★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK176 > 333.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《総選挙 街頭最後の訴え》 生活の党 小沢一郎代表 街頭演説「必ず野党再編を成し遂げ、国民の政権をつくります!」
http://www.asyura2.com/14/senkyo176/msg/333.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 12 月 13 日 20:00:05: igsppGRN/E9PQ
 

雪が降る中、街頭演説する小沢代表=6日午後4時50分ごろ、北上市 :河北新報


【総選挙 街頭最後の訴え】生活の党 小沢一郎代表 街頭演説


2014/12/12 に公開
衆議院議員総選挙の投票日を翌日に控え選挙運動最終日に行われる生活の党 小沢一郎代表の街頭最後の訴え 2014/12/13(土)


小沢氏が31年ぶり地元遊説 熱を帯びる岩手4区
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20141207_3
2014/12/07 岩手日報


 衆院選岩手4区(定数1)で生活の党前職の小沢一郎候補(72)が6日、31年ぶりの本格遊説をスタートしたことで選挙戦が熱を帯びている。小沢候補は16カ所で街頭に立ち「皆さんのためにもうひと働きしたい」と異例の訴え。対する自民党前職の藤原崇候補(31)は街頭で「若者が地元に戻れるようにしたい」などと若い視点を強調して攻勢をかけ、共産党新人の高橋綱記候補(67)は丁寧に政策を訴えた。厳しい寒さの中、支持者も多く集まるなど、各陣営の総力戦はさらに過熱しそうだ。


 小沢候補は、奥州市江刺区大通りから2日間の遊説を開始。「厳しい戦いだ。皆さんの力添えでもう一度、この関門をくぐり抜け、政権交代を目指したい」。午後からは雪も降る中、コートを羽織らず、ビール箱の上からこう訴え続けた。


 同市江刺区、花巻市、北上市で計2千人余に対して演説。全員と笑顔で握手し、支持者から「父の代から応援している」などと激励を受けていた。遊説には民主党県連の高橋元幹事長も同行し、野党共闘を印象づけた。


 藤原候補は花巻市石鳥谷町から同大迫町、同東和町を遊説。同東和町では「地方の税を東京より安くして、若者が地元に戻れるようにしたい」などと10カ所で訴えた。地元密着などをアピールする演説に、各地で数十人の有権者が耳を傾けた。


 同市東和町では、小沢候補の選車とすれ違い、エールを送り合う場面も。地元の小田島峰雄県議(いわて県民クラブ)らが応援演説したほか、北上市で開かれた公明党演説会に出席するなど、自公や「反小沢候補」勢力の結集で臨んでいる。


 高橋候補は、花巻市内17カ所で街頭演説。降り続く雪の中、同市椚ノ目(くぬぎのめ)では「安倍政権は『アベノミクス』で大企業を優遇し、憲法解釈を強引に変えて戦争をする国づくりを進めている。こんな政権はもう終わりにしなければならない」と強く訴えた。


          ◇


大企業中心の政治から暮らし守る政治へ 小沢氏
http://economic.jp/?p=43645
2014年12月04日 08:54 エコノミックニュース


生活の党の小沢一郎代表は「かつての自民党は日本全国どこでもみんなが安心して、安定して暮らせるようにと、政治をやってきた。それが、小泉政権以来、特に、安倍内閣はそうじゃない。強いものが勝てばいい。弱いものは仕方ない。農山村、農林業は生産性が低い。みんなやめて、大企業にでもやらせればいい。そういうことでしょ」と痛烈に批判した。


 小沢代表は「そんなことしたら、農山村地域はみんな荒廃してしまう。誰もいなくなってしまう。そんな政治はやっぱり変えなくちゃいかんと思う」と遊説先での記者団の質問に答えた。


 小沢代表は新潟県を全国遊説の第一声地に選んだが、その理由は「日本人のこころのふるさと、日本人の原点は地方、農山村にあるとの思いから」と語った。


 小沢代表は(アベノミクスで)株はあがった。円安で物価も上がった。「一部の企業が史上空前の利益をあげた。一般国民は物価があがって、収入はどんどん減る一方」と指摘。


 今の政治について「小泉さん以来だけれども、安倍政権になり、より強くなった。要するに自由競争、市場原理。自由競争で勝ったものが生き残ればいい。競争力のある力の強い企業をどんどんどんどん大きくする。その企業が儲けたお金を国民に全部分配すればみんなも良くなるじゃないか。こういう話。小泉さんもそうだった」と提起。


