★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171 > 773.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
新聞社とテレビ局の癒着関係(koh*u53*2のブログ)
http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/773.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 9 月 24 日 06:45:05: igsppGRN/E9PQ
 

新聞社とテレビ局の癒着関係
http://blogs.yahoo.co.jp/kohou5382/12339982.html
2014/9/23(火) 午後 3:19 koh*u53*2のブログ


「従軍慰安婦の捏造記事」や「女子挺身隊と慰安婦との混合報道」そして「福島原発事故対応の捏造記事」・・・日本の国益を著しく毀損した朝日新聞の売国的報道は万死に値します。

朝日新聞は国内外から批判の嵐に晒されており、同業者である産経新聞や読売新聞からも徹底的に攻撃されています。

にもかわわらず、テレビ局が朝日の度重なる売国行為についてあまり報道しないのが摩訶不思議です。本来であれば、同業新聞社より更に激しい批判報道を繰り返してもよいはずです。その方が視聴率も稼げるはずなのにです。

テレビ朝日が朝日新聞を批判できないのは当然です。何故なら、朝日新聞はテレビ朝日の親会社だからです。朝日新聞はテレビ朝日の筆頭株主となっています。

こうした構図はテレビ朝日だけではありません。「読売新聞=日本テレビ」「毎日新聞=TBS」「産経新聞=フジテレビ」「日本経済新聞=テレビ東京」という形で新聞社はテレビ局を支配下においているのです。

そして、東京のキー局が地方のローカル局の筆頭株主となって系列化し、大手新聞社・テレビ局の出先機関として扱い支配下に置いています。

こうした構図は、「クロスオーナーシップ」と呼ばれ、欧米では制限又は禁止されている行為なのです。

テレビや新聞そしてラジオ等の多様なメディアが千差万別の報道を行い、多角的な検証・批判が行われるのが民主主義の基本です。当然、これらのメディアは相互に独立しているのが当たり前です。

だからこそ、欧米では制限又は禁止されているわけですが、日本では真逆のことがまかり通っているのです。

新聞社とテレビ局が資本関係にあり、お互いに天下りや出向を受け入れていたら、癒着関係が生じ、報道を競い合う間柄になるはずがありません。日本のマスコミには致命的な欠陥があり、腐っていると言っても過言ではないのです。

テレビ各局が一斉に朝日新聞の批判報道をはじめたら、新聞社とテレビ局の癒着関係にも批判がおよび、既得権が脅かされてしまうので及び腰なのです。いつまでも競争がない“ぬるま湯”に浸かっていたいということです。

クロスオーナーシップというマスコミ利権は長らく放置され、触れることのできないタブーとなっていましたが、民主党政権がはじめてこのタブーに踏み込もうとしました。

鳩山政権時に当時の原口総務大臣が外国特派員協会での会見で「クロスオーナーシップ」を撤廃することを表明し、法案の閣議決定まで行われました。

しかし、この動きを黙殺したい新聞社とテレビ局は全く報道しませんでした。この利権の存在を国民に知れ渡ることを何としても阻止したかったからです。

そして、マスコミによる芳烈な鳩山政権そして小沢一郎幹事長に対する攻撃が行われました。もちろん、鳩山政権の普天間米軍基地問題への対応・小沢氏の政治とカネの問題は批判されてしかるべき問題(小沢氏の問題は陰謀と言われています)ですが、マスコミによる批判は常軌を逸するものでした。

この裏には、民主党政権を潰して利権を死守したいマスコミの思惑がありました。案の定、鳩山政権は退陣に追い込まれ、原口大臣も退任することになりました。そして、参院選大敗により法制化の目途が立たなくなり闇に葬られてしまいました。マスコミ(裏に自民党)によるクーデターは見事に成功したのです。

このようにしてやっとの思いで闇に葬った改革に再び光が当たるのは、テレビ局や新聞社にとっては絶対に避けたいことです。だからテレビ局は朝日新聞の報道を避けるのです。

新聞社は再販利権、テレビ局は電波利権という絶対に死守したい特権を保持しています。今までテレビ局と新聞社はクロスオーナーシップ利権のおかけで、お互いの利権に触れずに済んできました。

しかし、クロスオーナーシップが撤廃されると、今までのようにはいきません。クロスオーナーシップ撤廃はお互いの腐敗を追及しないという弊害を打破して、マスコミの浄化に大きく貢献する改革なのです。

そもそも、朝日新聞をここまで増長させてしまったのは、マスコミ同士の相互批判が乏しく、競争原理があまり機能していなかったからです。

売国奴である朝日新聞をこの世から抹殺するためにも、今こそマスコミ改革を断行すべきです。

そのキーポイントはやはり、クロスオーナーシップ撤廃です。これが実現すれば、テレビ局と新聞社の相互批判がはじまり競争がマスコミ業界全体に拡大していきます。そうなれば報道の質が格段に向上して日本の民主主義再生に資することになります。間違いなく朝日新聞は淘汰されるはずです。

闇に葬られた「クロスオーナーシップ」撤廃に再び光をあてる必要があります。何としても腐ったマスコミ利権をぶっ潰すべきです。      


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月24日 09:39:55 : JbHlQEzuzg
この方は初めての登場かな?

クロスオーナーシッブは絶対、廃止だね。


02. 日高見連邦共和国 2014年9月24日 12:47:02 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

だってさ、TVの解説には、系列の『○○新聞報道部長』とか『××新聞論説員』とかしか出てないジャン!!
番組構成も『新聞記事』の紙面(記事)に頼りっきりだし〜〜〜!!

思えば90年代初頭(?)『アッコにお任せ!』や『噂の東京マガジン』が
週刊誌の芸能面記事を番組で紹介するようになたのが“この手”の走りだろうか?

明確な記憶は無いが、少なくとも80年代ころまでは、日テレ系のスポーツ番組が報知新聞(現在のスポーツ報知)
の記事や記者を紹介する程度だったような気がする。(『激ペン』の白鳥晋さんや名物記者の岩田あけみさんなど)

TVの特に朝の各報道(情報)番組が、新聞記事紙面を用いるようになって、
TVの(特に報道に関わる部分の)白痴化が著しく進んだように思えるのは錯覚では無い。
それを無批判に見る側の“白痴化(劣化)”が進行するのも当然と言えよう。


03. 2014年9月24日 21:53:45 : Q82AFi3rQM

何年も前から上杉隆氏はクロスオーナーシップや「記者クラブ」の
 廃止が必要だと言ってました。
 上杉氏の意見はまったく正論であるためものすごいバッシングを受け
 ていたので命が心配だったくらい。小沢一郎バッシングと同じような
 やり方。

  新聞テレビは報道機関ではなくそれに似せた娯楽利権団体だという  
 ことが既に明らかになっています。

 (ラジオはいくらかましだけど...締め付けはあるみたいだし...ネ)


04. 2014年11月10日 12:19:55 : 9WZ9qduw9I
2014年10月27日 (月)
コンテンツの細分化こそがよい選択である。
http://jgsdf74tk.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-e104.html

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK171掲示板  
次へ