★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171 > 399.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢一郎代表が、NHK番組「日曜討論」に出演、自民党2分による「保守2大政党体制」への再編を示唆(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/399.html
投稿者 笑坊 日時 2014 年 9 月 15 日 06:56:33: EaaOcpw/cGfrA
 

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/55d49bea0560285df34c89036d61a4f9
2014年09月15日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆生活の党の小沢一郎代表が9月14日午前10時37分〜44分から、NHK総合テレビの番組「日曜討論 党首に問う いま政治がすべきことは」(司会:島田敏男解説委員・中川緑アナウンサー)に出演し、「安倍政権にどう向き合うのか、そして秋の臨時国会や、今後の政局への対応」などについて聞かれて、答えた。

 @内閣改造であり、どうということはない。自公に替わる野党の受け皿がない。
 A消費税を続けてさらに10%に引き上げるのは,反対である。景気を良くするためには個人の消費を増やす以外ない。
 B小泉純一郎政権以来、個人の所得は減り続けている。安倍晋三首相の「地方創生」という言葉だけはいいが、とくに地方の状況は非常に深刻だ。
 C続いての増税で、中小・零細企業,一次産業が負担に耐えられなくなり,経済は冷え込んでしまう。税制としての消費税に反対しているわけではない。民主党が2009年の選挙のときに,税率を引き上げ国民に負担をかける前に、まず,抜本的なもの、行政,色んな改革を断行する。それでもまだ足りないときには消費税をお願いするということだった。結局、大改革も何もしないで,ただ税負担だけを国民に求めるのは,約束違反だということで、私は呑めないと主張した。
 D2015年春の統一地方選挙は、野党結集の試金石になる。

◆自民党に替わる受け皿としての野党結集について、島田敏男解説委員が「小沢さんは長年にわたって日本の政界再編、そして政権交代可能な勢力作り、これを目指して今日まで進んで来られた。いまの状況というのは自民党の『一強多弱』と言われてしまう。冒頭にも話がありました。ここについては視聴者からも色んなご意見来てるんですよ」と述べた後、中川緑アナウンサーが「32歳女性長崎県のご意見『自民党のみ強いと慢心も出てくる。野党の発言力を強め,気を引き締めさせたい』これについては」と紹介した。

 これに対して、小沢一郎代表は、こう答えた。
「そのとおりなんですね。ですから,そういうことのないように,政権交代可能なシステムとして民主主義が考えられた。議会制民主主義が。ところがこれは民主党政権の失敗、また私どもも責任あるんですけれども、いま自公に替わる受け皿、政権をいつでも取って替われるという受け皿がないもんですから、そこでまあ自民党、安倍内閣の好き勝手にやっちゃう、と。こういうことになってるんで。これはわれわれの責任でですね,国民皆さんが自民党以外にも選べる、そういう環境、状況を野党として作るべきだと思います」

 島田敏男解説委員が、「そのとき,これから先ですね,その新しい受け皿作りの一番重要な要素ってのは何でしょう」と質問したのに対して、小沢 郎代表は、次のように答えた。

 「野党のほとんどの人は、このまんまでは、とてもとても選挙に勝てない、と。すなわち国民の選択肢がない。ということで、やっぱり、連携し協力し合わないとだめだという意識を八〜九分どおりの方々は持ってんじゃないでしょうか。ただ,何となく政党がどうのこうのとか,いや何だかんだというそのしがらみを越えようと思ってるんでしょうけれど,なかなかリーダーが,引っかかるところもあるというのが現状で。しかし、私は流れとしては、このまんまでは野党はまったく将来がないし、自民党のまた長期政権っちゅうことになっちゃうんで、これではいけないという考え方がだんだん強くなり浸透してくると、私は思ってます」

 「前回の選挙のときに自民党が300(議席)以上になったんですけれども、このときも、得票数は、増えてないんですね。棄権が10%以上あったちゅうことと。しかし、その後の首長選挙では、ほとんど1対1のときは、全部野党側が勝ってるんですね。ですから、そういう意味での地方選挙は、1つの野党の協力、まとまりの試金石になるんじゃないでしょうかね」

◆小沢一郎代表が、常々力説しているように、「首長選挙では、ほとんど1対1のときは、全部野党側が勝っている」のは、確かに事実である。

○日本列島では、2012年12月16日の総選挙以降、さいたま市長選挙をはじめ、沖縄県名護市長選挙、福島県南相馬市長選挙など、各地の首長選挙で巨大与党である自民党・公明党が敗北し続けており、2015年春の統一地方選挙、2016年7月の衆参同日(ダブル)選挙での「自民党・公明党敗北の予兆」が出始めている。

