★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171 > 870.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
山谷えり子大臣の在特会問題をスルーして拉致問題だけ伝えるNHK
http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/870.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 9 月 26 日 23:01:06: igsppGRN/E9PQ
 

山谷えり子大臣の在特会問題をスルーして拉致問題だけ伝えるNHK
http://ameblo.jp/takumiuna/entry-11930546188.html
September 26, 2014 かばさわ洋平 BLOG


NHKの報道がやはり酷いです。


山谷えり子国家公安委員長・拉致問題担当大臣警察トップが在日韓国・朝鮮人の排斥を主張する「在特会」の幹部だった男性と記念撮影をしていたとして、問題になってる件に関して昨日、9月25日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見が開かれました。「在特会」との繋がり、またはヘイトクライム問題に関して質問が集中しました。


しかしながら、NHKは拉致問題に関する発言のみを切り取り報道してます。在特会との繋がりやヘイトスピーチに関する質問はバッサリカットするという露骨ぶりです。警察トップが在特会と親密なことが明らかになりながら、そうした問題に触れず、安倍内閣不都合な報道を規制する公共放送の在り方に関して疑問を感じたのは私だけではないはずです。



北朝鮮の調査「しっかり聴取し見極め」 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140925/k10014880131000.html



山谷拉致問題担当大臣は、日本外国特派員協会で記者会見し、来週行われる北朝鮮との政府間協議について、拉致被害者らの調査の現状をしっかりと聴取し、対応を見極める必要があるという考えを示しました。


この中で、山谷拉致問題担当大臣は拉致被害者らの調査の進捗(しんちょく)状況などの説明を受けるため、今月29日に中国で行われる北朝鮮との政府間協議について、「北朝鮮は『調査は初期段階であるから、それ以上のことは言えない』としているが、とても報告と言えるものではない。日本としては調査の内容、いろいろな分科会での作業、どういうことを今やっているのかを当然聞かなければならない」と述べました。そのうえで、山谷大臣は「日本としては、北朝鮮側が拉致被害者をはじめとするすべての日本人に関する包括的かつ全面的な調査を迅速に行い、その結果を速やかに通報すべきと考えており、こうした観点から今回の会合で北朝鮮による調査の現状をしっかりと聴取し、見極める考えだ」と述べました。


---------
TVや大メディアがしっかり報道しないので記者会見動画をみてほしいと思います。



また以下弁護士ドットコムニュースで書き起しが展開されてます。これをみると世界はやはりこのヘイトスピーチ問題を厳しくみてます。国連も米国国務省も日本の警察庁もヘイトクライムの組織として在徳会を認めてるわけです。しっかりヘイトスピーチは許さないという明確なメッセージを警察トップが出す必要があるわけですが、何だかはっきりしない受け答えであったと感じます。国連からも是正勧告が出てる問題です。安倍内閣ではこうした問題を解決できないのはこうした人選からも明らかではないでしょうか。


弁護士ドットコムニュース
http://www.bengo4.com/topics/2089/


●「ヘイトスピーチは憂慮にたえない」
「在特会」やヘイトスピーチをめぐる記者とのやり取りは、以下のとおり。


――記念撮影した男性は在特会と深い関連を持っているということですが、大臣は、彼が在特会と関係していることを知らなかったとおっしゃったと思います。しかし、彼は15年前から大臣を存じ上げているというふうに言っているそうです。いろんな疑問があります。その疑問を晴らすという意味でうかがいます。何年前から彼をご存じなのか。何回くらいお会いしているのか。そして、在特会についての気持ちをはっきりとお話いただけますか。


山谷:私は選挙区が全国でありまして、たくさんの人々とお会いをします。その方が、在特会の関係者ということは存じ上げておりません。


――何回会ったか。最初に会ったのはいつか?


山谷:それはですね、記憶にありませんね。何回かというのは。たくさんの人といろんな機会にお会いしながら、いろいろな意見を聞いているところであります。


――在特会が訴えるような政策に反対したか?


山谷:一般論として、いろいろな組織について、コメントをするというのは適切ではないというふうに考えております。


――国連も、米国の国務省も、また大臣がご担当されている警察庁もそうですが、この3つの組織はすべて、在特会は「憎悪」、ヘイトクライムのグループであると指摘しています。つまり、彼らは差別的な気持ちを扇動して、在日韓国人、朝鮮人に対する差別を促すような組織であると言っているわけです。警察のトップとしてやはり、はっきりとこの場でヘイトクライム、ヘイトスピーチなど差別的な行為は、絶対に許すべきではない、人種差別はよくないということをおっしゃっていただきたいと思います。


