★阿修羅♪ > 戦争b13 > 566.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ウクライナのスホイ25のパイロット マレーシア機撃墜を認める(ロシアの声)
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/566.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 7 月 29 日 17:40:25: igsppGRN/E9PQ
 

ウクライナのスホイ25のパイロット マレーシア機撃墜を認める
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_29/275232268/
12:00 ロシアの声


ドイツ紙Wahrheit für Deutschlandは、マレーシア航空のボーイング777型機を撃墜したとみられるウクライナのスホイ25のパイロットから話を聞くことに成功したとする記事を掲載した。

Wahrheit für Deutschlandはドイツの主要紙ではないが、同紙は、スホイ25のパイロットが、マレーシア機を撃墜するために、同機に搭載されている砲を使用したと主張している。

Wahrheit für Deutschlandによると、スホイ25は、ロシア参謀本部が提出した画像に写っていたという。

パイロットの名前は明らかにされていないが、このパイロットは、自身が操縦していたスホイ25に搭載されている砲で、マレーシア機が撃墜されたことを認めたという。

なお、パイロットがマレーシア機の撃墜を認めたのと同時に、明確な穴があいているマレーシア機の破片の写真が公開された。複数の専門家たちはこの穴について、地対空ミサイルシステム「ブーク」では、このような穴はできないとの見方を示している。

MK.ruより

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年7月29日 17:45:18 : XZrL4CqurM
ダイナモ反論しろ

02. 2014年7月29日 17:51:13 : rusB5WkqSo
凄い話だね。アメリカの発表と発言とは真逆。またまた嘘の報道に付き合わされて、知らぬが仏なのに、珍坊などはロシアだって99.9%
だと断言している。どこで聞いた話なんだろうが、バカの寝言もいい加減にしたほうがいい。ヨットで遭難して口封じを決めたのではないのかね。恥ずかしい男だ。この男に続けとばかり、せっせと大本営発表の嘘ネタを報道しまくるダマスゴミ。何のメリットがあるのだろう。いまや第三次世界大戦前夜だというのに、のんきな父さんは遊びに海外旅行。まぁ、墜落したとされる客に日本人が乗っていなかったのは運がある。行きはよいよい、帰りは恐い・・♪とならぬよう、気をつけなはれや。

03. 2014年7月29日 17:53:03 : cQ79uxHmns
ということは、実際にマレーシア機を撃墜したウクライナ空軍2機のパイロット2名は既に特定されているということですね。

04. 2014年7月29日 18:02:01 : XZrL4CqurM
2001年10月4日黒海上空でシベリア航空機ツポレフTU154Mがウクライナ房空軍によって撃墜され乗客、乗員78名全員死亡。ウクライナ政府は当初関与を完全否定。その後渋々認める。

なんだか同じパターンだ。


05. 2014年7月29日 18:04:10 : 1laTubqZew

元記事はこれらしい → http://wahrheitfuerdeutschland.de/?p=3622

でもアクセスできない。


06. 2014年7月29日 18:40:56 : uI4cAfzOs6
アメリカ終わったな! これで撃墜を指示したのがCIAだと分かったら世界のつまはじきになるな。第三次世界大戦がこれで回避できるかも。

07. 2014年7月29日 18:43:38 : sxgCWUAmQ6
>パイロットの名前は明らかにされていないが、このパイロットは、自身が操縦
>していたスホイ25に搭載されている砲で、マレーシア機が撃墜されたことを
>認めたという。

ミサイルですら至難の業なのにSU25の機関砲で撃墜ってw
実用上昇限度7千メートル(これはスホイ社のHPにも書いてある)のSU25が
1万メートルを自機の最大速度と同等の速度で巡航しているボーイング777
を撃墜するなんてゴルゴ13でもなきゃ不可能だぞ。


08. 2014年7月29日 19:01:47 : XZrL4CqurM
07ダイナモ先生お忍びでお出ましですか。
1万メートルまで上昇することは可能。
巡航速度は950km/h
十分とはいえないまでも機関砲による撃墜可能です。
機関砲のスペックはうぃきをどうぞ
ガンポットによる機関砲も見落とさないでね。
因みにゴルゴ13は既に後期高齢者になってるのでキツイと思いますよ。

09. 2014年7月29日 19:07:29 : sxgCWUAmQ6
>1万メートルまで上昇することは可能。

実用上昇限度7千メートルの機体に仮にそれが可能だとしてもまともに飛ぶ事すら
困難だろうね。

>巡航速度は950km/h
>十分とはいえないまでも機関砲による撃墜可能です。

SU25の最大速度が950q/hだけど実用上昇限度を遙かに超えた高空でそんな速度
が出るはずが無い。
つまり全く追いつけない。

>ガンポットによる機関砲も見落とさないでね。

ガンポットなんて積んだら更に重くなってもっと飛行性能が低下し、ますます
撃墜は不可能にw

しかしここの住民は「マスコミは信じない」と言っているくせに都合の良い
情報は何も考えずに鵜呑みするんだから全くおめでたい限りだね。


10. 2014年7月29日 19:13:04 : aQq0UGoaxY
http://hat4uk.wordpress.com/2014/07/28/new-mh17-sensation-german-experts-point-finger-at-ukrainian-air-force-jets/
ドイツ専門家の分析。

MH17の機体の穴の写真は適当なのが無かったのでこれかな。
http://howestreet.com/2014/07/calling-all-munitions-and-fighter-plane-experts-is-german-pilot-claim-air-to-air-attack-brought-down-mh17-credible/
写真をクリック。
コックピット直撃写真。

これで、ブラックボックスのデータを出すしかなくなったね。


11. 2014年7月29日 20:57:30 : FMYtuhLJh0
ロシア国防省はレーダー記録を証拠にSu-25がMH-17便の飛行高度に近づいた事実を発表しています。SH-25の性能を一番よく知っているのは当のロシア軍です。ウソでももう少しまともなウソをつくでしょう。速度が遅くても前方から近づけば標的に接近できます。丸腰で無警戒な相手なら、さして機動力がなくても攻撃できます。第二次大戦中の日本の戦闘機だって実用高度のはるか上空を飛行するB-29に果敢に攻撃をかけました。相手は旅客機と違い空飛ぶ要塞ですから、成功する確率は比較にならないくらい低かったでしょうが。

Wikiあたりの情報が元ネタでしょうが、あたかも自分が操縦したことがあるかのように語るのはダメでしょう。

ドイツ紙の記事の信憑性は怪しいですが、怪しい点ではウクライナ政府が発表した親露派武装勢力の盗聴会話も同じでしょう。


12. 2014年7月29日 21:06:49 : 9ZruZVh0os
初歩的な質問で申し訳ないが
MH17便は、100%高度1万メートルを飛んでいたのかね?
これは、はっきりしてるのかな?

