★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171 > 828.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
大前研一氏 中国の中央政府が倒れる二通りのシナリオを解説(SAPIO)
http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/828.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 9 月 25 日 17:20:20: igsppGRN/E9PQ
 

大前研一氏 中国の中央政府が倒れる二通りのシナリオを解説
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140925-00000020-pseven-cn
SAPIO2014年10月号


 福田康夫元首相と習近平国家主席の「極秘会談」をはじめ、日中外交は一時の絶縁状態から新たな段階に進みつつある。日本はもっと賢く立ち回って、中国を活用すべきとする大前研一氏は、対中関係の改善はなぜ必要なのか答える。
 
 * * *
 対中関係の改善は、近い将来のリスクヘッジにもなる。というのも、私は早晩、中国は崩壊すると考えているからだ。

 今の中国は、共産党一党独裁で北京の中央政府がすべての手綱を握っているが、このまま今後も従来の7〜8%成長を維持できるのかといえば、ほとんど不可能だと思う。

 なぜなら、中国の成長を駆動してきた土地バブルが崩壊し始めているからで、国家統計局が発表した7月の住宅価格調査では、主要70都市の9割を超える64都市が前月より値下がりした。

 これまでは共産党が農民に使わせていた土地を収奪して商業地に変え、その差額を地方政府がポケットに入れてきたわけだが、この方程式は無限に土地バブルが続くという前提で成り立っている。土地バブルがはじけたら、中央政府のきつい締め付けを我慢している人はいないだろう。

 中央が手綱を引けば引くほど地方は造反し、民衆の不満は増大する。したがって北京の中央政府は遠からず倒れると思うのだ。

 その倒れ方は二通りのシナリオが考えられる。1つは中央集権が緩やかに解体して北京の頸木(くびき)がなくなり、ドイツのように20程度の自治州に分かれて英連邦型の統治システムに移行するというケースだ。私が15年前から提唱してきた「中華連邦」の誕生である。

 そうなった場合、各自治州が経済成長するために外国企業や投資の呼び込みを競い始めるし、省長や市長、書記など地方自治体のトップには日本と比較にならないほど優秀な実務家が多いから、中国は全体としては再び力強く成長し始めるだろう。

 そのうち半分以上の地方政府は間違いなく日本が大好きだし、大半の中国人は質ではまだまだ日本にかなわないとわかっているから、日本企業に来てもらいたい、日本の技術を導入したい、日本の人材を招聘したい、民度を高める方法を学びたい……といった要望が殺到すると思う。

 それらの地方と日本(あるいは日本の広域自治体)は個々に友好条約を結び、親密な経済協力関係を築いていけばよいのである。

 もう1つの倒れ方は、いきなり全面崩壊するというケースだ。この場合は最悪で、日本にとって得なことは何もない。

 まず、膨大な難民が日本に押し寄せてくるだろう。さらに、その時点で日中関係が冷え込んだままであれば、共産党は人民の目を国外に向けるため、日本に難癖をつけてくるに違いない。実にはた迷惑な話である。

 したがって日本政府は、中国がいきなり全面崩壊する事態を避けて中華連邦のコンセプトに向かうよう、中国の識者たちに働きかけていかねばならない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月25日 18:23:00 : RCbun4ZBTg

 愛は その大前に 日本が破滅すると 思うけどな〜〜
 日本が印刷した 100兆円の内 50兆円は アメリカの国債を買っている
 中国が買わなくなった アメリカのクズ国債 だぜ〜〜〜
 
 それには 2つのストーリーがある

 一つ目は アメリカと同時に日本が倒れるというのと
 二つ目は アメリカに騙された日本が ボロボロになるのだね〜〜
 
 中国が崩壊するのは その後だよね〜〜〜
 
 ===

 三菱東京UFJは 日本の国債を売って アメリカの国債を買う!!
 たったこれだけで 2%の金利と円安6%で 8%の帳簿上の利益が出る
 100兆円アメリカの国債を買えば 8兆円利益が出る計算だ〜〜〜

 ===

 いまや 「そんなバカ」なことが 世界中で発生しているのだよ〜〜〜ん
  


02. 2014年9月25日 19:54:08 : kDVop4u7Ig
<中華連邦のコンセプトに向かうよう、中国の識者たちに働きかけていかねばならない>壮大な夢ですね!