 小沢代表は「皆さん、今回、円が安くなって、輸出を中心とした大企業は史上空前の儲けを出していますが、利益を出した金がみんなに回りましたか。全然みんなには回らずに、企業の懐に溜まっているだけじゃないですか。こういうのが政治だとしたら、それはもう政治は要らない。自由競争を放りっぱなしにして、強いものが勝ちさえすればいいというのだったら、まさに弱肉強食の世界じゃないですか」と安倍総理のこうした考え方自体、根本的にまちがっているのだと提起した。


 小沢代表は「強いもの中心、大企業中心の政治から、大多数の本当に日本の国を支えている大多数の国民皆さんの暮らしを守る。そういう政治に変えなくてはいけない」とそのスタンスに立つ生活の党への支持を訴えた。(編集担当:森高龍二)


          ◇


野党再編、そうしないと未来はない…小沢代表
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/news2/20141211-OYT1T50172.html
2014年12月11日 23時42分 読売新聞


 生活の党の小沢代表と社民党の福島瑞穂副党首は11日夜のBS日テレ「深層NEWS」で、衆院選の戦略を語った。


 小沢氏は、「衆院選は政権選択の機会だが、政権交代を訴えられないのは野党にとって不利だ」と指摘。その上で、野党再編について、「そうしないと日本の民主主義に未来はない」と必要性を訴えた。


 福島氏は、「憲法、平和を守ることができるのは社民党だ。安倍政権に全権委任する選挙にしてはいけない」と述べ、集団的自衛権行使を限定容認する閣議決定に反対の立場を強調した。


          ◇


衆院選あす投票日 各党首らが最後の訴え
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141213/n67511010000.html
12月13日 19時07分 NHK


安倍政権の経済政策・アベノミクスが最大の争点となった第47回衆議院選挙は、14日、投票日を迎えます。
12日間にわたる選挙戦の最終日の13日、各党の党首や候補者らは、週末でにぎわう繁華街や駅前など街頭で有権者に最後の訴えを続け、支持を呼びかけました。


【自民「景気回復の風届けていく」】自民党総裁の安倍総理大臣は甲府市で、「経済最優先で取り組み、『三本の矢』の政策、いわゆるアベノミクスを進めてきた。企業の生産性や競争力を強くして、収益力を上げ、もうける力を強くして雇用を増やし、賃金を上げていく。消費を拡大し、景気を回復させていく。そのことによって15年間苦しんだデフレから脱却し、経済を成長させて、皆さんの生活を豊かにしていく」と訴えました。そのうえで安倍総理大臣は「雇用も賃金も間違いなくよくなっている。地方創生をしっかりと進め、景気回復の暖かい風を、どの地域でも、中小・零細企業や小規模事業で汗を流している皆さんにお届けしていくことが、私たちの使命だ。きっちりとお届けしていく」と訴えました。


【民主「安倍政治に歯止めをかける」】民主党の海江田代表は東京・渋谷区で、「われわれは、『人への投資』ということを、ずっと主張してきた。この政策は民主党の政策の1丁目1番地であり、人を大切にする政治だ。安倍政権の政治には危ういものがあり、それに、しっかりと歯止めをかけていくためには、心底、不正を憎んで、心底、国民のために頑張ってくれる野党の政治家が必要だ。そうした民主党の議員を1人でも多く国会に送り込んで、国民の声を、しっかりと国会で代弁して、議論する国会にしていかなければならない」と訴えました。


【維新「岩盤規制砕く改革を」】維新の党の江田共同代表は横浜市で、「アベノミクスといっても、どんどん景気は悪くなっており、だまされてはならない。アベノミクスは、自民党の宿命とも言える公共事業のばらまきに堕してしまった。規制の岩盤をしっかりと砕いて、規制改革をして、農業やエネルギー、医療、福祉、子育てなど、日本の将来を切り開く産業に新しい血を入れていこう、新規参入をさせていこうと言える維新の党の議席を、ぜひ増やしてほしい」と訴えました。


【公明「軽減税率の実現を」】公明党の山口代表は名古屋市で、「2年前に政権を奪還し、経済再生、デフレ脱却の、アベノミクスの道を進めてきた。消費税率を10%に引き上げるときには、食料品などの生活必需品に軽減税率を適用する。軽減税率を導入すれば、誰でも軽減措置を実感できる。だから消費が落ちなくてすむし、景気が悪くならなくてすむ。軽減税率こそ、ぜひとも実現しなければならない」と訴えました。


