★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK173 > 887.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
首相「犯罪者扱い」に激高 社民・吉田氏の脱税疑惑質問に:あの所信表明直後の遁走に絡む脱税疑惑で説明責任を果たさず逆ギレ
http://www.asyura2.com/14/senkyo173/msg/887.html
投稿者 あっしら 日時 2014 年 11 月 05 日 01:26:13: Mo7ApAlflbQ6s
 


 昨日(5日)の参議院予算委員会の質疑応答は視聴していないので転載する記事に依存させていただく。

 社民党の吉田党首が問題として取り上げたのは、07年9月に安倍首相の異様で唐突な辞任で第一次安倍政権が瓦解することになった“真のきっかけ”とも言われている「政治資金の相続に関する脱税問題」(「相続税3億円脱税疑惑」)である。

 07年当時の安倍氏は、内閣改造後の臨時国会で所信表明まで行っていながら、各党からの代表質問を受ける直前に辞任を表明し、その翌日から入院という遁走劇を演じた。
 唐突で異様な辞任劇の日に永田町を駆け巡った情報が、数日後に発売される『週刊現代』に掲載される予定の安倍氏の「政治資金の相続に関する脱税問題」である。
 『週刊現代』は、疑惑について、安倍氏に辞任発表日までに回答するよう求めているので、安倍氏は疑惑の内容を既に熟知していた。

 あのとき安倍氏がほんとうに大腸炎の悪化で入院したとしても、治療が終わり政治活動に復帰した時点で、『週刊現代』が掲載し回答を求めた「政治資金の相続に関する脱税問題」について説明する責任を負っていたはずである。
 しかし、前代未聞の遁走劇で首相を辞任した安倍氏が再び首相の座に就くという醜悪な復活を果たした安倍首相は、その後2年近く経過するが、今なお「政治資金の相続に関する脱税問題」への説明責任を果たしていない。

(安倍氏のこのような態度について主要メディアで声を上げるところがないことに日本の哀しい実状が現れている。吉田党首との質疑応答もどれだけのメディアが取り上げたのかな?)

 社民党の吉田党首が安倍首相の脱税問題(政治資金収支報告書の記載漏れというレベルではない重罪)を取り上げたことは評価したいが、最後には「断定的に申し上げたことは申し訳ない」と陳謝してしまったようだ。
 そして、吉田党首のその発言を受け、安倍首相は「こんなことに時間を使うことに国民もうんざりしていると思う。いくら質問とはいえ、慎んでほしい」という捨てゼリフを吐いたという。

 後日、参議院サイトでビデオを見るつもりだが、今回のの質疑応答ひょっとしたら、社民党と安倍首相のあいだの出来レースかもしれない。

 なぜなら、社民党の吉田党首と安倍首相の質疑応答でこの問題の“禊ぎ”が終わったかたちになったというか、他の政党や議員がこの問題を取り上げることに“二の足を踏む”雰囲気が生まれたからである。
 吉田党首の質問は、今後どこかからもっとまっとうなかたちで安倍氏の脱税疑惑に関する質問が出てくる事態を抑止する効果があったと言えるだろう。

 吉田党首が本気になって安倍首相をこの問題で追及したいのなら、「脱税疑惑」を尋ねられた安倍首相が、「重大な名誉毀損(きそん)だ。議員として恥ずかしくないのか。全くの捏造(ねつぞう)だ」と激しく反論したとしても、記事の部分が捏造なのかきちんと説明を求めなければならない。「議員として恥ずかしくないのか」と言われるべきは現在に至るまで説明責任を果たしていない(安倍氏はこれまであの記事が捏造だとも説明してはいないのである)安倍氏ではないかと切り返してもらいたい。

 当時の『週刊現代』の記事には、「国税幹部は「脱税」と断言」(安倍氏の連結収支報告書の数字を見比べてきっぱり言った。「この通りなら、これは脱税ですね」) というものもある。
(しかし、国税庁がまっとうな組織なら、相続というわかりやすいタイミングなのだから、時効になる前に安倍氏の調査に動いていたはず)

 何より、安倍氏が威迫的とも言えるかたちで『週刊現代』の記事がまったくの捏造だというのなら、「当時の税制では一億円以上の最高税率50%が適用されて、相続税額は約3億円になる計算だ。もちろん、税法上は相続税の脱税の時効は最大7年。首相が罪に問われることはない。しかし、これまで一億円以上の脱税は、政治家でも逮捕されてきた」とまで書いて批判している『週刊現代』及びライターをなぜ名誉毀損罪で告発しなかったのかと追及しなければならないだろう。

