★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK170 > 287.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本の鳩山元首相が日清戦争を語る、「日本は反省しなければならない」―華字紙
http://www.asyura2.com/14/senkyo170/msg/287.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 8 月 22 日 20:36:06: igsppGRN/E9PQ
 

中国メディアの新浪網は19日、7月末に東京都内で行った鳩山由紀夫元首相への単独インタビューの内容を報じ、鳩山氏が「安倍晋三首相の外交は日本を孤立させる」と語ったことなどを紹介した。(イメージ写真は「CNSPHOTO」提供、2013年6月13日に撮影されたもの) :サーチナ


日本の鳩山元首相が日清戦争を語る、「日本は反省しなければならない」―華字紙
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140821-00000029-xinhua-cn
XINHUA.JP 8月21日(木)16時9分配信

中国・環球網は20日、「日本の鳩山元首相が日清戦争を語る、『日本は反省しなければならない』」と題した記事を掲載した。

20日付の華字紙・日本新華僑報(電子版)によると、鳩山由紀夫元首相は「甲午戦争(日本名:日清戦争)120周年という節目の今年、日本が最も考えなければならないのは、いかにして過去を反省するかということだ」と語った。

甲午戦争(日清戦争)120周年という特別な年にあたる今年、日本メディアが中日情勢について「日清戦争の開戦前に似ている」と報じたり、「中国脅威論」を振りかざしたりして、日本の国民までもが「もう1度、中国との戦争が勃発するかもしれない」と思うようになっている。

これについて、鳩山氏はこう語った。1880年〜90年代は欧米列強の植民地政策が蔓延し、欧米を手本としていた日本もこれに倣い、海外に進軍した。当時の清朝時代の中国は不安定で、日本にとっては「手を下す絶好のチャンス」。こうして日清戦争が勃発した。だが、他国を侵略して自らの植民地とするこのようなやり方が間違っていることは明らかで、絶対にしてはならないことだ。

日中両国の過去の歴史は絶対に抹消してはならず、両国の未来の関係において、再び侵略があってはならない。武力は両国人民の相互理解のためにならず、われわれは対話によって平和な局面を作り出すべきである。今、最もやるべきことは互いに協力して対話の環境を作り出し、各方面の協力を強化すること。「価値観の違い」や「中国脅威論」などは対話を拒否する理由にはならない。

安倍政権は日本に集団的自衛権を持たせた。これは日本に武器を持たせながら、積極的平和主義を唱えるのと同じこと。このような考え方、やり方は絶対に許されない。日清戦争から120周年の今年、日本が最も考えるべきことはいかにして過去の戦争を反省し、今日の行動に反映させるかということ。だが、残念なことに日本のマスコミはこの点を全く意識していないようだ。

(編集翻訳 小豆沢紀子)


          ◇

鳩山氏は同志だ! 中国メディアに語った見解に賛同の声=中国版ツイッター
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140820-00000238-scn-cn
サーチナ 8月20日(水)21時5分配信

 中国メディアの新浪網は19日、7月末に東京都内で行った鳩山由紀夫元首相への単独インタビューの内容を報じ、鳩山氏が「安倍晋三首相の外交は日本を孤立させる」と語ったことなどを紹介した。

 記事は、鳩山氏が日中首脳会談が長期間行われていない状況について、「異常な外交状況にあり、一刻も早く日中首脳会談が行われるよう希望する」と発言したことを紹介。さらに、会談実現には日本政府が尖閣諸島(中国名:釣魚島)の領土問題を避けず、かつ歴史的事実に向き合う勇気が必要との見解を示した。

 また、安倍首相が価値観外交によって中国包囲網を構築しようとしているとの指摘があることについて、鳩山氏は「安倍首相が中国脅威論を煽っている」と主張し、価値観外交による中国包囲網の構築は「逆に日本を孤立させることになる」と切り捨てた。

 鳩山氏は新浪網のインタビューに対し、「東アジア共同体研究所の理事長として、政治的にはあくまでも中立の立場」と称しつつ、安倍首相の政策や外交方針に対する批判を展開した。

