★阿修羅♪ > 戦争b13 > 526.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
マレーシア機墜落現場に落ちていた部品は、ボーイング777のものではなかった!(wantonのブログ)
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/526.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 7 月 25 日 13:07:05: igsppGRN/E9PQ
 

マレーシア機墜落現場に落ちていた部品は、ボーイング777のものではなかった!


※一部の画像のアップができませんでしたので↓でご覧ください。
http://ameblo.jp/64152966/entry-11899200968.html
2014-07-24 20:28:23 wantonのブログ


宇宙への旅立ちさんのサイトより
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2014/07/777.html


動画:
http://www.youtube.com/watch?list=UUcxuMAdyYxasi9XuTsxfH4Q&v=yFWfO2-1YJA



↓こちらがウクライナの親ロシア派の
地区ドネツクに落ちていた墜落した
マレーシア機ボーイング777の残骸の
エンジン。
よ〜く見てくださいよ。
置いてある切花と比べて、どれくらいの
大きさか覚えておいてくださいよ。



↓こちらがボーイング777のエンジンの写真。
大きさが全然違うでしょ?エンジンの下で
働いている人と比べてみてくださいよ。
まあ、1万メートル上空から飛行機が
墜落爆破炎上しても、機内のウイスキーは
割れないと考えている人にとっては、
違いは分からないかもしれませんが…(笑)。





↑ボーイング777って巨大なジャンボジェット
ですね〜。この写真を見てみれば、墜落現場
に落ちている部品って小さすぎると思います
よね。


↓下の写真の墜落現場に落ちている胴体部分
の一部を見てみると、巨大なボーイング777の
胴体の一部にしては小さすぎると思いません?


http://1.bp.blogspot.com/-oJoNgXUoEXM/U8y0n1ZnYaI/AAAAAAAAKRo/ERh9K1gvyqo/s1600/7.PNG


あと上のビデオの作成者のブログで興味深い写真見つけました。犠牲者の遺体役をしていたクライシス・アクターらの写真があります。


http://www.tatoott1009.com/2014/07/20/mh17-plane-engines-completely-the-wrong-size-comparison-pictures-reveal-the-truth-your-opinion-please/


下の写真に写っている人々は警察や航空関係者には見えませんけどね〜。一体何をやっているんでしょうかね?赤い矢印の女性。見覚えありませんか?タンクトップにちかい感じの洋服にジーンズ。変な白いバッグなども持っていますよね。着替えの洋服でも入っているのでしょうかね?調査の人じゃない事は確かですね。この女性、ほら、犠牲者の遺体役をしていたクライシス・アクターのひとりですよ。




↓ほら、この腕を上げて指を広げている女!同一人物に間違いないですね。



彼女の手の指の開き方に注目!上の写真と下の写真の彼女の指の開き方が微妙に違うのにお気づきですか?



↓そして、このスキンヘッドの男。上の女の隣で遺体役をしていたクライシス・アクターですよ。もう一度、上の写真を見てみてください。同一人物に間違いありませんね。


http://3.bp.blogspot.com/-J9sCOYKAyXo/U8yS51QpCaI/AAAAAAAAKQ4/AtWez0sNVIA/s1600/2.PNG



http://3.bp.blogspot.com/-RBNBAs6hV04/U8yVJlWH2tI/AAAAAAAAKRQ/EGNSeAX7P_I/s1600/5.PNG


↓どうやら、このスキンヘッドの男、カメラをたくさん持ち歩いている白髪男とコミュニケーションをとっている様ですね。きっと、このカメラをたくさん持ち歩いている白髪男が監督で、この監督に、一体どこで死体の振りをしたらいいのか、聞いているところなんでしょうね。


http://4.bp.blogspot.com/-_wJbMd-JgMw/U8yV9iaV60I/AAAAAAAAKRY/sOkJTa8DxRw/s1600/6.PNG


<引用終わり>
*****************************


大摩邇(おおまに)さんのサイトより


写真が明かす・・・MH17はMH370だった
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1860881.html



7月22日付け:Breaking: Photos PROVE Crashed Malaysian Jet was MH-370!



上の写真はウクライナで撃墜された航空機(MH17 )の破片の写真です。
機体の右サイドに描かれたマレーシア国旗を注意深くご覧ください。
国旗の端(赤と白の縞模様の先端)が白い金属板で塞がれた窓の上
まで来ているのが分かりますね。
そこには窓がありません。
では、下(2番目)の写真をご覧ください。 本物のMH17とMH370の機体
の写真です。(MH370 は消えたマレーシア航空機)
MH17の機体の写真を見ると、国旗の先端が窓の端とぴったり合っています。
しかしMH370の機体は、国旗の端が白い金属板で塞がれた窓の上まで
来ています。

従って、最初の写真が証明する通り、ウクライナで撃墜された航空機は
MH17ではなく、消えたマレーシア航空機MH370が使われたということです。
今回撃墜された航空機が消えたマレーシア航空機であることを示す証拠
が他にもあります。
スチュー・ウェブ氏は米諜報機関の高官らと常に接触をしていますが、
そのうちの1人が、「ハイジャックされたマレーシア航空機(MH370)は
ディエゴガルシアに着陸したが、その後、ウクライナに飛び立った。
その目的はウクライナで偽旗事件を起こし戦争を勃発させるためだった。」
とウェブ氏に伝えたのです。
ウェブ氏は7月21日にベテランズトゥデーのラジオ番組に出演し、
この情報を伝えました。

