★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171 > 376.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
菅官房長官が明示した辺野古基地建設中止の条件(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/376.html
投稿者 笑坊 日時 2014 年 9 月 14 日 13:03:17: EaaOcpw/cGfrA
 

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-89ab.html
2014年9月14日

負けないこと

投げ出さないこと

逃げ出さないこと

信じ抜くこと

駄目になりそうなとき

それが一番大事


負けないこと

投げ出さないこと

逃げ出さないこと

信じ抜くこと

涙見せてもいいよ


それを忘れなければ

(立川俊之作詞作曲『それが一番大事』)

http://www.youtube.com/watch?v=OOX1Sbb3FqU


沖縄県名護市の辺野古海岸で、沖縄県民が辺野古の海を守るために体を張って行動している。

海上保安庁は一般海域で活動する市民を威嚇し、暴力行為を働いていることが伝えられている。

http://twitcasting.tv/iwj_okinawa1/movie/99423220

安倍政権は沖縄県名護市の辺野古海岸を破壊して米軍基地建設に着手しているが、実力行使は沖縄県の仲井真弘多知事が昨年12月に埋立申請を承認したことを根拠に進められている。

しかし、仲井真知事の埋立申請承認は、民主主義の根幹に反する不正で不当なものである。


国政では、野田佳彦氏が「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしい」と絶叫しながら、「シロアリを一匹も退治しないで消費税を上げること」と決定した。

これも民主主義の根幹を踏みにじる暴挙である。

国民の信託を受けて政治権力を行使する代表者の堕落が日本の民主主義を危機に陥れている。

仲井真弘多氏は2010年の沖縄県知事選で、普天間代替施設を県外ないし国外に移設することを沖縄県民に約束した。

この約束=公約=契約を踏みにじって辺野古海岸の埋立申請を承認した。

この承認に正統性がない。

仲井真氏の裏切り行為の裏側に何があったのかは明らかでない。

安倍政権によって仲井真氏は切り崩されたわけだが、表には出せない多くの事情があるのだと推察される。

しかし、いかなる謀略、工作、取引があったにせよ、沖縄県民との約束=公約=契約を一方的に破棄する正当な理由にはなり得ない。


安倍政権の菅義偉官房長官は9月10日の記者会見で次の認識を示した。

「最大の関心は沖縄県が(辺野古沿岸部の)埋め立てを承認するかどうかだった。知事が承認し粛々と工事しており、もう過去の問題だ。争点にはならない」

菅氏は次のように発言した。

「過去18年間で、県知事も市長も移設賛成の方がいた。そうした経緯の中で、仲井真知事が埋め立て承認を決定した。そのことで一つの区切りがついている」

民主主義の根幹を否定する万死に値する暴言である。

菅氏は仲井真氏が振り出した「埋立申請承認」を錦の御旗の証文であるとうそぶくが、その証文、手形が不正の証文、偽造手形であり、そのことを十分に認識しているのだから、手形の行使はできない。

菅氏は善意の第三者ではないのである。


沖縄県民は2010年の知事選で、辺野古移設=NOの意思を明示した。

沖縄県名護市の市民は、2010年以来の市長選、市議選で、4度にわたって辺野古移設=NOの意思を明示してきた。

これが沖縄県民、名護市民の意思であり、この主権者の意思を無視して辺野古に米軍基地を建設することは許されない。


原発の再稼働を推進する際に、安倍政権は何といっているのか。

立地自治体の同意が焦点だと言っているのではないのか。

原発では立地自治体の同意が焦点と言っておきながら、米軍基地建設では立地自治体の同意が不必要というのは完全なる矛盾である。

原発は事故を起こせば、立地自治体ではない無数の自治体に生命の危険を及ぼす。原発事故が影響を与えうるすべての自治体の同意がなければ原発再稼働は認められないはずである。

国民の生命、自由、幸福を追求する権利に対して、国政の上で最大の尊重をしなければならないことは、日本国憲法第13条が定めている。

立地自治体の同意だけで原発再稼働を認める行為は、明白な憲法第13条違反である。


しかし、菅義偉氏は、安倍政権にとって致命的とも言える失策を犯したと言える。

それは、「知事の埋立申請承認がすべてである」との言質を与えたことである。

逆に捉えれば、「知事の埋立申請承認」が取り消されれば、安倍政権は辺野古海岸を破壊して米軍基地を建設することができなくなることを菅氏が明言したことになる。

沖縄県民はこの菅氏発言を全面的に活用する行動を示すべきである。

沖縄知事選で辺野古基地建設阻止の候補者に、「埋立申請承認取消」の確約を求める必要がある。

辺野古基地建設阻止を求める県民と団体は、翁長雄志氏を支持する方針を示しているが、最終的に翁長氏の支持を決める前に、翁長氏に「埋立申請承認取消」の確約を求める必要がある。

これが辺野古基地問題の最大の焦点になるからだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月14日 13:33:58 : YxpFguEt7k
同日選の那覇市長選には、城間幹子氏のようですね。
「保守・革新の立場を乗り越え、「オール沖縄」で臨むことを選考基準の最も重要な柱として確認」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-09-13/2014091302_01_1.html

理想的です。他の地域でも同様の動きがあるといいなぁと思います。
どちらも勝利することをお祈りいたします。

植草氏、がんばってください。応援しております。


02. 2014年9月14日 14:39:00 : tivI8OUQkI
「沖縄知事選で辺野古基地建設阻止の候補者に、「埋立申請承認取消」の確約を求める必要がある。」

