★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK175 > 110.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本とイスラム国の関係のカギを握る中田元教授に注目せよ  天木直人
http://www.asyura2.com/14/senkyo175/msg/110.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 11 月 23 日 08:33:05: igsppGRN/E9PQ
 

日本とイスラム国の関係のカギを握る中田元教授に注目せよ
http://www.amakiblog.com/archives/2014/11/23/#003004
2014年11月23日 天木直人のブログ


 解散・総選挙ばかりに目を奪われているが、あの北大生のシリア渡航未遂事件に関連し、極めて重要な報道が立て続けに行われた。

 一つはきょう11月23日の読売新聞が掲載した驚愕のスクープ記事だ。

 すなわちイスラム国に参加しようとした北大学生のシリア渡航を手伝ったとして警視庁公安部の捜査を受けていたイスラム研究者の中田考元教授が、イスラム国兵士から暗視スコープなどの調達を求められていたことが、捜査関係者への取材でわかったというのだ。

 公安警察が通信記録を解析した結果、そのイスラム国の兵士は中田元教授に対し、暗視スコープ以外にも日本車の部品や現金の調達も依頼していたという。それらを北大生に運ぶように依頼していたという。

 もう一つは、きのう発売された週刊ポスト12月5日号に掲載された中田元教授のインタビュー記事だ。

 それによると中田元教授は1992年から94年の間、サウジアラビアの日本大使館に専門調査員として勤務していたという事実だ。

 専門調査員を辞めた後も外務省は中田元教授に対しイスラム諸国との外交の協力を依頼していたという事実だ。

 この二つの報道が示した事は、何か。

 それは中田元教授こそ、よくも悪くも、日本の対イスラム国外交のカギを握る可能性を持った重要な人物であるということだ。

 日本政府と外務省が、はじめから極秘裏に田中元教授をうまく活用していたら、日本はイスラム国との関係において、米国やイスラエルよりはるかに有利な立場に立てる可能性があった。

 しかし、ここまで報道されてはもはや手遅れだ。

 米国やイスラエルは田中元教授が勝手な真似をすることを許さないだろう。

 日本は田中元教授を危険人物として封印するほかはない。

 またひとつ、日本政府と外務省は、対米自立外交のチャンスをみすみす失った。

 無策、無能の故に、大きな失態をおかしたということである(了) 


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年11月23日 08:54:40 : EvsfRNo96w
湯川遥菜氏救出に動いたイスラム法学者「外務省が見捨てた」
NEWS ポストセブン 11月23日(日)7時6分配信

「イスラム国」に日本人の湯川遥菜氏(42)が拘束されて3か月が過ぎた。その間、イスラム国への空爆に参加、もしくは支持した国の人質が何人も公開処刑された。湯川氏の命はいつ奪われても不思議でない状況にある。その一方で、外務省は、イスラム国幹部とのパイプを駆使して湯川氏救出に乗り出した中田孝・同志社大客員教授の提案を黙殺していた。11月22日発売の週刊ポスト(12月5日号)で、中田氏が証言している。

 10月6日、イスラム国支配地域への渡航を計画したとして、26歳の北大生が私戦予備・陰謀容疑で家宅捜索された。中田氏はイスラム国と連絡をとり合える唯一の日本人であり、北大生の渡航を手助けした“渡航計画の中心人物”として公安警察に狙われることになった。翌朝、警視庁公安部の家宅捜索を受けた。

「青天の霹靂でした。まさか自分が疑いの目で見られているとは思ってもみなかったので、あれよという間に、その場で任意の聴取まで受け、参考人調書にサインしていました」(中田氏)

 中田氏はイスラム諸国とのパイプを活かして長年外務省の要請に協力する立場だった。人質解放のために危険を冒してシリアにも渡ったという。

「それなのに、日本政府は人質救出を支援するところか、私を私戦予備の疑いで捜査している。どういうことなのでしょうか」(同)

 中田氏は、同誌上で北大生の留学の手助けをした理由について、「イスラム国のために動いているわけではない」と断った上で、懸け橋になる日本人は多いほうがよいと考えていたことなど、背景を詳しく述べている。

 また、8月末にはイスラム国の司令官と連絡をとった上で、中田氏は支配地域に入り湯川氏を救出しようとしたが、外務省の支援が得られなかったために断念せざるをえなかった経緯についても詳しく説明している。

 外務省の対応は、手詰まりになっていた湯川氏救出の唯一の道を防ぐ行為でもあり、湯川氏を見捨てたことにもなる。中田氏はこういってはばからない。

「もっと早ければ助けられたかもしれないと思うと無念でなりません」

 中田氏に対する捜査とシリア行きの一件にどのようなつながりがあるのか明らかではないが、中田氏を通じて日本人人質を救うチャンスをみすみす逸した日本政府がその失態を隠そうとするための捜査とも見えると同誌は分析している。

●取材協力/児玉博(ジャーナリスト)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141123-00000003-pseven-int


02. 2014年11月23日 09:23:52 : Q1AShcAlNU
中田元教授のような、札束をどんなに高く積んでも価値ある世界的貴重人物を利用できなかった日本政府の幼稚さ、馬鹿さに愕然。
彼の情報こそが特別外交秘密であり、それをマスゴミにリークする司法のまぬけ。

中田氏が今までのようにイスラム国と密通ができないことは確実だし、物資や資金調達もしていないしできないので、危険人物であると断言するのは如何でしょう。それよりか、彼が何故イスラム教に改心したか(日本社会の彼への冷遇や偏見からか)を知った上で、彼のイスラム国とのネットワークを利用して、優遇した上で、味方につける方が、天木氏の提案する「彼を封印する」より、何百倍も得策だと思うのである。



03. 2014年11月23日 13:14:13 : QJ6SjExTmk
「イスラム国」が暗視スコープ要求…元教授拒否
2014年11月23日 11時59分

 イスラム過激派組織「イスラム国」に外国人戦闘員として加わろうとしたとして、北海道大の男子学生(26)が警視庁公安部の捜索を受けた事件で、イスラム研究者の中田考・元大学教授(54)が北大生の渡航を伝えた際、イスラム国の兵士から暗視スコープなどの調達を求められていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 中田元教授は読売新聞の取材に対し、要求を受けたことを認めた上で、「断った」と話した。

 同庁幹部によると、中田元教授は今年夏、イスラム国の司令官や兵士とインターネット上のメッセージ機能などを使って、北大生がシリアに渡航することを伝えていた。公安部が通信記録を解析したところ、この兵士が中田元教授に対し、暗視スコープの調達を求めるメッセージを送っていたことが判明。8月11日に渡航予定だった北大生らに機材を運ぶよう依頼していたという。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20141123-OYT1T50017.html


04. 2014年11月23日 18:28:05 : KmCDNFn4Xw
こういうところが、天木の甘いところ
最近、選挙モードで切れがあっただけに、ああやっぱり天木と言う感じで残念

こんなアホ記事無視するべきもの

田中なる人物も、怪しいだけのどうでもいい奴だ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK175掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK175掲示板  
次へ