ウェブ氏の情報と撃墜された航空機の破片の写真は、今回の事件に
MH370が使われたことを示す動かぬ証拠なのです。
さらに、冷凍保存されていた多くの死体を解凍してこの航空機に
運んだとの情報も入手しました。
彼らは、実際に乗客が乗っていたことにするために、
解凍した死体を航空機に運び入れたのでしょう。

明らかにマレーシア政府のトップもこの邪悪な偽旗事件に関与して
いることが分かります。MH17に搭乗したことになっている乗客の
DNAと現場で発見された遺体のDNAが一致するかどうかを確認
するDNA鑑定の結果は一切伝えられることはないでしょう。
さらに、主要メディアが公開した写真(MH17に搭乗したとされる
乗客が撮影した航空機の写真)がねつ造だということも分かります。
なぜなら、その写真に写っていた航空機に表示されていた記号が
MH17のそれとは異なっていたからです。詳細は以下のサイトから。。


http://www.veteranstoday.com/2014/07/20/wrong-aircraft-identified-as-malaysia-flt-mh-17-fuels-doubts/
(概要)
マレーシア航空機撃墜事件で使われた航空機はMH17?或いはMH370 ?
by ハロルド・セイブ氏
撃墜された航空機の破片の写真で、機体の右サイド(尾翼)に表示
された記号は、実際のMH17に表示された記号と同じ9M‐MRDです。
現場に落ちていた機体の破片にもMRDという記号が表示されていますが、
それは。。。撃墜された航空機がMH370であることを隠すために、
MH17と同じ記号に塗り替えられた可能性があります。

これらの証拠写真から、撃墜された航空機はMH17ではなかったと
いうことが明らかになりました。
現場に落ちていた機体の破片を見ても、窓の形が実際の
ボーイング777−200とは違うことが分かります。
機体の破片に描かれた国旗の位置を見ても、ウクライナで撃墜された
のは消えたマレーシア航空機(MH370)であることが分かります。
消えたマレーシア航空機の真相が今回の事件で明らかになるでしょう。



by グレン
以下の2枚の重要な証拠写真をご覧ください。
最初の写真は現場に落ちていた機体の破片の写真です。
国旗の先端が白い金属板でふさがれた窓の上に来ています。
しかし2番目の写真で、国旗の先端の位置はMH370のそれと全く
同じであることが分かります。
この情報を世界中に拡散し、第三次世界大戦を阻止しましょう。




管理人


なかなか面白いと思い、2つの記事を同時に掲載しました。
どちらかが、間違いという事になりそうです。
或いは、2つともって場合も考えておくべきかもしれません。
この事件に関しては、様々な撹乱情報が飛び交っています。
判断を下すのは、慎重にすべきだと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


♡風谷奈緒( ˘ ³˘). ・*♡ さんのツイートより
https://twitter.com/nao_windyvalley/status/490679461008785408

反ロシア勢力工作員の痛いミス
♡ 『ウクライナ政府は「この事件の背後にはロシアがいる。
ロシアが提供したミサイルを使って親露派勢力が航空機を撃墜した。」
とYoutubeを介して断言していますが、
このビデオの作成日は7月16日なのです』
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51933616.html


マレーシア航空の17便(ボーイング777型機)が、ウクライナ
東部で、現地時間7月17日午後4時15分に消息を断った。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年7月25日 14:39:23 : CQ9n15woH2
エンジンについては前方の吸入ファンが飛んで後方のタービン部だけになっているため大きさ的にはあんなもんだろう。
死体役をしているという女についてはそうかもしれない。しかし決定的ではない。
窓の有無でmh17とmh370を見分ける話については、窓の蓋は着脱可能なので、蓋をした9m-mrdの写真も存在し、これも決定的材料にならない。
現場で拾われた航空チケットの日付が18日でおかしいという話、あれはMH17便のチケットではなくクアラルンプールで乗り換えるバリ行き接続便のチケットだから何もおかしなことはない。

02. 2014年7月25日 15:08:48 : nJF6kGWndY

911同様、こういうのが増えそうだなw

03. 2014年7月25日 17:02:44 : d1INYqu1to

>↓こちらがウクライナの親ロシア派の地区ドネツクに落ちていた墜落したマレーシア機ボーイング777の残骸のエンジン。

ファンがなくなってるだけだ。これは「圧縮機・燃焼室・タービン」の部分。

The GE90 Engine
( http://www.geaviation.com/commercial/engines/ge90/ )