13. 2014年7月29日 21:13:07 : hWJFjR100w
Wahrheit für Deutschlandの記事は、ネットメディアであるAllgemeine Morgenpost Rundschauの記事を引用したもののようだ。

>Ukrainischer Pilot gibt Abschuss von MH17 zu 
25. Juli 2014

http://amr.amronline.de/2014/07/25/ukrainische-pilot-gibt-abschuss-von-mh17-zu-meinungsfreiheit/

記事全体は、プーチン・ロシアに対して批判的で、皮肉っぽく書かれている。

問題の個所は、ウクライナのSu−25のパイロットが、ロシアの参謀本部のプレゼンテェーションで示されたように、機関砲で旅客機を飛行不能にしたことを、昨日、認めたとあるだけで、それ以上の詳細に渡らない。

しかし、この説明と異なって、ロシア軍は、記者会見でSu−25がマレーシア航空機を撃墜したという主張はしていない。

この記事を引用したものは、見つかるが、記事の内容を補強するようなものは、見つからなかった。


14. 2014年7月29日 21:16:40 : TbZy18kA1M
情報戦だからまるごと信用するのはどうかと思うが
これが本当ならキエフ側の関与を示す情報が大っぴら
に語られるところまできたのがおもしろい。
しかもドイツから。

15. 2014年7月29日 21:19:02 : XZrL4CqurM
12ブラックボックスの解析結果を待ちましょう。

予定された飛行ルートは高度3万5千フィート
言いだしっぺはウクライナ大統領。
目線を伏せていかにも嘘っぽい発表でした。


16. 2014年7月29日 21:31:39 : 1laTubqZew

>>12

ウクライナの航空交通管制官が

MH17 was at FL 330 all the time over Ukrainian territory. Minutes before crash, controller proposed fl350 to mh17 due to another traffic, but crew said that were unable.

MH17はウクライナ領土上で全時間FL330だった。墜落の数分前、他のトラフィックが原因で、管制官はMH17にFL350を提案したが、乗務員は無理だと言った。

※ FL330: フライトレベル330(約10100m)
※ FL350: フライトレベル350(約10500m)

( http://www.pprune.org/8570900-post491.html )

と言っているので間違いないと思います。

ロシアのレーダー網ではSu-25らしき機影が高度10000mで探知されているので「他のトラフィック」はSu-25かもしれない。


17. 2014年7月29日 21:46:28 : hWJFjR100w
東部ウクライナ住民の間では、ウクライナクーデター政権の弾圧が始まった当初から鎮圧部隊に外国人が加わっているという話が出ていた。

外国人傭兵(グルジア、ポーランド)が、地上戦だけでなく、戦闘機も動かしていると、独立派は考えている。

マレーシア機が撃墜されたときに、近くを飛行していたSu−25のパイロットの会話は英語で行われていたことを、独立派は、傍受していたようだ。


18. 2014年7月29日 21:58:26 : q0Lz7Emlg2
ロシア紙でなくドイツ紙か、安倍総理どうすんの??

19. 2014年7月29日 22:05:17 : 0N68UL02wk
亜音速攻撃機が要撃機、戦闘機として使われることは珍しいことではない
A4スカイホークしかりA6コルセア2しかり
レシプロ機であるスカイレーダーがジェット戦闘機を撃墜した例だってある
SU25よりはるかに馬力が落ちるF86セイバーとMIG15は朝鮮戦争時高度1万m以上で熾烈な空中戦を繰り広げた
丸腰の旅客機MH17便を撃墜することなどSU25にとって赤子の手をひねるより簡単だっただろう

20. 2014年7月29日 22:12:39 : 9ZruZVh0os
>>15
イギリスの手にあるからそこが問題だね

>>16
これはどうも
なるほど

こういう疑問は聞いてみんと、俺も偉そうな割に情報収集力はないからねw
阿修羅はそういうところが助かる

>>13
まあ、ウクライナやアメリカを非難するもの全てが、Su-25による撃墜説を有力視している訳ではない

事実はどうあれ、一斉のセで情報を全て出せば、必ずアメリカ側に不利になると思ってはいるけど

この記事は、情報戦というよりは「ロシアの声」が飛びついちゃった感があるな
なんか変な情報が出てきたってな感じで
ということはプロパガンダ臭がしないということだからまあ良いんだが


21. 2014年7月29日 22:14:34 : CQ9n15woH2
スホーイのパイロットを保護せんと口封じされるぞ

22. 2014年7月29日 22:20:05 : bjPvE4rpNA
>>16
マレーシアの発表と違うようだね マレーシア当局のと比べてみてね

23. 2014年7月29日 22:34:50 : TyRIBFgx8c
アメリカ側の発表はロシアがまたは親ロ武装集団があやしい、という情報ばかりをこれでもかこれでもかと流している。何かがわかったいうことよりも親ロ武装集団が怪しい怪しいと記事ばかりが次から次に報道される。

そこがかえって怪しい。イラクに大量破壊兵器があるとの情報のときもそうだった。


24. 2014年7月29日 22:37:26 : W71jD121Kw
スホーイ25の空対空ミサイルの火薬量は3kgでブークは破片弾頭の50kg、

よっぽどのラッキーパンチ(表現が不謹慎だが)じゃないと、主翼が破断してきりもみで墜落しないだろう、コックピット下部の破片痕はどう説明するのか?


