★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171 > 136.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
STAPの悲劇を作った人たち(6) 主犯 NHK-2 好き・嫌い報道  武田邦彦
http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/136.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 9 月 09 日 00:01:05: igsppGRN/E9PQ
 

STAPの悲劇を作った人たち(6) 主犯 NHK-2 好き・嫌い報道
http://takedanet.com/2014/09/stap6nhk2_e364.html
平成26年9月8日 武田邦彦(中部大学)



前回、示したように主犯NHKの犯した反社会的な行為は、次の5つある。


1)STAP論文の記者会見を大げさに報道して有名にしておいて、後で叩くという「マッチポンプ報道」をしたこと。


2) STAP論文の主要な著者は4人なのに、小保方さんだけに焦点を当てて批判を展開したこと。NHKの判断で「良い人、悪い人」を分け、恣意的に的を絞ったこと。


3) STAP論文にネットで疑義が出されると、「意見が異なる両者」の意見を比較して報道するのではなく、放送法4条に違反して「疑義を言う人だけの言い分を報道する」という放送法違反の報道をしたこと。


4)理研の調査委員会が結論をだし、論文が取り下げられたのに、特定の個人(笹井さん、小保方さん)の批判を続けたこと。


5)取材に当たって小保方さんに2週間の怪我をさせ、女子トイレに閉じ込めたこと。個人の私信であるメールを公開したこと。


このうち、1)については先回に整理し、マッチポンプが誤報を生んだことを証明した。


今回は、2 著者は4人である。研究の主任的立場にいた若山氏、指導的立場で論文の執筆に当たった笹井氏、組織として研究を支援し、論文を指導し、記者会見を主導した丹羽氏、それに若山研究室で無給研究員として働き、実験を担当していた小保方さんだ。


大学でもこのようなケースは多く、教授が立案し、准教授が日常的な指導をし、博士課程の学生が発表することがある。その場合、教授なども発表会場にいて、実験した学生に発表させるが、質問などがこじれた場合、責任者として学術的に回答するのは教授か准教授であり、まさか30歳前後の若い人に全責任を負わせ、その発表に名前を連ねている教授や准教授が「私は知らなかった」などということを聞いたことはない。


普通は、厳しい質問が来て、若い人が答えにくい場合、教授は率先して手を挙げ、「共同研究者ですが・・・」とどんな場合でも発表に対して責任を持つ。そんなことはあまりに当然で、発表した後、だれかしつこい人が若い人に廊下などで回答を迫り、怪我をさせ、おまけにトイレまで追いかけて閉じ込めるようなことが怒ったら、教授は身を持って、それを防ぐだろう。


ところがSTAP事件ではマスコミはこぞって小保方さんを批判し、NHKの記者も小保方さんの記者会見で悪意に満ちた質問をした。仮にNHK以外のマスコミが興味本位に走って小保方さんを批判することがあると思うが、そのためにこそ、私たちは受信料を払って、NHKが「正しい報道」をし、それを見て判断をしようとしている。


NHKは、他のマスコミが小保方さんの個人批判を続ける中、彼女の卒業論文や個人的なことは別のことであること、責任を持つべき著者は「正規の理研研究員」(毎日新聞によると問題の核心は小保方さんの無給研究員時代に若山氏が出した論文だという)であり、それはまず第一に若山氏である。


ある事件が起こったとき、あるいはNHKが誤報をしたとき、NHKが恣意的に「犯人」を決めて、その犯人のことを集中的に報道することはもちろん望ましくない。後に理研が小保方さんだけを「犯人」にして、論文の不正の責任を彼女だけに被せた。たとえば、小保方さんの実験ノートが不十分であるとの報道があったが、若山氏の実験ノートや研究記録もある。なければ共同著者になること自体がサギになる。


研究は実験が主ではない。実験だけならロボットでも自動測定器でも、自動培養器でもできる。研究において「人間らしい」活動というのは、実験データの解析、解釈、評価、結論などであり、それは役割から言えば、若山氏の役割である。だから、小保方さんに充実した実験ノートを求めるなら、若山氏に立派な解析結果、評価結果を求めるべきだ。


事実、若山氏は3月に外国のインタビューに応じて、「自ら実験しSTAP細胞を確認している。自分の学生も確認した」と述べている。その時の実験ノートこそ、問題にすべきものである。


