★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171 > 231.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
『報道ステーション』ディレクター自殺で飛びかう原発“謀殺”説の真偽(リテラ)
http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/231.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 9 月 11 日 08:06:05: igsppGRN/E9PQ
 

            テレビ朝日『報道ステーション』HPより


『報道ステーション』ディレクター自殺で飛びかう原発“謀殺”説の真偽
http://lite-ra.com/2014/09/post-451.html?utm_source=rss20&utm_medium=rss
2014.09.11 リテラ


『報道ステーション』(テレビ朝日系)の報道ディレクターだった岩路真樹氏(49)の“死”が波紋を広げている。岩路氏は8月30日朝、自宅内で遺体となって発見されたのだが、部屋には目張りがされていた上、練炭が使用された跡があり、当初は覚悟の自殺とされた。しかし、次第に岩路氏の“自殺”に疑問符を付ける情報がネットを中心に流れ始める。

「自殺をするようには見えなかった」「理由が見当たらない」「自殺じゃなく謀殺されたんじゃないのか」

 こうした情報が流れた理由は岩路氏の手がけてきた取材対象にあった。岩路氏はここ数年福島原発に関連する取材を精力的に行ってきたのだ。

「彼は『報道ステーション』で福島取材を熱心にやっていましたが、特に福島で急増している子どもの甲状腺ガンや、除染の不正問題について突っ込んだ取材をしていたのです。そのため、原発に絡んだ不審死、暗殺説が飛び交ったのです」(週刊誌記者)

 ネットでは岩路氏が生前、「俺が死んだら殺されたと思ってくれ」と周囲に話していたとの情報も流れた。岩路氏が原発関連を含め、現在進行中の仕事をいくつも抱えていたことから「自殺ではなく、何らかの原発関連で殺されたのではないか」といった憶測さえ飛び交ったのだ。

 しかし結果からいうと岩路氏の死は他殺ではない。岩路氏と親しいテレビ朝日社員はこう語る。

「遺書もあったようですし、自殺は間違いない。実は岩路さんは少し前から何かに悩んでいて、周囲も少し様子がおかしいと心配していたんです。家族の問題ともいわれていますが、彼はテレビ記者には珍しく、取材対象にも深く継続的に入り込むような真面目な人。だから、いろいろ思い詰めてしまったんじゃないでしょうか」

 また、岩路氏と一緒に原発取材を続けていたジャーナリストの今西憲之氏もこう語る。

「甲状腺がんの問題も、原発ムラの陰謀も一緒に取材しました。親しい知り合いだったから自殺なんて信じたくないですが、警察も練炭自殺については木嶋佳苗事件が念頭にあり、かなり慎重に細かく調べたらしい。そのうえで、事件の線はなく自殺と断定したようです。原発取材との関連ですか。たしかに、岩路さんがテレ朝内で板挟み的な立場だという話はありましたが……。原発問題について『報道ステーション』は積極的な報道姿勢ですが、一方で政権や広告関係からの圧力にもさらされていた。でも、彼自身は古館伊知郎さんからも高く評価され、今後の仕事の構想も語っていた。『次は一緒に何をしようか』と新しいネタの話もしていたのに……。残念です」

 たしかにいくら原発シンジケートが悪辣だとはいっても、今の状況下で大手メディア関係者を“暗殺”するようなことは不可能だろう。しかし、一方でこうした謀略説が飛び交うのも無理からぬ部分はある。少なくとも福島原発のあの事故が起きる前までは、電力会社が反原発運動関係者やジャーナリストに様々な妨害、嫌がらせを行ってきた事実があるからだ。

 たとえば『反原発へのいやがらせ全記録』(海渡雄一/明石書店)では、反原発派や運動に取り組む人たちに対し、誹謗中傷や汚物を送りつける、尾行、無言電話などのいやがらせの数々が多くの物証とともに紹介されている。特に戦後の反原発運動をリードしてきた高木仁三郎に対しては、金銭援助の申し込みなど様々な工作を弄し、高木が亡くなった際にも故人を冒涜するような文章が出回ったこともあった。

 さらに、今回の噂が現実になったかのような“殺人未遂事件”も起きている。10年ほど前、関西電力が原発反対派の町長の「暗殺」を下請け業者に命じていたという証言があるのだ。この証言が書かれているのは『関西電力「反原発町長」暗殺指令』(斉藤真/宝島社)なる本。証言しているのは、1999年から2007年頃までの間、福井県の高浜原発の警備を請け負い、その暗殺指令を受けたという警備会社の社長と従業員だ。