04. 2014年7月25日 17:30:39 : DSALTJYvkw
墜落現場遺体写真

https://pbs.twimg.com/media/BswqcxCCUAMnS7T.jpg:large?.jpg

https://pbs.twimg.com/media/Bswkx0XCMAAOGF9.jpg:large?jpg

https://pbs.twimg.com/media/BswsP97CMAAOimx.jpg:orig?jpg

http://i.imgur.com/ntybfuV.jpg


05. taked4700 2014年7月25日 18:06:38 : 9XFNe/BiX575U : nQjbmGv3cc
>>04

https://pbs.twimg.com/media/BswqcxCCUAMnS7T.jpg:large?.jpg
座席についたままの多分女性の全身の遺体。普通は、シートベルトのところで人体が切断され、頭部なども激突時の衝撃で分離すると言われている。


https://pbs.twimg.com/media/Bswkx0XCMAAOGF9.jpg:large?jpg
多分男の全身遺体。座席シートらしきものが偉体のすぐそばにあるがシートベルトをしていなかったのであれば、遺体とシートがほぼ同一場所にあることは不自然。更に、地面に衝突したときの衝撃で全身はばらばらになるのが普通。

https://pbs.twimg.com/media/BswsP97CMAAOimx.jpg:orig?jpg
焼け跡なので、人体の様子がよく分からないが、手足が残っている遺体が大部分である様子で、その意味で不自然。その他にも、多分、1万メートルから墜落したのであれば、もっと遺体などが広い範囲に散乱すると思う。

http://i.imgur.com/ntybfuV.jpg
座席にシートベルトで固定されたままの多分女性の全身遺体。女性は骨格が弱いので、普通は地面へ激突するときに体が分離してしまうはず。また、短時間でかなり腐敗が進んでいる様子で、こんなに遺体が傷んでいること自体が不自然だと思う。


06. taked4700 2014年7月25日 18:16:52 : 9XFNe/BiX575U : nQjbmGv3cc
05です。


https://pbs.twimg.com/media/Bswkx0XCMAAOGF9.jpg:large?jpg
多分男の全身遺体。座席シートらしきものが偉体のすぐそばにあるがシートベルトをしていなかったのであれば、遺体とシートがほぼ同一場所にあることは不自然。更に、地面に衝突したときの衝撃で全身はばらばらになるのが普通。

としましたが、シートベルトらしきものが腰のあたりに見えます。シートベルトをやっていたのかもしれません。しかし、こんなにシートベルトが伸びるか疑問です。更に、普通はシートベルトを外しているのではないかと思います。飛行機は普通に巡航高度を飛んでいたわけですから。


07. 2014年7月25日 22:44:34 : cRee7HBph2
是が非でも世界大戦を起こしたい勢力がこの地球上に居ることは確かだねーーー。

08. 2014年7月26日 15:42:03 : SuQ0hENY4U
MH17(9M-MRD)の写真。
http://goo.gl/xl3LUr

MH370と同じくフラッグの下に窓はないけどなぁ・・・
ハロルド・セイブさんとやらの主張の根拠って?


09. 2014年7月26日 16:00:25 : SuQ0hENY4U
GEエンジン
現場のは、ファンがなくなったものですね。

http://www.snecma.com/-ge90-.html?lang=en


10. おじゃま一郎 2014年7月26日 19:26:31 : Oo1MUxFRAsqXk : o7lIzKMuO5
MH17とMH370は、機種が同じであるが、乗客は
まったく異なる。それからみても両事故に何の関連性もない。


11. 2014年7月26日 23:11:01 : JfZRUAmwrI
911のときは、戦闘機に撃墜された旅客機、枯れ野原に人間の遺体どころか
ただ黒焦げの輪郭を残していただけだったな、まああれもやり過ぎだった。
旅客機攻撃受けたペンタゴンも、羽の直線部は突っ込むまえに外れるシステム
だったらしくて、丸い爆破穴だけだったのも、子供だましのやり過ぎだった。
とにかく、新国際金融システムを立ち上げたBRICSへの攻撃、非難と、
天然ガスや石油のエネルギー資源強奪が目当ての、NATOシオニスト側の
自演航空機テロ、に911で騙された世界市民は騙されなかった。

12. 2014年7月27日 01:21:48 : uzqjn2GrDo
マレーシア機は1万メートル上空で撃墜されるどころか、炎も煙も上げずに墜落

https://www.youtube.com/watch?v=8wR7TUYP-xE&list=RD8wR7TUYP-xE#t=0


13. 2014年7月27日 04:05:26 : d1INYqu1to

>>12

これ、カブールの飛行機墜落事故なんですけど...


14. 2014年7月27日 07:29:55 : JFBcDRs0dM

旅客機が墜落してバラバラになったのに生存者が五体満足だったという件ですね。

そこに生存者が写ってないのが自然なんだろうが、ドッキリなしのヤラセとは笑わせる。

どこの国の馬鹿ウヨもやること言うことが間抜けな低脳と決まってるらしい。


15. 2014年7月27日 08:32:00 : sx9VGfIP7k

 拡散、拡散、覚醒、覚醒

[32削除理由]:無意味
16. 2014年7月27日 09:02:03 : WwPDCnZveE
「MH17便事件を一斉にロシア側の犯行と決めつける日本メディア」「意図的な小保方さん攻撃を継続するNHKなど」

日本のメディアは徹底してユダヤ裏社会の思惑に沿った報道を強行している。

これはどういうことか?ユダヤ裏社会にはもはやメディアしか対抗する術がないのだ。メディアの中核に座る飼い犬どもを叱咤し訓導してユダヤ裏社会に迎合した報道に徹底させる。