その前に「中国の識者」が逮捕されなければ良いねぇ。西洋の資本金融主義を学んだ専門家が自分の国より、
中国経済の方が心配なの?分裂した中国が大好きな日本を頼る確証は何処から仕入れたの!奇妙な話だね。

欧州の国々は「EU連合」として再統合したのよ!なんで?「中華連邦」なの!?あり得ないと思うけど…。

中国の歴史を見れば分かるでしょう。中央集権の国(皇帝王朝)だったですね!周辺国との関係は「朝貢」と
「冊封」を使い分けて、長い間、統一国家としてやって来たでしょう。

19世紀初頭まで、中国のGDPは世界の3分の1だと言われている。“故宮”至宝展を見れば納得します。
作家の「浅田次郎」さんも番組中で、広大な土地と物の豊かな中国は別に他国を頼る必要はなかった…と。

異民族の侵略を防ぐための万里の長城を造ったが、効果は如何に?虎視眈々の外患に悩まされ続けているね。


03. 無段活用 2014年9月25日 20:26:14 : 2iUYbJALJ4TtU : RRgWEIiZw2
結局、地方の官僚や企業家たちの欲望を満足させつつ、外に対して「強い中国」
「偉大な中華民族」を打ち出し続けるには、確かに、中国を米国やドイツのような
連邦国家に移行させて、地方に大胆な権限移譲を行うしかないだろう。

当然、連邦内には貧富の差は温存され、「南北問題」のような地域格差の問題は
残るのだろうが、旧ソ連や高度成長期の日本がやったような、地域間の大胆な
所得の再配分は、個人主義者の集まりである中国の国情には合わないように思え
る。

とにかく、そうやって各地に小さな国を作り、その国々を中央政府が監督するような
統治形態が、中国にとってはいちばん楽なようにも思える。確かに、国民を食わせ
ることを中央政府が考える必要が無くなるのだから、楽だろう。共産党政権の悩み
の大部分がこれで解消する。

ただ、中国が連邦制に移行した場合、中央による統制が弱まれば、軍閥が割拠し
た中華民国の時代に戻ることだろう。そうなれば、どの勢力も遠交近攻策を取るだ
ろうから、いまの日本で言う「自治体外交」が活性化して、結果として日中関係は好
転するだろうが、ビジネスはやりにくいだろうね。


04. 佐助 2014年9月25日 20:48:14 : YZ1JBFFO77mpI : cLoPFxP7a2
愛さんのアメリカと同時に日本が倒れるというのは同感
ただし日本は世界で一番回復が遅れます。2025年以降になる。

ただ世界金融大恐慌は世界経済が同期波及します

2007〜10年にスタートした第二次世界金融大恐慌は、ドル一極からユーロ・円三極への移行が根因で10年以上の長期間になる。、2015年になっても、世界信用縮小恐慌の渦中にあることを認識できない日本の政治家と御用経済学者と御用マスコミは多い。

1972年ニクソンのキンドル交換停止から40 年目の2012年、ユーロ通貨バブルははじけ、ブラジル・中国・インドのバルブもはじけた。古い経済学の常識にまかせるので、三年ごとに三段階で世界と各国の信用が縮小し、2016年前後には、株式市場・為替市場・銀行窓口の一時閉鎖が避けられなくなること。その世界経済の傷口が回復するのに、2025年までかかります。

中国経済のバブルの崩壊は2015年には認識されるが、その十年後の2025年には一党独裁政治体制の自壊は避けられない。社会主義政治制度が、資本主義的経済を採用したとしても、80年後には、政治的自由を求めて民衆は蜂起し、自壊を避けることはできない。すなわち中国経済と政治の自壊は別々に発生します。