○現職の嘉田由紀子知事の任期満了に伴う滋賀県知事選挙は2014年7月13日に投開票が行われ、「卒原発」を掲げ嘉田由紀子知事の後継指名を受けた元民主党衆議院議員の三日月大造が自民・公明推薦の小鑓隆史、共産推薦の坪田五久男を破って初当選を果たした。

○民主党最高顧問を務めた羽田孜元首相以来「羽田王国」と言われている長野県で任期満了に伴う知事選挙が8月10日に投開票され、現職の阿部守一候補(無所属=民主党と社民党に自民党や公明党などが抱きつき相乗り)が、野口俊邦(無所属・新=共産党推薦)らを抑えて2回目の当選を果たした。自民党は、「不戦敗」となった。滋賀県知事選挙に続いて連勝、自民党は事実上、連敗した。

○任期満了(2014年11月11日)に伴う福島県知事選挙(10月9日告示、26日投開票)について、佐藤雄平知事(渡部恒三元衆議院副議長=民主党衆議院議員の甥、渡部恒三の長男で東京財団の渡部恒雄研究員は従弟)は、民主党の元参院議員で、民主党の推薦で知事選挙に当選した。ところが、佐藤雄平知事は、8月下旬、「不出馬」の意向を示し、9月4日、県庁で記者会見し、「不出馬」を正式に表明し、内堀雅雄副知事(50)を「施策の継続性があり、私の意志を引き継いでくれる」と評価し、後継者にふさわしいとの考えを示した。これを受けて、内堀雅雄副知事は同日、記者団に「重く受け止める」と述べ、立候補について具体的に検討する考えを示した。このため、自民党本部は内堀雅雄副知事を念頭に民主党などとの相乗りによる事実上の「不戦敗」を決めている。はっきりした敗北により、安倍晋三政権が傷つくのを回避しようとしているのである。

◆しかし、小沢一郎代表は、「オリーブの木」構想を掲げ、「非自民勢力」を結集して、自民・公明両党連立政権を打倒して、政権交代を実現しようとする戦略戦術を示しているものの、自ら率先して野党を結集しようとしているようには見受けられない。細胞分裂してバラバラになり続けている野党に失望し、諦めているのだ。むしろ、自民党を2分して、「保守2大政党」による保守陣営内で「政権交代」できる体制を築こうと示唆しているかに見える。かつて自民党が5大派閥のなかで、政権をタライ回しして、安定した自民党長期政権を38年間続けてきたのに匹敵する「新しい保守体制」(「新しい国づくりを目指す勢力」と「戦前の日本を、取り戻す勢力」)である。

 自民党を2つに割り、その一方とフリーメーソン・イルミナティが設立した政党であることを深く理解している民主党内の1部とを合流させて、「民主党」(「新しい国づくりを目指す勢力」)を再出発させようとしているということだ。これは、世界のロイヤルファミリーとフリーメーソン・イルミナティからの強い要請であるという。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月15日 07:09:25 : KzvqvqZdMU

・日本派
・米国派
・中国派

この3つに分かれるべきだな。

後の二つ、つまり、米国派と中国派、こりゃ先細り、いづれ消滅。
日本派は増殖して強大になり3つに分かれる。皇道派と共産主義革命派
と真の保守派。




[32削除理由]:削除人:アラシ

02. 2014年9月15日 07:35:55 : YxpFguEt7k
「フリーメーソン・イルミナティ」

ここでガッカリだな…


03. 2014年9月15日 14:30:07 : edlw9rbGY2
これが小沢の本性だが民主党解体から始まったご乱心のため誰からも声が掛からなくなってしまった昔の立ち位置に戻ることで現状打開が図れるだろうか?

