韓レイシズムの緩和を狙って行われたものなのかどうかという部分も注目点。交渉の帰趨もこの動きに沿ったものになると予想されるので並列させて見てゆくのがよさそう。

03. 2014年7月03日 19:53:31 : 0qt5ZqccFo
まだ安心できないけど、できるだけ多くの人に戻ってきてもらいたいね。

おれは、中田は、あの「わざとらしさ」が嫌いだったけど、
日本代表でプレーするときには応援するのよ。

拉致問題で、政治的な揚げ足取りはやめたほうがよいね。

で爺


04. パラノイア 2014年7月03日 20:08:02 : 5cZmKXh9BZOYo : c65nVJlHdo
拉致問題をタブー視してはいけない。
それこそ、北朝鮮やリベラル安倍の思う壺。

05. 2014年7月03日 20:08:10 : 68feSNoMiA
安倍首領さまへの忠誠ぶりはさすがですね!
これからも変わらぬポチぶりを発揮してくださいね

06. 2014年7月03日 20:38:52 : CBHhmWJKOk
朝日政府間の会談

【平壌7月3日発朝鮮中央通信】朝日政府間の会談が1日、中国の北京で行われた。
会談には、朝鮮側から宋日昊外務省大使を団長とする代表団が、日本側からは伊原純一外務省アジア大洋州局長を団長とする代表団が参加した。
会談で双方は、去る5月末に遂げられた朝日ストックホルム合意事項を履行するための今までの活動状況について述べた。
日本側は、対朝鮮制裁解除の内容と手続進行状況などについて詳細に通報した。
朝鮮側は、「特別調査委員会」の権能と構成体系、運営方法、調査形式と方法などを通報した。
双方は、外交ルートを通じて連携を持ちながら、今後必要な措置を取ることにした。−−−

http://www.kcna.kp/kcna.user.home.retrieveHomeInfoList.kcmsf


07. 2014年7月03日 20:46:23 : CBHhmWJKOk
河野談話検証の公表 北朝鮮機関紙が非難「恥を知れ」 2014/07/03 10:35

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は3日、日本政府が慰安婦問題で旧日本軍の関与と強制性を認めた河野洋平官房長官談話の検証結果を公表したことに対し、「反人倫的な犯罪をまたも敢行しようとするもの」と非難した。

 同新聞は河野談話の検証を「過去の犯罪行為に対する責任をどうにかして回避しようと狡猾(こうかつ)に策動した」「世界の世論を欺き、結局は河野談話を否定しようというもの」と主張。日本は自らの恥を知るべきだとした。

 一方、日朝は5月下旬にスウェーデンのストックホルムで日本人拉致問題で合意したことを受け、このほど中国・北京でも政府間協議を行うなど、接触を続けている。

mgk1202@yna.co.kr

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/07/03/0200000000AJP20140703000900882.HTML
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/07/03/2014070301377.html


08. 2014年7月03日 20:55:15 : LBtbDXFoS6
ミサイル飛ばして次はこれ!三歩歩いて忘れる国民相手だとヤラセ芝居も楽でしょうがない、なんて二人で笑ってんのと違うんか?

09. 2014年7月03日 21:00:40 : gf4gGIfLFY
 独裁者の管理国家である北が 
 犯罪行為で拉致した日本人の消息を知らないはずがない。 
 今更調査などと言うのは無知な真相などを単純に騙す茶番。
 生存者の管理は行き届いているが
 死亡したものについての処理までは記録していな。
 敵性国家の人間に無駄な労力はかけないだろう。
 焼却処分などはまともだが燃料にも欠乏していた国だ。
 土葬ならともかく極端に考えれば食糧不足の国だ
 航空機墜落事故では死者の肉を暗い生きのべた実例もあるし、
 よければ食糧に。悪く考えれば家畜や犬猫のエサになった可能性も。
 死亡者は北の官憲でもわからないのが本当のところ。

10. 2014年7月03日 21:03:24 : cRee7HBph2
一人残らず日本に帰国させてから言うセリフではないか? 途中経過だけで大賛美とは恐れ入るねー。アベノミクスの失敗を誤魔化す為に利用?