25. 2014年7月29日 22:48:58 : XZrL4CqurM
24機関砲で撃墜したって言ってるんだが

26. 2014年7月29日 23:37:16 : Wr5cvCffrE
>Wahrheit für Deutschlandはドイツの主要紙ではないが

ここがミソだね
主要紙なんか、どこもニセユダヤの息がかかっているから、連中に都合の悪い記事など書くわけがない。
信憑性云々だが、生真面目なドイツ人のことだからな、デマ記事など書かないだろう。


さて、日本のダマスゴミとか、どうすんのかな
ネット工作員に悪あがきをさせつつ、自らはダンマリモードか・・


27. 2014年7月29日 23:54:59 : d1INYqu1to

サイトの性格もわからんし、さらに記事でなく読者投稿か: Ukrainischer Pilot gibt Abschuss von MH17 zu (kallekid1969 - Wahrheit f口r Deutschland ) wahrheitfuerdeutschland.de/?p=3622
( https://twitter.com/hama2tom/status/494115400435499008 )

読者が「脳内撃墜」を投稿にしたんだろw


28. 2014年7月30日 00:56:11 : J1gu3ZcAac
10. 2014年7月29日 19:13:04 : aQq0UGoaxY
MH17の機体の穴の写真は適当なのが無かったのでこれかな。
http://howestreet.com/2014/07/calling-all-munitions-and-fighter-plane-experts-is-german-pilot-claim-air-to-air-attack-brought-down-mh17-credible/
写真をクリック。
コックピット直撃写真。さん


現在沈黙中の投稿者 ダイナモ のとっつあんは以下の投稿をしたがなぜか急激にアクセスアップ操作を止めています。

http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304067104580050171793702454?mod=WSJJP_hpp_LEFTTopStoriesFirst
マレーシア機の穴、ミサイル撃墜を示唆

By Alexander Kolyandr, Matina Stevis and Robin van Daalen
原文(英語)
2014 年 7 月 25 日 10:19 JST

どうも実際の写真はもう少し範囲が広く映っているようです。
なぜカットしたのかは不明。
このあたりになると不思議が一杯で何が何だか分かりません。

ところがマレーシア航空17便の機体の残がい(24日) Reuters
の写真をよくよく見てみれば。

1万メートル少なくとも何千メートル上空からひらひらでドスーンと自由落下してきたはずのパーツです罠。

なぜ落下付近の草が抉れたりしないでコンクリートの柱に立てかけて置いただけのような綺麗なままなんでしょうか。

あるいはなぜ落下した衝撃で曲がったりしないのでしょうか。

地面にめり込んだパーツをわざわざ掘り出して記念撮影するような暇人がおられるのでしょうか。

うーん不思議だ 私にはお盆が近くなったのでダマスゴミお馴染みの心霊写真のように見える。

そういえば写真の影の箇所で黒んぼのオッサンのような変な顔らしき物が見えているような気もする。

現在沈黙中の投稿者 ダイナモ のとっつあんこのオカルト写真を見てどう思われますか。

えー な な なんと 全てが普通の写真に見える、、、!。

世論操作のお仕事頑張りすぎで夜も寝ないで昼寝してお疲れのようですね。

それに追加で書けば背景にある白い車のオッサン拡大して見れば何が見えるでしょうか。

上半身裸で少し匂うかものホットアイスキャンデーをばペロペロして頑張っております状態のように見える。

しかしナンバープレートの箇所は白塗りのため承知の加工でしょう。

一度拡大して良く見てみれば白い車のオッサンの腕の太さと位置関係が変で妄想が確実に広がるでしょうね。

従って更に細かく見れば他にも各種箇所の影の映り込みが変になっているような気もする。

この写真ようするに極普通の合成したジョーク写真でないのかな。

マレーシア機の穴、ミサイル撃墜を示唆  WSJ
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/525.html
投稿者 ダイナモ 日時 2014 年 7 月 25 日 10:37:04: mY9T/8MdR98ug

穴に拘るようですがミサイルによる穴がどういう状態なのか穴の専門家がもしおられたらこの写真を穴が開くほど良く見たら真偽が分かるのでしょうね。


29. 2014年7月30日 01:36:16 : Xthgg98JQg

告白したとするパイロットに関心がある。

このパイロットはどこで、誰に、告白しているのか?
人身の保障は、どこで誰にしてもらえているか?
ロシアかドイツの国家レベルで保障してもらわないと簡単に暗殺されかねない告白だろうに。


30. 2014年7月30日 01:58:26 : sxgCWUAmQ6
>ロシア国防省はレーダー記録を証拠にSu-25がMH-17便の飛行高度に近づいた事実を発表しています。SH-25の性能を一番よく知っているのは当のロシア軍です。ウソでももう少しまともなウソをつくでしょう。

ロシア国防相はSU25がMH17便を撃墜したなどとは主張していないよ。
撃墜なんて無理なのは分かっているんだろうね。


31. 2014年7月30日 02:57:20 : ridmdq7yVY
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51894136.html

期限切れ食肉問題のマクドナルドは、ロスチャイルド系列の企業


イギリスが、ロシア側のデータ、つまりは正しい客観的な事実を主要メディア
で報道しない、発表できないのは、今回のウクライナ航空機テロをロシアへの
軍事侵略の口実として利用したい、ナチス・シオニストに牛耳られている国家
であるからなのは、明白。
そのナチス・シオニストの表の親玉が、ブッシュ・シニアやネタニヤフだと
いうことも、航空機テロとイスラエルのガザ一般市民大殺戮により、世界の
知るところとなった。

ロックフェラーが、今まですべての悪の所業の張本人とされてきたわけである
のだが、ここにきてその所業に関わる様々の企業体は、実際はロスチャイルド
の所有だと、これもまた今回の期限切れ食肉流通システムの暴露で、世界中の
人々に知れ渡った。


32. 2014年7月30日 03:08:01 : FMYtuhLJh0
>30

報道によれば「ロシア軍は撃墜の惨事の日、MH17ボーイングに向かって、ウクライナ軍戦闘機SU-25が高度を上げてMH17ボーイングに接近するのを探知していた。(中略)SU-25ジェット戦闘機はその性能によると高度1万メートルの飛行が可能である。」と発表しています。

その発表によれば、SU-25はMH17が飛行していたと言われる高度10,000mまで上昇できるのですよ。それがウソかどうかという話なのですが。

それにしてもなぜ素人がWikiの記載だけを根拠に「撃墜は無理」と断定できるのでしょうかね。


33. 2014年7月30日 03:53:45 : sxgCWUAmQ6
ミサイルでも簡単ではないのに機関砲で撃墜するほど、接近して攻撃したら
それこそロシア当局が真っ先にレーダー情報を公開するだろう。
つまりこの記事のような事実はあり得ない。