 質疑応答の締めくくりが、「「もう時効だが…」と述べた吉田氏に首相は激しく反応。「まるで犯罪者扱いではないか。失礼だ。答弁できない」と発言の撤回を求め、審議が中断した」というやり取りは、政治家安倍氏の醜悪さを如実にさらすものだ。

 刑事だけでなく民事でも時効はあり、「もう時効だが…」という表現は必ずしも“犯罪者扱い”ではない。時効という表現は、すぐ上で引用したように、税法の取り扱い規定をそのまま説明しただけである。

 当時の『週刊現代』の記事には、「主税局幹部は、個人的な意見と断って、こう言った。 「本来は、国税庁がきちんと見つけておくべき問題ですが、時効になった今は、税法上の徴税はできません。しかし、財政の窮状を行政の長として考えて、ぜひ時効の利益を放棄して、自発的に納税していただきたいですね」
 政治資金を国に寄付することは、公職選挙法で禁止されているが、過去に未納分の納税をする場合は、適用外なのだという 」とも書かれている。


===========================================================================================
2014.11.4 17:35
首相「犯罪者扱い」に激高 社民・吉田氏の脱税疑惑質問に[産経新聞]

 安倍晋三首相は4日の参院予算委員会で、過去の週刊誌の記事を元に首相に対し「脱税疑惑」を尋ねた社民党の吉田忠智党首に対し「重大な名誉毀損(きそん)だ。議員として恥ずかしくないのか。全くの捏造(ねつぞう)だ」と激しく反論した。
 吉田氏は「政治とカネ」の問題を追及する中で、首相に関して平成19年に週刊誌が報じた「相続税3億円脱税」疑惑について事実かどうか尋ねた。
 ところが、「もう時効だが…」と述べた吉田氏に首相は激しく反応。「まるで犯罪者扱いではないか。失礼だ。答弁できない」と発言の撤回を求め、審議が中断した。
 結局、吉田氏は「断定的に申し上げたことは申し訳ない」と陳謝。これに対し首相は「こんなことに時間を使うことに国民もうんざりしていると思う。いくら質問とはいえ、慎んでほしい」と不満そうだった。

http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/141104/plt14110417350026-n1.html

===================================================================================

※ 参考資料


『週刊現代』2007年9月29日号
緊急ワイド
史上最低の「無責任な官邸」全真相
突如辞任を発表、翌日には緊急入院―「安倍首相をここまで追い込んだ」と、発売前から永田町、メディアを騒然とさせたのは、本誌のこのスクープだ。

『週刊現代』9月29日号 P.26〜30


(1)本誌が追い詰めた安倍晋三首相「相続税3億円脱税」疑惑
   亡き父・晋太郎の「遺産」6億円と“出資者不明”の巨額献金

ジャーナリスト 高瀬真実と本誌取材班

発売前から永田町は騒然

「なぜ参議院選挙大敗の責任を取らなかったのに、内閣改造のおわったいま辞任するのか」
「インド洋の給油活動延長に職を賭す、といっていたのに逃げではないのか」
「所信表明をした直後で辞めるのは前代未聞」

 9月12日午後2時より開かれた安倍晋三首相(52歳)の記者会見では、本会議の直前までやる気を見せていた首相が突然、心変わりした理由は何か、納得のいかない記者たちから質問が相次いだ。しかし、最後まで首相は納得のいく説明ができなかった。

 その同日、首相の辞任を知らせる毎日新聞夕刊は、その辞任理由を「今週末発売の一部週刊誌が安倍首相に関連するスキャンダルを報じる予定だったとの情報もある」と一面で報じた。一部週刊誌とはいささか失礼な表現ではあるが、社会面にははっきり『週刊現代』と名前が出ている。

 そう、安倍首相を辞任に追い込んだスキャンダルとは、本誌が9月12日中に回答するように安倍事務所に質問をつきつけた「相続税3億円脱税疑惑」のことなのである。政治団体をつかった悪質な税金逃れの手口を詳細に突きつけられて首相は観念したというわけだ。