11. 2014年7月03日 21:48:40 : DfDMPj9LDc
アベの祖父キシは、日本の統一教会の事務所を田布施の自宅で開いた。
統一と北は、深く関わっている。
だって、全部お郷は、朝鮮だもの。
仲間同士で猿芝居やって、飼い主の米戦争屋の尻を舐める犬ども。

12. 2014年7月03日 21:49:47 : CBHhmWJKOk
日本人遺骨問題、遺族ら9人が墓参

朝・日合意後初、協議進展に期待

【平壌発=金淑美】第2次世界大戦の敗戦前後に、朝鮮で死亡した日本人の遺族ら9人が墓参のため6月26日から朝鮮を訪れている。今回の墓参は5月末にスウェーデンで行われた朝・日政府間会談で合意がなされて以降、初めて。

一行は27日に咸鏡北道の古茂山を、28日に平壌・龍山墓地を訪れた。

http://chosonsinbo.com/jp/files/2014/07/ryongsan_R.jpg
平壌・龍山墓地を訪れた日本人遺族ら

後藤忠衛さん(78、宮城県)は69年ぶりに平壌を訪れ、母・ときさんの遺影に手を合わせた。後藤さんは満州からの引き揚げ途中に約1年間滞在した平壌で敗戦を迎え、ここで母を亡くした。龍山墓地を訪れた後藤さんは、「感無量だ。69年間、龍山墓地という地名がずっと頭から離れなかった。日朝両国は敵国関係にあっても、日本人を同じ人間として扱い、墓をきれいにつくってくれた朝鮮政府に感謝している。またここを訪れたい。一日も早く日朝関係が改善されることを願う」と語った。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

http://chosonsinbo.com/jp/2014/07/20140702py/


13. 2014年7月03日 21:53:02 : CBHhmWJKOk
「金日成主席を回顧する日本委員会」発足

主席逝去20周年に際し活動

http://chosonsinbo.com/jp/files/2014/07/DSC_0298_R.jpg
1日に行われた発足会議

金日成主席逝去20周年に際して世界50余の国と地域で「金日成主席を回顧する委員会」が結成され、主席の業績を輝かせるためのさまざまな活動を行っている。

日本でも1日、「金日成主席を回顧する日本委員会」発足会議が東京都内で開かれた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

http://chosonsinbo.com/jp/2014/07/20140703riyo/


14. 2014年7月03日 21:54:49 : dzSvvl4VUI
げりぞーは、統一の信者で朝鮮人だからな。裏で金や北朝鮮とずぶずぶ。

キムチの道が同胞のゲリゾーを褒めちぎるの済州島出身の金日成主義者だから。


15. 2014年7月03日 22:15:37 : 6v7IB354Rc
拉致問題や毎度毎度都合のいいミサイル発射のおかげで北朝鮮の脅威を理由に、望んだ通り、念願の集団的自衛権も通ってしまった。

自称愛国保守の奴らは今すぐヘイトスピーチをやめて、安倍の活躍や手柄まで用意してくれた北朝鮮に感謝することだな。

拉致問題なんか連ドラの展開くらいにしか思っていなんだから、あほらしいにもほどがある。


16. 2014年7月03日 23:55:45 : 3YYPKNP26c
>そして制裁は一部解除されることとなりましたが、この制裁カードは解除後も使えます。
>それは北朝鮮の調査が進まなければ、再び制裁を戻すという手法です。
>制裁カードは、解除する方向と動きが悪ければ再度制裁するというように、2度使えるわけです。

すごい
なに言っているのかわからない。

「制裁は解除すると、二回同じ制裁ができるようになって 二倍になる」ってことですか?