34. 2014年7月30日 04:48:03 : ZvcGS9qUik
>>05
リンク先
http://wahrheitfuerdeutschland.de/?p=3622
ここにアクセスできないとありましたが、できました。
Ukrainischer Pilot gibt Abschuss von MH17 zu
new Posted on Juli 26, 2014 11:24 pm by kallekid1969 27 Comments
Teilen とあり、その下に
The source of this article is a satire page.
(この記事の源は風刺ページです。)
Источником этой статьи является страница сатира.
(この記事の源はページ風刺です。)
Die Quelle dieses Artikels, ist eine Satireseite.
(この記事の源、風刺側はそうである。)
と英語・ロシア語・ドイツ語が赤字で書かれている。(Newも赤字。)
( )は当方が勝手にエキサイト翻訳を示した。

証拠は出ていないし、出るかどうかも不明。
もう少し時間がかかりそう。


35. 2014年7月30日 06:56:01 : NfYziRwQnc
とにもかくにもネタニヤフの、あのモグラの穴みたいな、ギャグみたいなのを称して、ガザのあの地下トンネルを完全破壊するまで攻撃はやめないという、バカ発言に今回の茶番は象徴されている。

とにかく…

低能な三文役者

イスラエルと米国政府


36. 2014年7月30日 07:27:54 : nJF6kGWndY

ドイツでも盛り上がっているな

http://wahrheitfuerdeutschland.de/?p=3622
ウクライナのパイロットの立ち上げ、M H17へ
掲示された 2014年7月26日23:24 による kallekid1969 24コメント

共有]ボタン

Pin ItEmailPrint
でシェア
9
ソース この記事のは、 風刺のある ページ。

Источником этойстатьиявляется страница сатира。

この記事のソースは、風刺ページです。

オリジナルアップローダーの「バックグラウンドで2のMiG-29S(9月13日)とウクライナ空軍のSu-25UBは「ディマセルギエンコはen.wikipediaにあった - en.wikipediaから転送。 ウィキメディア·コモンズにパブリックドメインの下でライセンス -

最終的には、圧力があまりにも大きかった。ウクライナのSu-25、中のパイロットロシアの参謀のプレゼンテーションが示されているが、飛行機が彼の大砲で飛べて撮影したように、昨日認めた。偶然にも墜落したボーイングの写真には、一貫して正面角度を示さず、ほとんどBukのミサイルから生じる可能性が含まれている機関銃の弾丸より明らか弾痕を示した。インターネットのフォーラムやコメント欄の多くのプロロシアのハッキングでは、この告白は、救援に来た。プーチンのための小さな勝利は、これまでのところ失敗し、その事実をインターネットをあふれさせるしようとしたことunderstanders。

Putinistenの通常の引数の小さなコレクション:

まず、ウクライナの電力の変化がある。:これはクーデターでの親ロシアの作家によると、だった証拠:Yanukovychは辞任されることはありません。彼がいない場合は、大統領は弾劾だけで電源から除去することができる。裁判所の肯定的な決定の場合には、ラダは彼のオフィスの75%の過半数をもって社長を削除することがあります。これは明白な操作にもかかわらず、投票であった大規模な脅迫は、右のセクターによって衆議院に到達していない。

もう一つのポイントは、上の新しいウクライナ政府Arseny Jaszenjukのすべてあまりにも明白なプレゼンテーションで彼のウェブサイト。Yatsenyukは西の代理人であることunderstandersウクライナの内政干渉が明らかに転送されるようにした、プーチンによると、非常にはっきりしています。多くの場合、このコンテキストでは、明確な党派西洋政治変数はマイダンで呼び出されます。また、Nこの文脈、ドイツ、ポーランド、フランスの外相のほか、同じく西に導か"ウクライナの対立代表」の24時間以内のクリチコ(コンラート·アデナウアー財団)、Tjagnibok(NPD /スウォボダ)とYatsenyuk(NATO /米国)壊れたマイダンの解決のための合意とYanukovychはと警察の撤退と呼ばれる。警察部隊の撤退は嵐の暴力的な民族主義者のための大統領宮殿への道をクリアしました。

してから狙撃があります。マイダン上のショットは、重要な、独立した欧米のメディア満場一致Yanukovychのであったプッシュ靴。証拠は日付なしという問題がある。その代わりに、凝縮からの狙撃という証拠が増加があるホテルウクライナが出射殺していたが、それはこの時点でしっかりと国家主義武装勢力の手にあった。証明はと盗聴通話適用としてはCathrineアシュトンUrmas PAETと、だけでなく、集団からSBU、証拠の文を。この日に新政府によってイベントの発表した調査が行われていない。おそらく木はトラックをカバーするために、マイダンに伐採された。

独立したメディアの意見によって解決自由西部の民主主義の矛盾は、東部ウクライナのキエフ民主的に選出された政府の反テロの操作に関しても存在する。伝えられるところでは、用語「親ロシア」と「分離独立」西洋機の発明。人々は意思がありませんでしロシアに参加を。最初無血抗議は内戦にのみキエフ軍の「残忍な」攻撃によって縮退された。これとは対照的に、平和的な市民は攻撃者の彼らの素手で戦車を停止しようとしていた。

最後に、表面上は最強の引数プーチンはunderstanders:

有罪が証明されるまで、誰かが無実であることを示す、米国でその入札は「無罪推定」の法的があるだろう

証拠は、彼らが十分な能力を有することがないので、これまでのところ、マレー航空機の墜落反政府勢力が示唆された証拠のためにそこにある。

だから、とにかく唯一残っているのウクライナ側は、有力な容疑者として残した。また、特許請求の範囲のプロパガンダロシア家臣マレーシア:

たぶんMH17は1のSu-25戦闘機が動作可能なレベルまで行くように指示された
領土南北戦争以上前のすべての便のMH17面が飛行する航空管制官が指示
計画された偽の旗操作のショー明確な痕跡
もちろん、ここで明確にした情報に事実の大部分が構成されていることがわかる。

プーチンの重要な側面は、ファンを持っていますが、見落とし:民主主義の中で最も重要な資産は、言論の自由である。自由がなければ、民主主義!