だが、そういった手口が情報を受け取る側の大衆に「違和感」を持たせる。日々の異様な報道が、「報道は信用できない。恣意的だ。不公平だ。」と大衆に感じさせる。

日本のメディアは、たった100万の金融ユダヤ人に迎合して70億人の人類を欺き誤誘導している。つまり、敵側の謀略組織である。こんなことが長続きするはずがないし、逆効果が発生して当たり前である。

メディアに配置されたユダヤの犬どもも必死である。ユダヤの犬を任じることによって、各企業組織で支配者の地位を与えられ君臨してきた。報酬や役得も与えられてきた。だが、ユダヤの犬どもの跳梁跋扈を快く思っていない幹部たちは今息を潜めている。

ユダヤの犬どもの失権の兆しが見えれば、彼らは一斉に動き出す。今までの恨みを晴らす。犬どもも、ユダヤ権力の失墜が近いことは知っている。ユダヤが倒れれば、犬も斃れる。だから必死にインチキ記事を発信しまくっている。

メディアの自殺。まさにそれが進行中である。大変喜ばしい。

朝の渋茶がことのほかうまい。


17. 2014年7月27日 17:01:20 : d1INYqu1to

ロシア国防省のデータ
( http://itar-tass.com/infographics/7882 )

の中段左側を日本語に直すと
 
 
 
時刻
MSK  2014年7月14日
------------------------------------------------------
17.17 ボーイング777を探知した
   MH17便
   アムステルダム ― クアラルンプール
   高さ 10100m
   速さ 900km/h
17.19 未確認物体を探知した
   (恐らく ― 攻撃機Su-25、3505番*を割り当てた)
   高さ         10000m
   速さ         400km/h
   ボーイングからの移動 3〜5km
17.20 一定の落下速度のボーイングを記録した
17.23 ロシアのレーダー網からボーイングのマークが消えた
17.24 ロシアのレーダー網から物体3505番のマークが消えた
------------------------------------------------------
*地上監視をする為に割り当てた番号
 
 
 
となる。(誤訳があったらゴメン)

ところで17.24の物体3505番(たぶんSu-25)ってどうなったの?


18. 2014年7月27日 17:57:02 : dP6xbMLACA
1%にとっては喜劇。99%にとっては悲劇。
これが伝統の世界劇場ですか。

19. 2014年7月27日 18:59:38 : r3pqrbifJo
忽然と消えた370便と今回の件が結び付くのか関心があります。あの370便のアレーシア航空機どこへどこへ消えたか。どんな意外なマジツクがあつたのか?解明してほしい。

20. 2014年7月27日 22:01:36 : m06LIPm7mo
セウォル号沈没事故

この船のオーナーのインチキ宗教団体のボスみたいなやつの遺体発見のこのニュース

>CNN) 韓国の旅客船セウォル号の沈没事故で、船を運航していた会社の実質的な>>オーナー、兪炳彦(ユビョンオン)容疑者(73)が遺体で発見された。韓国の警察>が22日に発表した。

そばに賞味期限切れの焼酎が転がってたようだが、これも怪しい

下手人は同族グループじゃないのか

やらせはいつものおバカのワンパターン


[32削除理由]:関係薄い。

21. 2014年7月28日 04:24:17 : ZvcGS9qUik
1万mの上空から落ちたにしては、めり込みが無い。

22. 2014年7月28日 05:54:41 : 8TbwkTWb52
以下のコメントが削除された

削除の理由「関係薄い」かどうかなぜわかる?


「セウォル号沈没事故
この船のオーナーのインチキ宗教団体のボスみたいなやつの遺体発見のこのニュース

>CNN) 韓国の旅客船セウォル号の沈没事故で、船を運航していた会社の実質的な>>オーナー、兪炳彦(ユビョンオン)容疑者(73)が遺体で発見された。韓国の警察>が22日に発表した。

そばに賞味期限切れの焼酎が転がってたようだが、これも怪しい

下手人は同族グループじゃないのか

やらせはいつものおバカのワンパターン」

やらせのパターンが似ていると思っただけ


23. 夏も爽席 2014年7月28日 06:41:28 : YlJzBCjjO2yEw : obrTqJpUKo
なるほどガチの陰謀だって
いってるんだな
私も陰謀だとは思うが
角度は違う
情報戦からの視点だ
死体役てのだけは
納得

24. 2014年7月28日 08:04:57 : 76KLXdpEcc
露軍の越境攻撃の「証拠」を公表 米国務省
2014.7.28 01:24
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140728/amr14072801240001-n1.htm

ロシア側からロケット弾がウクライナ領に向かったことを示す発射痕と、同国領内の着弾痕を撮影した画像(米国務省提供)
http://sankei.jp.msn.com/world/photos/140728/amr14072801240001-p1.htm

 【ワシントン=加納宏幸】米国務省は27日、ロシアが自国領からウクライナ軍に砲撃を加えた証拠とする画像4組を公表した。露南部で多連装ロケット弾発射機が使われたことを示す発射痕と、ロケット弾がウクライナ東部に到達したことを表す着弾痕が写っている。

