★阿修羅♪ > テスト30 > 424.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島燃料棒は津波後75分で溶融 炉心は10分間停電後に露出 爆発前1号機は蒸気粉塵で充満 大爆音の連続(EneNews)
http://www.asyura2.com/14/test30/msg/424.html
投稿者 ナルト大橋 日時 2014 年 8 月 19 日 00:03:00: YeIY2bStqQR0.
 

エネ・ニュース福島原発事故アーカイヴ


記事元


Gov’t Experts: Fukushima fuel rods were melting 75 minutes after tsunami; Reactor core not covered with water 10 minutes after power blackout — Worker: Before explosion, Unit 1 “filled with what looked like steam or dust… a series of large bangs… noise never heard before” (VIDEO)
政府専門家:福島の燃料棒は津波の後75分で溶融した;炉心は10分間の停電後に水で覆われていない −作業員:爆発する前に、1号機の「蒸気か粉塵のように見える物で充満していた...大きな爆音の連続...今までに聞いたことがない物音」(映像)


Published: August 16th, 2014 at 11:08 am ET By ENENews
公開:2014年8月16日、午前11:08  ET ENENewsによる


Kyodo News, Aug 14, 2014: Less than 12 hours after the quake-triggered tsunami [TEPCO] sought government approval for the unprecedented step of releasing radioactive steam [...] Prime Minister Naoto Kan, however, would soon become increasingly distrustful of TEPCO because of delays in starting the so-called venting operations, which were aimed at preventing damage to the reactor containment vessels [...]
共同通信、2014年8月14日:地震によって引き起こされた津波後12時間以内に[東京電力は]放射性蒸気を放出する前例のない手段に対し政府の承認を求めた [...]菅直人首相は、しかしながら、東京電力は、原子炉格納容器の損傷を防止することを目的とした、いわゆるベント作業開始の遅れのために、直ぐにますます不信になった[...]


Kan arrived at the plant shortly after 7 a.m. [on March 12.] But he had no idea at the time that fuel was already melting in the No. 1 reactor. [Plant chief Masao Yoshida said] workers would quickly need to manually operate the valves [...] [Shift supervisor Hideyoshi Endo] hung a radiation meter from his neck capable of measuring up to 1,000 millisieverts per hour [...]
[3月12日]午前 7時過ぎ直ぐに、菅は原発施設に到着した。しかし、彼は、燃料が原子炉1号機内ですでに溶融している時刻が分からなかった。 [吉田昌夫・原発所長が言った]作業員がすぐに手動でバルブを操作する必要があります[...][交替勤務管理責任者・遠藤秀吉]は、毎時千ミリシーベルト(毎時1シーベルト)まで測定可能な放射線測定器を彼の首からぶら下げた[...]


Endo’s team was tasked [...] to open the valve [...] As he lit up the inside of the building with a flashlight, he saw it was filled with what looked like steam or dust. [They went] to a room housing a doughnut-shaped suppression chamber at the bottom of the reactor’s containment vessel. They heard a series of large bangs in the dark — a type of noise Endo had never heard before. [...]
遠藤のチームはバルブを開く任務を課された[...]彼は懐中電灯を持ち建物の内部をライトアップした[...]彼はそれが水蒸気や粉塵のように見えるもので充填しているのを見た。原子炉格納容器底部にあるドーナツ型抑制室の収納部屋に[彼らは行った]。彼らは暗闇の中で大規模な爆音の連続を聞いた−遠藤が今までに聞いたことがないタイプの物音。[...]


When Endo was some 30 meters away from the valve, however, he saw the radiation meter reading surpass 1,000 millisieverts [...] Endo no longer had a way of knowing how high the radiation level was. Endo only needed a few seconds to decide to return. [...] When the two returned to the main control room, all eyes turned to them. “It failed. The radiation meter scaled out,” reported Endo.
遠藤はバルブから約30メートル離れていたとき、しかしながら、彼は放射線測定器の読みが千ミリシーベルト(1シーベルト)を超えるのを見た[...]遠藤はもはや、放射線レベルが如何に高いかを知る方法がなかった。遠藤はひき返すことを決めるのに数秒しか必要としなかった。 [...]2人は中央制御室に戻ると、全ての目は彼らに向いた。 「失敗した。放射線測定器はスケールアウトした。」と遠藤は報告した。


IRSN (France), International Workshop (pdf): Major events and their consequences — The core melt of Unit 1 started at 17h00 on March 11* [...] Most of the meteorological stations of the AMeDAS system and the SPEEDI, dose rate, measurement stations were out of use [...] The only station which was able to detect the radioactive plume from Unit 1, was the one located in Minami Soma approximately 25 kilometres north [...]
(フランス)放射線防護原子力安全研究所IRSN国際ワークショップ(PDFファイル):主要な事故とその結論−1号機の炉心は3月11日17時*から溶融が始まった [...]アメダスシステム測候所の殆どと、SPEEDI、線量率を測定するステーションは、(地震による損壊・停電のため?)使用不能だった[...]1号機からの放射性プルームを検出することができた唯一のステーションは、南相馬の約25キロ北に位置する一つであった[...]


*M9.0 quake struck at 14h46; 14-meter tsunami inundated Fukushima Daiichi at 15h46 -Source
* マグニチュード9.0の地震が14時46分に起きた。 14メートルの津波が15時46分に福島第一を浸水させた−情報源


NKS Fukushima Seminar 2013 by Wiktor Frid, research leader in reactor technology at Sweden’s Royal Institute of Technology (pdf):
スウェーデンの王立技術研究所における原子炉技術の研究リーダー、ウィクター・フリードによるNKS福島セミナー2013年(PDFファイル):



The first release may come relatively early (the times stated below apply to Station Blackout scenario for Swedish reactors and are approximate)
最初の放出は比較的早く来たかもしれない(以下に記載された時間は、スウェーデンの原子炉用のステーション・ブラックアウトのシナリオに適用されており、ほぼ正確です)


Core uncovery – 10 minutes
Core melt begins – 40 minutes
Reactor vessel melt-through – 4 to 5 hours [...]
炉心露出−10分
炉心溶融が始まる−40分
原子炉容器溶融貫通−4〜5時間[...]


Early, unfiltered large release cannot be excluded, for example in connection with vessel melt-through [...]
Severe accident early containment threats — Containment failure in the early phase of an accident, e.g. in connection with reactor vessel melt-through, could result in large radioactive releases to the environment.
初期の、フィルターを介さない大規模な放出が、排除されることはできない、例えば、配管に関連したメルトスルー [...] 過酷事故は早期に格納容器を脅かす−事故の初期段階での格納容器機能不全など、原子炉容器のメルトスルーに関連した、環境への大規模な放射能放出につながる可能性があります。


Watch Frid’s presentation here
ここでフリードのプレゼンテーションを見る


See also: Japan ex-Prime Minister: Fukushima reactor melted down 4 hours after quake (VIDEO)
参照:日本の元首相:福島原子炉は地震の4時間後にメルトダウンした(映像)


And: IAEA told in March that No. 1 reactor core started melting about 50 minutes after cooling stopped — Was melted pile of fuel within 3.5 hours
そして:IAEAは1号炉の炉心は冷却停止した後、約50分で溶融し始めたことを3月に語った−3.5時間内に大量の燃料は溶融した
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > テスト30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
テスト30掲示板  
次へ