★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK177 > 229.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国外務省から流出した2050年の国家戦略地図がネット上で話題に!台湾や朝鮮半島、日本までもが中国の領土に!
http://www.asyura2.com/14/senkyo177/msg/229.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 12 月 29 日 18:00:05: igsppGRN/E9PQ
 

中国外務省から流出した2050年の国家戦略地図がネット上で話題に!台湾や朝鮮半島、日本までもが中国の領土に!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4980.html
2014/12/29 Mon. 17:00:07 真実を探すブログ



*流出した戦略地図


中国外務省から流出したと言われている「2050年の国家戦略地図」がネット上で話題になっています。この地図は中国政府関係者らが作った物と見られ、台湾や朝鮮半島、インド、ベトナム、日本までもが中国の領土として記載されていました。
更にはインドネシアやオーストラリアも中国と同じ色になっており、アジア太平洋地域が全て中国の物となってしまっているのです!


ネット上では「誇大妄想」などと言われていますが、実はこの計画を示唆する言葉が中国の軍関係者から飛び出ています。数年前に米太平洋軍司令官(海軍大将)のキーティングは、議会証言で中国軍幹部からある「提案」を受けたことを明らかにしました。


それによると、2008年に中国軍幹部が「太平洋のハワイから東部を米国が、西部を中国が取るというのはどうか」という提案をアメリカ海軍大将に持ち掛けたとのことです。更にはこの2年前にも胡錦濤国家主席が軍会議で、「中国は海洋大国である」と宣言し、「海洋権益を擁護するために強力な海軍が必要だ」と述べました。


その後、中国は南シナ海に面した場所で続々と大型の軍艦が入港できる海軍基地の建設を開始しています。最近もベトナムの漁船と中国海軍がぶつかっていましたが、これもその計画の延長線上で発生した事です。


もちろん、中国内部も一枚岩ではなく、強硬な軍の拡大方針に反対している方も居ます。特に経済界の方は今の状態が壊れることを危惧しているようで、それがある種の歯止めになっている面もあるのです。
これからどのように動くかは分かりませんが、アメリカが徐々に弱体化していることを考えると、中国の拡大を阻止するのは難しいと言えます。
*日本は中国との経済的な結びつきを強化し、攻められ難い体制にするのがベスト。


☆中国2050年の戦略地図
URL http://blogs.yahoo.co.jp/give_me_your_opinion/7918816.html





☆東海省と日本民族自治区50年には日本占領統治!
URL http://www.excite.co.jp/News/society_g/20141229/Taishu_12804.html
引用:
中国外務省から流出したという『2050年の国家戦略』地図が、ネット上で話題になっている――。


驚くべきことに『国家戦略』地図によれば、台湾はおろか、朝鮮半島、そして日本までもが中国の領土になっているのだ。朝鮮半島は「朝鮮省」、日本は愛知・石川県以西を「東海省」、静岡・富山県以東を「日本自治区」という行政区分になっている。なお、「東海省」の「東海」は中国の東シナ海の呼称だ。


にわかには信じがたいが、これまでも中国といえば、チベットはじめ、ウイグル、モンゴルなどアジア地域を武力で実効支配。国名が示すように、中華思想「世界の中心」を体現し、手段を選ばず領土を拡大している。


その拡大は海洋にも及び、中国は第一列島線(日本列島、台湾、フィリピンを結ぶライン)の内側を国防の聖域として、海洋進出戦略を活発化させ、第二列島線(小笠原諸島、グアム・サイパン、ニューギニアを結ぶライン)までの制海権の確保を念頭に置いてきた。


「80年代には劉華清(りゅうかせい)・海軍総司令が『中国の経済、科学技術が発展すれば、海軍力もさらに大きくなる』と海軍の近代化を主張し、長期的計画も打ち出しました。


その計画とは、10年までに第一列島線内部の制海権を握って、東シナ海、南シナ海を中国の内海とし、20年までに第二列島線内部の西大西洋の制海権を確保。40年までには太平洋、インド洋において、米海軍と制海権を競い合うというものです」(永山英樹・台湾研究フォーラム会長)


そして、50年には全世界規模の海上権力を握るというのだから、壮大だ。
:引用終了


☆【都市伝説】中国が描く2050年の世界地図...これは怖い


☆2050年に日本は存在しているか....