 米国防総省は25日、ロシアから、ウクライナ国内の同国軍拠点への砲撃が数日続いていると発表。画像は米情報機関が提供したもので、国務省は「越境攻撃の証拠」と説明しており、発表を裏付ける狙いがあるとみられる。画像は今月21〜26日までの間に撮られたもの。

 ウクライナ側でロシアから提供されたとみられる発射機がウクライナ軍を攻撃したことを示す3組の画像も「ロシアが親ロシア派武装勢力に供与した証拠」として公表された。


米 “ロシア領内から砲撃”衛星写真公開
7月28日 4時33分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140728/t10013335011000.html

ウクライナ東部でマレーシア航空の旅客機が撃墜された事件で、ロシアへの圧力を強めるアメリカ政府は、ロシアが自国の領内からウクライナ軍に向けて砲撃を加えていることを示す証拠だとする衛星写真を公開しました。

マレーシア航空機の撃墜を巡っては、親ロシア派の関与を疑う欧米やウクライナと、ウクライナ軍が関与したとの見方を示すロシアの主張が真っ向から対立し双方の間で激しい情報戦が続いています。
こうしたなか、アメリカ国務省は27日、情報機関を統括する国家情報長官室が収集した衛星写真を公開しました。
衛星写真は、撃墜事件のあとの今月20日から26日までの間、ウクライナとロシアの国境地帯を撮影したもので、ロシア領内の地面に、多連装ロケット砲が発射された跡が残っている一方、その砲弾が国境を越えてウクライナ軍部隊の陣地に着弾した跡が確認できるとしています。
また、別の写真では、ロシア領内に6両の自走砲が並び、その砲弾がウクライナ軍部隊の陣地に着弾した跡も確認できるとしてロシアが自国の領内から砲撃を加えていることを示す証拠だとしています。
アメリカ政府は、マレーシア航空機の撃墜事件のあとも、ロシアが親ロシア派に対して重火器を提供するとともに、ロシア領内からの砲撃を続けているとして、さらなる制裁を科すことも視野にロシアへの圧力を強めています。

ロシア外相「国際監視団派遣し検証を」
アメリカ政府が、ロシアが自国の領内からウクライナ軍に砲撃を加えていると批判していることについて、ロシアのラブロフ外相は27日、アメリカのケリー国務長官と電話会談し、国際監視団を早急に国境地帯に派遣して検証するよう求めました。
ロシア外務省によりますと、ラブロフ外相は電話会談の中で「ロシアはウクライナとの国境地帯にOSCE=ヨーロッパ安全保障協力機構の監視団を国境地帯に招待し、その到着を待っている」と述べました。
そのうえで、「アメリカ側こそOSCEの監視団による活動を妨げないでほしい」と述べ、国際監視団による検証をアメリカが意図的に遅らせていると主張しました。
ロシアは、逆にウクライナ軍の方がロシア領内に向けて砲撃しているとしており、国営メディアは連日、ウクライナ側から砲撃を受けた国境に近い村の被害を伝えるなどアメリカ側の見方と真っ向から対立しています。


25. 2014年7月28日 10:57:30 : ObYikuXe6I

  謀略につきものの常套手段に注意、どっちとも取れる情報、選択肢の多々あるようなガセネタをバラマき、カモフラージュする、予想通りの流れになってきた。連中のやることは、いろいろなケースに備え、オプションをやたら増やし目くらましをしてくる。下山の時も、国労側になすりつけちゃえばいいもんを、わざわざ替え玉まで仕立て、自殺説も用意しておく。2重3重の構えで、あらゆるケースに備える、手の混んだ奴らだ。
  今回の17便も、親ロ派vsウクライナ軍の戦闘地域上空なので、親ロ派が爆撃機と誤認してミサイル攻撃した、と持っていきたいようだし、この筋で世界メデイアを統制しだした。しかし、連中のやり口は、練りに練ったようで、いつもシッポ出すのが特色だ。連中の説では、17便がなぜ戦闘地域の真上までいったか、何故通常の航路を逸脱して、危険地域の上へ行ったか、説明できない。次にくるのは、操縦士に何かトラブルあった、酔っぱらっていた、正常判断できない何かあった、とかの説を流してくるね。370便インド洋のときも、パイロットは数日前から考え事していたとか、流されたが。操縦士になすりつけないと、連中側は、航路逸脱を説明できない。
  撮影の問題もある。撃墜の時刻・場所を事前に厳密に分かっているもの以外は、撮れないビデオ映像だ。木陰から空のその一点を写す、すると数秒後にピカッと光り爆発、同時に音も聞こえたから、距離はそんなに離れてない。あれは、航路逸脱でここへくる、SU25は少し下方で待機している、ジャストタイミングで全てを了解しているもの以外には絶対写せない映像だ。1928年奉天駅張作霖爆殺の瞬間写真(山形中央図書館所蔵)も、河本大作グループ以外は写せない写真だ。連中は綿密に計画たて、準備し、撮影班を用意し、実行した。一作戦に要するくらいの費用も、投入したろう。勘繰れば、370便インド洋も、今回の件を引き起こす伏線として、仕組まれたかもしれない。連中としては、これを契機に、戦火拡大となれば安いもんだ、となる。
  公共放送の使命をとうに捨て去った犬アッチイケーが、連中の筋書きにのって、盛んに親ロ派誤射説を流している。分析・批判・綜合のメデイアの基本訓練さえ投げ捨て、安倍政権御用宣伝機関に成り果て、惨めな姿を晒している、慙愧に堪えないね。今時、犬アッチイケーにゼニ払っているもんが、未だいるのか。