 実は、本誌は安倍首相の政治団体に関して一年にわたる徹底調査をしてきた。そのキッカケは、ベテランの政治記者から聞いたあるウワサだった。
 「安倍首相の父親である安倍晋太郎外相(当時)は総理総裁を目指して巨額の資金を用意していた。ところが闘病の末の逝去でそれが宙に浮いてしまった。そのカネはいったいどこへ行ってしまったのだろうか。晋三氏への相続に不透明なところが、あるのではないか」
 晋太郎が率いた安倍派時代を知る自民党のある古参秘書に、この語をぶつけたところ声をひそめていった。

 「'91年5月に父親が亡くなったときは、まだ中選挙区制なので補選はなく、'93年7月に総選挙で初当選するまで晋三さんは、秘書を解雇したり事務所も滅らしたり、リストラに大変だった。『なかなか政治資金が集まらない』と金庫番の秘書がよく派閥の事務所に相談に来ていました。晋太郎氏の派閥を引き継いだ三塚派会長(当時)の三塚(博)さんが見るに見かねて、お世話になった晋太郎さんの三回忌を兼ねた励ます会を計画して、派閥ぐるみでパーティー券を売ったのです。それが、フタを開けたら晋三さんが集金カトッブですからね。派閥の秘書仲間たちはみんなひっくり返りました」

 そのパーティーとは、'93年4月15日、首相の指定団体(当時)の「晋和会」が赤坂ブリンスホテルで開いた「安倍晋太郎先生を偲び安倍晋三君を育てる会」だ。2万円のパーティー券を1万4766人に売り、2億9636万円の収入があった。費用5300万円を差し引いて2億4300万円余りのボロ儲けだ。

 しかし、ベテラン秘書が腰を抜かしたのは、それだけではなかった。
 安倍首相が初当選した'93年、「晋和会」と「緑晋会」という二つの政治団体だけで、その収入は9億1067万円。新人議員でありながら、2位の橋本龍太郎政調会長(当時)らを抑えて、集金力で政界トップに立ったのだ。細川政権の誕生で自民党が野党に転落し、ベテラン議員もカネ集めに四苦八苦する中で、その突出ぶりは際立った。
 この年から始まった政治団体の資産公開でも、安倍首相は預金6億8949万円で、金満家で有名な糸山英太郎衆院議員一当時)らに次いでいきなり4位にランクされている。

 そのカラクリは何か。当時注目を集めたのは、前述の「緑晋会」という団体だ。
'93年の収支報告書では、年間収入4億9595万円の93.8%にあたる4億6508万円の内訳が、1件あたり100万円以下のため「献金者を明示しない企業団体献金」として記載されていたのである。
 4億円以上もの献金者とは誰か。企業献金が集まらないと一言っていた安倍事務所にふってわいた巨額献金の出所をめぐって、「安倍晋太郎の隠し資産が出てきた」(ベテラン秘書)というウワサが駆け巡ったという。
 晋太郎氏から晋三氏への相続に政治団体が悪用されているのではないか――。この疑惑にせまるべく、本誌はあらためて安倍ファミリーの政治団体をすべて洗い直すことにした。


節税術をフル活用

 安倍首相が神戸製鋼所を辞めて、第一次中曽根内閣で外相に就任した父の大臣秘書官になったのは、'82年12月6日のこと。ポスト中曽根をニューリーダーの「安竹宮」(安倍晋太郎、竹下登、宮澤喜一の三氏)で争い始めたころだ。
「晋太郎先生は、派閥の事務所に来ては『晋三を頼むよ』と。もう後継は決まりだと誰もが思いましたね」
 清和会のベテラン秘書が当時を振り返る。
 秘書官当時、安倍首相は父の外遊にいつも同行し、帝王学を徹底的に叩き込まれた。そして、外相だった父が息子に遺したものは、政治や外交にあたるものが身につけるべき教訓だけではなかった。

 大手新聞の当時の番記者はいう。
「旧制六高(現・岡山大学)OBの財界人でつくる『六晋会』や『化学晋和会』『住宅晋和会』などの業種別後援会や、派閥の議員の地元に作られたという『千葉晋和会』『岡山晋和会』などの地方後援会。ニューリーダーと呼ばれるにふさわしく、政治活動の基盤を支える政治団体の数も当時の議員でトップでした」
 本誌は、当時の関係者の証言をもとに、全国の収支報告書を集め、連結収支報告書を作り、分析した。その結果、多数の政治団体を使った驚くべき資産相続の実態が明らかになった。