さすが幸福の科学信者の言うことは違います。


17. 2014年7月04日 00:53:47 : CBHhmWJKOk
共和国に対する米国の「脅威」
うんぬんの邪心

この先、米国務省東アジア・太平洋問題担当次官補ラッセルは南朝鮮の有象無象をワシントンに招き入れて、われわれの「核・ミサイル脅威」をうんぬんして米国主導の米・日・南朝鮮情報網構築と南朝鮮に展開されるミサイル防衛(MD)システムに対する共同投資について力説した。

これは米国の反共和国圧殺戦略の実現に日本と南朝鮮のかいらいをより深く引き込もうとする不純な企図の発露である。

冷戦の終息後、この世界でできないことがないかのようにのさばっていた米国がわれわれの前で身動きもできないのを見て、日本や南朝鮮では主人の力が虚像に過ぎないという陰口が出ている。

米国にとって頭痛の種は、日本と南朝鮮が政策的矛盾と対立によって和合できずにいることである。

米国は、手先らのこのような矛盾をわれわれの「脅威」うんぬんで覆い、3者間の軍事的協力を実現して結託した力で反共和国敵視政策を強行してみようとしている。

3者軍事的協力を実現しようとするのは、手先らの財布をはたいて主要諸大国をけん制するための足場を容易く設け、「超大国」の地位も維持してみようとする米国の陰険な術策である。

しかし、米国が明白に知るべきことはわれわれの「脅威」をいくら大げさにけん伝しても、失っている覇権的地位を取り戻すことができないということである。

日本や南朝鮮のかいらいも米国の調子に全的に合わせて踊ることをはばかっているのは現実ではないかとし、米国は自国の境遇をはっきり知って分別のある行動を取るべきである。

http://www.naenara.com.kp/ja/news/news_view.php?0+81683


18. 2014年7月04日 00:57:51 : CBHhmWJKOk
朝鮮半島情勢の緊張激化の張本人、
挑発者も米国

米国の執権層が共和国のありもしない「威嚇」説を引き続き流している。

米国は朝鮮を併呑するために虎視眈々機会を狙ってきた。朝鮮半島の情勢を恒常的な戦争の瀬戸際に追い込んだ緊張激化の張本人、挑発者はほかならぬ米国である。

米国がけん伝しているわれわれのいわゆる「挑発」行為なるものは自主、自衛を重んじる尊厳ある国家であれば、どの国にも当然な権利行使である。

正義と平和を愛する人であるなら、朝鮮半島の事態をいささかの偏見もなしに理性をもって判断してみるべきである。

もし、どの国でも世界の「唯一超大国」と自称する国が過去の戦争に参加した追随諸国の兵力まで動員し、ユーゴスラビア戦争、イラク戦争、アフガニスタン戦争などの侵略戦争で悪名を馳せた核兵器を搭載する戦略爆撃機B52とステルス爆撃機B2A、原子力空母と原子力潜水艦をはじめ最新核戦争装備を大々的に投入して自国に近い地と海、空で戦争演習を行うなら、このような挑発にどのように対応すべきであろうか。

米国がありもしないわれわれのいわゆる「威嚇」説を流しているのには、それにかこつけて自国の軍事費は少なくかけながら同盟国の人的・物的資源をはたき、米国・日本・南朝鮮の3角軍事同盟を構築して周辺諸大国に対する軍事的・戦略的優勢を占め、傾いている「唯一超大国」の地位を維持しようとする陰険な企みも潜んでいる。

さらに重要なのは、第2の朝鮮戦争挑発の準備に拍車をかけようとするところにある。

http://www.naenara.com.kp/ja/news/news_view.php?0+81676


19. 2014年7月04日 19:25:07 : GIShWbRpdQ
宋日昊大使が平壌空港で会見、北京会談を評価

朝・日双方が合意履行状況を共有
http://chosonsinbo.com/jp/files/2014/07/song-333x500.jpg
【平壌発=金淑美】1日、中国・北京で行われた朝・日政府間会談に参加した朝鮮代表団団長である外務省の宋日昊大使が3日に帰国し、平壌空港で本紙の取材を受けた。

宋大使は「双方は5月に朝・日合意を成し遂げて以降の、合意事項を履行するための事業の進行状況を互いに報告、共有した。協議は誠実に行われた」と今回の会談を評価した。

今回の会談で朝鮮側は朝・日政府間合意に沿って「すべての日本人に対する調査」を実施することになる「特別調査委員会」の権限と構成システム、主要メンバー、調査形式と方法を説明した一方、日本側は対朝鮮制裁解除のための実務的手続きに関する手順と進行状況について通報した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

http://chosonsinbo.com/jp/2014/07/20140704riyo/


20. 2014年7月04日 19:42:15 : GIShWbRpdQ
〈月間メディア批評〉 信頼できる報道伝達は「謀略」か


--------------------------------------------------------------------------------

オーマイニュースが5周年

 世界最大の独立系インターネット新聞であるオーマイニュースは2月22日夜、ソウルの世宗(セジョン)文化会館で創刊5周年記念式典を開催した。私は海外から唯一人招待され、祝辞を述べた。