26. 2014年7月28日 12:02:02 : w3M1BHSquE
着ている服が似ているとか、同じスキンヘッドだとか言うだけで
「同一人物に間違い有りませんね」 などと言う 都合の良い決めつけに呆れるわ
さすがは妄想カルトの巣窟 阿修羅掲示板だけの事は有ると感心する ┐(−、−)┌

27. 2014年7月28日 14:57:30 : xvHqFtUtxA
エイズウィルスはしーあいエイズが作った細菌兵器らしいから、
もちろんエイズの最先端研究者たちを使ってもっと凶悪な最近兵器を作りたいという願望はあるだろう。

墜落したのはボーイング777でないなら恐らく、拉致されたのだろう。奴らはほしいものはどんな手段を使っても手に入れようとするだろうね。

別の死体やアクターでカモフラージュするのも筋が通るってわけだ。


28. 2014年7月28日 18:06:52 : uB1RhIxIzU
>>25. 2014年7月28日 10:57:30 : ObYikuXe6I 様

わお 冴えてる!

>ジャストタイミングで全てを了解しているもの以外には絶対写せない映像だ

まさにご指摘の通りと思います

>>27. 2014年7月28日 14:57:30 : xvHqFtUtxA 様

なるほど

ここには多様性を持った、無限大の論理的、科学的洞察力が結集している


>>26. 2014年7月28日 12:02:02 : w3M1BHSquE

お前には無理だな


29. 母系社会 2014年7月28日 20:32:12 : Xfgr7Fh//h.LU : HAMOXfkxXo
>>25さん

●25さんが言う通り、日本の戦後史は、日本が連合国の占領下にあった
1949年7月に、国鉄総裁下山定則が失踪し、死体なって発見された
下山事件や、下山事件から約1ヵ月間に起きた三鷹事件、松川事件=
「国鉄三大ミステリー事件」の頃にまで遡って見直しした方が良いですね。

これらの事件は、松本清張らが解明したように、国労など日本の左派
労働運動を潰すために、占領軍の米国陸軍防諜部隊が仕掛けた謀略事件
だったでしょう。

断言はできませんが、西側のテレビ・新聞は、親ロシア派説でほぼ統一
されているようですから、25さんが言うように、この事件も親ロシア派
を貶めるための謀略か、たまたま起きた事件を利用して、親ロシア派を
貶める謀略作戦が、実行されている可能性が高い。

●それにしても、かつては新聞記者が権力犯罪を暴くスクープ記事が時々、
新聞に掲載されることがありましたが、今は全く無くなり、逆に、小沢氏の
謀略事件のように、マスゴミは完全に権力の意思を伝達する機関と化し、
日本の国民はファンタジーの世界で生きています。

主戦論一色だったウクライナ西部の国民にも、一部で徴兵に抵抗する動きが
出てきているようですが、日本と同様にファンタジーの世界にいる西部の
国民が反戦に方向転換するには、まだまだ時間が掛かるようです。

●ウクライナには、形式的にはウクライナ民族とされていても、実際は、
ウクライナ民族か、ロシア民族か、自己の帰属意識が明確ではない国民が多い。

というのは、ロシア革命を成功させたボルシェビッキは、当時の先進的な民族
理論を取り入れ、ウクライナ国民は、帝政ロシアの民族同化政策の犠牲者と
考え、本人の意識ではなく、父母や祖父祖母の民族性で、公式の民族を決めた
わけです。

それで、本人はロシア語を話すロシア民族と思っていても、その民族意識は
帝政ロシアの民族同化政策の結果と考えてウクライナ民族としてカウントされ、
身分証にもウクライナ民族と書かれました。

それでウクライナ民族は、ウクライナの多数派民族となれた。ところがその後、
ソ連が変質してスターリニズムとなり、民族同化政策を採用するようになった。
それで、もともと自己の帰属意識が明確ではない国民も多かったこともあり、
今でもウクライナでは、自己の帰属意識が明確ではない国民が多い。

鎖国の江戸期の日本人のように、外国人と接しない普通の日常生活では、
そもそも自己の民族意識など考えないので、民族意識は関係意識であって、
実体意識ではない。だから、今でも<民族>という概念を明確に定義すること
ができない。(というか、全概念が関係概念=<幻想>なのだが)

●全当事者が虚実取り混ぜた情報戦を行っており、真実しか主張しない当事者
など、存在しない。

とは言っても今回は、比較的正直な発言をしているのはプーチンであり、最悪
のプロパガンダを行っているのは、相変わらず米政府である。


(現在の政治的な単位としての<民族>=<「民族自決論」的民族>なるものは、
世界的にも、過去200年から300年間に生じたのであり、それ以前には
存在しなかった。それで、ヨーロッパでは、ハプスブルグ家の結婚政策で国王が
突然、外国人に変わろうが、国民は気にしなかった。

