★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK170 > 711.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
汚染地域の未来予想図が描けなければ、中間貯蔵施設なんか建てたって何の意味もありません。。(くろねこの短語)
http://www.asyura2.com/14/senkyo170/msg/711.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2014 年 9 月 02 日 09:46:16: AtMSjtXKW4rJY
 

http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-5c83.html
2014年9月 2日

 東京新聞朝刊の「筆洗」が全国軟式野球大会の延長戦を取り上げて、「残酷という指摘もあるが、まずは空前絶後の試合を戦い抜いた両校選手をたたえたい。あの試合は負担の大きい硬球では困難で負担の少ない軟球だから可能だったともいえる」と書いていた。本当かなあ。負担が少ない軟球だから投手の肩や肘にも影響がないとでも言うんだろうか。それこそ野蛮な発想ではないのかねえ。もちろん、両校選手をたたえることに異議はないが、センチメンタリズムに流されずに、こんな試合は残酷だって大人が声を上げることが大切なんじゃないのかねえ。

 そんなことより、放射性廃棄物の中間貯蔵施設です。ニセ黄門の甥っ子、佐藤福島県知事が中間施設建設に白旗上げちゃいました。ていうか、もともとそれが既定路線で、とりあえずゴネた素振りを見せつつ落とし所を探ってたというのが本当のところなんでしょう。どう考えたって県外に持っていくなんてことはできない相談なんだから、こうなることは目に見えていたんだよね。

・候補地住民「説明を」 知事、中間貯蔵受け入れ表明
 http://www.minyu-net.com/news/news/0831/news5.html

 東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土壌などを保管する中間貯蔵施設建設で、佐藤雄平知事が受け入れを正式表明した30日、大熊、双葉両町の建設候補地の避難住民たちは帰還が困難になることに落胆の表情を浮かべた。住民への十分な説明がないままに建設受け入れに向けた協議が進められてきたことへの不信感は根強く、今後予定される地権者を対象とした説明会や用地取得の政府との交渉の場で「(建設への)具体的な説明を求めたい」と訴えた。

 中間貯蔵施設建設候補地の双葉町郡山地区から茨城県北茨城市に避難する郡山行政区長の斉藤宗一さん(64)は「なぜ、われわれ原発事故の被害者に押し付けるのか。これまでの国の進め方には納得できない」と語気を強めた。

 「国、県とも、これまで大ざっぱな説明ばかりに終始してきた。施設に関わるあらゆることについて、きちんとした説明がなされないうちには、(住民の)受け入れ判断ができるはずはない」と説明責任を果たすよう求めた。

 建設候補地に住宅がある大熊町夫沢の中野正彦さん(66)は「自分たちの時代で土地を手放すのは非常に残念。受け入れが決まったのなら、説明が必要だ」と肩を落としながら話した。

 先祖代々、大熊の地に住んでいた中野さん。「まずは、町と住民の対話が必要」と訴え続けてきたが、実現することなく、県が受け入れ表明したことに憤りを隠さない。「お金だけで納得できるものではない。政府や県などに矛盾のないよう、筋道を立てて説明してもらわないと困る」と話した。
(2014年8月31日 福島民友ニュース)


 結局、中間貯蔵施設の問題というのは、国が福島の汚染地域について何のグランドデザインも示さないことが住民の不安を煽る最大の原因なんですね。ノビテルの「金目でしょ」発言が批判されたけど、あれは福島県民を見下す心が透けて見えちゃうから批判されたんであって、本来ならとことん予算を注ぎ込んで住民の補償を手厚くして、なおかつ堅牢な施設建設を図るべきなんだね。それをしないで、30年後には県外に移設します、そのための法律も制定します、なんてその場しのぎをするんだもの、住民の理解を得られるわけありません。

 「福島の復興なくして日本の復興なしという考えの下、全力を尽くしたい」ってレレレのシンゾーは相も変わらずの発言を繰り返してしてるんだが、「私が責任者となって、政府が前面に出て必ず解決する」ってほざいていた汚染水問題だってまったく収束の目途がたってないんだから、何言ってやんでねえ、てなもんです。

 いまやるべきことは、中間貯蔵施設なんておためごかしはやめて、最終処分場を含めた汚染地域の未来図を描くこと。これしかありません。ひとのホッペタを札束で叩くんじゃなくて、未来予想図にどれだけ予算をつぎ込めるか。その時にはじめて、「金目」がモノをいうようになるんです。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月02日 09:55:27 : gLE7nCXzX2
中間貯蔵施設、福島県が建設受け入れ回答
読売新聞 9月1日(月)15時7分配信

 東京電力福島第一原発事故で出た汚染土などを最長30年間保管する中間貯蔵施設について、福島県の佐藤雄平知事は1日午前、福島市内で石原環境相らと面会し、建設受け入れを回答した。佐藤知事は同日午後、首相官邸で安倍首相と会談する予定で、福島の復興に向けた取り組みを加速するよう求める。

 佐藤知事は、建設候補地を抱える大熊町の渡辺利綱町長、双葉町の伊沢史朗町長とともに、福島市内のホテルで石原環境相、根本復興相らと面会。佐藤知事は「施設は地元に大変大きな負担を強いるものだが、一日も早い本県の環境回復を図るため、建設を容認する苦渋の決断をした」と述べ、大熊、双葉両町を含む双葉郡8町村の了承を得て最終判断したことを説明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140901-00050083-yom-pol


02. 2014年9月02日 09:58:01 : gLE7nCXzX2
中間貯蔵建設「判断に感謝」=福島知事の容認方針受け―安倍首相
時事通信 9月1日(月)15時6分配信

 東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土の中間貯蔵施設をめぐり、福島県の佐藤雄平知事は1日、首相官邸で安倍晋三首相と面会し、同県大熊、双葉両町への建設を容認する考えを伝えた。首相は「苦渋の決断だったと認識している。判断に感謝したい」と述べた上で、「地域と一丸となり、福島の復興に全力を尽くす」と強調した。

 佐藤知事は会談で、同県の現状について「依然として約13万人の県民が避難生活を余儀なくされており、厳しい状況だ」と指摘。復興に向けた将来像の提示や、復興財源の確保を求めた。

 また、面会に同席した大熊町の渡辺利綱町長は「(施設建設には)地権者の理解を得ることが最重要だ」と地権者への丁寧な説明を要請。双葉町の伊沢史朗町長は「さらなる財政支援はもちろんのこと、復興までの間、国が前面に立った支援をお願いしたい」と述べた。

 菅義偉官房長官は同日午後の記者会見で、福島県の建設容認の方針に関し「除染や復興を進める上で非常に大きな一歩。国としてできるだけ地元の要望に応えられるよう取り組む」と語った。

 佐藤知事らは首相との面会に先立つ同日午前、福島市で石原伸晃環境相、根本匠復興相と会談。30年以内の県外最終処分を定めた関係法の成立のほか、地域振興などに使える交付金の予算化、安全協定案の合意など5項目を汚染土の搬入開始条件とする考えを伝えた。

 中間貯蔵施設は、原発周辺の約16平方キロの土地に建設予定。政府は来年1月の汚染土搬入開始を目標としているが、今後の地権者との用地交渉は難航も予想される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140901-00000077-jij-pol


03. 2014年9月02日 19:02:04 : TCwCktZZpU
ここまで来たら最終処分場までまっしぐら。
日本が世界の核廃棄物のゴミ箱になる計画が着々と進行中だな。

04. 2014年9月03日 10:11:47 : rrhrFN6JLd
核のゴミと一緒に金目の石原も一緒に埋めてしまえ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK170掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK170掲示板  
次へ