 新浪網が中国の簡易投稿サイト・微博に開設しているニュース配信専門アカウント「微天下」で鳩山氏のインタビューを紹介すると、中国人ネットユーザーからさまざまな意見が多く寄せられた。

 一部のコメントを抜粋すると、「鳩山氏はわれわれの同志だ」、「先見性のある政治家だ」、「日本にも正義感を持つ政治家がいたのか」など、鳩山氏の発言を高く評価する意見が多く、安倍首相の政策を批判する鳩山氏に共感を示す中国人ネットユーザーが多いことが見て取れた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真は「CNSPHOTO」提供、2013年6月13日に撮影されたもの)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年8月22日 23:16:24 : TDzo3dh7hc
欧米列強の植民地政策を問題にしても、
中華側に1000年以上前から存在する帝国主義の問題は無視するから、「千年の恨」の朝鮮大統領にも馬鹿にされて道具にされてしまうのですね

02. 木曽の山猿 2014年8月22日 23:48:56 : YnLQsTybFStJg : 5ToyPbH8rU
鳩山さんは偉い。

恐らく、この発言には、
右翼拝外主義者、ネトウヨ、在特会、嫌韓・嫌中等の人々は無論のこと、
ヨミウリ、サンケイを初めとするマスゴミ連中からも総反撃を食らうことになるだろう。
しかし説は至極まともなものなのだ。

明治以後不平等条約を脱せんがため、
西欧列強に追いつき互せんがためたどった日本の帝国主義・植民地主義の道筋は、
食うか食われかの帝国主義時代を生きるための選択として情状酌量の余地は多少あるとしても、
しかし結果的には、あるいは今日的には、
西洋列強及び日本の帝国主義・植民地主義と闘ったアジアの人々の方に理があり、
言いかえれば、日本と西洋列強の帝国主義・植民地主義は同じく誤りだったのだ。

明治以後いち早く科学技術を取り入れて我がものとし、
政治・経済・社会制度を整備し、
比較的短期間に近代国家として列強に比肩するまでになった日本文化や日本人の能力、
また、敗戦後、
軍事拡張主義や植民地主義を反省して平和主義国家として再出発した日本の歴史は、
そのことに関して決して恥ずべきものはなくむしろ大いに誇って良い。

ただ残念なことに、遅れた帝国主義・植民地主義国として選んだ外交政策は、
悪しき西洋列強の帝国主義・植民地主義の二番煎じ、三番煎じで稚拙であった。
西洋列強をまねて、他のアジア諸国を見下した差別主義さえ生み出した。

ただ、言い訳がましく言うならば、
明治以後、世界は食うか食われるかの植民獲得競争のまっただ中、
開国日本にそれ以外どんな選択があったのだろう。
他に選択の余地があったにせよ、
恐らく多くの選択肢は無かったろう。

一方、アジアの人々からすれば、
我々は西洋列強の帝国主義・植民地主義と闘ったが、
同じアジアの国なのにあなたたちは列強の側にいて、
アジアの分割、利権争奪戦に参加し、
アジアに軍事侵攻したではないか。
殺戮、強奪、陵辱をしたではないか。

歴史をやり直すことは出来ない。
それぞれにはそれぞれの立場があり言い訳がある。
自らの立場に固執していいわけを繰り返すだけでは進歩はない。
進歩するためには、お互い相手の立場に立ってみることが必要なのだ。

アジアに人々にも、
少しは日本が結果的に軍事的侵攻を選択した世界史的な背景をある程度は理解して貰いたいが、
そのためには、まず日本人が、
過去の歴史の正当化ではなく、
過去に対する謙虚な反省から始める必要がある。
そして日本人の反省をアジアの人々に本物だと思って貰う努力を絶やさないことだ。
それは「自虐」ではない、誇りを持ちつつ反省をすることだ。
なぜなら、近代史において、
アジア諸国から日本への軍事侵攻は決してなかったのだから。