だから、ロシア本国のロシア民族でも、ウクライナ民族は別の民族と考える
人と、ロシア民族とウクライナ民族は同じ民族と考える人が50%づつという
ような民族意識が曖昧な状態が続いている。

ある意味この内戦は、日本など列強外国の侵略で漢民族意識が定着・拡大
したように、ロシアとウクライナで、それぞれロシア民族やウクライナ民族
を形成する戦争とも言える)


30. taked4700 2014年7月28日 23:03:06 : 9XFNe/BiX575U : GF7WeO8bag
>>29

母系社会さん。とても勉強になりました。

民族意識の形成のお話、とても興味深く読ませていただきました。ウクライナの歴史と合わせて、ウクライナ民族といういうか、国籍意識の形成が甘利されていないという意味ですね。


31. 2014年7月29日 01:36:25 : iwtMvkYTQg
>>29,30
確かにウクライナという国家は人工的な産物であるし、ウクライナ民族意識は薄いものであったが、ソ連崩壊後20年続いた「ウクライナ化」政策(これを担ったのはウクライナ民族主義者だった)が実を結ぶ時期を迎えている。今回の内戦でより一層民族意識が強まっただろう。
結局は、元をたどればボリシェビキの失策ということになるのだが、別の言い方をすれば、本当の意味でボリシェビキはロシアを破滅に追いやったということになる。

32. 2014年7月29日 01:40:01 : TGgfYEbPRU
気になるのはタービンの上部に破損が有って下部に無いってことなんだよね・・・。
Buk で被弾したなら命中直前に爆発するんだから下側から被弾するはずだよね・・・?
各国の DNA 鑑定結果次第じゃ MH370 って場合も有りそう・・・。

33. 2014年7月30日 05:27:38 : ZvcGS9qUik
>>24
着弾痕って、本当に拡大したものか?
角度・大きさなど、合っていない様に思えるが・・・

34. 母系社会 2014年7月30日 08:14:40 : Xfgr7Fh//h.LU : NS5iAPbMAI
>>30さん、31さん

ウクライナ民族とイスラエルのシオニストは、良く似た精神状態にあるのでは
ないかと思います。

●近代の世界秩序を形成した「主権国家論」と「民族自決論」という二大理念
自体が、「自由」と「平等」という理念と同じように、極限的には相互に否定
し合う関係=矛盾を起す理念です。

しかし、こうした理念は、地球上のどこの地域でも、また、未来永劫に、つまり
普遍的に正しい理念と信じられているので、最上級の権威を持っているのですが、
現実の世界は矛盾した世界なので、普遍的な理念を大義として掲げると、必ず
例外的事態に直面し、「ダブル・スタンダード」に陥ります。

欧米諸国の本音は、スラブ民族の封じ込め=抑制ですが、そのような本音は
言えませんから、時と場合により、「自由」と「平等」を使い分けるように
「主権国家論」と「民族自決論」も使いわけるので、「ダブル・スタンダード」
に陥ります。

●この「主権国家論」と「民族自決論」の二つの理念には、国家や民族を物の
ような実体的存在と見る前提がありますが、国家や民族は物ではなく社会的実体
とでも言うべき存在で、国家は、人々の日常生活的関係性を基盤とした
<幻想の共同体>であり、半ば観念=幻想なので、戦前の「大日本帝国」も
しかるべき人が「大日本帝国」は消滅したと宣言すると、現実には何も変化が
起きなくても、消えて無くなりました。

また、もう一つの理念である「民族自決論」の「民族」も国家と同じく、人々
の関係性を基盤とした<幻想の共同性>であり、現実の関係性が支えているが、
半ば観念=幻想で、歴史的には過去200年から300年間に生じたのであり、
それ以前には存在しなかった概念です。

ですから、昔は征服者が現れると、地域の代表が税金などの交渉をして、過酷
でなければ抵抗せずに異民族の支配を受け入れるので、アレキサンダーやローマ
帝国、ジンギスカンも短時間に大帝国を築けたわけです。

また、現在の中国でも、尊敬されている皇帝の一人は清朝の康熙帝ですので、
異民族支配が長い中国の場合も、案外、一般の民衆は皇帝が異民族であること
を余り気にせず、良い政治をすれば、異民族の皇帝でも良いと思っていたので
はないかと思います。

●ところが、この「民族自決論」的民族という概念が形成されて浸透すると、
人々は民族を<物象化>して、大昔からウクライナ民族は実在したと思い込み
始めます。

日本の場合も同じで、福沢諭吉が日本には政府はあるが国民はいないと嘆いた
ように、明治維新以降でさえ、国家を形成する権利のある集団としての大和
民族という自覚を持つ国民(臣民)は、武士や僧侶などの知識階級以外では、
ほとんど存在しませんでした。