事実の操作も表現の自由に関する明確な攻撃である。事実が理由だけで不足している場合、西洋の基準では表現の自由が存在する可能性があります。

表現の自由の制限は、現在ロシアで栄えてきましたどこまでである、それは明確に月曜日にロシア軍の参謀の記者会見で見られた。西部の無料メディアのような情報を与えられたが、明らかな原因の方向に非難の嵐は、すぐに中を破れるコメント欄に意見の爆発的形成の健全なバーストを主導したであろう、厳しい顔をした将軍は、現在に責任が誰だったかの単一の遊離の意見を策定させた。

しかし、証明されていない疑惑の欧米のメディア集約的消費に依存せず、影響を受けない意見を形成している自由で独立志向の国民の圧倒的多数に対するいくつかの事実は何ですか?

すなわち、彼らの中の - 事実の発表、特定の方向への操作的意見を通して操縦するために望んでいる独裁政権に対する西洋の責任ある市民の完全な力とは何ですか!

食いしばっタイピストは、次のようなとても素晴らしい、西オピニオンリーダー、何がロバートLeicht FAZの、ヨッヘン·ビットナー時間、1月Fleischhauer価値は、その後、創造的な想像力に欠ける、無口ロシア事実の提示に反対する鏡の中やボリスReitschuster?

私たちは、表現の自由、多様性と創造性あるいは我々が事実の狭さを絞めすると脅している独裁で、我々は民主主義に住みたいかを決定する必要があります!

http://amr.amronline.de


このエントリは、に掲載された 海外で
贈収賄、詐欺や重大な犯罪を証明する:ビッグファーマはある不正なギャング への武器売却イスラエル:U NとE Uは、最終的にしなければならないドイツの制裁
への24の応答のウクライナパイロットの立ち上げ、M H17へ

アバターアーノルド
アーノルドは 言う:
2014年7月28日11:03に
それでも、このビデオでは、見てください https://www.youtube.com/watch?v=lAYFDWHnaSU ブリュッセルとアメリカが持って自国民の女性の子どもたちにウクライナのファシストに融資。

返信
ローンアバター
ローンは 言う:
13:32に2014年7月28日
加算器:
必要にウクライナ語と米国以外の知性のヌーンは、唯一冤罪とW /どんな証拠Oを有するロシアに対して進水何campain大規模な宣伝をしました。

返信
アバターженя
женяは 言う:
13:59に2014年7月28日
вамСпасибо!Немцыумныйитрудолюбивыйнарод.Чистогонебавамипроцветания!СлаваはГерманииをсправедливой!

返信
アバターИванКит
ИванКитは 言う:
14:06に2014年7月28日
Наочередиуфашистоватомнаястанция。Ещеестьвремяисправитьположение。Европейцы、прекратитеспонсироватьфашизмнаУкраине!Всевашиправительстватрусыилжецы!Нелижитерукиамериканцам、выдлянихБОИНГ777!

返信
アバターNADIN
NADINは 言う:
14:21に2014年7月28日
プーチン(クレムリン)は、世界的なインターネットの荒らしや腐敗したジャーナリストのために支払うために十分なお金を持っています。ロシアのトロールの過剰な活性は、それが真実を隠すために、クレムリンのための重要な方法を示しています。うそのあなたの標準セット:クリミアはロシアの兵士たちによって占められていませんでした。ロシアはドンバスウクライナに対する戦争ではありません。ロシアは南東ウクライナ、シリア、パレスチナのテロリストに武器を供給しない。ロシアはボーイングMH17撮影されていません...

返信
アバタートミーラスムッセン
トミーラスムッセンは 言う:
14:26に2014年7月28日
28/07/2014 -米首席補佐官デンプシーはプーチンを比較 「...」彼らは、「スターリンがクーデターによって倒さすることができなかった末に実現し、その歴史的経験は、彼らに別のソリューションを指示さ:スターリンの皇帝と以前と同じことをする。困難は克服できないようだったということがあった。侵略が実行できる持っていたヨーロッパではどの国もありませんでした; どれも、対応する地理的位置やソ連の侵攻のための十分な軍隊を持っていません。敵がなかったので、 "これらは「彼を取得しなければならなかった。唯一のドイツは人口の多いと「ソ連に侵入し、スターリンの敗北を与えることが戦略的にできた。 。 ラコフスキー-プロトコル クリスチャンJurjewitschラコフスキー-ソ連の外交官、トロツキー主義のそして高度なフリーメーソンは、首のスターリンのショットを脱出したいので、バックグラウンドで、想定した人についてのアンパック人類の運命を導くために!http://www.luebeck-kunterbunt.de/Geschi/Rakowski-Protokoll.htm 。 近くがヒトラーの環境全体は、その静脈多かれ少なかれユダヤ人の血が流れた人々で構成されていた。元帥乳を出すとアイヒマンは純血ユダヤ人だった。東部地域を含む全体のドイツ帝国内のユダヤ人の人口の数は1933万人の半分程度であった。そのユダヤ人がドイツ国防軍兵士を務め15万より、から半無傷以上さまよった。彼らは安全に兵站、治安部隊に秘密警察のランクになど、ロシア、イギリス、アメリカ、のように飼育したので、ドイツ国防軍のすべての民族の、ユダヤ人は、控えめに苦しんだ。 。 、ソ連の民族の男性のエリートの大量絶滅が発生しましたソビエト政権のトップランク時に80パーセントシオニストのユダヤ人へ。タルムードは、「最高の非ユダヤ人は破壊されなければならない」と述べている 。 1993年に発表されたモロトフの回顧録によると、ベリア、ユダヤ人、およびMVD(内務省=省)のチーフは、彼が1953年3月5日に夕食にスターリンを持っていたと主張し、彼に対して持って毒殺。しかし、元帥ジューコフの力はMWDのコマンドレベルから、誰も1953年6月27日上のレジストことができなかったように予想外だった。つまり、1953年の最大のロシア革命は黙って話に忍び込ん。それは国全体の行政機構からのユダヤ人が徐々に排除を引き起こし、コールド 地球上の天国のユダヤ人の王国はちょうど憎むために高い財務の虚構と戦争にある フォルカーはいつもそうでない場合、彼らは(フィアット= AIR MONEY =コンピュータゼロ)ではないので、戦争、テロ、偽の旗OP、大量殺人、インフレ、税金、HAARP、「株式市場の暴落」などなどによって行われた/保管貧弱である必要がありますローンが必要になります。私立高校ファイナンス自体がマネーサプライを作成するためのお金は、唯一の高金融権力の行使である。http://lupocattivoblog.wordpress.com/2010/03/25/die-privatisierung-des-weltgeldsystems/

返信
アバターINA
INAは 言う:
15:09に2014年7月28日
http://cs7010.vk.me/c7008/v7008330/e2b4/fbgTBMNf__g.jpg 民主的Meinungsfreihei残念ながら誰もが.......