山谷:さきほど「サインを」とお願いされまして、私は「和をもって尊しとす」と揮毫(きごう)させていただきました。日本というのは、「和をもって尊しとす」、一人ひとりの人権を大切にしてきた国柄でございます。ヘイトスピーチに関しましては、特定の集団や人々に対して、非常に差別的な決め付けをしたり、また名誉毀損をしたり、あるいは侮蔑的な感情を煽ったり、憎悪の感情をあおるということで、それは誠によくない。憂慮にたえないことであります。


また、昨今の日本で、ヘイトスピーチをする人、そしてそれに反対する人々との間で暴力行為すら起きているということで、遺憾に思っております。


警察としては、必要な警備をおこない、そしてまた、違法行為があれば、法と証拠にもとづいて厳正に対処していかなければならないと思っております。


●「違法行為・暴力行為には厳正に対処する」


――大臣は、「週刊文春」記者のインタビューで、「在特会は知らない」と答えられています。そして今、イギリスの記者の質問に対しても、「いつごろ付き合いがあったとか、名前もしらない」とおっしゃいました。それで、警察行政のトップは務まるのでしょうか。今これだけ、国連から問題にされている団体のことを知らなくて、警察行政のトップが務まるのでしょうか。それこそ辞任に値しないでしょうか?


山谷:ヘイトスピーチ、ヘイトクライムに関しましては、さきほども申しましたが、憂慮にたえない、遺憾に思います。平和で愛し合う世の中を作りたい、そんな21世紀を作りたいと思う人々、私も当然でございますが、それに対するチャレンジだと思っています。


週刊誌のやりとりに関しましては、事実ではございません。


――現状では、警察がヘイトスピーチをしている人たちを守っているかのように見える映像や、まったく無抵抗の老人をヘイトスピーチをしている人たちが殴る蹴るの暴行をしているのに、警察官がとくに取り締まる様子もない映像がインターネットで流れて、日本のイメージを著しくそこなっていると思います。そういう現状を踏まえて、警察を管轄する大臣として、ヘイトスピーチの問題に対して、警察がきちっと対応していくと、現行法でできる限りのことをやっていくという考えは、ここで提示していただけるでしょうか。


山谷:私もですね、その、いろいろなグループがぶつかっているという映像をですね、いくつか見ております。で、違法行為があれば、暴力行為、違法行為があれば、当然、法と証拠にもとづいて、厳正に対処しなければならないというふうに思っております。警察を督励していきたいと思っています。


●「週刊誌の書きぶりは正しくなかった」


――さきほどの問題人物について、お会いにはなったけれど、団体についてはよくわからない、あるいは組織についてはよくわからないという話があったと思うが、大臣は警察組織のトップなので、やはり、あらゆることについて知っておくべきではないかと思うのですが、いかがでしょうか。つまり、それを知らなかったというのは、問題ではないでしょうか。


山谷:知らなかったとは言っておりません。ですから、週刊誌の書きぶりは正しくなかったと、さきほどお答えいたしました。ヘイトスピーチ、ヘイトクライムというのは良くないことだ、ということも申しました。そして、違法行為があるならば、法と証拠にもとづいて、警察としては厳正に対処していきたいと思っています。


――先日(TBSラジオの)番組のほうから、いくつか質問をして、コメントをいただいたものがあるんですけど。このなかで、「在特会につきまして、どのような団体という認識をお持ちですか?」という質問をさせていただいたのですが、それに対するお答えが、「同団体については、在日韓国人・朝鮮人問題を広く一般に提起し、彼等に付与されている『特別永住資格』の廃止を主張するなど、『在日特権』をなくすことを目的として活動している組織と承知しています」とお答えいただきました。この場合の在日韓国人、朝鮮人問題、ならびに在日特権とは何を指しているのか?


山谷:たくさんの取材をうけて、たくさん回答をしております。今お読みになられた部分は、おそらく全体をお示しくださっていないので、ちょっと、たしかではありませんけども、今お読みになられた部分は、おそらく在特会のホームページから引用したものをそのまま記しているのだろうというふうに思います。ということであります。


――在日特権とはなにか?


