★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK172 > 756.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
情報の独占は不可能になり、新聞社のビジネスモデルは崩壊(Darkness)
http://www.asyura2.com/14/senkyo172/msg/756.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 10 月 14 日 00:03:05: igsppGRN/E9PQ
 

マスコミも、新聞を畳むように会社を畳む日が来るかもしれない。


情報の独占は不可能になり、新聞社のビジネスモデルは崩壊
http://www.bllackz.com/2014/10/blog-post_13.html
2014年10月13日 Darkness - ダークネス


朝日新聞が捏造と虚偽と世論誘導と売国に明け暮れる異常な体質であったことが暴露された。その結果、今まで紙の新聞をそれとなく信じていた読者さえも急激に失いつつある。

大手新聞の発行部数縮小は、2000年代からずっと続いて来た傾向ではあった。その傾向は止まらず、2010年に入ってからさらに急激に落ち込んでいるのは、日本新聞協会の発行部数調査でも分かっている。

そこに来て、朝日新聞の捏造が次々と発覚し、「マスコミはゴミだ」と多くの人が思うようになっている。2014年以降は、さらに新聞の発行部数は落ち込む。場合によっては「壊滅的」になる可能性もある。

今、私たちが見ているのは、「マスコミ」という業界の沈没なのである。

テレビも韓流だか何だか反日国家「韓国」の薄気味悪いコンテンツをゴリ押しして信用をなくし、新聞社も日本毀損の世論誘導をこれでもかと続けて信用をなくした。

もう、マスコミのゴリ押し手法は通用しなくなっており、それが今後は存続の危機につながっていく。


■マスコミの凋落は、今まさに目の前で起きている

マスコミの凋落は、今まさに目の前で起きている。インターネットの台頭と、マスコミの捏造体質の暴露が同時並行でマスコミを痛めつけている。凋落はこれからが本番だ。

もちろん、高給取りだったマスコミ人の収入も下がる。朝日新聞の記者などは年収1000万円から1300万円が平均だという話だが、これは維持できるはずがない。爆撃的に下がっていく。

当たり前だ。これから沈没しようとする業界の人間の給料が上がっていったら、それこそ業界の自滅になる。

人件費が最大のコストなのだから、それは否が応でも削減されていく。「事業が傾けば人件費を下げなければならない」と新聞に書いてあった。新聞に書いてあるのが事実なら、高給取りの記者の給料も激減するということだ。

どこまで下がるのか。恐らくマスコミが「使い捨て」にしているフリーランサーの給料と同じくらいになる。年収300万円から500万円くらいが妥当なのではないだろうか。

フリーランサーがそれで仕事をしているということは、給料はそれだけでいいということなのである。

もう、「情報を売る」という仕事は、マスコミの独占ではなくなっている。インターネットでは、マスコミよりも情報が早く、大量だ。情報の価値が下がったのだから、記者の価値も下がってしまうのは資本主義の摂理でもある。

インターネットの情報は玉石混交で信用ができないというのが今までのマスコミの主張だった。

しかし、朝日新聞こそが致命的な誤報と捏造で日本をめちゃくちゃにしているというのが分かった今、紙の新聞を発行するマスコミ自身も信用できないという意味では似たり寄ったりということが発覚した。


■新聞社は、もう巨大な組織を維持できない

もちろん、朝日新聞の情報がすべてでたらめだというわけではない。それは誤解だ。たとえばテレビ欄だけは、非常に中立で、正確で、見やすく編集されていることが知られている。

しかし、テレビ欄だけに1ヶ月4000円も5000円も払う人間はどこにもいない。そもそも、テレビそのものも、凋落していくメディアになっている。

新聞社は、もう巨大な組織を維持できない。つまり、新聞社というのは、今のビジネスモデルに固執している限り、今後は斜陽産業となっていく。

情報そのものの重要性は、以前にも増して増えているのは事実だ。しかし、新聞社はもう情報提供という部分を「独占」することができなくなっているところに業界の苦境がある。

かつては、情報を提供するという産業はまさに新聞社しかできない特別な事業だった。

情報を集め、それを紙面にまとめ、紙に印刷し、手早く発行するという一連のシステムは、誰もがすぐに真似できるものではなかったし、参入も容易ではなかった。

新聞社は独占事業であったと言ってもいい。

しかし、そんな話はとっくの昔に過ぎ去った。今では新聞社の記者ですらも、ニュースを新聞ではなく、インターネットで読む時代が到来している。自分たちも新聞を読まない。

新聞記者がスマートフォンやパソコンでニュースを読んでいるのだから、一般人が紙の新聞を読む気になるわけがない。

もう、「紙の新聞を発行する」というビジネスモデルはとっくの昔に破綻している。だから、新聞社も「情報売り」を秘かにあきらめて、不動産産業で生きていこうとしている。

朝日新聞もそのうち築地の不動産屋になって、記者は不動産営業のセールスマンにでもなるのだろう。


■マスコミは、刻一刻と経営の悪化が進んでいる

マスコミの影響力は確かに今でも巨大なものがあり、それが故にマスコミの凋落は「見えにくい」という側面がある。しかし、足元でマスコミのビジネスモデルが瓦解して、刻一刻と経営の悪化が進んでいる。