 会場には市民記者と各界からの参加者を合わせて約600人が集まった。

 オ・ヨンホ代表は「韓国を愛する『準備された国民』がいたからこそ、創刊のコンセプトである『全ての市民は記者だ』を実現できた」と述べ、「2005年には市民記者の参画をより多角化し、世界化に力を注ぎたい」と抱負を語った。

 盧武鉉(ノムヒョン)大統領と金大中(キムデジュン)元大統領がビデオ・メッセージを寄せた。盧大統領は「これからも韓国の言論界を一層レベルアップさせるのに大きな役割を果たすことを信じている」とあいさつした。金元大統領は「オーマイニュースが成功するとき、韓国の未来も大きな成功に至ることができる」と述べた。

 オ代表が著した本の日本語版が3月末、「オーマイニュースの挑戦」(太田出版)という題で出版される。私は同書の長い解説を書いた。

もう一つの安倍氏の疑惑

 「開放された進歩主義」をモットーに掲げるオーマイニュースは2月18日午前、「日本のタカ派政治家、安倍晋三の二つの顔−『対北制裁』主張の内幕は−」と題したスクープ記事をアップした。筆者は在日韓国人のルポライター柳在順氏だ。

 記事には2枚の写真が付いている。写真説明は、「安倍晋三幹事長(当時)が代理人に対北朝鮮交渉を任せた委任状。右側は安倍幹事長一行の二面外交を批判した朝鮮外務省スポークスマン談話」「安倍幹事長(当時)の代理人井上義行が昨年1月16日に作成した北朝鮮ビザ申請書 富士通産業所属となっている井上氏の訪朝目的は『合営実務協議』と記録されている」だった。

 記事は、対朝鮮経済制裁を強く主張している安倍氏が朝鮮を相手に、小泉首相ではなく、「日本の次期首相は間違いなく自分なので拉致被害者家族の日本帰国は小泉首相を通さず次の首相になる自分に任せてくれ」と哀願し、朝鮮側が受け入れれば、「コメと経済援助は要求どおりに聞き入れる」と言ったという事実を写真、文書と共に明らかにした。

 一方、講談社発行の「週刊現代」3月12日号も「安倍晋三『北朝鮮への友好$e書』」という見出しで同じ情報源によると見られる記事を掲載した。

 この記事によると、安倍氏の代理人、井上氏は現職の国家公務員で、内閣官房の拉致被害者、家族支援室に所属しているという。「週刊現代」は井上氏と安倍氏が並んでいる写真、井上氏が安倍氏の代理人として運んだ文書と井上氏が朝鮮に出したビザ申請書のコピーを載せている。安倍氏にとって致命的な事実だが、ほかのメディアは全く報じていない。完全な報道管制である。

 この記事に対して、「週刊新潮」3月19日号は「『安倍潰し』を朝鮮総連に命じた金正日『ネット謀略』」という見出しで、「週刊現代」を「週刊誌一誌」と仮名にして、朝鮮総連の甘言に乗って「この奇妙な情報に飛びつき」「北の片棒を担いだ」と非難した。2ページ弱の記事の中に、「謀略」という言葉が6回も出てくる。

 「週刊新潮」は、在京キー局の記者の次のようなコメントを引いている。「総連の金勲国際局部長が外信部の幹部宛てに、日本語訳や画像を添付したメールを送ってきました。同時期に他のテレビや新聞にも一斉に同じメールを送り、取り上げてほしい≠ニ持ちかけていました」。

 この記者は、金部長がメディアの朝鮮取材の窓口を務めていることから、「こちらの方が弱い立場にあるので、取り上げてくれると読んだのでしょう」と語っている。また、「この情報は北の謀略です」と重村智計早大教授に言わせている。