04. 2014年9月15日 17:03:05 : zFCqqKU0HA
新帝王、いまだに眠ったままだな。
しかし、どう聞いたら自民2分を示唆したとなるんだろうか。

05. 2014年9月15日 22:30:20 : WZcFhSodxY
どの野党からも相手にされなければ、記事で憶測された様な自民2分の発想も相手にされないだろう。

06. 2014年9月15日 22:31:20 : EmvxsqQYMA
アメリカが安倍を猛烈に嫌ってるし、ヒラリーすら安倍の極右路線に警告する始末。米国議会が日本会議を問題視してるのを知ってるだろうに、その日本会議から15人も閣僚を選ぶKYっぷり。自民党は安倍政権が最後になるでしょうね。そもそも不正選挙で無理やり作られた政権ですから、こんなもんを維持すること自体が無理なんですよ。

07. 2014年9月15日 23:03:58 : 7mM3w4FB2g
米国中国は戦勝国、日本より仲良しかもしれない 日本人の一部と安倍石原軍団はやたら中国と対抗しようとしている実際問題戦になったら国土の広い中国には勝てはしない韓国ロシアも中国に加勢する可能性もある、米国は自国利益最優先だ日本に加勢するかは疑問

08. 一主婦 2014年9月16日 01:49:28 : rfKiZAFzfsBYA : jPG5hyPfWI

みなさん、何をのんきに他人事のようなことばかり仰っているの?

打倒安倍政権で纏まるしかないと思います。
安倍政権の暴走を止める事でしかこの国の生き残りはありません。
今にも戦争に突入の危機が迫っています。TPP参加で、この国の主権もろとも、あらゆる物が吸い取られてなくしてしまいます。原発再稼動で核の犠牲になってしまいます。

細かい違いでゴチャゴチャ言っている時間はもうありません。
安倍さんの亡国政策の暴走を先ず止めることが先決です。
小沢氏がその労を取るとおっしゃってくださっています。
その小沢氏を潰す事は亡国の道です。
国民も協力し、大きく固まって大きな救国政党のアシストをしましょう!
それしか、この国の危機を救う道はありません。

小沢叩きや、他人事の小沢批判を評論家気取りでやっている場合でありません!


09. 2014年9月16日 01:55:38 : NJ2W14KaGY

 生活の党の潜在支持は国民の大多数だあろう。

 これからも国民とマスゴミの戦いは続くが、潮目は変わっている。一挙加勢の変化はネット情報だけでは無理で、マスゴミが外圧や国外情報に耐えられなく成った時点でノーテンキな国民も怒りをもって動き出す。


10. 2014年9月16日 03:15:05 : SdVBpT3BTs
>むしろ、自民党を2分して、「保守2大政党」による保守陣営内で「政権交代」できる体制を築こうと示唆しているかに見える。

それは難しいでしょう。
自民党には、“壊し屋・小沢”がいない。

結局、現野党を立て直すしかないだろう。

政策で自公との対立軸をつくって、民主、生活、社民、みどりが大同団結するしかないだろう。
小沢さんが嫌いだからとか言ってる状況ではない。
まずは国民に選択肢を与えることが一番大事。
財界・ゼネコン・軍需企業のためのアベノミクスに対抗して、
弱者対策や社会保障を充実させる政策に焦点を定めること。
野党議員は腹をくくるしかない。


11. 2014年9月16日 08:38:31 : jcidK9EhLJ

板垣さんの投稿文の最後の部分、小沢さんは自民党を割り、民主の一部と合流。 都知事選の後、日刊ゲンダイに細川新党の立ち上げメンバーの人達が掲載されていました。 その時から決められていたようですね。

出来れば民主・社民との統一会派成立させてから発表したかったのでは? しかし、民主・社民は小沢さんとは絶対連携しないと思います。
   


12. 新共産主義クラブ 2014年9月16日 08:58:26 : w0NMVeciJ/Y.. : 183U02GDLU
>世界のロイヤルファミリーとフリーメーソン・イルミナティからの強い要請であるという。
 
どうやら、小沢一郎というのは、ロイヤルファミリーとフリーメーソン・イルミナティからの強い要請を受けて、選挙のときに庶民を釣るために投げ込まれた、疑似餌(ぎじえ)、毛鉤(けばり)のことらしい。
 
誰か、ロイヤルファミリー・フリーメーソン・イルミナティについて教えて!

13. 2014年9月16日 13:49:28 : PVHiFoDyNY
>・・・、自民党2分による「保守2大政党体制」への再編を示唆

小沢先生が自民党に入れてもらって、上記の示唆を現実の物にして見せればすごいですね。


14. 2014年9月16日 17:12:18 : lCR5Qf0f6g
腐敗したマスコミと売国奴達が権力を使い小沢氏を葬り、その後もマスコミは無視を続け日本が最悪の状態になった今でも小沢氏悪と思っている愚民が多い。今回の民主党の執行部の人事にも昔の悪徳10人衆復活でもう望みも消え失せてしまった。これではいけない、国民は覚醒しなければもう日本も完全に終わってしまう。

