★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK170 > 431.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アメリカの憲法の平和条項とは? 集団的自衛権を共有する相手国に平和条項は有るのでしょうか?
http://www.asyura2.com/14/senkyo170/msg/431.html
投稿者 天笑 日時 2014 年 8 月 26 日 10:27:31: EbiczIh.saKP6
 

疑問です? どなたか教えて下さい。
 集団的自衛権の行使容認による積極的平和主義?で
共同歩調をとる相手国の憲法の平和条項がどんなものか全く解りません。
国連憲章にはあります。

 アメリカは武力攻撃主義?力による威圧での平和?
日本の平和憲法(ノーベル平和賞候補)とアメリカ合衆国憲法は
共同できるのでしょうか?
 憲法が国を法で規定するものであるならば、積極的平和主義は
国連や世界へ、なにより
  アメリカの憲法に平和条項を求めるべきでは?  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年8月26日 10:48:03 : KzvqvqZdMU
日本国憲法なんて、誰も言わないけど世界から馬鹿にされてるんだよ。
前文に:
  平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、 われらの安全と生存を
  保持しようと決意した。

こんなこと書かされて、後生大事に守ってる日本人、
世界から憐れみと軽蔑の眼でみられている。


[32削除理由]:削除人:アラシ

02. 2014年8月26日 11:04:31 : NcuSMYOiwY
>>1
軽蔑の目で見られているのはあなた自身ですよ。

憲法前文の「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」というのは、集団的安全保障(collective security)を通じた紛争解決に日本がコミットするという決意を示したもの。

具体的には国際連合の安全保障政策への参加が念頭に置かれている。これが憲法学の通説。

たとえば、国連の正当な決議があれば、日本が派遣した兵士(国際公務員であり、日本の公務員ではない)が自国を含めた安全保障政策に参加することは、日本国憲法でも禁止されていない。

集団的安全保障の枠組みを信頼し、それによって自国の安全と生存を保持しようと決意する。北朝鮮やイランなどの無法国家以外には世界中のすべての諸国にとって当たり前のスタンダードである。

憐れみと軽蔑の目で見られているのは、無知なあなたのような人間です。


03. 2014年8月26日 11:14:09 : FGnOQRqLW9
>>02
>集団的安全保障の枠組みを信頼し、それによって自国の安全と生存を
>保持しようと決意する。
>北朝鮮やイランなどの無法国家以外には世界中のすべての諸国にとって当たり前のスタンダードである。


その集団的安全保障は国連が出来てから70年近い長期間に渡って、どの程度
実行され、またどんな紛争を解決してきたのかな?
「世界中のすべての諸国にとって当たり前のスタンダード」と言い切るからには
さぞかし沢山の実例があるんでしょうね。
たとえばイスラエルの絡んだ数多くの紛争について関係国が示した
「集団的安全保障の枠組みへの信頼」はどういうものだったのか
是非とも具体例をあげてもらいたいですね。


04. 2014年8月26日 11:14:42 : KzvqvqZdMU
>憲法前文の「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」というのは、集団的安全保障(collective security)を通じた紛争解決に日本がコミットするという決意を示したもの。

頭どうかしてるんじゃないのか?
何処をどう読めば、そんな無茶な解釈ができるのか?

憲法学会なるものが、占領軍が作った憲法を否定するわけにはいかず、今日まで
無理して、サーカスみたいな解釈をして、それで飯を食ってきた大学教授らが
いるんだよな。戦後70年、もぉそろそろ正気にもどっていいんじゃないか。

占領憲法破棄、一日も早く、なさねばならない。


[32削除理由]:削除人:アラシ

05. 2014年8月26日 11:26:09 : NcuSMYOiwY
>>3>>4
憲法学の通説さえ知らない無知な人間が何を言っても、負け犬の遠吠えにしか聞こえません。まずは、学問のプロトコルをしっかり踏まえること。そこから、規範と現実の緊張関係を真に洞察し、創造的な憲法解釈が生まれる。