 故安倍晋太郎氏は、晋三氏を外相秘書官にした'82年から病没する'91年までの10年間に、自らの政治団体である「晋太郎会」に2億5985万円、「晋和会」に2億5897万円、「夏冬会」に1億1940万円、3団体合計で6億3823万円もの巨額の個人献金をしていた。
 3つの団体はいずれも「指定団体」である。指定団体とは当時の政治資金規正法に則って届け出をした政治団体のことで、政治家はこの指定団体に寄付すると、その額に応じて所得控除を受けることができた。しかも控除額は青天井だったのである。
 晋太郎氏は、政治家にしか使えないこの所得控除制度をフルに活用していたのだ。これだけの巨額の個人献金をする一方で、自らの申告所得額は極端に少なかった。同じ10年間で1000万円以上の高額納税者名簿に掲載されたのは、病気療養中の'90年の納税額3524万円、わずか一度だけだった。その間に6億3000万円以上も献金をしているのに、である。

 そして問題なのは、この政治団体がそのまま息子の晋三に引き継がれ、相続税逃れに使われたことだ。
 晋太郎時代から安倍事務所に出入りしていた全国紙の記者は言う。
「晋太郎先生のときは、議員会館裏にある『TBR永田町』と『山王グランドビル』にそれぞれ個人事務所があり、赤坂ブリンスの派閥事務所とあわせて3ヵ所に金庫番の秘書がいました。さらにそれぞれの金庫番が管理する政治団体が、地方もふくめていくつもあったのです。
 晋三さんはそれをそのまま引き継ぎました。代替わりしてからは、『TBR』の事務所は閉めて、親父の代の金庫番は全員解雇しました。金庫番を一人にするために、政治団体もかなり整理しましたが……」

 実際に本誌で調べたところ、安倍晋太郎氏の生前に作られた「安倍系団体」と呼ぶべき団体は、タニマチ的なものも含めて、66団体にものぼった。さらに調べると、晋太郎氏は'91年5月に亡くなっているが、その直前の'90年末時点で、それらの団体には合計で6億6896万円もの巨額の繰越金があった。

 安倍首相は父親の死後、政治団体を引き継ぐのと同時にそれら巨額の繰越金をもそっくり引き継いだのである。調べてみると、父の死の直後、'91年末時点では22団体が解散し、44団体になっている。資金残高も4億円余りに滅ってはいる。ところが、解散などに伴って整理された資産などの行方を追っていくと、どこに献金したかが不明になっている「消えた寄付金」が、合計で1億8522万円もあったのだ。2億円近い巨額なカネはいったいどこに消えてしまったのか。


国税幹部は「脱税」と断言

 繰り返しになるが、これらの「消えた寄付金」を含めると、首相は、亡父が政治団体に寄付した6億円の個人献金を政治団体ごとそっくり相続したことになるのだ。
 安倍首相は、これまで主な相続資産は、山口県長門市の実家と下関市の自宅のみとしてきた。相続した'91年以降の高額納税者名簿には首相の名前はない。
 政治団体に投じられた6億円の献金が、そのまま晋三氏に渡っていれば、これは政治活動に名を借りた明白な脱税行為ではないのか。

 財務省主税局の相続税担当の幹部に、連結収支報告書の数字を示しながら聞いた。政治団体を通じた巨額の資産相続に違法性はないのか?
「政治団体に個人献金した資金が使われずに相続されれば、それは相続税法上の課税対象資産に該当します。政治団体がいくつもある場合は、合算した資産残高のうち献金された分が課税対象になります。たとえ首相でも、法律の適用は同じです」
 そう説明した幹部は、連結収支報告書の数字を見比べてきっぱり言った。
「この通りなら、これは脱税ですね」
 仮に、政治団体を通じて相続した遺産が6億円とすれば、当時の税制では一億円以上の最高税率50%が適用されて、相続税額は約3億円になる計算だ。
 もちろん、税法上は相続税の脱税の時効は最大で7年。首相が罪に問われることはない。しかし、これまで一億円以上の脱税は、政治家でも逮捕されてきた。重大な犯罪であることに変わりはない。

 主税局幹部は、個人的な意見と断って、こう言った。
「本来は、国税庁がきちんと見つけておくべき問題ですが、時効になった今は、税法上の徴税はできません。しかし、財政の窮状を行政の長として考えて、ぜひ時効の利益を放棄して、自発的に納税していただきたいですね」
 政治資金を国に寄付することは、公職選挙法で禁止されているが、過去に未納分の納税をする場合は、適用外なのだという。
 実は先の「緑晋会」は、'97年に名称を「東京政経研究会」と変えて今も平河町の首相の個人事務所として機能している。'05年末時点の東京政経研究会の預金残高は3億円ある。3億円の納税にちょうど困らない。