沖縄県民の皆様にしてみれば、この確約を、台湾および中国政府に提示して、中国政府にまんまと騙されたふりをして、この確約を承認するお墨付きを頂くことで、今度は、これをアメリカ政府に提示をして、アメリカ政府にもお墨付きを頂くことにすれば、これだけでも辺野古移設を撤回することこそが、沖縄県民の皆様の意思であり、同時に、中国ならびに台湾の皆様にとっての意思でもあり、アメリカ政府にとっての意思でもあるという「動かぬ証拠」として、これを「逆転の罠」として利用するならば、幾らでも安部自民党をコケにしてやり、日本政府を窮地に追い込み、福島県民の皆様が、これと同じことをするならば、まんまと騙されたふりをして、核武装詐欺未遂の前科で、日本の核発電推進原理主義組織を窮地に追いやり、幾らでもアメリカならびにロシアをロールモデルとして受け容れて、脱原発に向かうことで、日本政府と共に窮地に追いやり、安部自民党を窮地に追いやり、日本会議を馬鹿にしてやり、とっとと無理心中に追いやって、歴史の闇の中に葬り捨ててしまうことにすれば、日本の将来にとっては、願ってもない事だし、天皇陛下にとっても願ってもないことだし、全人類にとっても願ってもないことではないでしょうか。



03. 2014年9月14日 17:55:24 : jXbiWWJBCA
ジュゴンを守るために辺野古基地に反対しよう。
例え沖縄が中国に占領され、国破れても山河あり。

04. 2014年9月14日 19:53:29 : nzM0Udz2iU
幸福の科学必死ですね

05. 2014年9月14日 21:04:40 : VLiq9ylTDs
沖縄県民の者です。
マグロは泳ぐのやめると死んでしまうように、紛争や戦争がないと経済や地位があやうくなるアメリカを嫌悪し、それに媚びる日本に絶望してきました。
それでも、悪者の元凶はアメリカ、と思ってきました。
今日の琉球新報の記事 打ちのめされた気分です。

米軍の沖縄駐留、日本政府の意向 モンデール氏証言
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-231579-storytopic-3.html
「、、、、在沖米軍を撤退させないよう米側に求めていたと明かしている。」


06. 2014年9月14日 21:18:46 : VLiq9ylTDs
05です。

タイトルに沿わない書き込みだったかもで失礼しました。
最近は、思考や気分が混乱気味で。
基地建設は沖縄のためにも日本のためにも反対。
もう、寝ます。


07. ひでしゃん 2014年9月14日 22:50:53 : dsqbUTCLpgzpY : l9iSwseQ8k
沖縄を昭和天皇がアメリカに提供した
日本の共産主義社会政権樹立による昭和天皇への戦争責任糾弾を恐れたから
またアメリカは当時のソ連に対する防共の砦として日本の植民地化を企図し思惑が一致した
何時までも沖縄を蔑ろにすることは許されない
日本国は何時までもアメリカの従属国であってはならない
日米安保破棄米軍基地撤退で日本国の自立を目指すべきだ
ドイツもイタリアも同じ敗戦国であるが外国の軍隊が駐留しているか?
外国の軍隊を駐留させておくことは独立国ではない
国としての体をなしておらず恥ずかしいことだ
アメリカ隷従の売国奴安倍晋三等に国政を任せる訳にはいかない
日本国の誇りを取り戻すにはまず日米安保破棄から進めなければならない

08. 2014年9月15日 00:01:06 : FfzzRIbxkp
>沖縄知事選で辺野古基地建設阻止の候補者に、「埋立申請承認取消」の確約を求める必要がある。


沖縄県民のみなさん、 ぜひ!


09. 2014年9月15日 04:06:38 : sNjVTsG8So
まだ選挙で何かが変わると思ってるバカがいるんだね

選挙で何かが変わるとすれば、その国は民主国家ということ

日本は選挙なんかやる必要ないよ


10. 2014年9月15日 12:10:00 : lCR5Qf0f6g
沖縄を皮切りに米軍基地を減らし、思いやり予算も基地負担も減らして日本国民の為に税金を使うべき、それには日本が本当に独立する事が必要だ。

11. おじゃま一郎 2014年9月15日 15:34:45 : Oo1MUxFRAsqXk : MXDoTupfDE
日米安保条約第六条に、日本は領土を米軍が基地と使用する
ことを認めるということになっている。

日本政府が辺野古と決めた以上、これに反対するのは、
条約不履行で国際法に違反する行為である。


12. 2014年9月15日 18:23:01 : JFBcDRs0dM
>>11. おじゃま一郎 2014年9月15日15:34:45 馬鹿だろ

違憲状態の自民党カルト政権ではアメリカとの交渉を合憲の内に行うのは不可能。

沖縄の民意が民主主義に基づくものである限り、沖縄の声は世界に通用するだろう。

アメリカも世界の声を聞く必要に迫られるのは必定でしょう。


13. 2014年9月18日 10:23:29 : ZKyPWMbBXI
>>11. おじゃま一郎 Oo1MUxFRAsqXk : MXDoTupfDE
>日米安保条約第六条に、日本は領土を米軍が基地と使用することを認める
>ということになっている。
>日本政府が辺野古と決めた以上、これに反対するのは、条約不履行で国際法に
>違反する行為である。

日米安保条約は戦勝国が負けた国に押し付けた条約である。
ジャイアンがノビタにげんこつで「自分の言う通りにしろ!」と迫るのとのと同じだ。
それはアメリカのただの独りよがり。
そんなものが国際的に認められる筈がない。
戦争に勝てば、戦勝国は負けた国に何をしても良いのか?
戦後70年過ぎてもまだ、戦勝国は負けた国を牛耳って、それで国際的に許されるのか?



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK171掲示板  
次へ