★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171 > 547.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「国民」の真の敵は「国」か?(simatyan2のブログ)
http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/547.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 9 月 18 日 18:15:05: igsppGRN/E9PQ
 

「国民」の真の敵は「国」か?
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-11926764501.html
2014-09-18 16:27:55NEW ! simatyan2のブログ


アクセス数が落ち着いてきたようなので記事投稿します。


アメリカの次期大統領候補はヒラリー・クリントンが有力だそう
ですが、ブッシュ前大統領の弟、ジェブ・ブッシュ元フロリダ州
知事も世論調査でヒラリーに迫る勢いだそうですね。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140502/amr14050221040014-n1.htm


しかしどちらが大統領になってもアメリカの方向性は変わらない
と思います。


民主党の中でもヒラリー・クリントンは戦争の魔女と言われるほど
戦争好きで有名ですし、



共和党のジェブ・ブッシュ(ブッシュ前大統領の弟)は言うまでもなく
根っからのネオコンです。



要するにアメリカは戦争をしたくてしたくてたまらないのです。


オバマのシリア空爆だけではとても満足できそうもありません。


そのため安倍政権がアメリカの意向を酌み、というか半ば恫喝で
ネオナチ女性閣僚を改造内閣で引き入れたのです。





アメリカも日本も内政がメチャクチャなので戦争に突き進むしか
道はないと支配者たちは考えています。


そうしないと国民の不満が政府に向くからですね。


株価を少し上げれば安倍政権の支持者、即ち富裕層はホクホクし、
黙って金使います。


しかし政策(アベノミクス)と関係のない圧倒的多数の中小企業や
庶民は消費税で涙と恨み節なのです。


これはアメリカも同じで、「富裕層の好況」と「庶民の恐慌」が
同居する不思議な世界なんですね。


しかしこれが「ユダヤの経済」なのです。


デフレ、増税、不景気、少子高齢化などなど、経済的に今の日本
を分析していくと景気は今後もどんどん落ち込んでいくことは
確実なのです。


また不景気な状態で、消費者の財布の紐が非常に堅いのに対し
供給者が異常に多いのも問題なのです。


欧州を見ればわかりますが、今はスコットランドのイギリスから
の独立騒ぎだけですが、元々イギリスは4つの国の集合体ですから、
今後北アイルランド、ウェールズまで波及しそうな勢いです。


そして欧州経済がデフレ状態になり、それを”日本化”されている
と言われるほど世界から見ても問題だらけの日本。


大衆の不満と言うのは放っておくと増大する一方で、そうなると
権力者と言えど手が付けられなくなるのです。


だから悪いのは外国だという空気を作れば、クーデターなどされず
に逆にコントロールしやすくなるんですね。


アドルフ・ヒトラー「我が闘争」に次のようなことが書かれてあり
ます


「嘘を大声で、充分に時間を費やして語れば、
                 人はそれを信じるようになる」


「民衆がものを考えないということは、
            支配者にとっては実に幸運なことだ」


「大衆は小さな嘘より、大きな嘘の犠牲になりやすい」


「熱狂した大衆だけが、操縦可能である」


「政策実現の道具とするため、私は大衆を熱狂させるのだ」


「女は弱い男を支配するよりも、強い男に支配されたがる」


「平和は剣によってのみ守られる」


「退路を自ら断つとき、人はより容易に、より果敢に戦う」


「並外れた天才は、凡人に対して配慮する必要はない」


「弱者に従って行くよりも、強者に引っ張って行ってもらいたい…
        大衆とはそのように怠惰で無責任な存在である」


「大衆の多くは無知で、愚かである」


「圧制はただ圧制によってのみ、そしてテロはただテロによってのみ破ることができる」


「政策とは今作られつつある歴史のことだ」


「教育の最後の仕上げは軍隊ですべきである」


「私は『説得』よって、全てを作り出した」


「私の意思こそが、全てを決定する」


これらの名言?を見るとき、現政権がこれを実行してるように
思えてならないのです。


平和国家日本が戦争などするものか!


と言う人が大半だと思います。


しかし、兵器輸出や憲法9条改正、あるいは解釈改憲で集団的自
衛権行使可能にすることは平和なのか?