今、中国や北朝鮮のあるいは韓国からの領土侵略の脅威を言い立て、
軍事的脅威をあおるものがいる。
かって我が国が軍事侵攻の道を歩んだ出発点には西洋列強からの軍事的脅威論があり、
その結果日本は焼け野原になり、
人々は無残な敗戦の地獄を見ることになったことを思い起こさなくてはならない。
軍事的脅威論を言い立てても何も生まれない。
アジアの国々から信頼を得られるよう、
あらゆる回路で軍事的脅威をなくするための努力を続けることこそ、
最も確実な、日本の、そしてアジアの安全保障なのだ。


03. 2014年8月23日 00:59:09 : YxpFguEt7k
満州開拓国策のひずみ
(満蒙開拓青少年義勇軍の内原訓練所は)「あこがれの場所だった」(ところが)「先輩から殴られ、地獄に突き落とされたようだった」

国家が掲げる政策の矛盾の影響を地域が受ける構図からは、政策によって不利益が生じても、立案・決定した官僚・政治家が責任を取ろうとしない現代日本と共通する問題点が浮かび上がってくるという。

満州開拓は「農村の過剰人口問題を打開するため」などの理由で満州事変直後の1932(昭和7)年、「武装移民」として始まり、36年に「20カ年100万戸移民計画」として国策化された。しかし、成人男性が兵力に動員される中、計画通りに進まず、38年に設立された満蒙開拓青少年義勇軍が補う形になった。
http://www.asahi.com/articles/CMTW1408140600001.html

国策で移住させられ、不都合が生じても、お上はいっさい責任をとらなかったのですね。ヒドイ話です。中国にとっても、日本人にとっても不幸な歴史。
すべて日本国の生み出した歪です。反省しましょう。


04. 2014年8月23日 01:37:22 : c9laoOVSSc
>安倍政権は日本に集団的自衛権を持たせた。これは日本に武器を持たせながら、積極的平和主義を唱えるのと同じこと。このような考え方、やり方は絶対に許されない。

それでは鳩山由紀夫本人が自分のHPにどう書いているのかというとこうある。

http://www.hatoyama.gr.jp/tentative_plan/1-5.html
独立した一つの章として「安全保障」を設け、自衛軍の保持を明記することとした。現行憲法のもっとも欺瞞的な部分を削除し、誰が読んでも同じ理解ができるものにすることが重要なのだ。この章がある以上、日本が国家の自然権としての個別的、集団的自衛権を保有していることについて議論の余地はなくなる。

憲法改正して「集団的自衛権を保有していることについて議論の余地はなくなる」ようにしようと言っている人間が

>安倍政権は日本に集団的自衛権を持たせた
>このような考え方、やり方は絶対に許されない。

こんな事を口にするとは相変わらずその場その場で適当な事を言っているだけのルーピーぶりですな。


05. taked4700 2014年8月23日 01:46:13 : 9XFNe/BiX575U : fa4hV0GJpA
>これについて、鳩山氏はこう語った。1880年〜90年代は欧米列強の植民地政策が蔓延し、欧米を手本としていた日本もこれに倣い、海外に進軍した。当時の清朝時代の中国は不安定で、日本にとっては「手を下す絶好のチャンス」。こうして日清戦争が勃発した。

これは多少違うと思う。

1880年〜90年代は欧米は相当に資本蓄積が進んでいたはずで、その頃の日本とは国内事情がかなり異なる。

明治元年は1868年であり、1880年は12年しか経過していない。

日清戦争は1894年に始まったもの。

この時期、中国は、アヘン戦争(1839 - 42年)とアロー戦争(1857 - 60年)に負けて非常に国力が落ちていた。その原因は清朝で、自国が中華、つまり、世界の中心だとおごり高ぶり、西洋の科学文化を取り入れることを怠ったことが大きい。

日本は、江戸末期に西洋文明との隔たりを自覚し、また、中国の敗戦を見て、自国が植民地化されるのを恐れた。ある意味、西洋の力をきちんと把握できた。

しかし、同時に、日本は資本の蓄積がなく、国内は窮乏したままだったため、朝鮮の植民地化が狙われた。

これは、

>欧米を手本としていた日本もこれに倣い、海外に進軍した

ということではなく、欧米による日本の植民地化を恐れて、富国強兵策の一つとして朝鮮権益の確保をやろうとした。つまり、欧米の植民地化圧力がなければ、日本の朝鮮出兵もあり得なかったはず。



