★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK170 > 910.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
吉田証言を扱った1982年9月2日の記事。元論説委員の長岡昇氏が元取締役の清田治史氏であることを突き止めた(堀潤)
http://www.asyura2.com/14/senkyo170/msg/910.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2014 年 9 月 07 日 13:17:57: 8rnauVNerwl2s
 

元取締役が「犯人」じゃ、誰も反論できませんね。
自浄能力なんて全く期待できません。


https://twitter.com/8bit_HORIJUN/status/508231975128137729

堀 潤 JUN HORI
‏@8bit_HORIJUN
朝日新聞が今回の検証で誤報と認めた「私が朝鮮半島から慰安婦を強制連行した」との吉田証言を扱った1982年9月2日の記事。誰が書いたのか実名は明らかにされてこなかったが、元論説委員の長岡昇氏が元取締役の清田治史氏であることを突き止めた。http://www.johoyatai.com/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=1136


<参考リンク>

◆慰安婦報道、一番の責任者は誰か(情報屋台)
http://www.johoyatai.com/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=1136


古巣の朝日新聞の慰安婦報道については「もう書くまい」と思っていました。虚報と誤報の数のすさまじさ、お粗末さにげんなりしてしまうからです。書くことで、今も取材の一線で頑張っている後輩の記者たちの力になれるのなら書く意味もありますが、それもないだろうと考えていました。

 ただ、それにしても、過ちを認めるのになぜ32年もかかってしまったのかという疑問は残りました。なぜお詫びをしないのかも不思議でした。そして、それを調べていくうちに、一連の報道で一番責任を負うべき人間が責任逃れに終始し、今も逃げようとしていることを知りました。それが自分の身近にいた人間だと知った時の激しい脱力感――外報部時代の直属の上司で、その後、朝日新聞の取締役(西部本社代表)になった清田治史氏だったのです。

 一連の慰安婦報道で、もっともひどいのは「私が朝鮮半島から慰安婦を強制連行した」という吉田清治(せいじ)の証言を扱った記事です。1982年9月2日の大阪本社発行の朝日新聞朝刊社会面に最初の記事が掲載されました。大阪市内で講演する彼の写真とともに「済州島で200人の朝鮮人女性を狩り出した」「当時、朝鮮民族に対する罪の意識を持っていなかった」といった講演内容が紹介されています。この記事の筆者は、今回8月5日の朝日新聞の検証記事では「大阪社会部の記者(66)」とされています。

 その後も、大阪発行の朝日新聞には慰安婦の強制連行を語る吉田清治についての記事がたびたび掲載され、翌年(1983年)11月10日には、ついに全国の朝日新聞3面「ひと」欄に「でもね、美談なんかではないんです」という言葉とともに吉田が登場したのです。「ひと」欄は署名記事で、その筆者が清田治史記者でした。朝日の関係者に聞くと、なんのことはない、上記の第一報を書いた「大阪社会部の記者(66)」もまた清田記者だったと言うのです。だとしたら、彼こそ、いわゆる従軍慰安婦報道の口火を切り、その後の報道のレールを敷いた一番の責任者と言うべきでしょう。

 この頃の記事そのものに、すでに多くの疑問を抱かせる内容が含まれています。勤労動員だった女子挺身隊と慰安婦との混同、軍人でもないのに軍法会議にかけられたという不合理、経歴のあやしさなどなど。講演を聞いてすぐに書いた第一報の段階ではともかく、1年後に「ひと」欄を書くまでには、裏付け取材をする時間は十分にあったはずです。が、朝日新聞の虚報がお墨付きを与えた形になり、吉田清治はその後、講演行脚と著書の販売に精を出しました。そして、清田記者の愛弟子とも言うべき植村隆記者による「元慰安婦の強制連行証言」報道(1991年8月11日)へとつながっていったのです。

 この頃には歴史的な掘り起こしもまだ十分に進んでおらず、自力で裏付け取材をするのが難しい面もあったのかもしれません。けれども、韓国紙には「吉田証言を裏付ける人は見つからない」という記事が出ていました。現代史の研究者、秦郁彦・日大教授も済州島に検証に赴き、吉田証言に疑問を呈していました。証言を疑い、その裏付けを試みるきっかけは与えられていたのです。きちんと取材すれば、「吉田清治はでたらめな話を並べたてるペテン師だ」と見抜くのは、それほど難しい仕事ではなかったはずです。

 なのに、なぜそれが行われなかったのか。清田記者は「大阪社会部のエース」として遇され、その後、東京本社の外報部記者、マニラ支局長、外報部次長、ソウル支局長、外報部長、東京本社編集局次長と順調に出世の階段を上っていきました。1997年、慰安婦報道への批判の高まりを受けて、朝日新聞が1回目の検証に乗り出したその時、彼は外報部長として「過ちを率直に認めて謝罪する道」を自ら閉ざした、と今にして思うのです。

 悲しいことに、社内事情に疎い私は、外報部次長として彼の下で働きながらこうしたことに全く気付きませんでした。当時、社内には「従軍慰安婦問題は大阪社会部と外報部の朝鮮半島担当の問題」と、距離を置くような雰囲気がありました。そうしたことも、この時に十分な検証ができなかった理由の一つかもしれません。彼を高く評価し、引き立ててきた幹部たちが彼を守るために動いたこともあったでしょう。