芥川竜之介が書いているように、「リンチが娯楽になり、ピストルと報道は同じ」ということを防ぐためには、NHKのような独占的報道機関が「どうせ、庶民がもがいても、おれは権力があるから、何とでもできる」という気持ちを持ち、報道で人を殺すことに対して、その「快感」以上のブレーキを持つことだ。それは記者ひとりひとりの良心や人格でもあるし、NHKという報道システムが持つべき社会的責任でもある。


STAPの悲劇が現実のものとなった今、NHKの報道責任者はSTAP関係者をリンチすることに無常の快感を味わったとして良いだろう。でも、この推論にはぜひ、強く反論してもらいたい。なぜ、4人の著者のうち、指導者を無視したのか、なぜ小保方さんの実験ノートだけを問題にしたのかなど詳細にわたって、その理由を明らかにするべきである。


人からお金をもらうというのはそんなに簡単なことではない。NHKの認可、予算承認は国会がやっているように見えるが、それは受信料を払っている国民が単に委託しているに過ぎないからである。人の命を取るような報道がされた場合、NHKは国会での説明では不足する。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月09日 01:11:35 : aQmGbD9xWM
売れ筋商品の安売りスーパー武田ストア

02. エムゼット 2014年9月09日 08:17:18 : AeI21/IA33ZrU : mUxQ0ic6IM
要するにNHKは、反日なんだろう。
日本国民から強制的に受信料を徴収して運営しているのに大陸や半島の思惑に沿って報道している様で腹立たしい。

STAP細胞でも徹底的にこき下ろしているが、日本の再生医療研究分野で第一人者と言われた故笹井氏がSTAP細胞の仮説を採用立案し国政レベルの研究テーマとして実施してきものだ。これに対して疑惑ありきの報道に終始しているのは何故か。
8月28日のSTAP細胞再現の中間報告に対するNHKニュースでも、最後に否定的な意見を持つ専門家を出して「STAP細胞は無い」と発言させ世論を「無い」方向に誘導した。

もともと研究は仮説を元に行うものであるから、仮説を疑惑報道すれば、研究者は萎縮し大胆な仮説は立てられなくなるだろう。論文についてもNスベでは、査読を通過しているのに、新たな疑惑など「悪質な不正の印象」をこれでもかと与える様な内容だった。

掲載のための画像処理は、グラフ等の結果を綺麗にかつ解りやすくする為、編集的な処理を行う。たとえば、近似処理、濃淡補正、カラー補正、コントラスト補正、フィルター処理、トリミング等。これらはソースをいじっていることになるが、これを徹底的に叩く方針で専門家にみさせ「新たな疑惑」を引き出し報道した。これはSTAP論文不正追求に止まらずネイチャー査読の疑問を追及したことに等しい。
NHK報道姿勢をまとめると、
編集ミス及び記載のための編集を悪質な研究不正に扇動し、又、研究仮説の結論を恣意的に誘導した。

私は、NHKを信頼したいが、「ちょっとおかしい」と思う事が多くなって来ている。NHK報道を観て「しらける」では悲しい。日本と日本国民のために放送法を誠実に遵守し信頼されるNHKを取り戻せ。


03. 奥六郡自治区 2014年9月09日 11:59:11 : hlYbrCvz3rzf6 : P5z9qEHjhd
おいおい、武田教授!
毎度正論ぽいことをホザいてはいるが、言葉に重みがあまりないような。

放射能汚染と岩手・一関の件はいったいどうなった!?
ねえ、日高見さん。


04. 2014年9月09日 19:34:09 : mKgIONs4T6
民主主義(国民主権)を破壊しているのはブラックマスコミなのか。小沢事件、小保方事件、笹井(他殺的)自殺事件では誰が責任を取るのでしょうか。(1)

先日、注目された理研「STAP細胞再現実験の中間報告」の記者会見(8/27)が開催されました。ここでは幾つかの重要な発言がありましたので紹介します。ところで非常に心配された小保方博士の近況について、たいへん元気な様子との事、安心するやらホッとしました。相澤責任者(特別顧問)によれば「彼女は極めて積極的に実験を始めたいという状況」だそうです。壮絶な笹井博士(他殺的)自殺事件を体験して、この間の小保方博士の心境はいかばかりだったのでしょうか。深い悲しみは今も引きずっていると思いますが、尊敬する笹井博士の葬儀の際にご家族とも対面されて、号泣された事でしょう。そしてご家族の「無念さ」を肌で感じて、笹井博士のために、新たな重大決意(覚悟)を持った事でしょう。充分、想像できます。笹井博士の遺言「絶対、STAP細胞を再現してください」の言葉が小保方博士の感情を根底から揺り動かしたのでしょうか。きっと、笹井博士は天国から笑顔でSTAP細胞の成功を願っています。

