★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171 > 271.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「吉田調書報道取り消し」で朝日は傷だらけ 他にも求められる特ダネの検証(東洋経済)
http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/271.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 9 月 12 日 08:33:05: igsppGRN/E9PQ
 

          5月20日朝刊一面のトップ記事を取り消した


「吉田調書報道取り消し」で朝日は傷だらけ 他にも求められる特ダネの検証
http://toyokeizai.net/articles/-/47863
2014年09月12日 関口 威人 :ジャーナリスト 東洋経済


朝日新聞が、東京電力福島第一原発の故吉田昌郎元所長に対する政府事故調の聴取記録、いわゆる「吉田調書」をめぐり、「所員が命令違反で撤退した」などと報道したのは誤りだったと認め、記事を取り消す方針を明らかにした。

木村伊量社長は編集部門の抜本改革が終わるまで社長報酬を全額返納、その後に進退を決断するという。事実上の引責辞任表明だ。先月、検証記事を掲載した慰安婦報道についても謝罪、関連していったん掲載を拒否した池上彰氏のコラム問題も尾を引くなど、傷だらけの朝日は、解体的な出直しが迫られる。

■違和感のあるスクープだった

9月11日の2時間近くにわたる会見で、今回の誤報の原因について木村社長と編集担当の杉浦信之取締役が繰り返したのは「記者の思い込み」と「記事のチェック不足」が重なったという認識だ。

「命令違反で撤退」と報じた主な根拠は、吉田氏が「所員に福島第一(1F)の近辺に退避して次の指示を待てと言ったつもりが、福島第二(2F)に行ってしまった」と語ったとされる調書の証言などだ。

しかし、調書では続けて「伝言ゲーム」のように所員に正確な指示が伝わっていなかったことや、「よく考えれば2Fに行った方がはるかに正しいと思った」と、前言を翻すような吉田氏の発言も出てくる。

これらは「フクシマ・フィフティーの真相」と題された朝日新聞デジタル版の記事には当初から盛り込まれていた。まずデジタル版を読み、続いて当日届いた朝刊紙面を手に取った私のような読者は、「所長命令に違反 原発撤退」の大見出しに初めから違和感を覚えたはずだ。

紙の記事から「伝言ゲーム」などのくだりが削られた理由について、杉浦取締役は「事後的な発言として割愛した」と、取材班が重要視していなかったからだと説明し、結果的にその判断が間違っていたと認めた。

その上で、「東電の社員をおとしめるなどの意図はなかった」「事実をねじ曲げるようなことはなかった」と強調した。しかし、この釈明を額面通り受け止め、納得できる読者は少ないだろう。

原発批判、東電批判、除染批判…そして安倍政権批判。今年に入って秘密保護法案では猛烈なネガティブキャンペーンを張っていた朝日社内。その流れの中で限られた記者が手中にした極秘資料。「思い込み」の「思い」の中には社会的告発から私的な功利まで、さまざまなものが入り交じっていて当然だ。

ただ、「思い」と「ねじ曲げ」は紙一重の際どい関係にある。思いの強さのため、必要以上に話を広げ、大きくしてしまう。周りが見えず盲目的になり、記事の捏造にまで至る。そうした過ちは、朝日に限らず多くのメディア人が繰り返してきた。

吉田調書報道も、慰安婦報道もそうした危うさを感じさせる。

慰安婦報道の検証記事では「『反省』という言葉にいろいろな意味を込めた」という。だが、それを読者に「謝罪」でもあるとは受け止めてもらえなかった。1カ月以上がたち、ようやく社長の口から「おわび」の言葉がはっきり聞かれた。

池上氏のコラム掲載拒否を最終的に判断したのは、杉浦取締役だったという。ただし、「掲載するには厳しい」という杉浦取締役からの報告を受け、木村社長も「そうか」と応じていたことを明かした。その決定に現役記者らがツイッターで異議を唱えたことについて聞かれると、「自由な言論空間を保証するのが私のモットー。記者のツイッターを制限するようなことは考えていない」と飄々と答えた。