 本誌は政治資金報告書などから作成した資料を示したうえで、安倍事務所にこの相続のカラクリを指摘し、どのような処理をしたのか、脱税ではないのか、というA4にして5枚の質問状を送った。そして回答期限が迫った12日の午後2時、安倍首相は突然、辞任を表明したのである。しかし、いまもって質問状への回答はない。
 内閣改造に際して、首相は「政治とカネに関して十分な説明ができない閣僚は去ってもらう」と言い放った。その言葉が自らにはねかえってくるとは、安倍首相もゆめゆめ思ってはいなかったのだろう。(了)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年11月05日 01:49:28 : T2SnWffh66
人を犯罪者扱いするのは平気だけど
人に犯罪者扱いされるとキレる
器の小さい総理

02. 2014年11月05日 02:11:50 : dTZTnr1Xo2
【速報】 安倍自民に再ブーメラン 自民党機関紙に革マル派の大ボスを登場させていた!
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plusd/1415034140/より


24 :オリエンタルな名無しさん@転載は禁止:2014/11/04(火)
革マル派と自民党との関係−ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%9D%A9%E5%91%BD%E7%9A%84%E5%85%B1%E7%94%A3%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E8%80%85%E5%90%8C%E7%9B%9F%E9%9D%A9%E5%91%BD%E7%9A%84%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E6%B4%BE

JR民営化時点では、革マル派であるとされていた旧動労は松崎委員長が
自民党の機関紙「自由新報(1986年4月29日号)」上で…民営化賛成路線をとった…
自民党内から…動労と手を結ぶことに関して…懸念の声があったが、
総理である中曽根や当時の自民党の大物であった金丸信は「動労は革マルではない」とした。
このことからJR東日本の発足に当たり民営化賛成労組からの優先採用により
旧動労系であるJR東労組はJR東日本内の最大労組となった。


26 :オリエンタルな名無しさん@転載は禁止:2014/11/04(火)

ウィキペディアにもあるように敵の敵を利用するのが自民党的なやり方。
国労(社会党系)潰しのために生かされたのが現在の総連主流派、
JR総連・JR東労組であり、ここに革マルも関与。
もともとは国労が中心労組だったが自民党と妥協せずに潰された。そして、
自民党と結託した革マル系が勝利したことになる。ちなみに、
国労(共産党系)はGHQ時代のレッドパージで早々一掃されている。


31 :オリエンタルな名無しさん@転載は禁止:2014/11/04(火)
当時の自民党総裁で総理大臣の中曽根や延べ棒ゲッター金マル信が
JR民営化時点では、革マル派であるとされていた旧動労松崎と手を組んだと
それで中曽根や延べ棒が「動労は革マルではない」と言い訳をしたが
時既に遅くそのときの禍根が現在のJR総連に対する核マルの浸蝕を許す結果になったと

最悪だな自民党
やはり諸悪の根源は自民党だったか


33 :オリエンタルな名無しさん@転載は禁止:2014/11/04(火) 12:56:17.76 ID:6zT22H6w
日本政治において、左翼過激派の無政府主義(全共闘)と、自民党の市場原理主義が同根であることは容易に分かる。
全共闘たちは大学卒業すると政界・官界・財界・法曹界・警察・自衛隊など日本の各部署に入り込んで行った。
当然自民党内にも入っている。彼らはグローバリスト新自由主義者となって日本国を痛めつけようとしている。
彼らが戦後レジームを受け継いで日本をいやしめている。真の日本人とはいえない行動をとっている。
JRのサボタージュもそのひとつだ。日本をだめにしようとしている。


35 :オリエンタルな名無しさん@転載は禁止:2014/11/04(火)
時効逃げは許すな。
http://government.harikonotora.net/img/1397-55.jpg
http://news.harikonotora.net/img/3632-3.jpg


03. 2014年11月05日 02:45:23 : RFxmr8TYLA
国民はアベノミクス詐欺にうんざりしている
出来レースの可能性はあるともないとも言えるが、国会で問題を
蒸し返して公的記録に残したのは功績と言ってよい