返信
アバタービクター
ビクターは 言う:
18:16に2014年7月28日
КогдажеЕвропапрозреетивспомнитопределениедемократии?

返信
アバターasdasd
asdasdは 言う:
18:27に2014年7月28日
хохлыпидарасы

返信
アバター優等学位
学士は 言う:
18:32に2014年7月28日
Посмотритенаработукиевскойхунты。HIRは夫人メルケル、EU、米国とNATOのために、まだWarheitです。これはキエフHuntaのご支援の結果である。それは残念なので、盲目の仕事です。http://www.odnoklassniki.ru/video/62742791402904-1?fromTime=2817

返信
アバターHANZフランツ
HANZフランツは 言う:
19:17に2014年7月28日
ウクライナ危機:死と破壊は、東ウクライナで継続

返信
アバターイゴール
イゴールは 言う:
19:22に2014年7月28日
どうもありがとうございました。

返信
アバターマティアス
マティアスは 言う:
19:39に2014年7月28日
オデッサ:悲劇が、意図的な大虐殺はありません

オデッサのエスカレーションの背景。国家主義ファシスト勢力-キエフ編成は-実行したり、明らかに彼らの犠牲者の一部を殺害した。CIAとFBIはキエフで政権に助言する。ドイツのメディアは、部分的にバックアップされ、ウクライナの右翼テロ作る
SEBASTIAN帯で検索する

オデッサの暴力のエスカレーションは、約40の男性で金曜日に死亡した - 地面にオブザーバーとして - ではない悲劇は、数十人の燃焼が不幸な状況にないチェーンがありません。それは、ファシスト軍が主催冷血な虐殺だった。準軍事的な権利部門は、オデッサにサッカークラブハリコフの超シーンから募集しているほとんどの人の彼の信者の数百を、送っていた。そこに彼女は戦いに行くために地元の超民族主義者と提携。

「既に開始時(...)での通常の右翼のサッカーファン盾、ヘルメット、警棒、空気と歩兵の武器の整った戦闘機のグループの下に落ちた "と、それが左ウクライナ組織Borotbaによる報告書で述べている。

占有されていた - - オデッサだけでなく、他の建物を右をターゲットにすることはいくつかのメディアに反して、しない以前に「親ロシアの活動家」の組合会館の前でマイダンテントキャンプ、後にモデル化されたキエフのクーデター政権の反対派によって建て戦闘機だった。

高齢者、それらの多くの抗議キャンプの活動家、そして女性が絶望的に​​約千よく組織の攻撃に非武装と劣っていた。

キャンプは焼失していた後に銃器を使用して、手榴弾やモロトフカクテルガス国家主義の攻撃者は、労働組合のホールに人々を運転した。しかし、避難所のようなスローガンの下にファシストとして "それは私たちに降りまかせる」またはセット火」のすべてが、最後を殺す」、大量の墓だったと誰も出力を残すことができなかったことを確認しました。達成への通知消防車が消火動作を防止するためにフィッティングマイダンサポーターから採取した。でも、そうでない場合、イベントは野蛮なシーンによって特徴付けられた。炎からジャンプして、オープンエアに逃げたいと思った人たちの多くは、ファシストが増加したした真の血液のラッシュの犠牲者だった:彼らは牛のような被害者を殺害した。

すべてではない死の家にあったことは、炎や煙によって破壊された。目撃者に、建物に火を設定する前に、マイダントレーラーに侵入し、文字通り彼らの相手を実行する方法。それは、はるかに多くの死亡は、キエフのように報告されているされている必要があります。独立して、この情報をさせないことを確認します。建物の内部からのいくつかの死体の画像記録は、殺人を目標とすることをお勧めします。特に不穏な写真が火の行為によって明らか手付かず残っていた部屋にいた死んだ女性を示しています。重く妊婦は明らかに絞殺されていた。

キエフでは、人々との戦いを繰り広げている

虐殺で主導的な役割は、権利部門の単位に加えて、「14歳 マイダンの自己防衛の百、「特に暴力的な凶悪犯だけでなく、部門の権限のグループは、「国家警備隊に組み込まれていた。 "

かつての "マイダンの司令官は、「Andrij Parubiは、ファシスト社会·国民党(現スウォボダ)いったん共同設立し、現在は祖国党のメンバーは、ウクライナの国家安全保障と防衛評議会の会長であり、の設立と運営のためにこのように大きな原因州兵。

彼の側近ドミトロJarosch同様、Parubiの権利部門のリーダーはオデッサで金曜日にあった。これは2右翼過激派は、ゲーム内のイベントで自分の指を持っていたかもしれないことを示唆している。

大虐殺を超える百生き残っ犠牲者が逮捕されたながら虐殺した後、右の部門の信者は、ハリコフの後に警察の保護下で行った。そのうちの約半数は、デモ隊が再び日曜日に地元の警察署を包囲万の解放された。残りの囚人は、すでに中央ウクライナのキエフによると、費やされている。あなたは、プロセスがあるため、「分離主義」でできていると思います。

「14であるため マイダン「国家警備隊のメンバーの数百キエフ、政治的責任で政権を担う事実上の、大虐殺に関与していた。彼らの「内閣総理大臣」Arseny Yatsenyukは、しかし、BBCとのインタビューで明らかにし、これと非難し、「親ロシアのデモ」を担当する現地の治安部隊は、力があると「挑発」。

紛れもなく、CIAとFBIからの米国の専門家の数十キエフで政権に助言することを週末以来。これらは、図によると、 "国の東部で反乱を終了し、機能してセキュリティ体制を構築するために」、日曜日に支援するためのもの、キエフで米国政府から委託されています。

ロシア外務省は「オデッサの悲劇」「暴力と脅迫に犯罪者キエフの依存度」のさらなる証拠を見ている。

国家警備隊、権利部門と西ウクライナ東部ウクライナの「反テロの操作」から忠実な陸軍ユニット単位で行わオデッサキエフサポーターエスカレーションから強制的に一致すると、大幅に拡張されました。Slavjanskとクラマトルスクや他の町では民間人を含め銃撃戦、死亡者数十人の推定値は、ありました。