この中間報告、記者会見ではたいへん興味ある内容を知る事ができました。まず、理研側3名の冷静、沈着、自信に満ちた対応に感心しました。言葉に澱みがなく、記者団の質問にテキパキと素人にも理解できるように説明がなされました。この中で相澤責任者から重要な言葉が発せられました「サイエンスはその人しかできない実験がある」「ES細胞も最初の頃は特定の人しか生成できなかった」の2つです。記者連中は今回の中間報告で丹羽博士が20数回STAP細胞、再現実験(小保方博士不参加)でうまくいかなかった事を取り上げて「小保方博士のSTAP細胞は失敗だった」と言いたかった様ですが、丹羽博士はこの実験はネイチャー誌に記載した方法では、うまくいかなかったと認めています。丹羽博士は別の質問では「STAP細胞は手強い」と発言していました。つまり、自分たちの能力ではSTAP細胞を実現する事は難しい事を自らが認めた事になります。神の領域に達した可能性の高い「小保方博士のSTAP細胞(万能細胞)」は理研のかなりハイレベルの科学者にとっても高いハードルであり、クリアできない事が証明されました。小保方博士のSTAP細胞(万能細胞)は神の技である「レシピ」「コツ」を知らなければ絶対に実現する事が不可能だと提示しています。この件は小保方博士の単独記者会見(4/9)で丁寧に説明されています。

一方、質問者である記者団の全体の雰囲気はまさに、チンピラ、ゴロツキ連中が偉い先生方に挑み掛かる構図でした。記者団連中は言葉使い、その態度、質問内容が、下劣で品位がほとんど感じられず、如何にもネガティブなものでした。丹羽博士の報告に気を良くしたのか、上から目線の傲慢で、アラ探し、上げ足取りの質問に終始しました。22名の記者が質問に立ちましたが、ポジティブな「STAP細胞」の無限の可能性などに関する質問は皆無でした(ここでハッキリした事は日本の記者を名乗る連中が如何に低レベルであるかを露呈していました。ジャーナリストとしてはインターネット上の優秀なブログには到底及ばない出来栄えでした、情けない話です)、この中で激しく理研の理事に食ってかかり、意味不明の質問をした医療ジャーナリスト(女)、「不正」「不正」と連呼し、内容に乏しい質問をしたNHKの記者(女)等が会場を盛り上げていました。また今回の会見で気になった事は記者団の中で笹井博士の(他殺的)自殺事件での謝罪、過剰報道に対する反省が一切、聞かれなかった事です。「集団リンチ事件」の当事者がイケシャーシャーと善人面する姿は悪魔の様相でした。特にNHK、毎日新聞の記者連中は笹井博士を自殺に追い込んだ加害者意識が無いのでしょうか、報道関係に携わる人間がこのような人格ではいけないのではないですか(他人の犯罪は厳しく追及するが、身内の場合はお咎めナシですかね、身勝手も甚だしい限りです、特権階級のお偉いさんですか)


05. 2014年9月10日 06:37:36 : mKgIONs4T6
民主主義(国民主権)を破壊しているのはブラックマスコミなのか。小沢事件、小保方事件、笹井(他殺的)自殺事件では誰が責任を取るのでしょうか。(2)

今回の理研側3名の中間報告、記者会見は大成功だったのではないでしょうか、私はそのように強く感じました。理研側3名共、紳士的で、穏やかで、科学的で、理知的で、優しい心の持ち主でした。記者団の辛辣な質問に対して、迷いなく、即座に説明されていました。ここで、理研の研究者の人材レベルが相当高い事を証明しました。今回の3名の人材配置はどこか優しさの中にも凄みさえ感じました。

@「小保方博士のSTAP細胞(万能細胞)」はすでに理研内部ではその存在が確認されているような雰囲気が、強く伝わってきました。理研側3名共、並々ならぬ覚悟で出席されている事が充分、感じ取れました。(庶民感覚からすると、矢でも鉄砲でも持ってこい、STAP細胞はとっくのとうに・・・・・・・)小保方博士に対して、理研が絶対に守るのだと言う決意と、STAP細胞は(万能細胞)を絶対実現させると言う気迫が感じられました。
A今回の再現実験で、小保方博士は9月〜11月まで本実験に参加されるとの事です。相澤責任者によれば「彼女は極めて積極的に実験を始めたい」との意向が伝えられました。小保方博士が笹井博士の不幸な事件を乗り越え、笹井博士のご家族とも対面され、遺書と向き合い、この数10日間で見事に復活した事が本当にうれしく思いました。これから本実験に向いますが、彼女の精神、肉体状態はすでに全開モードに達しており、11月までフルスロットル、フルスピードで走り抜ける事でしょう。理研の相澤責任者が小保方博士は11月までと期限を切った事が大きな意味を感じます。すでに、何がしかの結論ありき、での発言ではないかと想像しています。