06. 2014年8月23日 03:22:36 : WxxCHFX5NA
日清戦争前に似ているって、台頭著しい中国が斜陽の日本を侵略する、という逆の構図ということ?
当時は欧米列強による植民地争奪戦の真っ只中であったわけで、何もしなければ朝鮮も日本も欧米の植民地になっていただろう。

>「価値観の違い」や「中国脅威論」などは対話を拒否する理由にはならない。
対話を拒否してるのは中国側では?
立場を曲げてまで、対話する必要はないという考えなだけ。
鳩山たちからすると、対話のために中国の要求を呑まないことが、対話を拒否していることだという理屈になるのだろうが。

日本にも反省すべき点があるのは確かだ。
ただ、鳩山がおかしいのは日本が一方的に悪いかのように話すこと。
南シナ海でも揉め事を抱え、かつてインド、ソ連、ベトナムと国境紛争を繰り返してきた中国が、歴史に学び、何とか列島線とかの野心を抑えることも必要なはずだ。


07. 2014年8月23日 07:23:17 : ajC1ul4nTo
人物Aと人物Bが敵対関係にあったとする。
今人物Cが、Aから完全に信頼を失い忌み嫌われている状態だとする。Cにとってどんな道が残されているか?
Bのところへ行ってAの悪口を言って取り入ろうといる。

最初から話の中身なんて関係ないのだ。生まれたときからそれを繰り返しているのだ。


08. 2014年8月23日 16:21:39 : kDVop4u7Ig
鳩山元総理を支持します。。。支持派は少数派であることも判っています。ただ、国対国の戦争に発展してしまったら、少数派でも多数派でも、「相手国」にとっては、同じ「敵」である。攻撃対象となります。

歴史上の出来事は検証すべきです。日本が清朝の様になりたくなかった。故に、強盗団の子分となったの!?
清朝の「西太后」が西洋文明を拒んだから、西洋人にやられたのです。なんで!?自国の文化を誇りに持つことが「罪」になるのかね!?まさか、西洋人の「おなら」もいい香りだなと思うのかな!?
国連の場で、中国側に『強盗の論理だ』と言われても仕方がないね。「価値観の違い」です。。。

現時点での欧米覇権主義国(価値観)は、気に入らない他国の政権を転覆する事ですよ。イラク、シリア、リビア等の中東の国々やウクライナ東部の反対勢力の人々を殺戮する蛮行に「正義」はあるのかな?

安倍総理の価値観を擁護する国民は、集団的自衛権の正当性を唱えて、戦争に参加する心算でしょうか!


09. 2014年8月23日 18:44:29 : TDzo3dh7hc
鳩山は何か言ってもほとんど必ずその正反対のことも言っているから、
支持も不支持もないだろう。
それがルーピーの由縁なんだろうけど

10. 2014年8月23日 22:49:00 : kDVop4u7Ig
>>01,09 TDzo3dh7hc 西洋の覇権植民地主義を擁護して、食卓から落ちたパンくずを拾うつもりかな?

何千年来、日本は中国に何をされたのでしょうか?米国の画策計略に従った方が、幸せを感じるのかしら?
米国の批評報道に見習って、国会で自国の総理をルーピーだと連呼した自民党の女議員を軽蔑しますね。

どう見ても、嘘つきの安倍総理こそが「正真正銘のルーピー」なんですけど…。


11. 2014年8月26日 21:39:02 : p6CeJjTDUk
鳩山ネーが入ると、ここまで人は愚かに振る舞えるってことだな。
嘘つき安倍、嘘つき鳩山どっちもアレだが
言ってること全てが嘘偽りの鳩山のほうがダメだろ。

12. 2014年8月28日 21:59:00 : p6CeJjTDUk
今更だが中国って建国100年もならないのに、何千年来とか何をいってるのやら。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK170掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK170掲示板  
次へ