★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171 > 265.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
朝日社長の謝罪会見 「反朝日デモ」を恐れ超厳戒態勢だった(NEWS ポストセブン)
http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/265.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 9 月 12 日 07:27:05: igsppGRN/E9PQ
 

会見開始後の数分間、カメラのシャッター音は鳴りやまなかった


朝日社長の謝罪会見 「反朝日デモ」を恐れ超厳戒態勢だった
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140912-00000007-pseven-soci
NEWS ポストセブン 9月12日(金)7時6分配信


 東京電力福島第一原発元所長の証言、いわゆる「吉田調書」を巡る記事において“大ウソ”を認め、取り消し・謝罪した朝日新聞の木村伊量社長。9月11日夜に開かれた会見は執拗なまでの厳戒態勢だった。

 会見場は東京都・中央区にある朝日新聞本社。じつは朝日内部では少なくとも前日10日午後7時の段階で、「明日、誤報を認めて社長が謝罪する」との情報が広く出回っていたという。

 そして、11日になると朝日の記者がツイッターで「本日、社長の謝罪会見がある」とツイートしたことなどから、多くのマスコミが知るところとなる。だが、午後になっても広報部は「現時点ではこちらからお知らせすることは何もない」との回答に終始したという。

 そのころ、政府が吉田調書を公開したため、誤報箇所や謝罪内容の最終確認作業に追われていたのかもしれないが、結局、『週刊ポスト』編集部に会見の知らせが届いたのは、午後7時30分開始予定の、わずか1時間15分前だった。

 広く周知すべき謝罪会見の予定を隠し続けたために、案の定、朝日新聞本社前は大混乱。

 広報部がFAXを流す前の午後6時過ぎには、すでに100名近くの報道陣が詰めかけ、物々しい雰囲気に包まれていた。本社前では10名を超える警察官まで出動して交通整理。大通りには護送バス2台も止まっていた。

 ようやく会場入りが認められた6時20分以降もドタバタ劇は続いた。

 大勢のマスコミが取材に押し寄せることが分かっていながら、会見場は朝日社内の「読者ホール」で、キャパはわずか160人ほど。しかも、「1社カメラ1台、記者3名」と取材人数を制限し、受付で厳しいチェックが行われたのだ。

「もっと広い会場を用意できたはず」「謝罪する会社の対応とは思えない」と不満を漏らすマスコミが続出。結局、締め出された記者たちは別室でモニター中継の画面を見るハメに。

「本日はより広い会場で記者会見を行い、出席を希望される皆さまのご要望にお応えしたいと考えておりましたが、“警備上”の観点からやむを得ず狭い会場での開催となりました。心からお詫び申し上げます」

 会見冒頭でまず不手際を詫びた朝日社員だが、すし詰め状態の狭い会場を見渡すと、耳にイヤホンを差した私服警官の姿もチラホラ。

 ここまで朝日がギリギリまで正確な時間や場所を伝えず、厳戒態勢の会見に臨んだのはなぜか。

「吉田調書や慰安婦問題、池上彰氏のコラム掲載拒否など、一連の失態で読者の朝日新聞への怒りはピークに達していた。最近では“反朝日デモ”も頻繁に行われていたため、早々と会見時間を知らせてしまったらマスコミ関係者だけでなく、多くの人が朝日に押し寄せるかもしれない。それを恐れたのだろう」(朝日記者)

 会見では読者から寄せられたクレーム数や直近の購読打ち切り者数も公表しなかった。身から出た錆なのに、どこまでも謙虚になれない朝日新聞の“殿様ぶり”に自浄作用など働くのだろうか。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月12日 08:17:04 : uT4TNrxe8s
今回のことに限らず、ずーっと昔から思ってきたことだけど

「他人に厳しいが自分にも厳しい」陣営と
「他人に厳しいが自分には甘い」陣営が口げんかした場合
後者が勝つ(勝ったように見える)のは当たり前

謝罪を求める人々は自分の過ち(というか罪、「故意」だから)を謝罪したことがあるだろうか?

原発村を守るためなら非公開で、朝日を叩くためなら公開、という根性が一番さもしいと思う。
この記事の「おかげで」公開になったのなら、記事は政権よりは国民に貢献したのだと俺は思うよw


02. 2014年9月12日 08:52:28 : re3hqKlbKo
街宣右翼が出てくることは無い。
そこは笹川日本財団がきっちり統括してる。

ここがかつて朝日本社内で発生した任侠系右翼の割腹自殺事件のときとは違うところ。

裏で糸ひいてるのは、日本財団および配下の政治団体。


03. 2014年9月12日 10:27:29 : 5Sh5eviSoo
朝日の歴史的会見に出てきた。
2014年9月12日 1時21分 花田紀凱 | 『WiLL』編集長、元『週刊文春』編集長


さっき、朝日新聞の歴史的会見に出てきた。

6時40分ごろ、築地の本社にいくと、裏口は封鎖され、厳重な警戒体制。二重のチェックを経てやっと会場に。会見は7時半からだというのに、もう7分くらい埋まっている。

産経の阿比留瑠比さん、「週刊文春」「週刊現代」の顔見知りの記者と会う。

会見は定刻の7時半にスタート。

先づ、福島第一の吉田昌郎所長の調書について、全面的に非を認め、杉浦担当取締役解任を発表。社長は改革のめどがついたら考える、と何処かで聞いたようなセリフ。ただし社長報酬は全額返納。

慰安婦問題のについては吉田調書ほど歯切れが良くない。やはり強制性はあったと言い張っている。阿比留さんが厳しく追求するも、逃げの一手。5日の記事で謝らず、なぜ今、謝るかについても明確な答えはなかった。だから慰安婦問題についてはまだまだ攻め所が多い。

帰りに、編集部員と話したこと。

こんな質問すれば良かった。

「フラッシュ」や「サピオ」に抗議文を送ってるのに、なぜ「WiLL」には抗議がこないのか?

正解はどれでしょう?

1、「WiLL」は確信犯だから抗議しても無駄。
2、「WiLL」はマイナーな雑誌だから無視。
3、「WiLL」が書いてることが正しいから。
正解はむろん3でしょう。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/hanadakazuyoshi/20140912-00039036/


04. 2014年9月12日 14:17:13 : ZZRN8DfbzY
なんとタイミングがいいことか、当たりかな


柔軟な防護基準設定や県民健康調査支援など 日本財団が提言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140912-00000012-fminpo-l07


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK171掲示板  
次へ