問題の原因となる人物が、国民はこんなことに時間を使うことに
うんざりしている、などと国民の代表ヅラして述べるとは盗人猛々しい
慎んでほしい、という総理の懇願は無視してどんどん追及するべきです


04. 2014年11月05日 02:48:47 : 37ehpCk96w
激高されて尻すぼみかよ
そんな中途半端な対応をするから向こうもつけあがるというのに
その程度の気構えでやるんじゃねえよバカ野郎

生半可な覚悟でやって結果、
この材料は他の野党としても使い難い槍になってしまった
ホント馬鹿としかいいようがない

これで100%社民への信用は消えた


05. 2014年11月05日 04:58:18 : aiMZAOJQqY
枝野、JR総連、JR東労組を殺人者呼ばわりしたくせに、お笑いだ。

逆ギレすればするほど、ますます怪しいと思われる。どんどん信用が堕ちていく。

もう安部政権は長くないね。


06. 2014年11月05日 06:38:43 : q3vCnJlqXo
>>04

>19. 2014年11月05日 03:42:48 : 37ehpCk96w
>尻すぼみ、一番ダメなパターン
>気構えゼロでとっておきのネタを使うなバカ
>社民にはつくづく愛想が尽きた

同じこと書くな
バカ丸出しジジィwww

[12削除理由]:管理人:言葉使い

07. 2014年11月05日 06:45:15 : D5rMHJLRDw
>>今回のの質疑応答ひょっとしたら、社民党と安倍首相のあいだの出来レースかもしれない
社会党=社民党には
触れられたくない過去がある
下痢ゾウリに言われて
一番嫌なのは北朝鮮の拉致を
否定していた過去だ
朝日を粘着質に叩く
下痢ゾウリにとって
とってもおいしい好物だ
触れないことが
なんとなくね

08. 2014年11月05日 07:26:32 : 7O1gCokxSs
出来レースという見方は面白いね。
それにしても吉田という男は救いようがない。ヘイト・スピーチを規制しろ、法律で罰せよと言いながら、自分は他人を週刊誌などのがせネタを基に誹謗中傷する。いったいどっちがヘイト・スピーチなのか。いったい誰のために政治をやっているんだ。

09. 2014年11月05日 07:49:39 : 1laTubqZew

7O1gCokxSs は一見さん。コメント履歴がまったくないw


10. 2014年11月05日 12:01:03 : 37ehpCk96w
>>6
ではあなたの「バカではない」見解と言うものを聞かせていただきたい
悪態だけなら小学生にでも吉田さんにもできることですから

11. 2014年11月05日 14:41:27 : tPo2o0p0DQ
3億脱税は総理を突如辞任した時に言われていた事。疑惑でなく本当の事でしょう。犯罪者扱いされるのは当然、むきになって怒る所は相変わらずの性格。良くも人の事が言えるものだ。

12. 2014年11月05日 20:02:24 : wC2pmrSa3Y
図星だよ 逃げ効かぬから 逆ギレさ

13. スポンのポン 2014年11月05日 23:39:04 : 2n7xEMe6gopkI : 2dyqIB2S9k
 
 
 
■この話が週刊誌の捏造ならば
 名誉毀損による損害の賠償を求めて民事訴訟を起こせば
 間違いなく勝って多額の賠償金が稼げる。
 安倍は弁護士に電話を一本するだけで足りる。
 依頼された弁護士にも楽な仕事で多額の報酬が手に入る。
 脱税が事実であるという以外に
 安倍がそれをしない理由は考えられない。
 
 
 

14. 2014年11月06日 21:58:18 : rLBhiuudmU
首相がこれじゃ国民は税金なんか払いたくないよね。

役得??

ガソリンは二重課税なのに、ゴルフだけ税金なくすとか・・・・?

議員の遊びには税金掛けないの?

GPIFも議員の年金使ったら????


15. 2015年6月22日 15:56:08 : fDG1cWsHyw

速報 社民党の公式サイトで革マル派を発見! [427379953]
beチェック
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です:2015/03/03(火) 08:56:40.17 ID:IdTI9pH60.net[1/2] 2BP(1000)
sssp://img.2ch.sc/ico/si.gif
ソース
http://www5.sdp.or.jp/topics/files/2015/02/23.jpg

社民党OfficialWeb
http://www5.sdp.or.jp/

http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/poverty/1425340600/



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK173掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK173掲示板  
次へ