しかし、この錯誤が戦前の絶対的天皇制に利用され、「民族」を<物>のような
存在と勘違いしているネトウヨは今でも、天皇制と関連させたイメージの大和
民族は、太古の昔から、日本中に存在したと思い込んでいます。しかし、その
ような大和民族のイメージは、実際には明治維新以降の義務教育や、新聞・
小説などに形成され、国民に植え付けられたファンタジーであるのは常識です。

我々の祖先は、3万年も前から日本列島に住んでいた人々であり、たかだか、
数千年の歴史しかないアマテラス神系の神道集団よりも、はるかに長い1万年
以上の歴史を持つ縄文人=古モンゴロイド=蝦夷やアイヌ民族の祖先が日本人の
祖先で、文化の面でも、日本には縄文時代の文化が今でも色濃く残っています。

●それで、実際にはウクライナ民族という言葉が使われ出したのは、せいぜい
100年前ぐらい前らしいのですが、ウクライナ民族は約700前の「キエフ
公国」の頃から存在したと考えるようになり「キエフ公国」滅亡以来、700年
ぶりに「ウクライナ民族」は独立国家を獲得したと思い込み、迫害され続けた
民族が艱難辛苦の末に国家を持つことが出来たというような、イスラエルの
シオニストたちと似た精神状態=異常に民族意識が高揚した状態にあるようです。

しかも、実際には、ウクライナの民はロシアだけでなく、ポーランドからも、
過酷に支配されてきたのに、独立以来約20年間、「ホロモドール」=民族浄化
幻想を利用して、31さんが言うように、義務教育などで意図的にロシア
からの弾圧が強調される情報操作が行われてきたので、若者世代は反ロシア
感情が著しく強く、右翼セクターなどのネオナチ派には若者が多いわけです。

それで、独立後のウクライナでは、大学の教授クラスの知識人でも、バンデラ
のようなファシストまで、愛国者と見なすようになってしまいました。ところが、
バンデラに迫害されたウクライナのロシア民族にとっては正真正銘のファシスト
ですから、独立後、ロシア民族は疎外感・孤立感を深めてきたと思います。

しかし、それでもウクライナには、ウクライナ民族かロシア民族か、自己の
帰属意識が明確ではない国民が多いので、20%程度のロシア系大統領が誕生
したわけです。スラブ系のウクライナ民族やベラルーシの白ロシア人、ロシア
民族は、形成途上の民族なのでしょう。

★そもそも、それ以前の単なる血縁的同族集団=氏族・部族という意識も、他の
氏族・部族と接することで発生するのであり、日常的には動物との区別意識で、
せいぜい人間という自覚しか無いわけです。

つまり、氏族や部族内だけで生活している限り、人間という自己認識しかあり
得ないわけで、大和や隼人という「民族」としての自覚は、他の民族の存在を
知ったことで、その<反射>として発生する自己規定的意識です。

だから、仮に、生まれてから母親など、女性しか存在しない集団内で育った
女の子は、動物との区別で自分は人間だという自己意識は生まれても、女と
いう意識は生まれません。この女の子は、自分だけを見ている限り、自分は
女とは思わないわけで、女という意識は男という存在を知り、両者の差異の
自覚から、生まれる意識です。

同様に、一色しか無い世界では色という概念も生まれませんし、形は全て四角
しか無い世界では、形という概念も生まれません。

これは民族意識も同じなので、内容的には雑多な集団同士が相互に接触する
過程での差異の自覚により、それぞれの民族意識が発生したのであり、個々の
集団の内容で民族という概念が生まれるのではないから、民族と言う概念は、
明確には定義できない=共通性がない=関係的概念です。

しかし、我々は猫なら猫の概念とは、世界中から全種類の猫を集め、その共通性
を抽出したものと考えるので実体概念と勘違いしています。しかし、全種類の猫
を集めるには、猫に似た「虎の子」とかの類似したものを排除する基準としての
猫の概念が必要ですから、共通性を抽出する前の段階で、既に猫の概念を得て
いることになり、論理的に、猫の概念を得る前に世界中から全種類の猫を集める
ことは不可能です。

実際の概念の形成は、前世代の概念を後の世代が洗練するという歴史的過程で
形成してきたものです。その結果、あたかも共通性を抽出したものであるかの
ように思えますが、そうしたことは不可能ですから、各世代毎に知り得る様々
な種類の動物同士の差異の自覚で形成した猫についての「暫定的概念」です。

しかも、生物一般に関する新知識=DNAの発見とか=を獲得する度に、猫の
概念も、少しづつ変化します。これからも全概念は後の世代が再定義すること
が続き、全概念は、人類が死滅するまで永遠的に変化し続けます。

そして、個々の概念自体が変わるので、概念から成る理論も永久的に変化し
続けますから、あらゆる理論は暫定的理論ということになります。


35. 2014年8月08日 07:09:26 : psxLWquwpY
>>32
一旦、標的の上の高度まで上昇し、水平に飛行後、下降しながら当るらしい.

36. 2015年5月04日 22:57:02 : 9Y5l8kZOsX

「驚き」を隠すものは、「より大きな驚き」である。

これの前に行方不明に成った「マレーシア発の航空機」の行方は、

パキスタンであったそうです。

  電磁推進機研究者談



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b13掲示板  
次へ