アホが長々と文章を書いても、「あ〜、愚劣なネトウヨが工作しているな」としか理解されませんね。


06. 2014年8月26日 11:33:14 : NcuSMYOiwY
占領憲法
 ↑
笑えます。連合国は当時の日本政府に対して憲法の公布から2年以内に自主憲法制定の権利を与えている。しかし、当時の政府はその権利を行使しなかった。なぜなら、圧倒的多数の日本国民が日本国憲法を支持していたからだ。戦後70年近くたち、多くの国民が現行憲法に愛着をもっている。安倍が96条改正など卑劣な手を使おうとしているのは、裏返せば、憲法が日本国民に真に定着しているからだ。

バカも休み休み言うべきでしょう。


07. 2014年8月26日 11:35:35 : KzvqvqZdMU
ゴケンで固まる憲法学会、
腐れ憲法学会が作った、「憲法学」「通説」なるもの。
 こんなのが学者の知的良心を崩壊させておるのだ



[32削除理由]:削除人:アラシ

08. 2014年8月26日 11:40:14 : NcuSMYOiwY
>>7
collective defense

collective security

この二つの違いを説明してください。改憲派であるならば、護憲派以上に憲法に関する洞察を深く持っている必要がある。

あと、フランス憲法院における「違憲審査革命」について100字以内で記述してください。よほど憲法に詳しいようなので、15分以内にできるでしょう。どうぞ


09. 2014年8月26日 11:54:49 : FGnOQRqLW9
>>05
要するに実例など一つもないし「世界中のすべての諸国にとって当たり前のスタンダードである」などという現実も存在しないわけですね。
だいたい「日本国」憲法をどう解釈しようが日本以外の「世界中のすべての諸国」とは何の関係もない話なんですけど。

10. 2014年8月26日 12:06:35 : KzvqvqZdMU
むかし、神官というものがおった、庶民を誤魔化すための長々とした呪文を
こしらえ、文句言えば、それを読み上げて黙らせる。
 今のカルトな経済学も高度な数学をつかって黙らせるらしい、憲法学会なるものも、そんなもんで、現代の神官だな。
 土台、現行憲法が先勝国によって作られたものは明らか、かつ現状に
適し得ないものであることも明らか、憲法違反の自衛隊を持たざるを得ないのだ。
そんな憲法を護持しよう、なんていう、そんな連中がいくら学説をこしらえても、
屁理屈しかならんのだな。
 
一日も早く、拘束衣憲法を破棄し、戦後憲法学者という現代の神官を粛清
するべきである。


[32削除理由]:削除人:アラシ
11. 2014年8月26日 12:17:21 : YxpFguEt7k
第1回「アジア平和賞」に、平和憲法を守る活動を続けるすべての日本人が選ばれた。
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20140819/Recordchina_20140819039.html

護憲派日本人全員が受賞と。
おめでとうございます(残念ながら私は護憲派ではありません)。


12. 2014年8月26日 12:29:43 : KzvqvqZdMU
中国の陰謀だろうね、
日本をいつまでも「戦争のできない国」にしておくための陰謀だろう。


[32削除理由]:削除人:アラシ
13. おみや 2014年8月26日 13:56:37 : 5avMm4ZgNSSko : p4LTE8WfWc
>02 正しい

現にソマリア沖に自衛艦が活動しているではないか、
そこからうまい汁を吸えない自民党はおかんむりだが、

インド洋給油では多額のわいろが自民党に石油会社から流れたから野党はそこをつきやめさせた。
最新の製油施設を国民の税金で作り、製油会社は丸儲け、自民党、公明党へ金が流れた。
元東京電力社長清水社長天下りわたり先、原発爆発させた後は製油所爆発か?