そして元は中国解体とバブル作裂と、シーラカンス銀行のデフォルトの三つの危機に直面している。中国は多民族・多部族国家なので基軸通貨の仲間に入れないが4分割されると基軸通貨の多極化の仲間に入れます。すなわち中国は政治的自由を求めての解体は避けられない。2025年までに自壊する。


ドルとユーロと円が世界の75%のキンとリンクさせると、通貨の信用縮小は収束する。しかし従属国家の日本は米国の顔色みるので,日銀がプレミヤつけてキンの買い上げが遅れるので基軸通貨の仲間に入るのは遅れます。ユーロが10年後としたら,日本はさらに10年遅れる。すると2025年以降になる。

もしも日本の政府と企業と日銀が第二次産業革命を、加速させるなら、高度成長路線を復活できる。そうなれば、過去のように、世界大戦という巨大な殺人消費需要の助けを借りなくても、恐慌から脱出することができる。先送りすると古今未曾有の地獄絵図化を体験することになる。

信用恐慌から早期脱出するための第二次産業革命とは「放射能・CO2を発生させない動力」への転換革命です。すでに実用化されていますが、大企業は既得権益(設備・技術)を失うため、国家から補助金をもらいながら、ゆっくりと進行させたいと考え抵抗しています。この遅延政策が命取りになります。そのため貿易の縮小はさけられないので、輸出依存では大倒産と人員整理が避けられません。日本の大企業は一つまた一つ消失していきます。この交代劇を目の当たりに見ることになる。


先送りとは
今回の世界信用恐慌の発生は、大企業と金持ちだけは救済してパニック発生を避け、貧乏人は自己責任だから救済しないために、世界信用恐慌発生の日付は、1998年から2008年そして2016年に先送りされたのです。

第二次産業革命に早期シフトした国家は、放射能とCO2の発生を75%減らすことに成功すると同時に、世界の技術革新をリードし、全産業を活性化させることができます。又、第二次産業革命に早期シフト企業は、大不況下でビジネスを飛躍できます。抵抗する大企業は解体し再生すべきです。日本には世界的商品の優位性の法則を生かすチャンスなんです。


05. 2014年9月25日 21:44:39 : RCbun4ZBTg

 愛の主張は 21世紀は 基本的には「遊んで暮らす」社会だと考える
 世界恐慌と言うのは 生産設備があるのに 金がないので 生産設備を
 動かすことができなかったということである

 現状は 各国がお金の大量印刷をして 生産設備を 空回りさせている
 それでも 回っているかぎりにおいては 恐慌ではないという 屁理屈だ

 ===

 基本的には 20世紀の資本主義では 労働者が「富」(商品価値)を作ったが
 現在では ロボットが「富の大部分」を作っている

 つまり ロボットに 給料を払うのかという問題だが ロボットに給料はいらない
 ということは 製品は限りなく「0円」でしかないわけだが 経営者は
 ロボットの働いた利益を 巨大に儲けて 銀行に預金するだけになる

 トヨタは 儲けた金を 社員に配るわけでもなく 株主に全額払うわけでもなく
 貯金するから トヨタ銀行と呼ばれている
 
 この現象は21世紀に突然起こったのではなく 1990年から起きているが
 だれも そういう経済システムが 理解できないだけだ
 
 アップルしかり サムスンしかり ドイツの ベンツ アウディー BMWなど
 全部 ロボットが稼いでいるだけだ ブリジストンだって タイヤを手作業で
 つくっているのではなく 機械が 自動的に作っているだけだ

 今では 日本の「豆腐」でも スーパーのものはほとんど全てが機械で作られる
 
 ===

 人間は ロボット(機械)が作った「豆腐」を消費して ロボットの作った
 ベンツに乗って ゴルフ場で 遊ぶ
 
 ===

 世界の経済が 世界恐慌になる必要はない 単にロボットが動くように
 電気や ガソリンなどを つぎ込むだけだ
 
 ===

 安倍の バカな経済政策が 的を外しているのも 問題ではあるが
 安倍の 下手なゴルフに付き合わされる 同伴者と同じであり
 単に「遊んでいる」事には違いがない 政治家の悪政も 経済の回転の一種だ
 