 当時、関西電力内の高浜原発ではプルサーマル導入を進めていたが、これに高浜町の今井理一町長(当時)が強硬に反対。プルサーマル計画は頓挫し、そのまま数年にわたって導入が見送られ続けた。すると、ある時期、関西電力若狭支社(現・原子力事業本部に統合)の副支社長を務めていたKが、この警備会社の従業員のほうに町長の殺害を依頼してきたのだと言う。しかも、具体的な殺害方法まで提案した上で、「はよ、殺さんかい」とくどいくらいに催促してきたという。
 
 だが、結局、彼らは殺人を実行に移す事ができず、彼らの会社は関西電力から警備の仕事をうちきられてしまう。そこで、2年後、2人は「週刊現代」(2008年3月29日号/4月5日号)にこの経緯を告白するのだが、しかし、摘発されたのはK副支社長でなく、告発した彼らのほうだった。立替金の返還をK副支社長に要求した事が恐喝にあたるとして、大阪府警に逮捕されてしまったのである。

 にわかには信じがたい話かもしれないが、告発した警備会社社長らはこの事実を認めた関西電力幹部との会話をおさめた録音テープなど、複数の客観的証拠を提示しており、ターゲットになっていた今井町長も自分の暗殺計画があったことを認めている。また、当のK副支社長自身もこの警備会社社長らの裁判で、「高浜町長を襲うという話を冗談で一回話したことがある」と証言しているのだ。

 電力会社による“邪魔者”の排除、電力会社の意向に沿わない人間の殺害が、ほんとうに実行されていたかもしれないと思うと背筋が寒くなる。しかも、原発事故前はこうした事実がほとんど報道されることなく闇に葬り去られてきたのだ。

 そう考えると、原発問題に熱心に取り組んだテレビプロデューサーの“死”と原子力・電力会社の“闇”とを結びつけたくなるのは無理からぬことかもしれない。しかし、根拠のない謀略論を無自覚に流布させることは、一般の人から荒唐無稽と受け取られ、逆に原発推進を利する結果につながりかねない。

 状況はすでに、すべての批判が封じられ、電力会社がやりたい放題だったあの時代に戻りつつある。原発批判や健康被害を検証しようとするだけで「トンデモ」扱いされ、原発再稼働が当然のように進んでいく。こうした動きを阻止するためにも、私たちは先入観を排して闇に踏み込みながら、何が真実かをきちんとみきわめていく必要がある。

 そういう意味では、まさにその原発の真実に迫ろうとし続けている数少ないジャーナリストのひとりだった『報道ステーション』岩路ディレクターの死は残念でならない。

(伊勢崎馨)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月11日 12:23:38 : YylixLkL5Y
状況証拠は真っ黒。

これだけ偶然が重なることは宝くじに当たるより可能性は小さい。


02. 2014年9月11日 13:33:55 : aiMZAOJQqY
やつらも、火消しに躍起だな。
必死で他殺説を否定すればするほど、ますます怪しいと思うのが人間の心理だ。

>しかし、根拠のない謀略論を無自覚に流布させることは、一般の人から荒唐無稽と受け取られ、
>逆に原発推進を利する結果につながりかねない。

誰も荒唐無稽だなんて思わない。
政府・ムラから睨まれている報ステのディレクターが死ねば、他殺を疑うのは当然だろう。

3/11以降だけでも、関係者の不審死がいくつもあるからね。

http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/633.html
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/697.html


03. 2014年9月11日 14:27:51 : rk0rm8XNic
記事は謀殺を否定してる内容なんだが
後半に週刊現代で取り上げられる関西電力の話は凄いな
これ読んだら謀殺を否定する気にはならない。

関電幹部K→<町長の殺害依頼>→警備会社 ・・・ 失敗
警備会社が証拠を持って告発、捕まったのは警備会社のほう
これとよく似た話は佐藤栄作久元福島知事周辺にもあったんだろうな。


04. 2014年9月11日 14:54:01 : XyFdn7gMzw
記事は「しかし結果からいうと岩路氏の死は他殺ではない。」なんて断言してるけど、むしろそっちのほうが根拠薄弱じゃーん。