14. 天笑 2014年8月26日 15:02:54 : EbiczIh.saKP6 : nYY6ODQEzo
 安倍首相は平和憲法をミソクソに言っていません。伺いたいのは、
1、アメリカ合衆国の憲法に平和条項が有るのか?(netで調べても不明です)
付属して、憲法に大きな相違がある国と集団的自衛権の行使には無理があるのではないか? 現状、平和維持は国連を始めとして各国で不十分な状態です。日本の役割は積極的に平和主義を世界に拡充することではと

2014/07/01 安倍首相は記者会見で(集団的自衛権の行使容認で)
  首相官邸 http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2014/0701kaiken.html
 海外派兵は一般に許されないという従来からの原則も全く変わりません。(例外は別?) 略
 国民を守るための自衛の措置だけです。外国の防衛それ自体を目的とする武力行使は今後とも行いません。(自衛のために外国の防衛は有り?)
     略
 万全の備えを取ることで、日本に戦争を仕掛けようとする試みをくじく大きな力を持つ。今回の閣議決定によって、日本が戦争に巻き込まれる恐れは、一層なくなっていくと考えている。日本が再び戦争をする国になるというようなことは断じてあり得ない。  略
 二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。その痛切な反省の下に我が国は戦後70年近く一貫して平和国家としての道を歩んできました。 略
 憲法が掲げる平和主義、これからも守り抜いていきます。日本が戦後一貫して歩んできた平和国家としての歩みは、今後も決して変わることはありません。


 突っ込みもありますが、安倍首相は憲法が掲げる平和主義を守り抜いていきます。
と 何が変わったのでしょう?
 アメリカの自衛隊への期待に答えられるようになった。これしかありません。



15. 佐助 2014年8月26日 19:16:19 : YZ1JBFFO77mpI : O6IEwsmU8w
現代の日本で,平和を願わないものは誰ひとりとしていないだろう。ことに第二次大戦の体験が深く身にしみこんでいるだけに,戦争はごめんだという声は切実である。ところが政治経済の指導者の多数は,日本は平和憲法を変えて核武装し、世界の憲兵の仲間入りをしたいという流れが、いまや多数派となりつつあることは非常に残念だ。

平和ということをめざしさえすれば,登山口はいくつもあっても達する頂上は一つであると同じように,すべての平和運動は,一つ一つにつながると単純に考えるものもいようが,それらは明らかに平和運動の実態を知らない空言である。

平和のために軍備を主張するものも,平和のために社会との没交渉を願うものも,平和を願い,平和な生活を欲しているのは事実であろう,しかし,これら全く相反する考えの人々の間にあって,平和という言葉こそ一つであるが,平和の内容も,平和を達成する方法も大きく異なっている。


平和運動の推進者の内容は多種多様である,それを概観すると,宗教的平和主義・利己主義的平和主義・党略的平和主義の三種類に大別できるようである。

たとえ,外国から侵略されても,無抵抗でいることを誓う,絶対非戦論を唱え,一切の軍備を否定し平和を主張する宗教的平和主義。

戦争はごめんだ,夫を戦場に送るな,戦争よりも平和を,夫の死よりも生をね誰もが願っている。だがその平和をどのように築くのかが問題であろう。勉強せよと子供に言いさえすれば勉強ができるようになると考えることが愚かであると同じである。利己主義的平和主義。

党略的平和主義は,左翼のグループによって唱えられているもので,特に労働運動と密着している。平和のために暴力を,平和のための階級闘争を,平和のために米帝反対の激しい運動を展開する米国従属主義者に多く見受けられる。

そして北朝鮮やイランや中国の核実験に反対だが,アメリカやイスラエルそしてインドの核実験には賛成だという奇妙な論理が展開される。当然逆もある。そしてロシアや中国,イラク,イラン,イスラム国などのみを断罪し,階級闘争という増悪を駆り立てているのも奇妙である。

このようにいわゆる,平和勢力論ていうものが,いかに幻影にすぎないかがわかる。そして平和という名をの闘争を展開しているにスギナイ。平和は,柔和なもの,心貧しいものによってつくり出される,それは寛容ということと議会制民主主義に通じる。平和を求めるものは,偽りの平和と行動を共にせず,自分たちの周辺から,一歩一歩,平和をつくり出すために,自信と使命感とをもって民主主義をすすめるべきであろう.残念ながら今の日本は,自由があるが民主主義は幼稚で偽装民主主義国家になってしまった。残念なことでもある。


16. 2014年8月26日 19:52:18 : CiGTmp9kWc
「外国人はみな笑っている」とサンケイが言ってました

が実態だからな



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK170掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK170掲示板  
次へ