★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK175 > 418.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
11月29日(土) 「暴走解散」を逆手にとり、安倍首相に引導を渡そう(五十嵐仁の転成仁語)
http://www.asyura2.com/14/senkyo175/msg/418.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 11 月 30 日 00:05:05: igsppGRN/E9PQ
 

11月29日(土) 「暴走解散」を逆手にとり、安倍首相に引導を渡そう 
http://igajin.blog.so-net.ne.jp/2014-11-29
2014-11-29 14:41 五十嵐仁の転成仁語


〔下記の論攷は、『「見附九条の会」ニュース』No.58、2014年11月24日付、に掲載されたものです。〕
http://lite.blogos.com/article/100045/

 安倍首相は衆院の解散・総選挙を決断しました。大義なき「暴走解散」であり、解散権の乱用です。与党の議席は衆院の3分の2以上もあって任期は半分も残っています。それなのに解散するのは、「一強多弱」の巨大与党にとってはギャンブルであり、国民はもとより与党の議員にとっても納得のいかない「暴走」だと言えるでしょう。

 安倍首相がこのような賭けに出たのは、集団的自衛権の行使容認や沖縄米軍基地の辺野古移設に対する反対運動の矛先をかわし、「政治とカネ」の問題での疑惑を逃れ、失敗が明らかになってきたアベノミクスの責任を曖昧にしたいからです。そのために、支持率が急落しない今のうちに解散して長期政権の足場を固めたいと考えたにちがいありません。

 このような形で解散せざるを得なくなったのは、消費増税による「増税不況」やアベノミクスの失敗のためだけではありません。秘密保護法や集団的自衛権に反対する運動、脱原発を求め原発の再稼働に反対する運動、反TPP(環太平洋経済連携協定)運動などによって追い込まれたからでもあります。

 その意味では、むしろ私たちの運動によって勝ち取った解散・総選挙なのです。与党を敗北に追い込んで安倍首相に引導を渡す絶好のチャンスになります。憲法9条を守ることを大きな争点とする初めての国政選挙でもあり、「憲法を守れ」という運動と9条の会にとってはその真価が問われる選挙にもなるでしょう。

 このチャンスを生かして、安倍首相の狙う憲法9条の変質や改憲に対してきっぱりとした「ノー」を突きつけようではありませんか。アベノミクスによる格差の拡大や物価高をやめさせたいという人、消費税の再増税は困るという人、原発の再稼動には反対だという人は、自らの願いを一票に託しこぞって投票所に足を運びましょう。

 今こそ、主権者としての力を安倍首相に思い知らせようではありませんか。「亡国の政治」を拒み、平和で豊かな、民主的で自由な社会を守るために……。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年11月30日 03:17:06 : fn1jWOIv0w
ゾンビ自滅党党首こと安倍悪い晋三君に、せめてもの挽歌を送る。♪あなた馬鹿よね、おバカさんよね、余りにも、余りも身の程知らずに、出来もしない戯言と嘘をくっちゃべってェ、世界に阿呆さ加減と国民の血税をばら撒いているのよ♪続きは憤怒により、以下省略。自民党への企業献金、5年ぶり最高額。企業経営者と株主は我が世の春を謳歌。反面、多くの若者がブラック企業に搾取・翻弄される実態が、間接的に若者の政治的関心最低を招き、若者のボランティア数激減に帰着する。片や、庶民は生活防衛の為、節約。それに割を食っているのが、小売業の零細業者。昨日、この方(老齢事業者)の嘆きを聞きました。これらの嘆きと憤りをぶつける相手は?答えは、安倍晋三・阿呆太郎こと麻生等々の自公政治屋、財務官僚始め、官僚へ。若者よ憤怒の河を渡って、此奴らの悪行を根こそぎ打破すべきだ!君達の未来の為にだ。香港の若者の行政政府への怒り行動に学べ!そして、庶民は彼等を応援すべきだ!

02. 罵愚 2014年11月30日 06:33:06 : /bmsqcIot4voM : hFjIjkhzhj
 消費増税、是か非かではじまった解散総選挙だったが、安倍首相が延期を言い出した途端に民主をはじめ、増税派は全員、延期に転向してしまった。つまり、解散の大義はなかったのではなく、なくなってしまった。なくしてしまった原因は民主の心変わりだったといえる。
 しかし、安倍さんが隠している本心の部分には安全保障政策がある。もっと言えば憲法改正がある。戦後レジームからの脱却をおしすすめるために足元をかためる必要がある。野党はもちろん、党内の媚中・親韓派を黙らせるための解散・総選挙なのかもしれない。公明を足した議席数こそはおおきいとはいえ、その大部分は国家観や歴史認識では安倍さんとは相容れない“戦後保守”であり、本音の部分では戦後レジームそのものの“敗戦利得者”だといえる。
 55年体制の『保守・自民 Vs 革新・野党』の構図は野党の崩壊によって消えたとはいえ、自民内部の戦後レジーム派は、むしろ多数派が現実だ。とすると、消費増税延期はとってつけたイーワケで、ホントの理由は政権基盤を盤石にさせるための、反対意見を黙らせる目的の解散総選挙だといえる。
 知ってか知らずか…あるいは気づいてないのか、気づきながら気づかない素振りなのか、増税や集団自衛権を争点に仕立てあげる論争のなかで、そういう政策を選択する選挙ではなくて、ほんとうは政権を…安倍政権を信任するのか、否定するのかの選挙だろうと思うのだ。数年後になって、あれは政策選択ではなくて、政権を選択した選挙だったと気づかされる選挙になるだろうと予想するのだ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK175掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK175掲示板  
次へ