【次世代「ツケ残さぬ政治を」】次世代の党の平沼党首は岡山県津山市で、「子や孫、子孫に責任を持たなければならない。福祉や農業、中小企業、安全保障の問題のどれ1つをとっても、のちの世代にツケが残るような仕組みになっている。そうではなくて、われわれに引き続く日本人が豊かで安心して暮らせる日本を、政治の場を作っていきたい」と訴えました。【共産「消費増税は中止を」】共産党の志位委員長は千葉県習志野市で、「消費税は所得の少ない人に重くのしかかり、消費を直接冷やす最悪の景気破壊税で、10%への引き上げは先送り実施ではなく、きっぱり中止すべきだ。期待の広がりを必ず議席の躍進に実らせたいと決意している」と訴えました。


【生活「安倍・自民党政治の是正を」】生活の党の小沢代表は岩手県花巻市で、「安倍・自民党政治の根本的な考え方の間違いを是正しないと、日本は格差が非常に大きい社会になってしまう。1日も早く、安倍政権を国民のために替えなければならない」と訴えました。


【社民「強権政治の転換を」】社民党の吉田党首は大分市で、「社民党は、平和、福祉、暮らしをいちばん大事にしながら政治を続けてきた。1議席でも自民党の議席を減らすことが、安倍強権政治を転換させることにつながる」と訴えました。


【改革「家庭に投資で景気回復」】新党改革の荒井代表は東京・中央区で、「家庭に投資して、家庭から景気の好循環を作る『家庭ノミクス』をアベノミクスに付け加え、日本の景気を本物の回復基調に持っていきたい」と訴えました。






 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年12月13日 20:30:04 : uBdRjn9YGY
小沢一郎氏、地元岩手で衆院選最後の遊説
2014年12月13日18時44分 日刊スポーツ

 生活の党の小沢一郎代表(72)は13日、衆院選最後の街頭演説を地元の岩手県奥州市水沢区で行った。幼少期を過ごした場所で、立候補する岩手4区では最も強い地盤を持つ。午後3時30分ごろに到着し、会場の百貨店前に約850人の支持者を集めた。

 「皆さんにここで約束します。もう1度、国政に送っていただいたならば、必ず野党再編を成し遂げ、国民の生活が第一の政権をつくります。私の最後の最後の大仕事。政権交代を実現したい。皆さまのさらなる力添えをお願いしたい」と訴え、拍手を浴びた。

 地元県議らが選挙カーの横に並び、赤の必勝ハチマキを頭に巻いて、小沢氏の演説に聞き入った。ハチマキを用意した70代女性は「赤は火の玉の決心の表れ。岩手4区の底力を見せてやる!」とマイクを通じて叫び、小沢氏と一緒に勝つぞコールを行った。

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20141213-1408689.html


02. 2014年12月13日 22:06:22 : BMxeq67UWc
> 午後からは雪も降る中、コートを羽織らず、ビール箱の上からこう訴え続けた。

小沢はビール箱を踏みつけながら演説をしたようだが、小沢が踏みつけたのはビール箱だけでは無く、日本国民も踏みつけた。

小沢民主党は「子ども手当」を創設し、韓国・北朝鮮に住む韓国・朝鮮人の子供にまで月に1万6千円の国民の血税を「国民の生活が第一」と称して支給した[1]。

小沢の言う「政権交代を目指したい」は、再び政権を取って、念願の外国人参政権を韓国・朝鮮人に与え、6兆円規模の「子ども手当」を再開し、韓国・北朝鮮に住む韓国・朝鮮人の子供にまで月に2万6千円の国民の血税を「国民の生活が第一」と称して支給することだろう。

[1] やはり子供手当は小沢一郎の発案か・産経・イザニュースより 2009/10/28
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/1293219/
「当時代表だった小沢一郎幹事長の判断ですよ」。こう明かすのは、民主党の小宮山洋子衆院議員だ。
 「全国遊説で、女性は子供や孫の話をすると目の色が変わるんだ。やっぱり『子ども手当』を参院選マニフェスト(政権公約)の目玉にしよう」。3年前の初夏、小沢氏は党本部の代表室を訪ねた小宮山氏に、こう語った。ただ、当時の案は月1万6000円でインパクトには欠けた。
 19年1月の通常国会の代表質問。小沢氏は突然、「6兆円規模の『子ども手当』を創設する」とぶち上げた。小沢氏から増額根拠は示されなかったが、子供数で割り戻すと支給額は1万円増の2万6000円となる。「中学卒業までの子供の生活費・教育費の平均額」。積算根拠は後から決められた。


