★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK168 > 929.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
獄中で30歳の誕生日を迎えることになった藤井美濃加茂市長(郷原信郎が斬る)
http://www.asyura2.com/14/senkyo168/msg/929.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 7 月 26 日 01:49:06: igsppGRN/E9PQ
 

獄中で30歳の誕生日を迎えることになった藤井美濃加茂市長
http://nobuogohara.wordpress.com/2014/07/25/%E7%8D%84%E4%B8%AD%E3%81%A7%EF%BC%93%EF%BC%90%E6%AD%B3%E3%81%AE%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5%E3%82%92%E8%BF%8E%E3%81%88%E3%81%9F%E8%97%A4%E4%BA%95%E7%BE%8E%E6%BF%83%E5%8A%A0%E8%8C%82%E5%B8%82%E9%95%B7/
2014年7月25日 郷原信郎が斬る


昨日で、藤井浩人美濃加茂市長が逮捕されてから1ヶ月、そして、今日は、藤井市長の30歳の誕生日である。

藤井市長は、雨水浄化プラント導入が地震・豪雨災害の被災時の美濃加茂市民の生活に役立つものと考え、プラントの導入に向けて、市議時代から同市当局に働きかけを行っていた。市長就任後も、積極的に取り組んでいたことは認める一方で、同プラントの事業者の中林正善から現金を受領した事実は一切ないと述べて、収賄の事実を一貫して否定している。

弁護団は、藤井市長の勾留決定に対する準抗告、勾留取消請求、同却下決定に対する準抗告、同棄却決定に対する特別抗告、勾留延長決定に対する準抗告、保釈請求など、不当な身柄拘束を終わらせるべく、刑事訴訟法上採り得るあらゆる手段を講じてきたが、裁判所は、「罪証隠滅のおそれがある」などとして、ことごとく却下ないし棄却し、今なお、藤井市長の身柄拘束は続いている。

弁護人を受任した時、1984年7月25日という藤井市長の生年月日を見て、誕生日が近いことはわかっていた。遅くとも、30歳の誕生日までには、市長の身柄を検察・警察の手から奪還し、美濃加茂市民の皆さんの元にお返しようと考えていたのに、それが果たせず、留置場で誕生日を迎えさせることになってしまった。起訴後も市長の潔白を信じ、早期釈放を求める市民の署名が2万1000人を超えるなど、圧倒的多数の美濃加茂市民の皆さんの期待に沿えず、主任弁護人として、大変申し訳ないと思う。

勾留を維持し、保釈を認めない裁判所の判断は、検察官の強硬な意見に基づくものである。本件起訴後、裁判所で身柄関係書類が開示され、保釈請求に反対する検察官の意見書の内容を把握することができた。

ブログ【藤井美濃加茂市長の不当勾留は地方自治を侵害する重大な憲法問題】でも述べてきたように、本件の争点は、実質的には、中林と被告人の供述が対立する現金の授受の有無に限られている。中林が詐欺罪で起訴され勾留中で、同席者の高峰氏が現金の授受がなかったと供述している以上、「罪証隠滅のおそれ」などない。ところが、検察官は、「罪証隠滅のおそれ」があるかのように仕立て上げ、藤井市長の保釈に強く反対しているのだ。

呆れてしまうのは、検察官が、被告人の取調べ態度に因縁をつけ、「供述が曖昧で、公判においてどのような主張をしてくるか不明」「供述調書作成にも応じていない」などと述べている点である。取調べ担当検察官は、「いい加減に現金授受を認めろ」と迫るのみで、他の事項については具体的に聴取しようとせず、供述調書を作成しようとすらしないのは検察官の方なのである。要するに、身柄を拘束しておいて、何とか現金授受を認めさせようとしているだけなのだ。

弁護人から主任検察官に、「可能な限り思い出して説明する意思があるので、具体的な資料を示して取調べを行ってほしい」旨申し入れをしたほどである。しかし、藤井市長が、「中林とのメールなどについても、説明をしたいので示してほしい。」と言っても、取調べ検察官は「時間がない」と言って、その機会すら与えなかった。

藤井市長と中林との会食に同席していた高峰についても、検察官は保釈請求に対する意見書で、「供述を徐々に変遷させ弁護人の主張に沿った供述をするに至っている」として、「被告人を保釈した場合,被告人が前記高峰と自己に有利な内容で詳細な日裏合わせを行うことは必至である」などと言っているが、高峰氏は、当初、警察で、連日朝から晩まで過酷な取調べを受け、「金を渡したところを見ただろう」という追及を「見ていない」と否定し続けると、「中林が金を渡したところをお前が見ていないのであれば、席を外していたとしか考えられないではないか」と理詰めで迫られ、その旨の供述調書に署名しただけであり、それが全く意に反するものであることを、高峰氏は、その後の検察官の取調べでも明確に述べている。