ヘルマン・ゲーリングは次のように言っています。


「国民を戦争に参加させるのは、常に簡単な事だ。


 とても単純だ。


 国民には攻撃されつつあると言い、


 平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、


 国を危険にさらしていると主張する以外には、


 何もする必要がない。


 この方法はどんな国でも有効だ。」


上の言葉通り、日本でも一部のネトウヨが超え高々に扇動すれば
たちまち世論が形成される土壌が今出来つつあります。


広島、長崎、福島と3度も被爆した国は日本だけなのに、また
懲りもせず同じ過ちを繰り返そうとしているのです。


前から言うように政府やネトウヨが連呼する「愛国心」「日本」
などを指す時の「国」は、私たち日本人が考えている「国土」と
しての「国」ではないのです。


官僚と政治家による政府のことなんですね。


つまり国=政府です。


だから政府の財政が苦しくなれば国民から税金を徴収するのです。


政府の勝手で国家間の危機を作って国民を危険に晒すのです。


この「国」と「政府」を混同すると酷い目にあいます。


例えば「政府の借金」を「国の借金」と言い換えるから国民一人
あたり850万円と言う借金が重くのしかかってくるんですね。


でも本当は政府(官僚と政治家)が使い込んだ金です。


しかしマスコミによって広く浸透してしまいました。


私たち国民の真の敵は諸外国ではなく「国」かもしれませんね。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 佐助 2014年9月18日 20:03:18 : YZ1JBFFO77mpI : WBNBGXIFfM
国民の真の敵は,教育された従属主義者と逆の発想できない政治経済の指導者と社会の木鐸を捨てた「大本営」のマスコミや特権階級によるオリガーキー(寡頭政治)を牛耳る官僚たち。

そして1929〜32年に姿を現した第一次世界金融大恐慌は世界通貨のポンドからドルへの移行が根因で。 2007〜10年にスタートした第二次世界金融大恐慌は、ドル一極からユーロ・円三極への移行が根因です。国家=政府そして政治経済の指導者はこのことをまったく認識しない。しかも政治家政府が世界信用収縮恐慌の本質を認識できない。これまでの経験と古い経済学や鼠講金融工学などで食い止められると錯覚するためだ。


「民主主義は理念でなくルール」について
民主主義とは多数決原理であり、独裁主義に対立する理念と信じられている。多数意見は常に正義で絶対服従沈黙せよとの意見は軍国時代と同じで、少数意見尊重こそ民主主義です。少数意見はひとまず多数意見に従い、多数意見は少数意見に耳を傾けるルールが誕生したのです。

民主主義はルールにスギないため、どんな政治体制も、多数決を集団の総意として利用してきた。だから、多数意見は正義・善であり、少数派の意見は間違っているので、転向しなければ抑圧排除してもよろしい、という常識は間違っている。

福沢諭吉の有名な「天はヒトの上にヒトを造らずヒトの下にヒトを造らず」は、平等自由の理念から発生した願望で、無意識な本能脳に記憶された行動とは異なる。自然の無意識な設計は、ヒトの上にヒトを造りヒトの下にヒトを造ることを避けることができない。

ヒトの上下にヒトを造る「統合」概念は、無意識反射の本能脳が土台となっている。そのために、ルールを厳守が多数派となる時代は、常に優位制をもち独裁を受け入れる。

今日2000〜2020 年代の「ルールを否定破壊する少数派に寛容な時代」は、どんな左右の原理主義を誕生させているか?右翼原理主義は「移民」と「領土」問題で排外的思考と行動を台頭させている。左翼原理主義は、1%の金持ちが99%の富をもつ「不平等の是正」の思考と行動を台頭させている。それと平行して宗教の原理主義が、暗殺やテロリズムの思考と行動を台頭させ、戦争の瀬戸際に押し進めている。

そして、近代技術をとりいれ核武装することができる。だが、独裁国家は40年目に自壊し、一党独裁の社会主義国家は、80年目に自壊するために、核武装は国体の変革を防止することはできない。

ユーロの経済統合は可能だが、政治統合は不可能である。通貨の信用縮小恐慌を、欧州の政治統合統制で解決しようとすれば、ユーロ脱退と国債のデフオルト(支払停止)を主張する政党が勝利する。そのため、全世界の株式と金融市場の震撼は避けられない。

政治家は当選した瞬間、その政治のルールの中に思考と行動は閉じ込められる。そして、ルールのコップの中で権力争奪のため、離合集散する。その駆け引きは、現実に次々と発生する問題解決を論じながら、実際には、応急手当の試行錯誤を攻撃し、互いに足を引っ張りあう。それなのに、政治家は国民と国家の利益のためだと確信することができる。そのために、根本的解決を常に先延ばしされるだけなので、いっそ古いルールをブチ壊した方が手っとり早いと、ルールをブチ壊せと怒号する思考と行動の独裁者を待望する。

最近では,この愛国的熱狂を利用したカリスマの一党独裁が台頭した,小泉氏は国民の圧倒的支持を得ることに成功した。ひきついだのが,安倍軍国後継内閣であろう。しかしどちらも時間と共に,弱者の切り捨て,格差の拡大だったことが認識されている。しかも今もこのマジックの復活に夢見る自民党議員や公明党。民主党の一部の議員や有権者は25%も占めている。お化け民主党が政権を取った後に,核武装し非核三原則を反故にしたい議員がいることが分かり,有権者は裏切られていたことがハッキリした。そのために再び政権交代が発生した。再び交代した安倍靖国復古軍国後継内閣の第二次軍国後継内閣は内閣改造により賞味期限切れ装置が作動したことになる。