03. 2014年12月13日 22:39:11 : cB6kjRrPMQ
衆院選、14日投開票=各党首、最後の訴え【14衆院選】

 第47回衆院選は14日、投開票される。安倍晋三首相(自民党総裁)の経済政策「アベノミクス」の是非や、この2年間の政権運営に対する評価が主な争点。295の小選挙区に959人、全国11ブロック、定数180の比例代表に232人(小選挙区との重複除く)の計1191人が立候補している。大勢は14日深夜に判明する見通しだ。

 選挙戦最終日の13日、各党党首はそれぞれ重点区を中心に遊説を重ねた。首相は山梨、長野両県を回った後、東京都のJR秋葉原駅前で最後の訴えに臨み、アベノミクスについて「企業の収益力を改善し、雇用を増やして賃金を上げ、消費を拡大して景気を回復させていく政策だ」とアピールした。

 公明党の山口那津男代表は愛知県や都内などで演説し、消費税率10%への引き上げに合わせた軽減税率導入を改めて主張。民主党について「社会保障や財政再建、低所得者対策に責任ある明確な方針を示せていない」と批判した。

 民主党の海江田万里代表は都内のJR渋谷駅前で「危うい安倍政権の政治にしっかり歯止めをかけるには、心底国民のため頑張る政治家を一人でも多く国会に送り込まなければならない」と力説。夜にはJR新宿駅前に移り、12日間にわたった選挙戦を締めくくった。

 維新の党の江田憲司共同代表は神奈川県と都内で遊説を展開。自民党圧勝の予測が出ていることに触れ「一党独裁の国会からは決して国民本位の政治は生まれない。慢心の政治を続けた自民党にこれ以上議席を与えないでいただきたい」と呼び掛けた。

 次世代の党の平沼赳夫党首は地元の岡山県津山市で、安倍政権に「是々非々」の姿勢で臨む党の立場を説明。共産党の志位和夫委員長は埼玉県川越市で「消費税に頼らなくても、社会保障をよくし、財政再建を進める別の道がある」と指摘した。

 生活の党の小沢一郎代表は地元の岩手県奥州市に入り、「地方ではアベノミクスの悪影響は深刻だ」と強調。社民党の吉田忠智党首は大分市で集団的自衛権行使への反対を表明し、新党改革の荒井広幸代表は東京・築地で景気回復を訴えた。

 衆院選の投票は一部地域を除き、午前7時から午後8時まで行われる。 

◇党派別立候補者数
     候補者 小選挙区  比例代表   (単独)  (重複)  公示前勢力
自 民  352  283   341    69   272    295
民 主  198  178   197    20   177     62
維 新   84   77    83     7    76     42
公 明   51    9    42    42     0     31
次世代   48   39    45     9    36     20
共 産  315  292    42    23    19      8
生 活   20   13    19     7    12      5
社 民   25   18    24     7    17      2
改 革    4    0     4     4     0      0
諸 派   49    5    44    44     0      0
無所属   45   45     −     −     −     14
欠 員    −    −     −     −     −      1
 計  1191  959   841   232   609    480

(注)今回から定数は 475。公示前勢力で、次世代に党籍がある群馬1区の無所属は次世代、自民に党籍がある福岡1区の無所属2人は自民に含めた。
(2014/12/13-20:44)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2014121300207


04. 2014年12月13日 22:46:19 : cB6kjRrPMQ
【衆院選2014】主要8党首「最後の訴え」要旨
2014.12.13 21:49

 衆院選は13日、選挙戦最終日を迎え、主要8党の党首は「最後の訴え」を行った。衆院が解散されたのは11月21日。各党は慌ただしく選挙戦に突入し、師走の短期決戦は幕を閉じた。各党の主張はどこまで浸透したのか−。14日に審判の時を迎える。