■他にも求められる特ダネ検証

吉田調書の他にも、中部電力の裏金報道など、他社が追い切れていない朝日の特ダネは数多い。調査報道の質、量、態勢で朝日を追い越せるメディアがないのは誰もが認めるところだ。

私も地方紙時代に張り合った朝日記者は皆、優秀で特ダネを連発していた。ただ、中にはあからさまに地方のネタを針小棒大に広げて東京に売り込むことに執着する記者も見られた。

「一部の記者の問題だったのか、構造的な根深い問題だったのか。それらを含めて社内でも、第三者委員会でも徹底的に検証したい」と木村社長。

「根深い問題」が明らかになれば、これまでの朝日の報道がすべて問われることになる。そして全メディアが他山の石としなければならない。本当のメディア戦国時代の幕開けである。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月12日 08:41:02 : YylixLkL5Y
何か大きな勘違いをしている。

こんな報道ならまるで他の記事はすべて正しいと勘違いしてしまう。
毎日毎日、ウソを報道しているのが日本のマスコミ。

読売、産経は原発報道でうその垂れ流し。


02. 2014年9月12日 08:48:25 : NNHQF4oi2I
吉田調書 東電のビデオ すべて開示しろ

 判断は 国民がする


03. 新共産主義クラブ 2014年9月12日 08:54:42 : w0NMVeciJ/Y.. : 183U02GDLU
近年の朝日新聞の大きなスクープは、村木厚子・厚生労働省元局長の無罪事件だったかな。

04. xyzxyz 2014年9月12日 09:08:37 : hVWJEmY6Wpyl6 : 6LOt9azxfI
今まではネトウヨ!とレッテル貼りしてれば押し流せてた問題が
あまりにそういう層が増えて抗しきれなくなったようだね。

今じゃ吉田清治の証言を否定しても、誰もネトウヨ!と言わなくなってしまった。
共産党や社民党ぐらいしか吉田証言を信じる人はいなくなってしまったね。。
いや、元なら自民の河野洋平さんも信じてそうだw


05. 2014年9月12日 09:31:56 : CqcLi9FkD6
> 9月11日の2時間近くにわたる会見で、今回の誤報の原因について木村社長と編集担当の杉浦信之取締役が繰り返したのは「記者の思い込み」と「記事のチェック不足」が重なったという認識だ。

朝日新聞は、在日朝鮮人の犯罪者名を日本名だけで報道し、本名(韓国名)は絶対に書かないことで有名である。
この在日朝鮮人の犯罪者名隠蔽報道は、「記者の思い込み」と「記事のチェック不足」であるはずはない。
新聞社としての隠蔽行為である。

>「一部の記者の問題だったのか、構造的な根深い問題だったのか。それらを含めて社内でも、第三者委員会でも徹底的に検証したい」と木村社長。

在日朝鮮人の犯罪者名隠蔽報道は「一部の記者の問題]ではなく、「構造的な根深い問題」であることは間違いない。
つまり、朝日新聞は朝鮮人に乗っ取られているという「構造的な根深い問題」を抱えている。

今後、朝日新聞が朝鮮人支配から脱することが出来るか否か、監視が必要である。
在日朝鮮人の犯罪者名隠蔽報道が続く限り、朝日新聞は朝鮮人の支配下にある。


06. 2014年9月12日 09:34:40 : yBG3GAzvsY
「福島はコントロールできている」の首相発言を報道したときのメデイアの解説は、本当に十分であったのだろうか。
 ノーベル賞級のSTAP細胞の解説は、十分だったのだろうか。メディアが反省する材料は少なくない。そのたびにメディアが縮こまっていては、その役割を果せないだろう。
 別に解体的な出直しは必要でない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK171掲示板  
次へ