B今年11月の「天才、小保方博士のSTAP細胞(万能細胞)」への期待が一気に高まってきました。再度「世紀の大発見」「否、神の領域に達した人類初の大偉業」が報道で溢れる事になります。その時は天才、笹井博士(故人)が天国から最大の笑顔で祝福してくれるでしょう。恐らく世界中から日本の小保方博士に賛辞が寄せられるでしょう。一方、これまで全社総動員でネガティブ報道して来たブラックマスコミは最大の危機を迎える事になります。その時、ブラックマスコミはどうなるのでしょうか。国民から断罪されることになります。国民から激しい逆バッシングがブラックマスコミに向けられます。そして、今までの異常、犯罪報道の実態、背景が抉りだされます。ブラックマスコミ各社は当然、責任者の責任追及、そして退陣、さらに本件に関わった関係者の責任追及、断罪が実行されます。特にNHK、毎日新聞、日本分子生物学会の関係者は国民から厳しい糾弾がなされます。神の領域を犯した者は神罰を受ける事になります。当然の報いでしょう、これには国民全員が納得です。

これに関連して、ブラックマスコミの報道体制を調べました。全ての報道はネガティブなものでした、一番の見出しは「STAP細胞実験、中間報告で確認できず」でした。ブラックマスコミがどれだけ「STAP細胞」を恐れているかが、この事実からも伺えます。そして、8/27、/28の報道総数(新聞、TV、ラジオ、IT関連)は実に400本を有に超えているものと思います。民間人を扱った事案としては過去に無い異常事態である事が証明された事になります。ところで、「STAP細胞」に関するネガティブ報道はかなり減ってきましたが、相変わらず、懲りずに東大某特任教授、毎日新聞等がバッシングを継続中です。この人達、ハッキリ言って頭、イカレていませんかと警告しておきます。

「天才、小保方博士のSAP細胞(万能細胞)」の実現が、いよいよ現実味を帯びてきました。恐らくこの動きは誰にも止められません。たとえ、世界の大親分の偽ユダヤ(米英)でも無理ではないでしょうか。日本の戦争屋、自民党、公明党(あなた方は中国を仮想敵国と想定しているようですが、そんなに戦争がしたいなら個人の責任で、自民党、公明党の議員団(地方議員も含む)だけで戦地に行けばよろしいのではないですか。国民は誰も戦争など絶対に拒否します。戦争とはゲームではなく人殺しに行く場所です。こんなムチャクチャナ命令は誰が出しているのですか。もし、偽ユダヤ(米英)であれば、あなた方は正しく売国奴の裏切りものです。そもそも中国は日本にとって最大の貿易国であり、歴史的にも数千年の交流があり、DNAも数10%はアジアから由来します)で閉塞した日本を打破する上でも、たいへん有効な案件ではないでしょうか、もしかしたら、小保方博士が日本を救う貴重な存在になるかもしれません、期待しましょう。


06. 日高見連邦共和国 2014年9月12日 21:02:00 : ZtjAE5Qu8buIw : AMkKUy9Ccg

>03さん  確かに・・・(苦笑)

>04、05さん
ほぼ全面的にご意見を支持します。小保ちゃんに関する私見はすでに何度も記している私です。
『科学=化学』というものの“奥深さ(摩訶不思議さ)”をバカ記者どもが理解しているとはとても思えません。
理研の連中にしたってSTFP細胞の再現実験が“失敗して”なんだか嬉しそうに見えるのは私だけですかね?(笑)


07. 2014年9月14日 08:36:38 : hU2UKe8pfM
>06. 日高見連邦共和国 2014年9月12日 21:02:00 : ZtjAE5Qu8buIw : AMkKUy9Ccg
>>なんだか嬉しそうに見えるのは私だけですかね?

本当に中間報告の会見を見ました?誰が”嬉しそうに”してましたか?
そんな人が再現実験をしても、STAP細胞が出来るわけ無いのだから
具体的に人の名を上げて批判するべきだと思いませんか?(”私だけで
すかね”なんて言って逃げるのは恥ずかしいよ)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK171掲示板  
次へ