★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK175 > 283.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
景気後退の責任は安倍内閣にあるが、「ネズミ講」は直接的にアベノミクスを指しているわけではない。
http://www.asyura2.com/14/senkyo175/msg/283.html
投稿者 あっしら 日時 2014 年 11 月 27 日 01:03:49: Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: 「アホノミクスは「ネズミ講(出資金詐欺)」と浜田宏一内閣参与が断言した。:兵頭正俊氏」 投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 11 月 27 日 00:09:05)


 それが非難や批判に値する言動であることは確かだが、「アホノミクスは「ネズミ講(出資金詐欺)」と浜田宏一内閣参与が断言した」というのはちょっと言い過ぎ。

 浜田氏が「ネズミ講」とあっさり言ってしまった対象は、財政支出拡大(維持)のための赤字国債累積であり、アベノミクスそのものではない。

 浜田氏は、マネタリズムに依拠して、アベノミクスの第一の矢である金融緩和政策が円安及びインフレを引き起こしたと認識しているが、12年秋に起きた円安基調への転換は金融緩和政策(アベノミクス)の“貢献”ではない。(アベノミクスそのものが13年4月に始まった政策)
 円安基調への転換は、欧州中央銀行の南欧諸国のものを含むユーロ建て国債の無制限買い取り表明により、ユーロ銀行危機が終息を迎えたことに起因する。

 緩やかなインフレへの動きも、円安傾向が始原であり、それに消費税税率アップがのしかかることでインフレに拍車がかかった。

 浜田氏は、「これまでの景気もたつきは4月の消費税率引き上げなどによるものとし、「アベノミクスは失敗していない」」と説明したという。
しかし、その説明は、言い逃れか間違いのいずれかである。
 景気低迷の一因は、円安傾向にともなう輸入物価上昇が家計可処分所得の実質的な目減りをもたらしたことにある。
 そうであるなら、浜田氏のように、円安やインフレがアベノミクス(金融緩和政策)の成果だと考えているのなら、景気のもたつきはアベノミクスの失敗によるものと説明しなければならい。

 さらに、浜田氏が景気後退の“真因”(私もそう思う)という今年4月の消費税増税も、路線は野田民主党+谷垣自民党(+公明党)が敷いたものとはいえ、実施の最終判断は安倍首相が行ったものであり、消費税増税が原因であっても、景気低迷の責任は安倍内閣に帰すことになる。


※ 関連投稿

「アベノミクスは失敗してない、増税延期は当然=浜田内閣官房参与:政府債務の累増は「ネズミ講システム」だと広言」
http://www.asyura2.com/14/senkyo175/msg/263.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年11月27日 06:16:13 : uznWHNaoTA
世界情勢がほっといても
円安基調に行くのにも関わらす
売国奴安倍が円のたたき売りに
猛然とアクセルをふかして
ソロスたちを大儲けさせた
と、言うことですね
その意味であるなら
おっしゃる指摘は鋭いと思います

02. 2014年11月27日 09:32:03 : YylixLkL5Y
いまある(とされる)国債残高1000兆円の金は永久に国民の元に帰ってくることはない。その意味ではネズミ講に間違いない。

03. 経済素人 2014年11月27日 09:58:11 : mdpno9q72hlWU : AxImlvQJQ2
金利と言うものが有る限り、カネに関する活動全てが「ねずみ講」なんじゃないですか?
金利分を返済する為に経済は成長し続けなければ成り立たないですよね?
まさに「ねずみ講」そのものですよねw

しかし、経済成長というのは無限に成長可能なんでしょうか?
否、国土も国土が元の資源も有限です。「ねずみ講」が成立する訳がありません・・・

つまり世界的に見れば現在の日本は大多数の人間が「ねずみ講」による損を受け始めている過程に入ってると思います。
「ねずみ講」の日本支部の親玉は官僚や官僚の言いなりにしか過ぎない自民党で、彼らの政策は、ねずみ講の損得の調整を加速させてる(=格差の拡大=ねずみ講の勝敗の明確化)だけに過ぎないのでしょう・・・

「ねずみ講」の損を受ける大多数は体を動かし汗水たらして働いている一般庶民でで、得を受けるのはシステムに乗っかっているだけの官僚や大企業です。


04. 2014年11月27日 15:26:44 : nJF6kGWndY

金融資本主義は、無限連鎖講(ネズミ講)と似たシステム構造を持っているから、極論として浜田は、そう言っただけだろう

つまり名目GDPは一定のインフレ率の下では、実質GDPがほとんど一定の持続可能経済の下でも無限に増加するから、

歳出がGDP比の一定以下であれば、税金の代わりに、国債と、その日銀引き受けによって財政を維持することも原理的には可能になる(実質的な資産課税になっている)。

この場合、インフレ率も一定に保つことができるし

ネズミ講と違って破綻することはない。


あと、どうでもいいが、アムウェイも実質的には無限連鎖構造をもつが合法だ

そして当然のことながら、国債の無限は出資金詐欺とは言えない

まあ、低知能な兵頭のような批評家には理解できない話だろう


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK175掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK175掲示板  
次へ