遺書なんかなーんの証拠にもならないさー。
筆跡照合を国民の目の前でやったわけじゃないし、殺人黒幕の犯罪政権がチンピラ使って偽遺書なんていくらでも作れるんだからさー。

死んだ動機や証拠を比べて考えれば、記事が言ってるような悩みや家族問題や、警察の現場検証(こんなの権力の犬なんだから端からねつ造さー。高知白バイ事件とか数々事件の証言や自白のでっち上げを始め、福1移染でも移染業者が自宅庭に放射能埋め捨てたのを家主が目撃し訴えたのに、調べにきた警察はろくに調べもしないで「埋めてない」なんて言ったから家主が怒って自前で掘ったらやっぱり埋まってて警察の犬振りがバレたとか、政治・大企業絡みは警察のねつ造、ウソ調査が常態化してんだよー)なんかより、本人が生前周囲に言ってた「俺が死んだら他殺と思ってくれ」発言や、事実が知れたら犯罪政権と犯罪東電が致命傷負いかねない福1放射能殺人徹底取材のほうが、子供が考えてもよっぽど死んだ動機にぴったりさー。

記事の「しかし結果からいうと岩路氏の死は他殺ではない。」なんてなーんの説得力も無い戯言さー。


05. 2014年9月11日 15:11:56 : XyFdn7gMzw
だいいち、自殺ならビルから飛び降りたり線路に身投げしたりとかなら手間かからず簡単に出来て、一酸化炭素なんて隣家に迷惑かけない死に方はいくらでも出来るのに、練炭なんかほとんど使わない入手面倒な都会で、しかも目張りとか燃やしたりとかやたら手間暇かかる死に方わざわざ選ぶわけねーじゃーん。

なんで練炭自殺にしたかってかって?
そりゃぁあなた、内部から目張りの密室劇に見せかければ「自殺だよー」って大多数のアホな国民をコロッて騙せると思ったからに決まってんじゃーん。
だからちと考えればまるで不自然だけど時代錯誤の練炭なんだよー。
ビルや線路なんか使ったらモロ消したってすぐバレちゃうからさー。


06. 2014年9月11日 15:27:10 : aiMZAOJQqY
8月に自殺するのに練炭なんて使うかよ。汗たらたら、暑くて眠れないって。

それにしても、反・脱原発活動をしている人の中にも、他殺説は陰謀論だ、妄想だ、と
必死で罵倒している奴がいるな。

普通なら、「自殺かも知れないけれど、怪しいなぁ」ぐらいの感想だろう。

なぜあんなに「自殺だ、自殺だ」と必死で叫んでいるのかね?

ヒモでもついているんじゃないかと疑ってしまうね。


07. 2014年9月11日 21:22:53 : c42v0VsZO2
陰謀論を言ったり、原発推進派を利することを理由に否定することは、工作員が良く使う方法だ。

原子力マフィアは、文章で飯を食っている人間を、いつでもコントロールできるチャンネルを複数持っている。

彼らは、日本の闇と深くつながっていて、それを暴くことはないと断定する。


「原発批判や健康被害を検証しようとするだけで「トンデモ」扱いされ」るとは、この著者は、どんなポジションにいるのか?

警察が自殺と判断した、旧動燃の西村氏の変死については、医学的な証拠も揃えて、ジャーナリストの竹野内真理さんが詳しく書いている。

プチエンジェル事件を覚えているだろうか?

プチエンジェル事件の犯人も、不可解な点(練炭火鉢の購入先不明、ビニールが溶けていたこと)がありながら、警察が自殺と断定した。

医者、弁護士、裁判官、政治家(多分記者も含まれていたはずだ)などの名前を連ねた顧客名簿に関して、偽名と言う理由で、警察は、継続捜査を打ち切った。

http://matome.naver.jp/odai/2137476847099487401?page=2

警察とマスコミは、体制の治安装置であることを肝に銘じていた方が良い。


08. 2014年9月11日 23:24:52 : FfzzRIbxkp
昨今の朝日批判と報道ステーションを見れば、情報統制に躍起になってる機関があるのは一目瞭然。