現時点での高峰氏の供述が、「現金の授受は見ていないし、席も外したことはない」という内容で完全に固まっていることは、同人がニコ生の番組【[最年少・藤井美濃加茂市長収賄事件]事件のキーパーソン・タカミネ氏生出演】に出演して明確に供述している。
http://nobuogohara.wordpress.com/2014/07/25/%E7%8D%84%E4%B8%AD%E3%81%A7%EF%BC%93%EF%BC%90%E6%AD%B3%E3%81%AE%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5%E3%82%92%E8%BF%8E%E3%81%88%E3%81%9F%E8%97%A4%E4%BA%95%E7%BE%8E%E6%BF%83%E5%8A%A0%E8%8C%82%E5%B8%82%E9%95%B7/
今さら、藤井市長との間でどういう「口裏合わせ」が可能なのであろうか。

検察官が、「罪証隠滅のおそれ」の理由としていることは、ほとんどが、苦し紛れの「でっち上げ」に過ぎないのである。

しかし、このような、不当極まりない検察官の意見も、検察官側の証拠だけを見せられる裁判官には、疑うすべもない。そのため、裁判官は、検察官の意見を受け入れて「罪証隠滅のおそれ」を理由に、保釈請求を却下してしまうのである。

弁護団は、取調べ状況や、疑いを受けている事実についての認否について、藤井市長の供述を録取した詳細な書面を作成したり、関係者の供述状況を確認したりして、現時点では、「罪証隠滅のおそれ」は全くなくなっていることを具体的な資料で明らかにし、来週再度保釈請求を行うべく準備を行っている。

藤井市長の30歳の誕生日には間に合わなかったが、一日でも早く、藤井市長を美濃加茂市民の下にお返しできるよう、弁護団の必死の活動が続いている。いくら不当な検察官の抵抗が続けられようと、身柄拘束が解かれ、藤井市長が復帰する日は遠くはない。

かつて、私が検事として逮捕・勾留した初老の被疑者が言っていた。「人間を成長させる3つの大きな経験が『闘病』『浪人(職がなく、職に就くあてもないこと)』『投獄』だといいます。お陰様で、三つ目の経験をさせてもらいました」。

30歳の誕生日に「投獄」を経験した藤井浩人氏。彼は、きっと、この試練を乗り越え、大きな政治家になってくれると期待している。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年7月26日 01:55:08 : t70ItxxFUY
収賄罪などで起訴の美濃加茂市長、職員に続投メッセージ
2014年7月24日21時18分 朝日新聞

 岐阜県美濃加茂市の浄水設備設置をめぐる贈収賄事件で、市長の藤井浩人被告(29)=受託収賄罪などで起訴=が市役所職員全員に向けてメッセージを出し、市長続投の意向を伝えていたことが24日わかった。

 メッセージは21日に接見した弁護団を通じて伝えられ、「逮捕から早1カ月が経ってしまいます。ご迷惑をおかけしていることを本当に申し訳なく思っております」と謝罪したうえで、「私の主張は弁護人にお伝えし、新聞などでも報道されていることと思います」と無実を主張。さらに「一日でも早く市役所に戻り、市民の皆様のために仕事ができることを切実に願っています。それまでどうか、よろしくお願いします」と辞職しない意向を示した。

 一方、美濃加茂市議会は24日、藤井市長に辞職の意思があるか弁護士を通じ文書で確認することを決めた。

http://www.asahi.com/articles/ASG7S6F2TG7SOHGB00M.html


02. 2014年7月26日 01:56:58 : nJF6kGWndY

一見したところ利益供与と、職権による利便供与が明確だから、有罪に見えるが、無罪にできるのかね

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E4%BA%95%E6%B5%A9%E4%BA%BA

2014年6月24日、市議時代に自身の出身中学校への雨水濾過機設置に便宜を図った見返りに名古屋市北区の浄水設備業者社長(以下、会社社長と略す)から現金30万円を2回に分けて受け取った疑いがあるとして、愛知県警・岐阜県警による合同捜査本部は事前収賄容疑などにより藤井を逮捕した[7][12]。

2013年4月中旬に担当課長にメールで浄化設備の導入を強く促していたことや、その旨を会社社長にメールで伝えていたことなどが判明している[13]。

美濃加茂市長選において、会社社長は告示日数日前から約1カ月間、知人男性を美濃加茂市に派遣。この男性は名古屋市議の中村孝道[注 1][注 2]の秘書で、そもそも藤井に会社社長を紹介した人物でもあった(以下、議員秘書と略す)[注 3] [注 4] [注 5]。

議員秘書はホテルに泊まり込みで政策の素案や演説原稿などを書く手伝いをしていたという。十数万円に及ぶ宿泊代は会社社長が負担した[20][21][注 6]。また会社社長は、市長選から約2か月後の8月初旬に濾過機が中学校に設置されると、同校をモデルに全国の自治体に設備を売り込んでいた[7]。