タンク、攻撃ヘリコプター、重砲や狙撃は反乱の人口に対する位置にもたらされた。今でも「社長」アレキサンダーTurchinovは現実には「反テロリスト操作は「自国民に対する戦争であることを認めざるを得なかった。「正直であるとする。これらの領域の市民は、彼らが大幅に反テロ操作の実装が複雑にテロリストをサポートする、分離独立を支援」、Turtschninowは日曜日に言った。そして、彼は東アジアの多くの警察官に「プロのロシア軍が共感」と訴えた。

殺人者のための賞賛

権利部門のTwitterやソーシャルネットワーク応援サポーターとユーロマイダンオデッサの残酷な虐殺に。しかし、たとえ政府関係者、賞賛があった。

antirussischem価格水準にさえタイトなセーリングはウクライナ当局、メディアが大虐殺についてコメントしている「不穏な言語」となりました。「オデッサ·マンで焼かれているが、ウクライナのメディアはほとんど勝ち誇っ報告し、愛国者は「分離独立を撃退している」。それは成功し、うち喫煙過程にあった。 "

領土の知事、ウラジミールNemirowskyは、殺人者のための賞賛に満ちていた。「皮肉なことに、その火の数十人の命を奪っている放火犯は、知事は明示保護しました:武装テロリストを中和するために「法的にするための手順である「されて」彼にミラーを引用で。

彼らはほとんどの原子爆弾でロシア語を話すウクライナ人の何百万人を一掃したいとgeleaktes電話の呼び出しによって知られている祖国党の大統領候補としてもユリアティモシェンコは、虐殺を歓迎した。人々の燃焼が務め、「行政の建物の保護」を持って、マイダン - 放火犯は「平和的な抗議者」であった。

キエフ "政府は「被害者を野次と加害者が明らかにした:彼女はオプションにロシアの秘密は、FSB、デジュール社長Yanukovychのかさえも責任常駐する火災のための"テロリスト "のビルでお楽しみいただけます。ロシアとTransnistirenから主に死んだ人々の間でデマは、キエフ「政府」から来た発見した。

西洋政治家のコメントで、オデッサの大量殺人は、しかし、残っている、確かに後悔、加害者の指定、さらには非難である。

「オデッサの悲劇は、モーニングコールである必要があります!暴力が唯一の反暴力を解決し、「説明
外務大臣フランク·ヴァルター·シュタインマイヤーは、土曜日の午前中にベルリンで。それは現在停止されていない場合は、「もはや止めるために何かすることはできません瞬間を来ることができます。そのため、すべての当事者の政治指導者がより多くのオイルが火の中に注がれなければならない必要はありません。つまり、ワードの選択から始まります。武道戦争レトリックだけ物事を悪化させる」

NATO事務総長アンダースフォーラスラスムッセンは、「ウェイクアップコール "が、この協会オデッサでのイベントの際は述べています。シュタインマイヤーを非難し、その武道レトリック持ちの方 NATO諸国は、アップグレード「敵」と見なされるべきでは東、ロシア軍と設備を再配置しなければならない - 結局、それはまだ、先週行ったように、彼は「敵」のロシアに関して話すことはなかった、北大西洋条約機構(NATO)バーシュボウの事務局次長。

ブルガリアの外相クリスチャンVigenin、その西側の対応とは異なる結論に達しました。彼は「とんでもない」とオデッサのイベントを説明し、民兵組織の武装解除するためにキエフに呼びかけた。"ウクライナ当局は公約を果たすために、右の翼の超国家主義者の影響を制限しなければならない、「大臣は土曜日に言った。キエフは最終的に、ジュネーブ条約の合意を実装する必要があります。

ドイツのメディア:ファシストギャングのバックカバー

まれに、大虐殺は非常によく彼の全ルーチンの中で文書化されなかった。数え切れないほどのビデオでは、それらの多くは、ネットワークに自慢する犯罪者に自分自身を発見し、イベントのシーケンスを正確に理解することです。

オデッサの大虐殺は、ドイツのマスメディアのウクライナ報道においても、新たな低利用可能です。日間、彼らは明らかに、プロセスだけでなく、殺人者を指定するために持続的に拒否します。

製剤の一つである「中央労働組合の建物は数十人が死亡し、火災にセットしている間」とは、例えば「オデッサのカウンターパーティー重い通りの戦い」は、納入していた、加害者と被害者で汚損されています。

それは完全にヒトの協力の自然事象の除外を引っ張って記述する必要があったように、であっても話は "親ロシア勢力と労働組合の建物ウクライナ政府支持者の間での戦いの間に勃発した火災。"

ミラーは、さらに一歩行ってきました。ガーディアンの記者を引用し、報告されたハンブルグベースの雑誌は「組合建物の外親ロシアキャンプ抗議の最初が炎上した」が、火の上に置いた情報を、使い込んだこと、正しい。"その後、キャンプからの活動家に5階建ての建物の中に閉じこもっていた、「ミラーは語った。"その後、状況は完全に混沌とした:ビルから火炎瓶や石を飛ばした。" 次に、 "最も活発なウクライナは、"建物を襲撃しました。大虐殺は、自己防衛の行為である。

プロパガンダのこの形態の一例として、ARDの報告である。まず、tagesthemenは金曜日の夜に組合ホールでの火災で受信された。ウクライナから数ヶ月で報告し、国家主義マイダン運動のための彼らの同情の小さな秘密をした、すべての後に、「親ロシアの活動家、自分が一人でキエフの政府の反対者と支持者の間で激しい衝突、後のことを報告するために知っていた特派Golineh ATAI、 」、「囲まれて追い詰め」、最終的に組合ホールに「 "マイダントレーラー対戦相手のせいにすることは「それから火に火炎瓶で建物を配置するために、「牽引してきた。

一晩、送信機の記憶喪失の編集者に使用されている必要があります。のための土曜日からtagesschauに放火か、加害者にさえも手がかりがないより多くの話があった。「重い衝突組合が火災をキャッチ建物では、以上の40人が死亡し、「広報担当者は黒海の港湾都市からの寄与を開始した。