 「週刊新潮」記事は、安倍氏の二元外交に関する情報について、「大本の情報源が北朝鮮政府であることは間違いない」とも書いている。そうであるならば確認取材が必要ではないか。

 「週刊新潮」記事は続けて、「今回の謀略には、実は前段があった」と書いた。英誌「ネイチャー」インターネット版(www.nature.com)が2月、横田めぐみさんの遺骨問題について、DNA鑑定をした吉井富夫帝京大学講師が「分析結果が断定的なものではない」と認めたと報じた際、「総連はこの記事も翻訳して、各マスコミに送ってきていた」と書いた。

 「総連はこの記事も翻訳して、各マスコミに送ってきていたんです。ただし、細田官房長官が会見で、鑑定に問題はない≠ニ説明したのでどこも取り上げなかったのです」(首相官邸記者)というのだ。

 これに対し「週刊現代」は3月19日号で、「安倍晋三『北との二元外交』報道に頬かむり」「『次の総理に阿って大新聞・テレビは沈黙≠フ弱腰」という見出しを掲げて、前号の記事の取材経過を明らかにして、「週刊新潮」記事は「まったくの誤報」と明確に反論した。

 安倍番の新聞記者たちは「安倍氏が二元外交の事実を認めないから書けない」と言っているという。同誌編集者は「われわれは2回書いたが、どこもこの問題に触れない。安倍氏担当の新聞記者は安倍氏に不利になることでは取材もできないのだ」と呆れている。

 韓国の代表的な通信社「連合ニュース」は3月11日、「専門家は日本の遺骨鑑定を当初から疑問視」という記事を配信した。横田めぐみさんの遺骨鑑定をめぐる信頼性について、韓国の法医学専門家が「ネイチャー」と同じ指摘をしていたと報じた。

 日本の政府当局者が言うことを自分で確認もせずに信じてしまうのでは、記者とは言えない。

 オーマイニュースは韓国で6番目に影響力のあるメディアである。「ネイチャー」は世界で最も権威のある科学専門誌である。信頼できるメディアの報道を日本語に訳して、ネットで伝達することがなぜ、「謀略」になるのか。

 「北朝鮮の言うことは信用できない」という理由で、安倍氏の重大な二元外交疑惑を伝えもしないという姿勢は問題だ。朝日新聞の報道で、安倍氏がNHKの日本軍慰安婦問題を取り上げた番組について、検閲した疑いが濃厚であるが、ほとんどのメディアが安倍氏の行為についてまともな議論を展開していない。

 日本の主流メディアは何を恐れているのか。極右政治家を監視するのはジャーナリズムの第一の任務である。安倍氏批判をタブーにしてはならない。

唐突感が否めない朝日

 盧武鉉大統領は3月1日、1919年に起きた日本による植民地支配に対する抵抗運動「3.1運動」86周年記念式典で演説し、日本に対して「過去の真実を究明し、真に謝罪、反省し、賠償すべきことは賠償して和解するべきだ。それが世界の歴史清算の普遍的方式だ」と述べた。

 大統領は朝鮮による日本人拉致問題について「日本国民の怒りを十分理解する」と同情を示した上で、「日本も、強制徴用から慰安婦問題まで日本支配時代に数千、数万倍の苦痛を受けた我が国民の怒りを理解しなければならない」と強調。「真の自己反省」がなければ「いくら経済力が強く軍備を強化しても隣人の信頼は得られない」と語った。

 大統領は65年の日韓条約で日本が経済協力をする代わりに韓国が請求権を放棄した問題に言及し、国民への個人補償問題を前向きに検討する考えを表明した。同時に「日本も法的問題の以前に人類社会の普遍的倫理、隣国間の信頼問題との認識を持ち積極姿勢を示さなければならない」と述べ、日本にも対応を促した。

 朝日新聞の3月2日の社説「大統領演説への戸惑い」を読んで、朝日はここまでひどくなったのかと痛感した。朝日系メディアは、朝鮮に対して居丈高になることが多い。朝鮮を属国のように見ている。