1929年に発生した第一次世界信用縮小恐慌下でのヒットラーがよい事例になる。ヒットラーは第一次信用縮小恐慌下の最大の課題「失業」を、ユダヤ商人と左翼知識人を追放抹殺と、突撃・親衛・海空陸軍の大募集と、軍事工業の大増産によって、一気に解決し、どの国より早く恐慌から脱出し、ヒットラーは選挙で圧倒的に勝利した。

ナチスドイツと軍国主義日本は、1935年頃には、軍需景気により、金融恐慌の打撃から脱出していた。そのため、バブルから早期脱出する手段は戦争であるという妄想をもつ人はビックリするほど多い。なにしろ日本は、朝鮮戦争特需やベトナム戦争特需を体験しているため、戦争による景気回復を待望する妄想は、鍵もかけないで放置されたままである。

だが,ナチスドイツと軍国日本が、第一次世界金融恐慌から早く脱出できた決定的で、普遍的な要因は、世界の金融システムから隔離された「経済鎖国」のセイである。今回もあらゆる経済指数(生産・販売・雇用・投資・貿易)が三分の一以下に激減する世界的金融大恐慌の影響から逃れることはできない。そのため平和憲法を変えて核武装し、世界の憲兵の仲間入りをしたいという流れが、いまや多数派となりつつあることは非常に残念だ。


02. 2014年9月18日 21:19:10 : kDVop4u7Ig
原始人の時代から現代まで、人間の生活様式は比較できないほどの変化はあるけれど、生きて行く為の最低限の基本条件は「衣食住」である。一般庶民は誰に統治されても「なに主義」でも重要ではないと思う。

東北の大津波大震災後、スーパーに行ってもお米やパンや生活必須品等々が、売り場の棚から消えて空っぽだったね。お金が有っても物が買えない事態が生じるのです。
大戦後の物資不足でも国民は大変な苦労を強いられたのです。悲惨な爆撃を受けた都市部は壊滅状態だったが、幸い農村部の被害が少なかったから、なんとか忍ばせる事が出来た。

自国贔屓の野望による他国への蹂躙は蛮行である。自省すべき事です。相互尊重の理想を持ち、敵は必要ない。
他国への干渉も必要無い。不戦を誓った日本は何処の国からも攻撃されていない。米国のおかげでもない。

「お国のため」に戦うことが家族を守るためだと言われますが、勝つ見込みのない戦争に出征されたのに、
なぜ、大切な家族が焼夷弾や原子爆弾の投下で焼き殺されなければならないのか?

好戦派の皆さまは、そんなに戦争したいのか?21世紀の戦争は甘くないよ!金も何もかもなくなるね。


03. 2014年9月18日 22:44:11 : atxeyfN6Rs
>02
そうなんです。安倍は国民のみなさんの命と暮らしを守ると言っていますがまもるどころかもし日本が戦争に巻き込まれたら全てを失います。アメリカの弾除けをしているといずれそうなることは間違いないでしょう。日本は焼け野が原アメリカでは大リーグ観戦となったりしたら洒落にもなりません。

04. 2014年9月18日 23:47:57 : KzvqvqZdMU
反権威、反国家、大衆よ立ち上がれ、
こんな情念を振りまいて、大衆反乱を目指す左翼ら。
こんな連中に騙されてはいけない。


[32削除理由]:削除人:アラシ
05. 2014年9月19日 05:29:52 : SdVBpT3BTs
自民党や右派メディア、そしてネット右翼は、
外国人や弱者を敵視し蔑ませる事で、安倍政権への不満を逸らしているのだ。
これは、古来より時の権力者が採る常套手段。
一般国民は、そんな古臭いトリックにひっかかってはならない。

こんな連中に騙されてはいけない。


06. 2014年9月19日 05:30:43 : SdVBpT3BTs
>「国民」の真の敵は「国」か?

「国」というより、エスタブリッシュメント(政財官の支配層=自民党議員・経団連・高級官僚)じゃないかな。
「国益」とは、エスタブリッシュメントの利益のことであり、
彼らは、一般国民を搾取の対象としかみていない。


07. 2014年9月19日 13:00:56 : pRQVmgrLz2
国民の真の敵は?

反日左翼でしょう


08. 2014年9月19日 13:40:31 : vi4nLyRQVk
左翼だー、右翼だー何十年遅れてるんだー(笑)

まあ、”敵”、”オトモダチ”位じゃないの今は?

”オトモダチ”でなければ”敵”(笑)

狭量のなせる業(笑)

この種の掲示板で”左翼”と悪意の表現は、”非国民”と解するのが妥当。

”左翼”とか、バイトでなかったら止めた方がいい。
恥ずかしいだけだよ(笑)


09. あず子 2014年9月19日 23:48:17 : FbHay3iNqHnXE : SQkoAnG0Sk

右翼だ、左翼だ、と標識を付けて、あとは思考停止。

>「民衆がものを考えないということは、
            支配者にとっては実に幸運なことだ」

そして、ファシズムの餌食になっていく。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK171掲示板  
次へ