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年12月29日 18:07:13 : F7yKtDAg8A
どこぞのラノベや架空戦記でつくったやつでねーの? 
同人とか「なろう系」とか

02. 2014年12月29日 18:12:15 : F7yKtDAg8A
永山英樹

略歴
埼玉県生まれ。法政大学法学部法律学科を卒業後、山西大学漢語班を修了する。2013年10月より、チャンネル桜の番組「台湾チャンネル 日台交流頻道」のキャスターを謝惠芝と共に務める。

主張・活動
台湾は日本の生命線、運命共同体であるとの見地から、日台関係の強化と正常化、台湾報道の正常化、台湾独立建国の支援、台湾の国連加盟への支援等を主張してい。
また、中国の覇権主義に反対するとして、ベトナムとの間で領土紛争の対象となっている西沙諸島のベトナムの領有権の主張、チベット、ウイグル、内モンゴルへの侵攻への抗議活動にも参加。2014年3月には、台湾で起こった台中間のサービス貿易協定への反対運動、台湾学生による立法院占拠を支持し、日本国内でも頑張れ日本!全国行動委員会を中心に反対運動を展開した。
頑張れ日本!全国行動委員会による尖閣諸島の領海内での集団漁業活動にも水島総、葛城奈海、長尾敬らと共に積極的に参加。その際に尖閣諸島領海での漁業活動を阻んだ水産庁、国土交通省への抗議活動も行い、水産庁が謝罪する結果となった。


って答えは既に出ていたか


03. 2014年12月29日 18:27:39 : 9TxERk7N6s
このような地図や図表の出所は日本の右翼からばかり。
右翼雑誌には毎月こんなことが書いてあるよ。

そういえば日本の雑誌は売れ行きがこの10年で半減したらしい。
もう先はないな。


04. 2014年12月29日 19:19:13 : UHfoBCqH5Q
ここまで行くかどうか別としても、中国は今の勢力を維持する為には今よりも
テリトリーを広げるしか選択肢がない。

>*日本は中国との経済的な結びつきを強化し、攻められ難い体制にするのがベスト。

10数年前、小泉が中国からの申し出を蹴って靖国神社に参拝し、この選択肢を潰した。
後のネット右翼である。


05. 佐助 2014年12月29日 19:36:26 : YZ1JBFFO77mpI : cLoPFxP7a2
中国経済と一党独裁政治体制の自壊は避けられない。
石油輸出国も、連邦国家は自壊し民族ごとに分割し、連邦制度は崩壊する。


元は中国解体とバブル作裂と、シーラカンス銀行のデフォルトの三つの危機に直面している。しかも2012年、ユーロ通貨バブルははじけ、ブラジル・中国・インドのバルブもはじけた。同時に、欧州各国の債券バブルが弾けた。

そして三年ごとに三段階で世界と各国の信用が縮小し、2016年前後には、株式市場・為替市場・銀行窓口の一時閉鎖が避けられなくなる。その世界経済の傷口が回復するのに、2025年までかかる。この世界信用縮小恐慌の渦中にあることを認識できない政治・経済学者は多い。

国家によって管理されているブラジル・中国・インドの住宅土地バルブは、認可権をもつ官僚と土地会社と投資会社により、汚職まみれの値上がりなんです。すなわち土地住宅バブルを、日本、米国、ブラジル・中国・インドは、十年ごとに弾きながら、世界信用恐慌を進行させてきたのです。

中国のバブルは、クルミの殼一個が百万に高騰、住宅土地バブル中心に、日本と米国と同じように破裂したーのに、2015年までは見えない。民衆が土地を強制収用した共産党を追放に成功したニユースが流れ、全国で汚職が摘発されてるが、これは経済暴動で政治暴動ではない。一党独裁支配から開放される自由革命の蜂起成功は2025年前後になる。