 社説は「盧武鉉大統領が記念行事で行った演説には唐突感が否めない」「『謝罪』を言い、『賠償』という言葉をいたずらに使うことには、日韓の将来を真剣に考えるわれわれも『戸惑う』」と、「3.1記念式典」での大統領演説に対する「戸惑い」を書き連ねた。

 さらに社説は、大統領が朝鮮による日本人拉致問題と日帝の朝鮮支配を並べて論じたことについて次のように論じた。「植民地支配という歴史と北朝鮮による拉致は同じ次元の問題ではない。北朝鮮の対日非難に通ずるかのような物言いは、日韓関係にとって逆効果だ。小泉首相は北朝鮮との過去の清算をめざして2度の訪朝をしたが、交渉の進展を妨げているのはむしろ北朝鮮である。大統領はそこを冷静に見てほしい。北朝鮮問題の解決には、まず日韓の協調である。日本は歴史をもっと見つめなければならないが、韓国がいたずらに違いを強調することも賢明ではない」。

 朝日の社説は、「北朝鮮のすりかえ論法に通じる言い方だ。日韓離間工作にも利用されかねない」(3月3日付読売新聞社説)、「日本人拉致問題では日本世論の北朝鮮批判を牽制するような発言さえ出ている。これは明らかに北朝鮮を利するものだ」(同日付産経新聞の「主張」)など反動的な新聞と変わらない。毎日新聞も同様だ。

 比較的進歩的な紙面をつくっている東京新聞も3月3日の社説で、「(大統領発言の)『謝罪、賠償』の部分はふに落ちない」と感情的な論評になっている。

 そして「とくに両国の為政者、政治家は、未来を見据えて、冷静な言動をするよう努めてほしい」と、韓国側に説教を垂れているのだ。

 大統領は人権運動の活動家であり、目先の利害で政策決定をしないと言われる。日帝の過去の侵略と占領に関しては、韓国と朝鮮はほぼ一体である。日本のメディアは南北が融和の道を着実に歩んでいることを認識していない。

 島根県議会が3月16日、「竹島の日」条例案を可決したことで、韓国は対日政策の見直しを決めた。

 拉致問題と日本の強制占領は確かに次元も罪の重さも違う。日本は40年にわたって、「数万倍の苦痛」を朝鮮民族に与えたのである。

 メディアのエリート記者は、「国連安保理常任理事国に入るために憲法を改定して軍隊を正式に持てるようにすべきだ」と考える小泉首相の親友だ。「靖国参拝は中国と韓国がうるさいだけで、国内問題ではない」「アジアカップでの中国人の日本代表へのブーイングは『江沢民の反日教育のせいだ』」「日本だけがなぜいつまでも謝り続けなければならないのか」などと言い放つ日本の若者に歴史を教えるべきだ。日本の軍事大国化への動きに対し、アジア太平洋諸国の側が危機感を強めるのは当然だろう。米軍に基地を提供している日本の政府は、在日米軍基地に核兵器を配置しているかどうかも検査できない。

 朝鮮労働党機関紙労働新聞は3月13日付の論評で、「日本は米国への追従外交から脱し、過去を清算してアジア諸国と手を携えるべきだ」と主張、「そうでなければ、日本の常任理事国入りは国連の基本的使命にも背反する」と述べた。

 日本のメディアと国民はこの警告に耳を傾けるべきであろう。(浅野健一、同志社大学教授)

[朝鮮新報 2005.3.24]

http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2005/05/0505j0324-00003.htm


21. 2014年7月05日 02:21:11 : GIShWbRpdQ
金日成主席回顧委を結成 日本で

【平壌7月4日発朝鮮中央通信】金日成主席回顧委員会が1日、日本で結成された。
同委員会には、朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会の日森文尋議長、チュチェ思想国際研究所の尾上健一事務局長をはじめ日本の各界の人士が網羅されている。
同委員会委員長に日森文尋議長が選出された。
同委員会は、金日成主席の逝去20周忌に際して主席の偉人像と指導業績をたたえる回顧の集いを催すことにした。−−−

http://www.kcna.kp/kcna.user.home.retrieveHomeInfoList.kcmsf


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK167掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