15. JohnMung 2014年9月16日 17:29:55 : SfgJT2I6DyMEc : 0RCK3PDIpP

 >>08. 一主婦さん お久しぶり! お元気そうでなによりです。

 板垣英憲氏の見解には同意しかねる部分がありますが、右も左もなく、この国の行く末を憂うものは、まずは安倍自公壊国・売国政権を瓦解させるために、小異・中異を捨てて大同団結を目指して精進しましょう。

 目ん玉が飛び出るほど野菜が高騰しているので、通常用務のほかに、屋敷内の畑地での秋冬野菜づくりにも時間を取られていますが、これからは他のスレも覗くようにしましょう。

 >>11. jcidK9EhLJ
     ↑
 「カジノ連呼」こと「火事場の食い逃げ・こそ泥」くんが相も変わらず訳の分からぬことを喚いているようです(笑!

 一緒にやりたくない社民は、唯我独尊の共産と共に、これからも政界の孤児として浮遊し、いずれこの世から消えることでしょう。自ら選ばれた道とはいえ、同情いたします。

 ところで、社民党関連では、従軍慰安婦問題でこれまで散々韓国に阿り日本人(国民)を貶めてきた前党首の福島瑞穂たんが、朝日の一部取り消し・開き直り報道への風当たりの強さに恐れ戦き、こそ泥の如く逃げ回っています(爆!


16. JohnMung 2014年9月16日 17:46:28 : SfgJT2I6DyMEc : 0RCK3PDIpP

 >>12. 新共産主義クラブ 2014年9月16日 08:58:26 : w0NMVeciJ/Y.. : 183U02GDLU

 「新共産主義クラブ」=「新自由主義クラブ」は多くの成りすましを含むペンネとIDを使って、阿修羅閲覧者の適正・的確な認識・判断を妨害するアメポチ・攪乱分断工作員!

 その手口は、卑劣かつ悪辣極まりない(怒!

 >どうやら、小沢一郎というのは、ロイヤルファミリーとフリーメーソン・イルミナティからの強い要請を受けて、選挙のときに庶民を釣るために投げ込まれた、疑似餌(ぎじえ)、毛鉤(けばり)のことらしい。
     ↑
 「新共産主義クラブ」の妄想・憶測込みの戯言です。

 >誰か、ロイヤルファミリー・フリーメーソン・イルミナティについて教えて!
     ↑
 「新共産主義クラブ」がカマトトぶっています。このアホンダラは蔑むだけですね(笑!


17. JohnMung 2014年9月17日 00:33:00 : SfgJT2I6DyMEc : 0RCK3PDIpP

 >B小泉純一郎政権以来、個人の所得は減り続けている。安倍晋三首相の「地方創生」という言葉だけはいいが、とくに地方の状況は非常に深刻だ。

 「地方創成」とは言うけれど、金の亡者どもに仕切らせるような仕組みではいかんぜよ!
 アホな政治家を操る中央官僚任せの「金太郎飴づくり」は以ての外ですが、地方官僚に対しても任せきりではなく、各分野の地域住民が自覚的に参加する仕組みを創出することが肝要なのです。

 安倍自公壊国・売国政権に引き継がれている垢・汚泥の如き柵(しがらみ)を大掃除し、地域のことは地域で決められる21世紀型の社会の仕組みを創出し、名実ともに国民主権の民主政治を確立するため、前進しましょう。

 下記の事例からも、食の安全保障は、生産性や経済効率から他の国・地域への依存度を高めるばかりでは、守れないでしょう。

 やっぱりなぁ! 広域流通を基礎にチェーン展開する食品企業の不祥事が続出する中で、顔の見える関係、中でも地産地消(もしくは地消地産)を地域にしっかりねづかせましょう!

 台湾よ! お前もか? と思う日本人(国民)は少なくないでしょう!?

 ”食用油問題、モスバーガーも=代金払い戻しへ―台湾”
 時事通信 9月13日(土)19時48分配信
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140913-00000085-jij-cn

 【台北時事】台湾で廃油を原料とした食用油が流通していた問題で、ハンバーガーチェーンの「モスバーガー」を運営する現地法人は13日、主力のモスバーガーなど五つの商品に、食用に不適な油が使用されていたと発表した。レシートの提示で購入代金の払い戻しに応じる。
 同社によると、傘下の食品加工会社から調達したミートソースなどに飼料用油を原料とした疑いのある食用油が使われていた。対象商品は5日に販売を停止し、食用油を他社製品に切り替えて8日から販売を再開した。

