★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171 > 905.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍政権のリスク管理(在野のアナリスト)
http://www.asyura2.com/14/senkyo171/msg/905.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 9 月 27 日 23:20:05: igsppGRN/E9PQ
 

安倍政権のリスク管理
http://blog.livedoor.jp/analyst_zaiya777/archives/52652163.html
2014年09月27日 在野のアナリスト


御嶽山が噴火しました。今回、気になるのは気象庁が予知できなかった、という点です。地震微動はあるものの、地殻変動などがみられず、警戒レベルだったというのです。安倍政権になってから、行政のこうした対応が目立ちます。デング熱もそうですし、広義では豚流行性下痢でも殺処分があるのに、問題ないとしてほとんど報じられていません。どうも「危険!」ということさえ「ムードを壊すな」という風潮に封じられ、発言を抑制されている気がしてなりません。

少し穿った見方をすると、これで川内原発の再稼動にも影響します。火山学会の反発を無視して、火山は予知できる、対策できる、として川内原発再稼動に対して、原規委はGOサインを出しています。しかし御嶽山の例をみるまでもなく、噴火を完璧に予知することはできません。それこそ予兆があるとき、原発停止の判断ができるのか? 人の判断に委ねるのですから、間違いも起こります。まず噴火を予知できる、と判断を下す時点で、すでに間違いが起こっているのです。

さらにこの「ムードを壊すな」としてつっこんだ挙句、頓挫した例は枚挙に暇なくなっています。日米のTPP交渉も同様。日本が歩み寄ったのに米国が折れなかったことで、甘利氏など「誠意ある対応がない」と憤慨して述べていますが、元々米国に妥協、歩み寄ろうという考えはありません。交渉ごとは双方が妥協するもの、という誤った固定観念でつきすすんだ挙句、それがないことで戸惑っている、というのが現状です。米国としては、米国益に適う目的で交渉しています。妥協するぐらいなら、交渉をまとめる必要などありません。パワーバランスが著しく偏っているTPP交渉において、妥協の産物はないのです。嫌なら交渉打ち切り、凍結で米国としては十分だということです。一時期、TPPは経済政策、成長戦略と語られることもありましたが、年内合意に暗雲ただよう今、成長戦略の柱が一つ、ぽきんと折られた形になります。

北朝鮮との拉致問題交渉も同じ、当初は政府関係者から盛んに喧伝され、秋口には解決、と俄かに国民の期待を煽った挙句、報告は先延ばし、暗礁に乗り上げています。北方領土の問題も、森元首相がプーチン大統領と会談して「訪日を妨げているのは日本」という露国の認識を伝えました。日本が独自外交できないことに「失望」とも。交渉ごとで、相手の信頼を失うことが、如何に国益を損なうかは語るまでもありません。安倍氏の地球儀外交で、初対面の相手がおらず、スムーズに意見交換できた、などと外務省は語りますが、人見知りでもあるまいし、一国の首相が初見の相手と話もできない、というのなら、それは首相として不適格なだけです。

「ムードを壊すな」と云われても「もう実体が壊れている」、それが今です。経済も同じで、8月の全国消費者物価は前年同月比3.1%上昇。増税分を除くと0.8%の上昇とされますが、伸び率は鈍化した。これは実質賃金の低下をいくらか緩和しますが、9月以降はここ数日ですすんだ円安で、ふたたび騰勢を強めることが予想されます。しかし年内に賃上げ、賞与増もないので、消費はさらに悪化することが予想されます。為替予約が切れる月頃にはふたたび値上げの波が来ます。

ムードが壊れる頃には、未曾有の景気悪化が襲っているかもしれない。海外勢が気にする「予想以上に増税の影響が大きい日本経済」に、さらに増税で財政再建をめざすのですから、ムードを壊しているのは安倍政権、ともなるでしょう。ムードを壊さないよう、リスクに関して判断を鈍らせた挙句、大きな被害をだす。それが武器使用緩和で、PKOへの派兵をすすめる安倍政権で起きることで、後に大きな犠牲を伴ってしまうのなら、より罪深い政権とも云えるのでしょうね。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月28日 00:10:33 : acaY4i7UMc
アンダーコントロール呪文は怖いな
これさえ唱えとけばリアルといくらかい離していても大丈夫みたいな

汚染水は外海に漏れてる!
(しかし)アンダーコントロール

広島の土石流は全国で起こる!
(しかし)ア・ン・ダ・ー・コ・ン・ト・ロ・ー・ル

木曽の御嶽山の山小屋では今も人が閉じ込められてる!
火山噴火の余地は出来ない!
(しかし)ア・・ン・・ダ・・−・・コ・・ン・・ト・・ロ・・ー・・ル

まるで出来が悪いRPGゲームをやってるようだ


02. 2014年9月28日 07:50:15 : 6i9qlxhkrQ
下痢ゾウリたちにとって
自分たちの自由や人権などどうでもいいのだ
だけど お前たちも下痢信者よ
お前たちと下痢ゾウに危険があるとき
下痢ゾウリは容赦なく
お前らを切り捨てるぞ
北朝鮮を見るまでもなく
独裁者以外は虫けらなのだ
どんな、NO2であっても
それがお前らの目指す
下痢ゾウリの為に日本を
国民から取り戻すということなのだ

03. 2014年9月28日 18:33:54 : Oaz7BPiWRU
『<在野のアナリスト氏>の仰るとおり!特にオイラは<気象庁>の挙動不審を感じてます。』

<気象庁>は「3.11」以来のトラウマ(地震規模を正確に補足できなかった事と津波予測を完璧に読み違えていた事)に懊悩し続けているのである。
つまり、現在の“科学技術”では、自然現象を前もって“予知”することは出来ないし、今起こりつつある規模すらも“観測・予測”出来ないってことを痛感しているのである。
だから、地震や噴火よりは、新ひまわり気象データとして把握しやすい“台風”に関しては、過剰に“警戒警報”を出してほぼ7割の確率で“外している”のである。“局地豪雨”に関しては、直前=雨が降り始めてからしか“予測”出来ないんだよ?
今回の“噴火”だって、火山性地震微動の増加は半月以上前から把握していて、現地自治体には、再三“警戒警報”を発している。にも拘わらず、<気象庁>が何故「警戒レベル2=山頂付近の立ち入り禁止」に踏み切れなかったのか?ってことが、これから検証されるべき最大の問題なのである。
恐らく<バカメディア>は、見猿・聞か猿・言わ猿だろうが、ネットメディアは<気象庁>&<ヘドロ官僚機構>に対して総攻撃を掛けるべきである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK171掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK171掲示板  
次へ