社会主義国家ソ連と中国は、二つの世界大戦によって誕生した。マルクスは、最初の社会主義国家は工業化の成熟した国から誕生すると予告していた。だが、農奴が75%以上占める工業の遅れた国で、貴族軍閥地主を追放し誕生した。そして、一党独裁支配制を採用したため、社会主義国家ソ連と中国は、革命から80 年目に自壊する。

ではナゼ中ソ社会主義国家は80 年目に自壊するのか?それは、三世代目になると、革命を直接経験しない世代が多数派となるためだ。彼らは、低生活水準での平等より、自由を求めるため自壊する。


80年ごとに大革新しないと自壊する
社会主義政治制度が、資本主義的経済を採用したとしても、80年後には、政治的自由を求めて民衆は蜂起し、自壊を避けることはできない。中国経済のバブルの崩壊は2015年には認識されるが、その十年後には一党独裁政治体制の自壊は避けられない。

しかも石油輸出国も、40 年目に政治的自由の要求に譲歩し、政治体制を維持するが、戦後80年目の節目には、民衆蜂起によって指導者層は分裂し、自壊することを避けるのは難しい。

国家権力は、40年ごとに、古いルールを破壊する思考行動の容認改革派と弾圧派に分裂し、改革に成功する。80年前の革命を直接体験した国民が少数派になると、低い平等より自由を求めると、国家は自壊し民族ごとに分割し、連邦制度は崩壊する。

どんな政治体制も経済体制も、個人と企業と国家レベルごとの利己的な行動と思考が不一致になり、矛盾が拡大分裂する。そのため、40年ごとに改革し、80年ごとに大革新が必要となる。

日本も大革新しないと三百年以上の長期政権も、40年ごとに改革され80年ごとに革新されたが、最後は停滞し自己崩壊する。

一党独裁下の国家・企業・個人が、利己的に防衛思考し行動する法則の作用から逃れることはできない。資本主義国家でも、官僚支配するビジネスに参加するにはコネと賄賂が絶対必要である。社会主義政治体制は官僚支配なので、どんな開放政策にも認可権がつきまとう。そのため、自由経済システムそのものも腐敗堕落が避けられない。


06. 2014年12月29日 19:45:59 : 1BVlp3dpkE
アメリカの従属国を色分けした地図もつくって〜


同じかもよ


アメリカが勝てば中国もアメリカ色になるし・・・

湯田金色でも同じやね


バカジャップのせいで日本は終わるのか・・・?


07. 2014年12月29日 19:48:29 : pgNC9hhTus

旧日本軍もアメリカの占領を検討して同じような地図を作成していたからなぁ・・・

軍人のやることはどこも似たようなもんだ。


08. 2014年12月29日 19:53:24 : Y7DCGUFcdQ
この記事内容よりも、赤かぶさん推奨の「真実を探すブログ」のスタンスが前々から気になるんだよね。
麻生の富士山視察の時も産経かい?と(麻生を攻撃するのに)失笑してしまうような報道歪曲やってたし。右や左じゃなくね。


09. 2014年12月29日 20:31:27 : XWBfmoKrOw

注釈なしで「中国外務省」と言ってる時点で、書いてるヤツは白痴かウソつきで、記事は日本の頭の悪い大きな子供向けだってわかれよ。> 「真実をなんとか」のブロガー

10. 2014年12月30日 15:00:02 : 38xqq7xWok
フランス語やロシア語やスペイン語を強制されることを思えば、中国語が一番マシだがな。
複合過去もなければ名詞の性別もない。
日本人が唯一、初級でも筆談できる外国語

11. 2014年12月30日 16:44:44 : C3lq0gpU9A

  中国と地続きの土地は中国アルネ。

  中国の海に繋がっている海も中国の海アルネ。

  中国の海に繋がっている土地も中国アルネ。

  中国から見える、月も星も太陽も中国のものアルネ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK177掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK177掲示板  
次へ