記者のリストラ、ボーナスカット、給料激減、業界縮小、経営悪化、破綻と、次々とマスコミの苦境が深刻化していく。

情報はインターネットで溢れるようになり、マスコミの「独占物」ではなくなった。インターネットはマスコミが束になっても敵わないほど膨大な情報が溢れている。

インターネットは、どの新聞社が提供する情報よりも、専門的で、網羅的で、新鮮で、しかもどんなニッチな情報ですらも、そこに存在する。

人々の関心というのは本来は多様なものであって、しかも個人的なものでもある。新聞社はそのすべてに対応できない。しかし、インターネットはいとも簡単に、それに対応する。

マスコミは、インターネットの世界では情報提供者のひとりにしか過ぎず、そのすべてを支配することは不可能だ。

つまり、マスコミは情報を独占することができなくなり、世論誘導も、大衆洗脳もできなくなってしまった。

だから、朝日新聞は従軍慰安婦問題で捏造があったことを認めざるを得なくなってしまい、さらにその他にも次々と捏造記事を量産していたことを謝罪する羽目に陥った。

好き勝手に世論操作する力を失い、今までのツケがそのまま自分の首を絞める自滅的な様相になっている。こんな状態だから、ほとぼりが冷めたら発行部数が戻るような状況にない。

老人の歯が抜けるように新聞購読者は消え去っていき、新聞社のビジネスモデルは破綻する。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年10月14日 03:17:40 : YLMBkAcn5C
ゴミ売りとサンケイは身につまされるよな

02. 2014年10月14日 05:21:43 : RaLpl6gKjo
ツッコミが甘い。 ・・・と感じる。

朝日新聞の幹部が独断で「慰安婦」を大々的に捏造したとは考えにくい。バックアップが要る。
慰安婦が書かれ始めた80年代と言えば、日本・アズ・ナンバー1の時代で、
アメリカでは自動車業界などで「日本車を叩き壊す」ジャパン・バッシングが盛んだった時期である。

慰安婦問題の発祥と司令塔は、米・イスラエルの日本潰しキャンペーンの一貫だったと考えられる。
そうした時代の背後関係や、指令系統の追及なしに無闇に朝日を叩くから胡散臭さが漂う。

朝日の戦前の売国は、明治時代から続くイスラエルを筆頭に日本社会を乗っ取った外国勢力によるシステム的な
この構造に迫らないから、記事元のダークネスも浅いと言わざるを得ない。
(千円札の夏目漱石の顔の半分は、ユダヤ系の顔。富士山を裏からみると、別の山で三角の中心に目が透ける。)

明治維新で天皇のすげ替えが行われてから、裏の権力構造は変わっていない。

10月16日(木)にベンジャミン・フルフォードさんと対談する中丸薫さんによる
横田めぐみ拉致事件に関する真相すら、こう。 新聞テレビメディアの必要性など微塵も感じられなくなる。

中丸薫2014 8  知っておくべき世界の今
https://www.youtube.com/watch?v=focR1uGP898


03. 2014年10月14日 05:41:35 : Q1AShcAlNU
「情報は生存の基本.そういうじ需要に応じた新聞がもしあったら太平洋戦争は起きなかった」(司馬遼太郎)

04. 罵愚 2014年10月14日 05:58:23 : /bmsqcIot4voM : hFjIjkhzhj
 現場を直接見ての報道は、報道機関にしかできない。この★阿修羅♪こそが、好例で、話のネタはコピペだ。新聞が消えればコピペのネタが消えてしまうのだ。もっと言うと「新聞が消えてしまうっ!」てのも新聞が発信源じゃぁないの?
 新聞の代わって、だれが現場から発信するのか?

05. 2014年10月14日 07:39:31 : 256EG3gxk6
今の新聞に未来がないのはその通りだが朝日の誤報なるものより産経、読売の救いがたいほどの権力すり寄り、ウソねつ造誘体質の方が問題だ。

このダークネスもその仲間。お前たちも終わりだよ。


06. 2014年10月14日 09:33:52 : jQNMGBsvMH
 罵愚さん、常々、あなたはどんな人なのかと思っていましたが、新聞業界の人だったのですか? 先のコメント書き込みによって、ふと、そんな気が…。

 あなたの論調からすると、ひょっとしたら、読売か産経の記者さんだったのですか? ならば、これまでのあなたのコメントの論調に納得する。


07. 2014年10月14日 10:49:34 : PXs78tua92
自分で取材しないで外人、官庁の言いなり記事を書いてきた当然の報いね。

問題は、新聞読んでテレビ見てそれを本当、さらに主張を妥当と信じ込む善良?で狡い体臭の愚かさ。騙されるのも自業自得ね。

でもマスコミはアメリカ様、官庁の提灯記事を書いて一体どのような報酬、利権?を得ていたのだろうか。疑問尽きない、もっと突っ込んでほしいね。
後講釈ばかりじゃ面白くありません、事実を知りたいのですから。


08. 罵愚 2014年10月14日 16:48:52 : /bmsqcIot4voM : hFjIjkhzhj
 わたしは朝日の愛読者で、メディアとは無関係です。新聞には事実報道と解説記事と社説のみっつの機能があるとしたら、うしろのふたつは消えたとしても最初の事実報道は新聞やテレビに代わるものはないのではないか? と素朴に感じただけです。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK172掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK172掲示板  
次へ