その人たちが犯人じゃないのかな。

岩路さんが自殺ならば、彼の無念を晴らすために勢いづくはず。暴力の被害にあっているから躊躇するのでしょう。

それから、日本国内で”反日”という言葉を使う人がいるけれど、あれは海外で使われる言葉です。日本に暮らしているのに反日であることは、逆立ちして歩くように難しい。そのようなことも理解できない人たちが”反日”と言いながら活動している場合、彼らは言葉さえまともに理解してないのは明らか。

中丸薫氏の発言をネットで見たが、自民党議員は故竹下首相の拷問の映像を見せられて怯えているのではないかという発言だった。
ただし、そのような拷問をした人間たちの勢力は弱まっているのだから、彼らの言うことももはや聞く必要もないとも。
ならば、自民党は何におびえて、これほどまで隠ぺい工作を繰り返すのだろうか。
安倍晋三は、311の時にやけに浮ついていた。
読売は放射能を怖がるのは非国民とも言ったよな。
読売は地震発生後10分で女川原発から中継してたよな。

311のつぐないをするのが嫌なのかい? だから歴史も否定するのか。


09. 2014年9月12日 05:07:27 : Du8bpeRC0A
>当時、関西電力内の高浜原発ではプルサーマル導入を進めていたが、これに高浜町の今井理一町長(当時)が強硬に反対。プルサーマル計画は頓挫し、そのまま数年にわたって導入が見送られ続けた。すると、ある時期、関西電力若狭支社(現・原子力事業本部に統合)の副支社長を務めていたKが、この警備会社の従業員のほうに町長の殺害を依頼してきたのだと言う。しかも、具体的な殺害方法まで提案した上で、「はよ、殺さんかい」とくどいくらいに催促してきたという。
 
>だが、結局、彼らは殺人を実行に移す事ができず、彼らの会社は関西電力から警備の仕事をうちきられてしまう。そこで、2年後、2人は「週刊現代」(2008年3月29日号/4月5日号)にこの経緯を告白するのだが、しかし、摘発されたのはK副支社長でなく、告発した彼らのほうだった。立替金の返還をK副支社長に要求した事が恐喝にあたるとして、大阪府警に逮捕されてしまったのである。

>にわかには信じがたい話かもしれないが、告発した警備会社社長らはこの事実を認めた関西電力幹部との会話をおさめた録音テープなど、複数の客観的証拠を提示しており、ターゲットになっていた今井町長も自分の暗殺計画があったことを認めている。また、当のK副支社長自身もこの警備会社社長らの裁判で、「高浜町長を襲うという話を冗談で一回話したことがある」と証言しているのだ。

>電力会社による“邪魔者”の排除、電力会社の意向に沿わない人間の殺害が、ほんとうに実行されていたかもしれないと思うと背筋が寒くなる。しかも、原発事故前はこうした事実がほとんど報道されることなく闇に葬り去られてきたのだ。

これは、恐ろしいし、許し難い。
“日本の闇”、というか“警察の闇”、
いや“政官業報癒着の闇”を垣間見たような気がする。

私は陰謀論は嫌いです。
でも、陰謀論が生まれる土壌まで無視するのは、思考停止だと思ってます。
こんな若い報道マンが自殺するのは奇妙です。
http://twitter.com/mipoko611/status/506787094610460672

同感。私も陰謀論は嫌いだが…
例えば年間10万人もの人間が行方不明になっている事を考えれば、
その中には殺されている人も数多い筈と考えるのが合理的だし、
同様に自殺に見せかけた殺人があっても不思議ではない。
殺されたかも知れない理由を考える事は必要な筈だ。
http://twitter.com/nihon_koutei/status/508074575477755904


10. 2014年9月12日 07:10:48 : xV3uEzFkoY
今西がいってるのだからそうなんだよw
本当は殺されたとしても、その殺されたという一つの事実はFUDを広める。
結果、原子力推進勢力に楯突いたら怖いことになるという推進側を
利することになる。その兼ね合い・バランスから額面通り受けておいた
ほうがいいという判断が働いたんだろう。

けれども、この記事の書き方のように、額面通り受けておきつつも
後半にすごいこと書いてる「やり方」を認めてやればいいんだろ。

しかしありとあらゆる妨害工作を受けてもなお主張を変えなかった、
高木仁三郎はスーパーマンだな。


11. 2014年9月12日 08:24:59 : 5Jpvho4NgA
表面は自殺かも知れないが原発再稼働を急ぐ原発村の悪「わる」たちのイヤガラセが因果関係として無かつたのだろうか。その辺を調べてほしい。広告主などから何らかの発言があり思い悩んだでいたなどが考えられるが?。