藤井は前述の容疑については否認している[22]。会社社長は2014年の2月と3月に詐欺罪の容疑で逮捕されており、愛知県の10金融機関から計4億3500万円をだまし取ったとみられている[23]。

2014年7月15日、名古屋地検は藤井を事前収賄などの罪で、会社社長を贈賄などの罪で、それぞれ起訴した[17]。


03. 2014年7月26日 01:58:21 : t70ItxxFUY
トップ不在、続く混乱 美濃加茂市長逮捕から1ヵ月
2014年07月25日10:02 岐阜新聞

 美濃加茂市の浄水設備導入をめぐる贈収賄事件で、市長の藤井浩人被告(30)が逮捕されてから1カ月。無罪を主張する藤井被告は起訴後も市長職を続ける意思を示しており、市はトップ不在の異常事態が続き、市や議会が対応に追われている。

 24日、市議会は6会派代表者会議を開き、市長に進退を聞く議長名の文書案を協議。25日の議員報告会で了承を得た後、28日以降に弁護人を通じて藤井被告本人に渡して早急に回答を求める方針だ。

 市議会は逮捕後、情報収集や意見交換にとどまっていたが、起訴を受けて辞職勧告を提案する意見も一部から出た。9月には任期満了に伴う市議選を控え、市長を擁護する議員と責任追及を求める議員との間で綱引きがある。文書案も字句の修正や削除で原案より短くなった。

 森厚夫議長は「まずは議会として本人の真意を確かめたい」と話す。

 議会が慎重になる背景には、市長の高い人気がある。支援者が今月18日から4日間、市長の早期釈放と市長職への復帰を求める署名活動を展開したところ、前回の約1万5000人を大幅に超える署名が集まった。

 「市長は潔白。辞職すれば罪を認めることになる」と後援会役員。藤井被告は市長を続ける意思というが、勾留が長期化すれば市政に影響を及ぼしかねない。

 7月1日から市長の職務代理者を務める海老和允副市長は、「8月19日開会予定の市議会定例会に提案する補正予算案、その後着手する新年度予算案に市長の考えが反映されにくくなる」と危惧している。

 藤井被告は市議だった昨年3月、知人の会社社長から市への浄水設備導入で便宜を図るよう頼まれ、昨年4月2日と25日の2回、計30万円を受け取ったとして7月15日に受託収賄などの罪で起訴された。藤井被告は現金の授受について一貫して否認している。

http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20140725/201407251002_22963.shtml


04. 2014年7月26日 05:03:32 : xeFySgA6iE
この際刑務所内に市長の事務室を移転して
決済業務等をやってもらえば?

あるいは各部門委員会の会議程度なら
刑務所の会議室を借りて開いたら良い。

それがもしできたら、
検察に対しては相当の圧力になるぞ。


05. 2014年7月26日 06:26:02 : hbw5DkCChw
>>02. nJF6kGWndY

あなたが出てくるところを見ると、美濃加茂市長は無実でしょうね。
権力のイヌさん、頑張って下さい。


06. 2014年7月26日 08:23:56 : JbXS7zoprM
>>02  腐臭がプンプンしてるな お前か

07. 2014年7月26日 15:01:28 : uLpdfmr8ks
無理やり検察のストーリーを強引に認めさせようとする。
まだこんなことをやっているのか。こんな環境で認めた調書など信用できない。

08. 2014年7月26日 22:20:51 : mp6fw9MOwA
検察・裁判所が真実の追求で無く、検察首脳の筋書きをごり押しする集団である事は陸山会事件が証明している。
法治国家である日本で、憲法は情勢ににより解釈を変えても良いとの法治国家からの離脱を主張しているのが安倍政権で有る。
憲法では友人が殴られても助けてはいけないと規定しているが、友人が殴られているので助けるのは正論で有り正論を憲法が認めない訳が無いとの愚論である。
片側2車線の広く危険の無い道路を40Km /H.との標識で取り締まり捕まった人がこの規定は間違いであると言えば無罪放免となるのだろうか。
安倍政権は憲法で認めない事もそれは可笑しいので憲法の解釈を変えれば良いと言うなら、徴兵制をひき国民を戦地に送り込むことも可能になる。
しかも、検察・裁判所が真実の追求ではなく恣意的な動きをする日本では歯止めの掛けようがない。
検察・裁判所の不正は決して許してはならない。
安倍政権が現状の解釈を変える事が出来ない事が明らかな内容に解釈変更をごり押し出来る主因は検察・裁判所が機能していない事にある。

09. 2014年7月28日 10:18:52 : rrhrFN6JLd
nJF6は良く解かるリトマス試験紙。政府やシロアリ厄人の犬。検察官の氏名をされせよ。

10. 2016年7月21日 11:44:58 : 3mnc6E9Aqg : dtafFTprjxk[151]
2年前の7月26日投稿の記事ですが、いよいよ今年の7月27日が結審の日ですね。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK168掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK168掲示板  
次へ