★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171 > 705.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
特定秘密保護法で政治批判者が大量にしょっ引かれるようになれば、次の段階は日本人のキリングフィールドが実現しかねない!!
http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/705.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2014 年 9 月 22 日 13:47:37: AtMSjtXKW4rJY
 

http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2014/09/post-dfbc.html
2014年9月22日 神州の泉


特定秘密保護法は、昨年12月6日に成立し、同13日に官報で公布された。同法の附則では「公布から1年以内に施行する」と定められている。1年後の12月13日といえばあと3か月もない。「田中龍作ジャーナル」さんによれば、来月(10月)上旬に閣議決定されるという。国民がわけも分らないままに、片っ端からしょっ引かれる法律が間もなく施行されてしまうのだ。
http://tanakaryusaku.jp/2014/09/00010039

7月24日から8月24日まで、たしか2万3千件のパブリックコメントが集まり、政府はそれを見て同法の一部を修正したそうだが、法案の骨格は変わっていないという。だとすれば、『街の弁護士日記SINCE1992』さんが、2013年11月29日 も書いた、『秘密保護法こそが国家安全保障に対する脅威 『適合事業者』に対する放任と特権的優遇』の解釈がそのままできることは何も変わっていない。
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2013/11/post-197c.html

神州の泉は「街の弁護士日記」さんが、「この法律は内側に対して閉ざされ、外側に対して開かれている」と、いみじくも指摘されたように、同法の事実上の運用主体となる“適合事業者”は日本ではなく、海外のグローバル資本だと考えている。適合事業者規定が異常に緩すぎる、特恵的であるということは、同法が最初から“向こう側”の遠隔コントロールの目的で創られたことを意味する。

特定秘密が何であるかを知ることができる資格を持つのは、唯一この“適合事業者”だけであり日本国民はそれを知ることはかなわない。この法律の第5条4項の中には、適合事業者の要件が「特定秘密の保護のために必要な施設設備を設置していること」だとある。マチベンの岩月浩二さんは、例えば施設設備としてノートンなどウィルス対策ソフトを使っていれば、自分でも適合事業資格を持てるくらい無茶苦茶な法律だとおっしゃっている。

日本の弾圧法制が、日本を完全な企業国家にする狙いを持つ海外のグローバリストたちの手に委ねられてしまうということだ。これは考えてみれば当たり前の事であり、安倍政権の存在理由が、USTR(アメリカ合衆国通商代表部)とCSIS(戦略的国際問題研究所)日本支部の指令だけで動く、100パーセント傀儡(かいらい)政権だからである。

USTRとCSISの違いは、前者がアメリカ大統領府内に置かれた通商交渉専門機関であり、後者が民間シンクタンクの形を取った対外部門専用の実働部隊である。この両者はグローバル資本の走狗なのであり、日本の経済や貿易にかんして言えば、強力な内政干渉の窓口となっている。プランテーション国家日本に対するグローバル企業の代理店がUSTRであり、現地の指令センターがCSISなのだが、特定秘密保護法にはこれらの機関が深くかかわっている。

特定機密事項に該当することを国民が知らないままに書いたり表現したりすれば、すぐさましょっ引くことが可能な典型的な弾圧法制なのである。当然ながら憲法第21条に謳われている言論・表現の自由に真っ向から違反する。知る権利と表現の権利が事実上無効化されてしまうのだから、戦時立法と同じ効力を持っている。

ものを知ろうとしてもアウト、知らずに書いてもアウト。権力者側は何でも秘密マターを勝手に決めることができて、国民はそれを知るすべがないわけだ。で、国民が憲法第21条に則って、意識せずに普通に書いた物、表現したものが“上が好き勝手に決める秘密案件”に触れていたら即逮捕。危なすぎて普通のコミュニケーションもできなくなる。

政府は、施行した当初しばらくは慎重に様子を見て国民の反応をうかがうだろう。例えば1件、2件とパイロット的にブロガーなどをしょっ引いて、その際の世間の反応を注意深く見るだろう。そこで国民の反発レベルがこの程度であるなら問題ないと見極めたら、今度は政治言論者たちがオキアミ漁のように一網打尽に狩り立てられ、政治の世界は完全な翼賛状態となる。

適合事業者となったグローバル資本は、日本の政治言論者たちを何の痛痒も容赦もなく狩りまくることになる。日本の政府は日本人が店を開いているが、この特定秘密保護法という弾圧法は、原爆で一般市民を30万人も平然と殺した連中の眷属(けんぞく)がやるのであり、その非人道的な強制性は日本人の想像をはるかに上回ることになる。

これが常態化したら、次に待ち受けている事柄は日本人の政治批判者を片っ端から狩り出し、彼らをポルポトのようなキリングフィールドで皆殺しにするだろう。なぜなら、人類は超えてはならない一線を越えた途端に、大量虐殺段階に簡単に踏み入ってしまうことは歴史が証明しているからだ。この「特定秘密保護法」こそが、越えてはならない一線なのである。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月22日 14:57:37 : FHHsLhZAKA
あぁ・・日本も北朝鮮になるか

02. 2014年9月22日 15:06:33 : I1dXExxYp2
もう、北朝鮮だ。ソフィスティケートされた北朝鮮。

03. 2014年9月22日 15:17:18 : KzvqvqZdMU

日本叩きを商売とする連中を一斉検挙するべきだ。

国家侮辱罪の創設、




[32削除理由]:削除人:アラシ

04. 2014年9月22日 15:58:02 : idgNSqqtPk
秘密が何で、いつどのようにして決まったかが、公にわからないということは、政府や行政、司法に都合の悪い指摘をされれば、談合で事後にすぐさま秘密に指定して、批判者を逮捕できることになる。

言論弾圧以外の何者でもないと言える。

たとえ政権べったりの司法が正しく判断しないとしても、明らかに憲法違反の秘密保護法は、民主主義の破壊行為そのものなのである。

批判や指摘、これはおかしいという国民の疑惑に耳を傾けることなく、正しい方向への軌道修正すらできなくなった国家は、ただ腐り行く国家であり、もはや明日は来ない衰退するだけの国家、潰れ行く国家なのだ。



05. 2014年9月22日 18:06:50 : C3lq0gpU9A

  「○○総理は大バカモノだ」と言ったら、重要な国家機密を暴露したことになるのか?


06. 2014年9月22日 21:42:14 : OQ6J7NSQhU
>>03

侮辱で罪になるならどんな恣意的な解釈もできるわな。安倍のような阿呆に突撃命令を出されて死んで下さい。キミのような末端の駒は使い捨て。
秘密なのでそんな処罰を受けても公表されない。そんな社会がお好きなようで。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK171掲示板  
次へ