12. 2014年9月12日 10:59:22 : WctzF2JNWY
この記事は謀殺説を鎮める役回りのようだ。つまり工作。

日本の業界で怖いのは、不動産、廃棄物処理、作業員派遣が代表だろう。これらの
業界は平気で人を殺す。大きな金の動くところは怖い。原子力もそうだ。被曝被害
(子どもの甲状腺がんとか)は国がもっとも重点を置いている。廃棄物処理も業界
自体が怖い。それから、報道界への警告の意味もあるのだろう。

死人に口なしで殺人は発覚しずらい。どこの国にも殺し屋はいる。殺し屋と連絡する
には893などその道の人と知り合いになればいい。


13. 2014年9月12日 14:25:57 : a5vhfzxI1o

>かなり慎重に細かく調べた“らしい”。

>そのうえで、事件の線はなく自殺と断定した“よう”です。

今西さん説得力無さすぎ。脅されたのか。
岩路ディレクター、練炭どっから手に入れたんだろ。
そんなもん、普通に夏のキャンプとかする人にガンガン売れるもんかね。
もし、それほど売れないモノだとして、彼が直前に買ったんなら、
ちょっと夏には珍しい種類のお客さんてことで
大きなDIY屋の店員さんでも覚えてるんじゃない?
遺書は公表しないわ、とにかく詳細が一切不明。
司法解剖なんかもやらないよね。
とくりゃ、他殺だ。
自宅でってのがよくわからん。
同居の家族がいるんだかどうなんだか。

******************************************************************

杉山正隆
‏@sugiyamamasa ジャーナリスト、岩路真樹さんの死。
https://twitter.com/sugiyamamasa/status/507306538495901696


    分かっているのは、「練炭があり亡くなっていた」

    「警察は不自然な点はないと判断」

    「前日、仕事仲間と約束を交わした」こと。

    通夜は家族だけ、ということで、友人らは最期の別れができず。

    権力を監視批判する記者や家族らは「畳の上で死ねない」覚悟が必要なのだ。


14. 2014年9月12日 17:08:46 : Dy74LD8LBE
13さん
>自宅でってのがよくわからん。
同居の家族がいるんだかどうなんだか。

家族と別居中で一人暮らしだったようですから、この自殺説には全く説得力がありませんね。
逆に13さんが言われるように、「今西さん説得力無さすぎ。脅されたのか。」でしょう。

なお、この別居も岩路氏(=岩路家)に対する想像を絶する脅し・圧力に対し、我慢の限界を超えたことにより起きた家庭内不和とも受け取れますので、私には小沢家の状況とも重なって見えます。

>根拠のない謀略論を無自覚に流布させることは

根拠ですか?
米公文書ですでに明らかにされて、知ってる人は知ってる”世界各地で展開されたというアメリカ情報戦略の一つである”これ↓かなぁ・・

『逆らう言論人、ジャーナリストは、そのジャーナリストのセックス・スキャンダル等をマスコミに流し失脚させ、必要であれば軍の諜報組織を用い、事故に見せかけ殺害する。 』

体制に不都合な方々の不可解な死・事件がこれまで多数あり、日本では完全に定着しましたね!!

>これだけ偶然が重なることは宝くじに当たるより可能性は小さい。
>この記事は謀殺説を鎮める役回りのようだ。つまり工作。

上記はじめ、自殺疑問視の皆さんのコメントに賛同です。


15. 2014年9月13日 10:35:07 : ebjJbjpC0M

同意です。

16. 2014年9月16日 13:17:13 : va9Q2DXu5A
結局文は長いがTV朝日のディレクターはポアされたっていいたいんだな。

17. 2014年10月13日 03:45:40 : ACe2Y2PyNg

ひょう吉の疑問

テレビ朝日の報道ステーションの岩路真樹ディレクターが不審死 
2014-09-08 04:59:00
http://blog.goo.ne.jp/akiko_019/e/7e07995b170a1fa620be8744add7bad8