★YAHOO!ニュース閲覧者のコメント集
 http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20140913-00000085-jij-cn

 ”台湾 廃油利用の“食用油”1200以上の業者にーNHK NEWSWEBー”
 9月13日 18時05分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140913/k10014584041000.html

 台湾では、廃油などを再利用した油を食品メーカーや飲食店など1200以上の業者が食用として購入していたことが明らかになり、捜査当局がこの油を販売した企業の関係者から事情を聞くなど調べを進めています。

 台湾では、廃油や革製品の製造過程で出た油脂から再利用して作った油を、南部の企業が食用として各地の食品メーカーや飲食店などに販売していたことが今月、明らかになり、問題の油を購入していた業者の数は1200以上に上るとみられています。
 また、この企業は家畜の飼料に使う油を原料とした疑いのある食用油を出荷していたことも明らかになり、ハンバーガーチェーンの「モスバーガー」を運営する現地法人は、この食用油が使われていた一部の製品の販売を一時停止し、ほかのメーカーの食用油に切り替えて販売を再開しました。
 これまでのところ健康被害は確認されていませんが、この油を使って製造された即席麺やパン、菓子などの食品が相次いで回収されたり、消費者から返品されたりしています。
 また、この油を使った製品を販売していた食用油メーカーのトップが11日、記者会見し、自社の製品をみずから飲んだり土下座したりして、消費者に謝罪するなどの騒ぎになっています。
 台湾の捜査当局は、この油を販売した企業の関係者などから事情を聞いて、問題の油が流通したいきさつなどを詳しく調べています。

 ”台湾「廃油」食用油使用問題 当局、製造元の代表らを拘束”
 フジテレビ系(FNN) 9月13日(土)12時23分配信
 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140913-00000573-fnn-int

 台湾の複数の食品メーカーが販売したさまざまな食品に、廃油から作られた食用油が使われていた問題で、台湾当局は13日、油の製造元の代表らを拘束した。
 詐欺や食品安全の法律に違反した疑いで拘束されたのは、問題の油の製造元の代表らで、代表は、11日に行った会見で、土下座をして謝罪し、自社の油を飲んで、安全性をアピールしていた。
 この業者をめぐっては、香港からも違法な原料を輸入して、食用油を製造し、香港やマカオの企業が購入していたことが明らかになったほか、原料を納入した台湾の業者が摘発されるなど、問題が拡大している。 .最終更新:9月13日(土)13時18分


18. JohnMung 2014年9月17日 00:46:51 : SfgJT2I6DyMEc : 0RCK3PDIpP

 >>17.訂正
 「地方創成」とは言うけれど → 「地方創生」とは言うけれど


19. 2014年9月17日 14:16:00 : ZKyPWMbBXI
>>08. 一主婦 rfKiZAFzfsBYA : jPG5hyPfWIさん

あなたの意見に全面的に大賛成です。

安倍総理は原発も、今度は福島とは全然違う新しいものを造ると言っていますが、どんな原発だろうと「絶対事故を起こさないもの」など有り得ません。
物は何でもいつかは壊れるのです。
原発が事故になれば福島の再現になるのは必定です。
いや、その新しい原発は福島よりもっと恐ろしい事になるやも知れません。

私は宇都宮市在住です。
宇都宮には自衛隊の駐屯基地が有るのですが、今日はヘリコプターが朝から北東へ何機も飛んで行きます、気が付いただけで、もう6機くらいは飛んで行きました。
福島第一の4号プールにでも何かあったんじゃないかと心配で仕方ありません。

日本には憲法9条が有ったればこそこの70年間日本は戦争に巻き込まれる事も無く平和を享受してきたのにその憲法9条ですら、安倍晋三が勝手な解釈をし、安倍の飼い犬に成り下がった自民党議員を権力で自由に使い、閣議決定だけで「集団的自衛権の行使容認」をし、戦争の出来る国に変貌させ「アメリカの戦争に参加出来る国にする事こそが積極的な平和なのだ」など嘯く。
安倍晋三のやる事なす事の全てが亡国への道のオンパレードです。

今は小さな事にこだわる時ではないというあなたの意見に賛成です。

戦争に参加してしまってからでは、いくら反対しても嘆いてももう後の祭りです。
そういう国になってしまったら、あの先の戦争の時の再現になってしまいます。
メディアなどは今よりもっと大本営発表しかしなくなり、一般国民は真実を話す事も知ることも出来なくなり、集会をすれば罰せられるような恐ろしい国に成り果てる気がしてなりません。