 悪い王様が 民衆をこき使って 大きなお城を作ったとしても
 それは そのまま その王国の経済なのである 善悪ではない
 
 アメリカの戦争経済は イスラエルの悪逆非道の侵略戦争のためだ
 戦争だって 経済なのだ

 日本の戦前は 昭和天皇が 戦争好きだった(伊藤がその様に育てた)ため
 中国人を虐殺するためだけに 30年間ものあいだ 戦争を繰り返し
 戦争に負けて それまでの 苦労と 人々の死は 単に靖国の 英霊を作っただけだ
 


06. 2014年9月25日 22:34:37 : kDVop4u7Ig
「中国崩壊論」を唱えるのは西側陣営の予言的理想論です。中国の政治・経済は中国自身が決める問題です。

四面八方で海に囲まれている日本だって、自国内の戦乱や戦国時代もありました。歴史上の名将達の共通目標は「天下の統一」でした。地域小国での「血の争い」は一般庶民にとって、迷惑な話でしょう。

ローマ帝国崩壊後のヨーロッパも同じじゃないの?第一次世界大戦や第二次世界大戦の引き金になったね!
焦土作戦の影響で飢餓に陥る国々と比べ、アメリカの被害は少なかったから、国力の優位に立てただけです。

中国人は新しいもの好きです。30年ほど前の中国人女性はお化粧もパーマもしなかったのよ!今は違うよね。


07. 2014年9月25日 23:07:16 : MPAd4OvC7s
私はどうも良く分からないのだが、今の共産党政府が経済の停滞ぐらいで倒れるヤワなものなのだろうか。他の先進国のように他の選択肢があって選挙が行われるのなら分かるが、経済成長の悪化が崩壊につながるという発想自体が西洋的なのではないか。昔フランスのブルボン王朝が民衆の蜂起によって倒れたのは、当時の政府は金はあったが近代兵器を持っていなかったためである。今の中国の警察による統治能力・軍事力はご承知の通りで、これを政府は自国民・外国を問わず思うがままに使えて、しかも西洋諸国や日本のように人権とか正義など全く気にする必要は無いのである。自分たちが倒れるぐらいなら、国民の10分の1ぐらい平気で殺してしまうような奴らだと言ったら言いすぎだろうか。どうもこの種の中国は近々倒れる説にはリアリティを感じない。

08. 2014年9月26日 00:41:02 : j2EOPrepI2

全面崩壊して在日のシナ犬に対して含め一般日本人に現実を見せるようにしたほうがいいのかもな 

どっちにしても戦争なんて始まっているようなもんだし


09. 2014年9月26日 01:36:10 : yy7D5jhcis
北京の頸木(くびき)がなくなり、ドイツのように20程度の自治州に分かれて英連邦型の統治システムに移行するというケースだ
----------------
甘い。市民レベルでも問題解決に際して暴力が第一の解決手段である中国である。暴力装置たる「人民解放」軍の管区単位(軍閥ボスの縄張り)で分裂するだろう。利権争いから内戦に発展する可能性は非常に高い。「人民解放」軍は実は外国との戦闘経験は非常に乏しい。ソ連・インド。ベトナムとの国境紛争くらいで、抗日戦争を戦ったのは専ら蒋介石軍であった。日清戦争で清をたたきのめした日本と本格的に戦端を開く度胸はないだろう。第一開戦となったら上級士官から真っ先に逃亡するだろう。それはドイツの株式市場に上場するような大企業のトップが、会社の預金を盗んで夜逃げする中国人エリートの情けない現実を見ればよく分かる。個人の利害にめざとい点だけは大前が言うように「日本とは比較にならないほど優秀」なのだろうがね。

10. 2014年9月26日 01:39:33 : yy7D5jhcis
あ、それから後から逃げる兵隊を撃ち殺す督戦隊を動員してやっと戦った朝鮮戦争もあったね。これも結局米軍に負けたけど。

11. 2014年9月26日 19:12:21 : f5eInpLyGQ
希望的 観測並べ 苛立ちを
隠す大前 クールを気取り


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK171掲示板  
次へ