<一部転載>

4.岩路氏の不審死と米戦争屋CIA謀略部隊は関係あるのか

 上記、岩路氏が偽装自殺させられたと仮定すれば、その仕掛け人は米戦争屋でしょうか。
同氏を何者かが狙ったとすれば、その動機は、岩路氏が日本の原発推進派を妨害する行動を取ったからとみなすのが、もっとも自然です。

 上記、伊藤・長崎市長も徹底した核兵器廃絶主義者であり、核兵器を開発・保有する米戦争屋にとっては不都合な日本人だったのは確かです。

 ここで、大胆に推理してみると、岩路事件では、日本の原発推進派がプロの殺し屋を雇ったようには感じません、
なぜなら、彼らにはそのような謀略を仕掛ける能力はないとみるからです。
一方、伊藤・長崎市長暗殺事件は、米戦争屋CIA配下の極東謀略部隊の関与が疑われます。

 日本において、偽装自殺というハイレベルの暗殺を計画・実行できる勢力は米戦争屋CIA配下の極東謀略部隊(殺しのプロ)しかいないとみます。


(〜略〜)


3.マスコミに圧力を掛けているステルス勢力の存在が暗示されている

 上記、意味深テロップを幹部に無断で流した人物は、今頃、幹部に叱責されているでしょう、
いずれ左遷されるでしょうが、それを覚悟の上でしょう。
筆者を含む多くのネット住人には、この人の心情が手に取るようによくわかります。

 この人物の取った行動は、幹部から見れば、一種のテロ行為でしょうが、事情を知ったネット住人からみると、マスコミは常時監視され、常時圧力を掛けられていることがよくわかります。

 テレ朝幹部は、マスコミを常時監視するステルス勢力から、反原発報道を止めるよう恫喝されていたはずです。
そして、岩路ディレクターに対して、テレ朝幹部は報道ステーションにて原発事故追及報道を止めるよう指示していたはずです。
にもかかわらず、岩路ディレクターおよびその同調者は、幹部の反対を押し切って、原発事故追及報道を強行していたと想像されます。

 そして、マスコミを常時監視するステルス勢力は、マスコミ人へのみせしめに、言うことを聞かなかった岩路氏を自殺偽装で処罰したと疑われます。

 このステルス勢力は、岩路氏不審死事件を絶対に報道しないようマスコミ全体に指示を出していると思われます、
この事件は、マスコミ人全員に向けた恫喝ということです。
このような手口は、日本を属国支配する米国戦争屋CIAお得意の手口であり、
偽装自殺の下手人も、CIA配下の極東謀略部隊の殺しのプロの仕業と疑われます。
ただし、この事件にCIAが関与しているかどうかはまったく不明です。

(〜略〜)

4.岩路氏不審死が偽装自殺だとすれば、それを仕掛けたのは何者か

 筆者を含むネット住人の関心、それは、岩路氏不審死が偽装自殺だとすれば、それを仕掛けたのは何者かという点に絞られます。
それを探るには、まず、テレ朝に、原発事故追及番組を止めるよう圧力を掛けていたステルス勢力は何者かという点を推測する必要があります。
誰もが想像するのは、テレ朝に圧力を掛けていたのは日本の原発推進派(原発マフィア)ではないかというものでしょう。
ネットにはそのような見方をする人も少なくありません。

 本ブログの見方では、原発マフィアに支持される安倍政権および日本政府が、電通を通じて、マスコミ各社に圧力を掛けている可能性は高いと思います。
しかしながら、彼らが、岩路氏の偽装自殺を企むまでに至るかどうかは今一、疑問です。

 ところで、岩路氏は、死の直前まで、除染事業の闇を追及していたようですが、除染作業はウラ社会のシマになっていると思われます。
それなら、政府が業者に委託する除染作業の闇を暴いている岩路氏がウラ社会のマフィアから命を狙われる可能性を否定できません。
なお、日本のマフィアとCIA配下の極東謀略部隊は一部、ダブっています。

 それでは、除染事業受託業者の中の一部マフィアが自発的に、岩路氏を狙ったのでしょうか。

 筆者が除染事業を請け負うマフィアの一員だったら、自発的に偽装自殺事件まではやらないような気がします、せいぜい、恫喝にとどまるでしょう。

 しかしながら、何者かから、高額の報酬を条件に依頼されたのなら引き受けるでしょう、
すなわち、やはり、上記、ステルス勢力が黒幕のような気がします。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK171掲示板  
次へ