 自民党・安倍晋三総裁「2年前、政権を奪還しアベノミクスを前に進めてきた。雇用を増やし賃金を上げることができた。皆さんにこの景気回復のあたたかい風をお届けしていくことがこれからの私たちの使命だ。必ずそれを果たしていく。『円安で大変だ』という声には経済対策でちゃんと対応する。頑張ってみんなで汗を流せば、間違いなく日本は成長し、もっと豊かになれる」(東京都千代田区)

 民主党・海江田万里代表「選挙という炎の中をくぐりぬけ、大成をしていく。民主党はフェニックスになって、もう一回国民のみなさんの期待を受け止め、政権を奪取する政党にならないといけない。安倍晋三首相の経済政策、外交安保政策で国民の平和、国民生活の安定がおびやかされている。この道しかないといいながら、いつか来た道であってはいけない。今このときが流れをかえるときだ」(東京都新宿区)

 維新の党・江田憲司共同代表「一党独裁はどこかの国と同じで国民は幸せにならない。衆院で3分の2の勢力を与えれば憲法改正すら現実味になる。戦争への道を歩むかもしれない安倍・自民党に歯止めをかける勢力を作っていただきたい。国会議員の定数と給料の3割カットをやらせてほしい。橋下徹共同代表が大阪でやった身を切る改革を国会でもやってみたい」(東京都渋谷区)

 公明党・山口那津男代表「自民、公明両党の連立政権はこの2年間、確実に経済を再生させた。消費税を10%に引き上げる暁には、食料品などの生活必需品の消費税率を抑える軽減税率の実現を目指す。それには国民の後押しが必要だ。経済再生、デフレ脱却の道をさらに強く進める。物価を追い越せるよう賃金を上げる。難病支援など社会保障は優先順位を考えて進める」(東京都豊島区)

 次世代の党・平沼赳夫党首「次世代の党は決して反対だけの野党ではない。与党の言うことでも、いいことであれば賛成し、日本の国と国民のために役に立つよう頑張っていく。こういう決意だ。ただし、与党のやることで駄目なことは、あの郵政民営化と同じように断固反対をしていく。この基本姿勢は失わないつもりだ」(岡山県津山市)

 共産党・志位和夫委員長「北海道から沖縄まで全国を歩いてきたが、『今度は共産党』という期待の声が広まっている。消費増税を中止し、大企業応援からかじを切り替える。憲法9条を守り、原発再稼働と沖縄の新基地建設に反対する。安倍政権の暴走ストップ、日本の政治の5つの転換を訴えた。安倍政権に正面から対決し、対案を出しているのが日本共産党だ」(東京都新宿区)

 生活の党・小沢一郎代表「アベノミクスは国民の生活を苦しくさせる一方だ。日本は格差の大きいいびつな社会になってしまう。何としても安倍自民党政治を変えなければならない。この選挙で変えるのは事実上難しくなったが、もう一度国政に送っていただければ、必ず野党再編を成し遂げ、国民の生活が第一の政治を必ず作り上げる。最後の最後の大仕事を実現したい」(岩手県奥州市)

 社民党・吉田忠智党首「アベノミクスによる国民生活の破壊を許さず、格差拡大を是正して雇用と所得の安定を図る。集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回し、平和憲法を生かして平和を創造する。原発再稼働を許さず、再生可能エネルギーを促進して脱原発社会を実現する。TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に反対し、農林水産業を後押しして地方再建を図る」(大分県臼杵市)

http://www.sankei.com/politics/news/141213/plt1412130038-n1.html


05. 2014年12月13日 23:16:06 : m32pPON26c
◆生活の党

 小沢一郎代表は地元岩手4区で終日、街頭演説。最後は故郷の同県奥州市水沢区内で約10分間、野党再編で再び政権交代を実現させると訴えた。

 同市前沢区の農業、千田チヤさん(66)は「今の経済政策では大企業ばかり景気が良くて、農家は米価も下がって苦しい。国民一人一人が裕福になり、幸せにならないと。今の選挙はまるで人気投票。先を読む政治に期待する」と話した。【安藤いく子】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141213-00000074-mai-pol


06. 2014年12月14日 09:30:31 : 0OBDIOpadM

小沢さんは今回の選挙で、民主党・維新と野合連携して、国民から選挙の選択肢を奪いました。

反省どころか、さらなる再編とは、どこの党と連携するのでしょうか?

