★阿修羅♪ > 戦争b13 > 516.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ロシアと親露派が内ゲバか 親露派幹部がサイトに「プーチンに見捨てられた」(ZAKZAK)
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/516.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 7 月 24 日 17:01:05: igsppGRN/E9PQ
 

            プーチン大統領と親ロシア派の関係に亀裂が生じているのか(AP)


ロシアと親露派が内ゲバか 親露派幹部がサイトに「プーチンに見捨てられた」
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140724/frn1407241530006-n1.htm
2014.07.24 夕刊フジ


 ウクライナ東部でのマレーシア航空機撃墜をめぐり、ロシアのプーチン大統領と、親露派武装勢力の間に不協和音が漂い始めた。これまで親露派勢力は地対空ミサイル「BUK(SA11)」の保有を否定していたが、司令官の1人が保有を認めたうえ、幹部によるプーチン氏への恨み節まで発覚したのだ。新たにウクライナ空軍の戦闘機2機の撃墜も報じられるなど、親露派勢力が暴走する可能性もあるのか。

 BUKの保有を証言したのは、親露派勢力のホダコフスキー司令官。詳しい入手経路や誰が発射したのかは不明だが、同型ミサイルが撃墜現場の西約10キロの地点に配備予定だったといい、撃墜後に「証拠をなくすために送り返されたのだろう」と述べた。ロイター通信が23日、報じた。

 ロシア国防省幹部は記者会見で、撃墜事件にはウクライナ軍が関与していたとの見方を主張。BUKを含め、いかなる武器も親露派勢力に供与していないと説明してきたが、司令官の証言はこれと180度異なる。

 さらに、親露派勢力幹部が、大規模な軍事介入に踏み切らないプーチン氏への「恨み節」を交流サイトに公開していたことも分かった。

 ウクライナからの独立を宣言した「ドネツク人民共和国」最高会議前議長のデニス・プシーリン氏で「われわれは期待を抱かされ、見捨てられた。プーチンは美しい言葉でロシア人を守ると言ったが、言葉だけだった」と批判していた。

 書き込みは今月初めで、マレーシア機撃墜の前とみられるが、プーチン氏と親露派勢力が、微妙な関係であることがうかがえる。

 ロシアは、ウクライナで親欧米派が実権を握った2月の政変以降、親露派勢力をたきつけてきたが、ジレンマに立たされている。同勢力に、ロシア民族主義者や軍隊上がりの傭兵、ごろつきなどが加わり、クレムリンの思惑通りには動かなくなっていたからだ。

 プーチン氏は22日、「わが国は(親露派勢力に)影響力を行使するよう求められている。できることは全てやろう」と語ったが、距離を置こうとしているのか。

 こうしたなか、インタファクス通信は23日、ウクライナ国防省筋の話として、東部地域で同国空軍の戦闘機2機が親露派勢力の攻撃により撃墜されたと伝えた。情勢は混沌としてきた。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年7月24日 18:04:23 : nJF6kGWndY

情報量0だな


02. 2014年7月24日 18:53:51 : kv5uZdd6pQ
ネトウヨが匿名で師団長になってもいいって発言できるネット空間での発言を真に受ける。
紙の上でも●ケイ新聞のようなのもあるのに。
馬鹿みたい

03. 2014年7月24日 20:35:10 : IDAuiPISIs
また、GAKGAKかぁ。

04. 2014年7月25日 08:52:36 : W2Wsp2FsuQ
プーチンに踊らされた顛末ですね
所詮はクルミアへのフォーカスをずらすための道具
もう用済みなんでしょ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b13掲示板  
次へ