★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK176 > 431.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
選挙特番 池上彰氏、安倍首相に容赦なし! 「改憲の野望を隠そうとはしない」〈dot.〉
http://www.asyura2.com/14/senkyo176/msg/431.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 12 月 15 日 11:00:05: igsppGRN/E9PQ
 

選挙特番 池上彰氏、安倍首相に容赦なし! 「改憲の野望を隠そうとはしない」〈dot.〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141215-00000008-sasahi-pol
dot. 12月15日(月)10時33分配信


 アベノミクスの成否を問う今回の総選挙。結果は自民党の圧勝だったが、選挙特番はそれをどう伝えたのだろうか。

 注目はテレビ東京の「池上彰の総選挙ライブ」(12月14日19時50分〜24時)。ジャーナリストの池上彰氏が各党の幹部クラスに鋭い質問を浴びせ、タブーに斬り込んでいく姿勢は他局にはなく、これまでも高い評価を得ている。今年はどうだったのか。

 番組はまず、投票が締め切られた20時に、出口調査から各党の当選者数を割り出した。その時点の予測では、自民党は303議席(実際は291)、民主党は69議席(同73)と、自民圧勝の予測をした。その直後、自民党・茂木敏充選対委員長と中継をつなぎ、早くも池上節が全開になった。

「東京1区で有名閣僚などが続々と応援に来て、(民主党代表の)海江田さんをつぶそうという戦術が見えたんですけど、なかなかえげつない戦い方するもんなんですねえ」

 民主党・福山哲郎政調会長には、「民主党、前回はあまりにも負けすぎた。今回もあまり増えそうもないですね」と、容赦なくその不甲斐なさを指摘する。「急な選挙だったので」との返答には、「野党はいつでも政権を狙えるよう準備すべきでは」。

 政治家としての資質を問うたのは、民主党の鈴木貴子氏に対して。横にはなぜか父・鈴木宗男氏(新党大地代表)の姿があった。

「一人前の政治家として親離れしていないのでは」とまずは、誰もが感じるところに切り込む。さらに、貴子氏への質問に対し、宗男氏が答えるや、「本当に父親譲り。本人が答えるところ、またお父さんが答えた」と容赦しなかった。

 同じように、次世代の党・平沼赳夫党首にも遠慮がない。石原慎太郎氏について、引退する人を候補者にするのは国民に失礼ではないかとの問いに、平沼氏はこう気色ばむ。

「だから(比例の)最下位にしたんだ。失礼ではない。男の美学だ」

 これに対し池上氏はこう疑問を呈した。
「日本の政治、選挙は政策とは違うところで動いているんですね」

 鈴木貴子氏は親子の情を前面に出し、石原氏は男の美学。日本の選挙は情に訴えるのが有利ということか。

 池上氏の選挙特番といえば、バスツアーで関係先をまわる恒例のコーナーがある。選挙活動中の自民党・小泉進次郎氏をコンビニで発見し直撃。まるで週刊誌取材の現場のようである。単独インタビューには応じないことで有名な小泉氏だが、店内で交渉するとOK。将来の総理候補と水を向けると、

「狙ってなれるものではないので……」

 という小泉氏だが、池上氏は「ということは、なれるものならなりたいと受け取りました」と突っ込んだ解釈をした。

 圧巻は安部晋三首相が登場したとき。舌鋒鋭く、こう本心を引き出していった。

――街でも「今回なんで選挙するのか分からない。関心がない」という声が多かった。低い投票率での勝利は、あまり自慢できないのでは。
「しっかりと信頼を獲得するように努力したい」

――今回の選挙で、集団的自衛権の解釈についてあまりおっしゃっていなかったが。
「そんなことありませんよ。これまでテレビの討論会で何回も議論した」

――これだけの議席を確保すると、安部総理の悲願である憲法改正が視野に入ってくると思うが、ご本人の手で成し遂げたい?
「国民的なご理解が必要です。国民投票で過半数の支持を得なければいけません。理解を深めるところから進めていきたい」

――憲法改正に向けて一歩一歩進んでいく、ということですね。
「そういうことですね」

 中継後、池上氏は安部首相の話を次ぎのようにまとめた。
「憲法改正の熱意、野望をまったく隠そうとされなかった」

 その後も、落選が決まった民主党の海江田万里代表に「代表でいられるのか」と迫り、同じく民主党の細野豪志氏にも「自民党に替わる政党がない。民主党の責任は大きいですよね」と、手を抜くことはなかった。

 今回の投票率は、前回の総選挙より7ポイント下がって52%あまりとなる見込みだ。衆院選としては戦後最低の数字だが、池上氏の突っ込みにもやや鋭さがなかったように感じられた。中継数が多く、収録済みの企画モノも盛り沢山で、各々の政治家と十分な対話ができなかったのが原因か。やや策に溺れてしまった感は否めない選挙特番だった。(ジャーナリスト・青柳雄介)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 日高見連邦共和国 2014年12月15日 11:05:13 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

お〜い、安倍よ、オマエの小泉Jr.も、岩手での演説会では、
『外交』『安全保障』『憲法問題』『基地問題』『エネルギー政策』『TPP』の主要懸案に対して、
一切、何も、全く、全然触れてねーじゃねーかっ!!