こんな国に一般国民だけで反旗を翻すことなど絶対出来ないのです。
やはり旗印となって国民を引っ張っていける度量と、知恵と信頼性とそして何よりも世界的にも名の通った逸材でなければ決して成し遂げられない難関だと思います。

居るのです。
そんな人が!
それが小沢氏なのです。
日本で唯一それの出来る人。
だからこそ権力者もメディアも寄ってたかって小沢氏を権力の座から引きずりおろしたのです。
今こそ日本を根本から変える時です。



20. 一主婦 2014年9月17日 18:17:04 : rfKiZAFzfsBYA : jPG5hyPfWI

>>15 JohnMungさん

お久しぶりです。見逃していて遅くなってごめんなさい。
Johnさんもお元気そうで何よりです。
野菜作りお疲れ様。でもうらやましいですね。そんな土地があるなんて・・・
我が家は猫の額の庭に、今、シュウメイ菊のピンク・白・赤が咲いています。大好きな花です。アルスとロメリアの赤・白・黄色も咲いています。こちらのバトルで荒れた心を癒してくれます。菊も沢山の蕾を付けていますので楽しみです。
いつも、沢山の情報の提供ありがとうございます。


>>19 ZKvPWMbBXIさん

コメントありがとうございました。
同じ想いの方にお会いでき、とても嬉しいです。
私も、貴方のご意見に大賛同です。
こんな崖っぷち状態で、その暴走政権を倒す為に纏まれないなんて、本当に情けないですね。纏まりさえすれば、アチラに勝てると言うのに・・・
小沢氏の基に党派を超えて、同じ思いの同士が続々と集まって欲しいですね。

福一も心配ですね。昨日も大きな地震がありましたし・・・四号機が崩れると、日本の終わりどころか、世界の終わりに成ると言う事ですよね。それなの新設なんて・・・そんな事を考える人々の・・・気が知れません。それに、宇都宮は福一のお隣ですものね・・・無事を祈るしかないのでしょうか?有効な手立てをしている様子もありませんものね・・・

なんか、愚痴ばかりになってしまいました。
これからもよろしくお願いします。


21. JohnMung 2014年9月19日 02:47:09 : SfgJT2I6DyMEc : XaWrbK5tmc

 >>19. ZKyPWMbBXIさん 同意です!

 西松建設事件〜陸山会事件・小沢裁判を契機に、麻生太郎自公政権下で引き起こされた政治謀略・人権蹂躙事案に積極加担・先導した日本共産党を見限って、小沢一郎氏及び同氏と志を同じくする政治家(卵を含む)を勝手連的に支援・支援し続けてきました。

 数年前、ある作家が小沢一郎氏を「平成の西郷隆盛」と称していました。
 その作家の想いと同じように、この5〜10年のうちに、後継の人材が中央・地方を問わず数多育つように、ネット内に止まらずリアル界でも精進する所存です。

 今後とも、小沢一郎氏と同志達を支持・支援し続けます。

 >>20. 一主婦さん

 今後とも史実=「本当のこと(事実・事実関係)」の究明を進め、それを基に判断・行動することを旨とします。

 内外を問わず、かつ右も左もなく、史実=「本当のこと(事実・事実関係)」を無かったこととし、ねじ曲げ・捏造する輩には唾棄すべき思いでいます。

 特亜の中韓朝及び特亜三国に同調する日本国内の勢力にも気を許してはならないと思います。
 特亜三国が「未来志向」という時は、これらの国にとって、都合の悪いことを先送りし時間稼ぎをするということであって、その間にいろいろ画策するのです。
 尖閣や竹島だけでなく、南沙諸島や西沙諸島などで中華人民共和国習近平政権がやっていることをみれば、明白です。

 現在を生きる一人として、後世の子々孫々に禍根を残さないように、今後とも精進し続けます。

 広い屋敷は、義父母が亡き妻に相続させたもので、四半世紀余に亘って義父母のお世話をし続けたことへの格別の配慮と心得ています。墓地も引き継いでおり、努々疎かにはできません。
 屋敷内の畑地ですが、ススキの蔓延る状態の土地を平鍬一本で拓いたもので、現在100u余です。その気になれば、あと100u程度は拓けるでしょう。竹林を拓いて畑地に戻せばもっとかも・・・

 いずれどこかで、一主婦さんにお目にかかれるでしょう。
 次第に秋も深まり、寒くなります。万病の元と言われる風邪を引かぬよう留意し、元気に過ごしましょう。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK171掲示板  
次へ