山谷:在特会が言っている在日特権というのは、詳しくは何を示すのか・・・。在日特権の定義というのは、いろいろなグループがいろいろなことをカギカッコで言っているんだと思いますが、法律やいろいろなルールにもとづいて特別な権利があるというのは、それはそれで、私が答えるべきことではないと思っています。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月26日 23:24:03 : cpD5uEscdg
あの写真だけで在特会と関係があると推定するのは無理がある。

大半の日本人の場合、本人が知らないうちに、暴力団関係者とかオウム真理教関係者とか在特会関係者とかと写真を撮っている。貴方も決して例外ではない。

あんまり馬鹿な倒閣運動を起こしていると、いずれこうなる。

ヘイトスピーチ規制強化に慎重=松島法相
>松島みどり法相は26日午後、東京都内の日本外国特派員協会で会見し、人種や国籍などの差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)への対応について、「今の法律の枠組みでも、民法の不法行為に該当する場合は損害賠償責任が発生するし、刑法の侮辱罪、業務妨害罪が成立し得る」と指摘し、法規制の強化には慎重な姿勢を示した。
>法相は「(憎悪表現は)あってはならない。人権擁護の観点に立って啓発活動を行う」とも述べ、国民への啓発拡充に努める考えを示した。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140926-00000140-jij-pol


02. 2014年9月26日 23:32:43 : cRee7HBph2
現政権に不都合な情報は意図的に今後も遮断していくつもりですーーー。     私達の高給取りは手放せないんでねー。長い者に巻かれるのがいいのだー。特に海外からの批判記事は流させませんー。 局内では公平中立は死語となりました。

03. 2014年9月26日 23:41:02 : j2EOPrepI2

拉致が起きているのにその仲間でもある可能性高い在日コリアンを警戒するな仲良くしろ
でないと差別だヘイトだ

と言うほうがそもそもおかしいだろ!



04. 2014年9月27日 01:35:13 : Q3qbpnbECo
>>03
03的には南はおkなんだ?
南も排斥する在特会批判者なんだ?

05. 罵愚 2014年9月27日 05:21:12 : /bmsqcIot4voM : hFjIjkhzhj
 集会で写真をとるなんて、9条の会でもなんでも反対集会でもやってるんじゃぁないの? こんなの問題にする方がおかしい。
 それにしても“ヘイトスピーチ”って、なんだろう? 左翼用語か? それともレッテルか? “ネトウヨ”と同列の差別用語か?

[32削除理由]:多重投稿
06. 2014年9月27日 07:05:19 : YxpFguEt7k
【ヘイトスピーチ】
「特定の人種や民族への憎しみをあおるような差別的表現」
「ヘイトスピーチを行う目的は自分の意見を通すことにあり、あらゆる手法を用いて他者を低めようとし、反対意見にまともに耳を貸すことはない。よって、憎悪、無力感、不信などを被害者に引き起こし、相互理解を深めようとする努力を無にする、不毛かつ有害な行為」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%81

菅義偉氏
「最近、ヘイトスピーチと呼ばれる差別的発言で商店の営業や学校の授業などが妨害されていることは、極めて憂慮すべきものがある」

谷垣禎一氏
「憂慮に堪えない。品格ある国家という方向に真っ向から反する」
「ヘイトスピーチについて「人々に不安感や嫌悪感を与えるというだけでなく、差別意識を生じさせることにもつながりかねない。甚だ残念だ。差別のない社会の実現に向け、一層積極的に取り組んでいきたい」

安倍晋三氏
「一部の国、民族を排除する言動があるのは極めて残念なことだ。日本人は和を重んじ、排他的な国民ではなかったはず。どんなときも礼儀正しく、寛容で謙虚でなければならないと考えるのが日本人だ」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%81

へぇー。じゃあヘイトスピーチする人間は日本人じゃないね。ネトウヨ、聞いたか?


07. ひでしゃん 2014年9月27日 10:52:35 : dsqbUTCLpgzpY : l9iSwseQ8k
極めて醜悪な「在特会」だけが注目されているが実社会では権力側に寄生する産経・読売などはもっと巧妙で卑劣です
市民としてはジャーナリズムには権力を監視し評価するための情報を期待したいが日本では困難です
しかし目を転じればいくつかのインターネット関係ジャーナリズムが貴重な情報を配信しています
日本国民は洗脳されやすい従順な家畜と欧米人から嘲笑されないように努力が必要と思います

08. 2014年9月27日 11:44:26 : j2EOPrepI2

>>04

南も北も俺からすれば変わらん

その前に南北朝鮮は中国の属国だから批判対象になっているだけ


09. 罵愚 2014年9月28日 04:53:14 : /bmsqcIot4voM : hFjIjkhzhj
 政治家が集会の参加者とツーショット写真におさまる。たまたまそれが在日韓国・朝鮮人の排斥を主張する「在特会」の幹部だった。この山谷えり子大臣の在特会問題を問題にするのなら旧社会党や社民党議員の総連幹部とのツーショットは、なぜ問題にならないんだろうか?
 北京や平壌での記念写真は新聞に出ている。あの会見相手の習近平や金正恩の日本に対する“ヘイトスピーチ”は朝日にも掲載されている。小沢一郎にくっついてシッポを振っていた500 枚のツーショットは笑いの対象だったが、問題にはならなかった。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK171掲示板  
次へ