民意を集めるのは議員数ではありません。 小沢さんの政策に、社民・共産は絶対に応じないと思います。
   


07. 2014年12月14日 10:51:27 : lXGrF7OLvM
>>06. 2014年12月14日 09:30:31 : 0OBDIOpadM
>小沢さんは今回の選挙で、民主党・維新と野合連携して
>小沢さんの政策に、社民・共産は絶対に応じない

まあま、そう頑になりなさんな。小沢氏は民意を大切にする人だ。
政策論も政界の経時変化の中でのコメント的なものが多く、特異例としてカジノ法案などの可否が物議なんでしょ。
アベノミクスへの対抗手段として高所得層の持つお金が何らかの仕組みで再配分されることが必要なんでしょう。
その必要な資金の流れが直接税金によるものか、資産家の動向や国内経済の予測などで検討されるべきなんだろうと思います。
前政権では内需拡大の目的で国民にタンス預金を使わせようとする政策論もありましたが、お金を使う自由は金持ちにあることもあってか、失敗に終わっています。
第二の宝くじのように安易に考える問題でないことは当然ですが、一人一人国民が強い意志を持っているならば、あながちに悪法と言うことは今の段階では難しいでしょう。

格差拡大がアベノミクスの副作用として避けられない限り、何らかの再配分策が実行されるべき。


08. 2014年12月14日 11:00:03 : lXGrF7OLvM
それとですね

生活の党と維新の党との政策協調や連携は野合と言うべきでない性質のものです。

昨今の政界を見る限り、野合は民主党の代表選挙のときだけしか見当たりません。

代表を互選する選挙において選挙権がない人妻が野合参入して一夜にして大臣が先に決まった例の件。


09. 2014年12月14日 11:14:12 : k9SHCCbyyM
>・・・小沢一郎代表 街頭演説「必ず野党再編を成し遂げ、国民の政権をつくります!」

日暮れて道遠しでしょうが、その必ずを成し遂げ 且つ その政権の首相になって見せてください。


10. 2014年12月14日 11:33:13 : m32pPON26c
小沢氏、最終日も地元入り 票固めにフル回転
河北新報 12月14日(日)9時42分配信

 生活の党の小沢一郎代表(72)は13日、立候補している衆院選岩手4区に再び入り、花巻、北上、奥州3市で街頭演説した。6、7両日に続き、選挙期間中2度目の地元入り。比例東北自民党前議員の藤原崇候補(31)と横一線の競り合いとなっている情勢を踏まえ、最後の票固めに自らフル回転した。

 花巻市のショッピングセンター前では午後2時ごろ、支持者ら約450人(陣営発表)を前に演説。「安倍政権の経済政策は、国民の日常の暮らしを苦しくさせているだけ」と批判した。

 北上市の百貨店前でも約400人(同)を前に、声を張り上げた。

 最後の奥州市水沢区の商業施設前には、約700人(同)が詰め掛けた。小沢氏が「もう一働きさせていただきたい。最後の大仕事として、必ず野党勢力を結集して3度目の政権交代を実現する」と言葉に力を込めると、聴衆から拍手と歓声が沸いた。

 演説を聴いた花巻市の会社員男性(56)は「2度も地元に来るとは、かなり厳しいということだろう」と話した。

 自民党の藤原氏は北上市など全域で約50カ所の街頭演説をこなし、若さや世代交代を強調した。共産党新人の高橋綱記候補(67)も花巻市などで支持を訴えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141214-00010001-khks-pol


11. 2014年12月14日 13:08:34 : u41ShKyHb2
小沢氏は政治家になってからの理念と信念は何十年経ってもずっと変わらない、それを知ったのがわずか数年前でした。知れば知る程政治家として男として立派な人です。世界にも誇れる政治家とウォルフレン氏も言っていた。小沢氏は絶体日本にとって必要な政治家です。岩手県民の見極める眼を信じたい。

12. crites 2014年12月14日 23:14:07 : Lb4g7GWIhFnZM : CdfWUpSfwM
小沢は土俵際で残ったが、野党は壊滅した。

橋下は「民主党なら安倍の方がいい」などとほざいている。まあ究極の選択なのはわかるが。

岩手は小沢、黄川田、階だから、これで畑が比例復活すれば小沢王国みたいなものだろう。

新潟で森が比例復活するか。

それにしても議会制民主主義が一番わかってるのは沖縄県民だな。腐った本土におさらばして、独立しちまった方がいいのかもしれないよ(笑)。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK176掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK176掲示板  
次へ