★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK167 > 851.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
とめよう集団的自衛権/「平和の公明」説明できぬ/元公明党副委員長 元運輸大臣 二見伸明さん(しんぶん赤旗・日曜版)
http://www.asyura2.com/14/senkyo167/msg/851.html
投稿者 gataro 日時 2014 年 7 月 03 日 21:57:12: KbIx4LOvH6Ccw
 








とめよう集団的自衛権/「平和の公明」説明できぬ

元公明党副委員長 元運輸大臣 二見伸明さん 
「しんぶん赤旗・日曜版」 2014年7月6日号 3面

 “集団的自衛権の行使は憲法違反”という憲法解釈は、長年にわたって、立法府も行政府も共有してきたものです。ある日突然、安倍首相が「私が解釈を変える」と言っても、国民が納得しないのは当然ですよ。

 改憲したいなら憲法にしたがって、国会が発議し、国民投票にかけるべきです。そんなことをしていたら時間がかかる、というなら、それは「反対多数」を承知のうえで、裏口でやってしまえ、という最悪の方法ですね。

 私がいた公明党は「平和の党」と言ってきました。でも今回、「政策の違いで政権離脱はしない」と言った瞬間に、解釈改憲をしたい自民党との勝負は終わった。いま「歯止めをかけた」などと支持者を説得しているけど、まったく説明になっていませんね。

 私は、憲法9条は時代を先取りしていると思います。互いに軍事同盟を結んで「相手をたたきつぶせ」という19世紀、20世紀前半の時代から、国連中心に押したり引いたり交渉して戦争にしないで解決するのが今の時代です。日本は、戦争に負けても恨まず、9条で“二度と戦争はしません”と宣言して、実践している国です。世界の模範、日本の誇りだと思っています。

* 二見 伸明(ふたみ のぶあき、1935年2月10日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(10期)、運輸大臣(第68代)、公明党副委員長を歴任。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年7月04日 00:58:03 : TGgfYEbPRU
危機感持った現・元政治家が赤旗で抗議を展開するってのは相当ヤバイ事態だって事だよな・・・。

02. 2014年7月04日 01:45:46 : YxpFguEt7k
日本カトリック司教協議会
「わたしたちは集団的自衛権の行使容認の閣議決定に断固として抗議します。安倍内閣がこの不当な閣議決定をもとに、集団的自衛権行使を前提にして同盟国との協力を約束するようなことは絶対にあってはなりません。即座に閣議決定を見直し、撤回してください。」
http://www.cathoshin.com/2014/07/03/s-committee-statement/

まともな宗教家なら誰しもそう思うでしょう。


03. 2014年7月04日 05:56:56 : xni5yVaf3k
創価学会と公明党は、殺生を推進。
戦死しても、恨みを買って反米テロに遭っても、創価学会が弔ってくれますから、ご安心を。

04. 2014年7月04日 09:44:39 : srEQJbL4jY
公明党関係者なら、聖教新聞で、批判コメントしなきゃ、創価学会員としてダメでしょ。

05. 2014年7月04日 14:20:56 : jfjF9wsOck
04さま
聖教新聞で批判できるとお思いか?
読んだことあるが
内に対してそんな批判の「ひ」の字も出てこない(笑)

06. 2014年7月05日 11:04:59 : dxlR509vpI
聖教新聞も赤旗も自分達の批判記事は書かない、それは洗脳する為には絶対条件、だから読売しか読まない人間と同じ、偏った考えになって世の中広く見渡せない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK167掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