寝言は寝て言えっ!!!


02. 2014年12月15日 11:38:12 : QmyrjoZuIs
選挙に行かなかった有権者諸君!

君たちは自分で自分の首を絞めていることにきがつかないのか?
さらに言えば選挙に行った国民の首さえ絞めているということだ。
マスゴミ、ダマスゴミに洗脳されている過半数の日本人は、知恵遅れの安倍が日本を壊そうとしているのに気がつかない。
昨日のTVデモその低脳さがよくでていただろう。
嫌なことを聞かれるとイヤホーンを外して「聞こえない」イヤホーンを外せば聞こえないのは当たり前だ。
やはり幼稚園児と同じ。親の顔が見たいという言葉が「ピッタリ」だがこの人の親はどうだったんだろう?
まさかモンスターピアレンツではないだろうね!


03. 2014年12月15日 12:22:39 : x87Tth4XU2
マスゴミ発表のこの投票率は事実なのか?

各選挙区の投票所ごとの投票率を見てみたい。


04. 日高見連邦共和国 2014年12月15日 12:29:17 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>03

岩手全県で55%程度、我が奥州市では60%程度ですが、これでも先回灯4%程度源。

投票所各所を不定期に廻ったり、先回棄権した人にお話しを聞いたりした結果としては、
投票率が『先回より低い』なんてことは絶対に有り得ない!これが私の実感です。

昨日の奥州市付近の天候はとても穏やかで風も無く、望みうる限り最高の天気dしたもん。
(道路の雪は致し方なく、また北の方には夏油から北上に向けて雪雲が大きく張り出していましたが・・・)


05. 2014年12月15日 12:30:34 : KzvqvqZdMU
占領軍憲法の改憲は野望でも何でもない、国民の悲願だ。


[32削除理由]:削除人:アラシ
06. 日高見連邦共和国 2014年12月15日 12:31:02 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

04です。誤記訂正

×(誤): 岩手全県で55%程度、我が奥州市では60%程度ですが、これでも先回灯4%程度源。

○(正): 岩手全県で56%程度、我が奥州市では60%程度ですが、これでも先回比4%程度減。


07. 2014年12月15日 14:30:28 : QmyrjoZuIs
アメリカのジャパンハンドラーのマイケル・グリーンの言う通り
日本の総理は馬鹿にしかさせない」
またもその通りになった。

08. 2014年12月15日 18:35:00 : JzvYOOzGlo
池上はビートたけしのような世渡り上手だな。

09. 2014年12月15日 19:34:31 : EO8ytS4QYC
したり顔 見せて庶民の ガスを抜き

10. 2014年12月15日 21:58:46 : kEuN9MbJp2

≫05

「占領軍、、」云々と言っているが、
アレレ、
自民党はCAI資金で造られた政党じゃなかったっけ
だから、70年経っても沖縄を占領軍に提供しているではないか???
恥いよ、、


11. 2016年2月13日 15:10:13 : 7vAStvljiE : yt25uip2Gvg[35]
★タイトル : 放送法の公正の確保と選挙対策について(警戒すべきは池上彰 氏)

昨日(2月12日)放送の 池上彰 緊急スペシャル! を見ました。

夏の国政選挙を前に、明らかに反政府活動していると思われる内容でした。

一見すると(解説番組)のように思われがちですが、意見の割れているテーマであるにも関わらず池上氏による一方的な(軍備反対 ⇒ ナチスの侵略戦争反対 ⇒ 安倍政権反対 ⇒ 参院選で打倒)の構図が読み取れます。
経団連・防衛産業の防衛装備品(武器)輸出への歴史的解説はするものの、国際比較が説かれていないために日本が軍備増強に傾注し戦争に突き進んでいくかの如く池上氏は誘導していました。
出演されている芸能人の方々は、有名人である池上氏の解説にただ頷く(うなずく)ばかりです。このような番組進行風景を見せられたら、視聴者がどう思考傾斜していくかは明らかです。 
過去の池上氏による同様の解説番組では、偏向してはいないかのように僅かながらバランスを取ってはいました。 しかし、今回はバランスを失った左翼寄りと受け取れる構成内容でした。 

勿論 これが収録である以上、フジテレビは放送法を承知してのオンエアーであると思われます。 池上氏の思惑に 局は気づかないのでしょうか、何の疑問も感じなかったのでしょうか、それとも視聴率に囚われた事だったというのでしょうか。 まさか朝日・毎日新聞と同じ道を辿るとは思いたくありませんが。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK176掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK176掲示板  
次へ