★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171 > 283.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
消費税引き上げ延期提言 日本経済への悪影響懸念 NYタイムズ(ZAKZAK)
http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/283.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2014 年 9 月 12 日 14:23:17: AtMSjtXKW4rJY
 

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140912/plt1409121204002-n1.htm
2014.09.12


 来年10月に予定されている消費税率10%への再増税について海外からも懸念する声が強まり始めた。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は10日、日本政府は来年10月に予定される消費税率10%への再引き上げを「延期すべきだ」とする社説を掲載した。

 最近発表された4〜6月期の国内総生産(GDP)が落ち込んだ点を踏まえた主張で、財政赤字削減の必要性は理解する一方、好転しかけた日本経済への悪影響をより懸念した。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルは9日、安倍晋三首相の経済ブレーンの1人である本田悦朗内閣官房参与のインタビューを掲載、「アベノミクスと消費税率引き上げは逆向きの方向性を持った政策。本来思いっきりアクセルをふかしているときにブレーキをかけたらどうなるか。車は必ずスピンする」との発言を紹介した。

 再増税を見送った場合、「(財政再建に向けた)市場の信認を失い、国債が暴落すれば打つ手がほとんどない」(自民党の高村正彦副総裁)との声もある一方、ブルームバーグは10日、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズのソブリン(国債)格付け担当者のインタビューで、再増税がマクロ経済に悪影響を与える可能性があれば「必ずしもソブリン格付けにプラスではない」と語ったと報じている。

 安倍首相は11日、ニッポン放送のラジオ番組「ザ・ボイス」に出演し、「景気が後退し、マイナス成長になってしまっては税収も上がらないから元も子もない。経済を分析する専門家の意見も昨年と同様に聞く必要がある」と述べた。昨年は8%への増税を決めたが、今回はどう決断するのか。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月12日 16:03:53 : 3EMgCxnjJI
なんで増税しないと経済に悪影響と他国に対しては唱え、アメリカ国内にたいしては言わないのかね。増税をしつこく求められているのはIMF傘下の破綻国家と、この世界最大の巨額債権国だけだ。なにかおかしい。

02. taked4700 2014年9月13日 01:53:21 : 9XFNe/BiX575U : qtOTP1Xsdk
とんちクイズで、「いつもカラな鳥の巣があります。なんと言う鳥でしょうか。」というものがある。「カラス」と答えられたら、いいえ「シジュウカラ」ですとし、「シジュウカラ」と言われたら「カラス」が正解だとするもの。

日本経済の状況も同じで、赤字積み上がりによる財政悪化を理由に、「消費税増税」をしてもしなくても日本経済は破たんへの道を歩むように誘導されているのでしょう。

経済のかじ取りはとても難しいと思います。考えるべきは自立であり、輸入化石燃料や輸入食料に頼らない、そして、原発に依存しない社会であるはずです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK171掲示板  
次へ