 東京本社編集局次長の後、彼は総合研究本部長、事業本部長と地歩を固め、ついには西部本社代表(取締役)にまで上り詰めました。慰安婦をめぐる虚報・誤報の一番の責任者が取締役会に名を連ねるグロテスクさ。歴代の朝日新聞社長、重役たちの責任もまた重いと言わなければなりません。こうした経緯を知りつつ、今回、慰安婦報道の検証に踏み切った木村伊量社長の決断は、その意味では評価されてしかるべきです。

 清田氏は2010年に朝日新聞を去り、九州朝日放送の監査役を経て、現在は大阪の帝塚山(てづかやま)学院大学で人間科学部の教授をしています。専門は「ジャーナリズム論」と「文章表現」です。振り返って、一連の慰安婦報道をどう総括しているのか。朝日新聞の苦境をどう受けとめているのか。肉声を聞こうと電話しましたが、不在でした。

 「戦争責任を明確にしない民族は、再び同じ過ちを繰り返すのではないでしょうか」。彼は、吉田清治の言葉をそのまま引用して「ひと」欄の記事の結びとしました。ペテン師の言葉とはいえ、重い言葉です。そして、それは「報道の責任を明確にしない新聞は、再び同じ過ちを繰り返す」という言葉となって返ってくるのです。今からでも遅くはない。過ちは過ちとして率直に認め、自らの責任を果たすべきではないか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月07日 13:55:03 : 3cdYZYbVIc
「女子挺身隊」=「慰安婦」の誤解(?)は戦中の朝鮮で広く語られていたもの

朝日のインチキ調査も安倍に頼まれて形だけやったんだろ。
朝日新聞では吉田清治さんの話が全羅南道の某所でのできごとだったと良く知っていながら、わざわざ済州島だけで聞き取り調査したのさ。


02. 2014年9月07日 14:58:38 : NNHQF4oi2I
<<「私が朝鮮半島から慰安婦を強制連行した
「女子挺身隊」=「慰安婦」の誤解(?)

挺身隊 が 慰安婦と言うのは 当たり前の事
 それを 誤報という事は 

 戦争を美化するのと 原発を美化するのと同じ発想

 誤報と言うのなら 福島原発の収束作業に あたったらどうだ

 ペテン安倍政権は 財政再建は 増税と考える 浅はかな 馬鹿ども
 


03. 2014年9月07日 15:28:28 : B0Y29VoI2o
誤報も隠蔽も、会社ぐるみの確信犯だったわけだ

04. 2014年9月07日 15:37:05 : Q1n40qu4J2
NNHQF4oi2I と3cdYZYbVIc はクリエーテイビティ競争をしているのか。

今回はNNHQF4oi2I のほうが勝ってるから、3cdYZYbVIc頑張れよ


ところで朝日新聞の出世順序は 
外報部長 > ソウル支局長 > 外報部次長 > 韓国以外アジア支局長
なのか


05. 2014年9月07日 19:11:51 : YxpFguEt7k
絵鳩毅氏(旧日本兵)
「慰安婦を殺して、その肉を食べた」
「捕虜の中の1名の女性が、ある下士官の慰安婦にされていた。それが索格庄(編注:山東省の地名)の駐在が長くなって、食べ物に若干苦しむようになった時、彼はその女性を殺害し、その肉を食べた」
http://www.j-cast.com/2014/09/05215181.html

…もう、呆れるほかない。しかし事実から目を逸らしてはいけない。
強制連行がどうのこうの、性奴隷がどうのこうの、ホロコーストがどうのこうのの話ではない。家畜にしていた。
二度と歴史を繰り返してはならない。強くそう思いますよね。ネトウヨ。


06. 2014年9月07日 20:51:47 : Q1n40qu4J2
中国で洗脳された人ってまだ解けてない人がいるのか
戦後共産党か日中友好協会で優遇され続けて来たから抜けないのかな

07. 2014年9月07日 20:54:29 : 3cdYZYbVIc
またアホが出て来た

洗脳は長期間持続しないよ


08. 2014年9月08日 00:25:18 : Q1n40qu4J2
そういえば山東省は餃子が正月の食べ物といった、中国でも食のレベルが最低なことで有名。
そのおかげで人肉食が発展したのかな

09. 2014年9月08日 00:27:26 : Q1n40qu4J2
ところで、朝日新聞では偽名や筆名が認められているのか?
これは外国人記者の存在を隠すため?
それとも他の新聞社でも社内で二つの名前を名乗ることは認められている?

10. 2014年9月08日 15:17:47 : HSLJDpILc6
朝日 = 朝鮮・反日 ということか。
池上さんと読者に謝る前に、先ず国民に謝るべき。

11. 反イルミナティー主義 2014年9月10日 01:18:03 : c/WVv5CaliQ7M : cs7Uzkezsw
>>09
蛆産経にも阿比留とかいう
いい歳こいて幼稚なペンネームを
使う頭のおかしい記者がいるんですけれど?WWWWWW
それとも通名か?西日本のあの自称国士だが元勲だが知らないが
それらをたくさん輩出したとかいう
未だ偉そうに鼓舞しているが実際はフリーメーソンの操り人形連中だった
中国地方の某県の部落出身だから怖くて本名が
明かせないのか?WWWWWWWW
これが新聞社のやることかと思えば普通は恥ずかしいと思うんだけどねWWWWWW。まぁ、恥も外聞もない然もオマンコマークが商標の会社だからねWWWWWWW。それが蛆サンケイクオリティってか!?WWWWWWWWWWW

[32削除理由]:アラシ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK170掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK170掲示板  
次へ