前日自体にARDによって任命 - 有罪が立っていたのと同じように、それが言う「いくつかのロシア語を話す住民はすでにインフェルノのために犯人であるため、次の日にオデッサには、焼か組合構築の前に、人々は、犠牲者を弔う " - 実際には修正されていない。彼は続けた: "多くの人々の前夜炎から逃れるために彼らの死に投げ出された。建物の中に窒息数十人。火事の原因は "明らかに火炎瓶なかった - 誰が加害者と被害者がいた人には何の単語。

「以前は、親ロシアの活動家は、棒や銃で攻撃した、ウクライナの統一の大きなデモ " - このシーケンスは警察の非常線を突破マスクされ、武装したデモ参加者を表示した画像と合成される。

ウクライナフォーカス

どのようなほとんどの視聴者はほとんど気づかないでしょう。コメントと画像が互いに矛盾。示さ抗議者は彼らの黒と赤の腕章によって容易に認識、右のセクターに属しています。CNNは同日フィルム材料の長いカットを示していた。それは明らかに相手を打ちのめす、警察の障壁マイダントレーラー、ウクライナ、旗の後ろのように揺れ、見ることができます。右部門のメンバーは、そのため、警察の障壁を突破しようとすると、そこに彼らの仲間をサポートしたい、と。これとは対照的に、tagesschauの表現は等しい特定の操作の不誠実な被害反転伝わってくる。意図や愚か?少なくとも無責任な公共放送のために、規制は真実に条約が必要です。

これはまた、とりわけ、グリーン政治家ヴェルナー·シュルツは、最高2日間のショーアン·ウィルでのオデッサの大虐殺の前に可能性暴力ファシスト·民族主義勢力の存在を体系的に否定を含んでいる。彼のために、彼らはロシアのプロパガンダに基づいている「バグベア」、である。

Quelle: http://indexexpurgatorius.wordpress.com/2014/05/08/odessa-keine-tragodie-sondern-ein-gezieltes-pogrom/

実行に関連オデッサウクライナ政府https://www.youtube.com/watch?v=3YkvWj2QXsU

返信
アバターエドワード·チャンセラー
エドワード首相は 言う:
19:41に2014年7月28日
あなたが知っている、私は西のつまり批判Spiegel.de中の記事にコメントしました。
解説が同じことをブロックしていると表示されませんでした。
彼らは紙の上に見えるので、民主主義と表現の自由について何も言わないしてください
と考えることができます。むしろ、ドイツのメディアは、ドイツの読者のための偏見中傷キャンペーンを誇張
。注意して
​​これは、人が死ぬ戦争についてです。つまり、哲学はここに適切ではない、である。
むしろ、それは不公平を解消するために事実を動作させる必要があり、飛行機事故は、特に以来
、最大クリアする。

返信
アバタービタリS.
ビタリS.は 言う:
20:04に2014年7月28日
彼女の記事のソースは、風刺ページですが、あなたはおそらく注意することを忘れているという事実。インプリントを見ては十分なされていると思います。悲しいが、そのために彼女は、信頼できるソースとしてあなたを失格。この上の文は、おそらく多くが、でそれを補うことができます。よろしく、ヴィターリS.

返信
ピンバック:3D Unificato -フォーカスucraina - Pagina 800
アバターザ·ミラー
ミラーは 言う:
20:28に2014年7月28日
おそらく木はトラックをカバーするために、マイダンに伐採された。 - 読む。木が整っている。銃声が整っている。読み取りを配布し者達に恥。ちょうどあなたが、このような記事を殺すか多くの命を理解していない。あなたが意図的にそれを行うかどうか - あなたは殺人者です!

返信
アバターのSer
水は 言う:
20:59に2014年7月28日
民主主義が、事実は事実ではないか!米国のイメージvondemラケットスタートは、彼らがこれをveröfentlichenたいし、有する場合やなどの一般的には、すでに尋ねた。または?

返信
アバターイェルク
ヨルグは 言う:
21:03に2014年7月28日
それはウクライナと米国の債務を持っていることはすでに明らかである

返信
アバターリタ
リタは 言う:
21:28に2014年7月28日
それは明らかだ。誰がこの挑発を必要とする - だけCIAとキエフでその人形を。

返信
アバターAndrii
Andriiは 言う:
2014年7月29日7:40に
偽物と挑発!

返信
アバターPiterskiy
Piterskiyは 言う:
12:10に2014年7月29日
попалисьпиндосы

返信
アバターValerya
Valeryaは 言う:
12:44に2014年7月29日
私はそれを理解して、ドイツ人は絶対にしないでください。それはあなたの理解に<何民主主義、絶対に年1941を忘れてしまったようです。私はそれについてあなたを思い出させる。その時、あなたはしないというファシズムがパワーになると思いました。ヒトラーと彼のギャングについてのあなたのlachtet。そして今、突然、すべてを忘れてしまった!理解できない!のはここで、Putinistenプーチン?なぜ、彼とすべてのロシア人に対するこのような憎悪?悪い何プーチンはあなたに行っている?彼はあなたを脅かす?GSされていません?むしろ1よりも、あなたと一緒に機械設備を購入していない?あなたはどんな機会に取り組んでいる?あなたが原因ロシアの全てを失業している?
号 我々、ロシア人は私たちの大統領を信じて、これは特に重要です:私たちはファシズム小さい子供や女性を殺すためにとる措置、重いブーツでウクライナで来るかを見る。あなたは、この記事を読んできたすべての人は、式の唯一の自由はあなたがとても賢明で勇敢な人々、事実を必要としないことを、真の民主主義だと思います!東南アジアにウクライナに来てください!都市Slavjansk、ルガンスク、ドネツクします!いわゆる「分離独立」の母親はerschoosenたように見えます。街の中央広場にある都市Slavjansk 20母親!あなたは、あなたがそう勇敢で民主的であれば、来て、彼らは家、幼稚園<SchülenRiever軍の作ったものを見て!だけにしてwhatâあなたのコメントのように、今書いて!します
私たちはあなたを待って、それで。おそらくあなたは、この自由はとても彼女を大切に取得します。
Valeryaロシア年金受給者

返信
アバターカルロス·メデイロス
カルロス·メデイロスは 言う:
14:13に2014年7月29日
多くの欧州諸国が費用を負担しながら、米国/ EUと国連は常に選択肢は、米国の利益を守るために彼らの戦争で整列されています。ロシアは米国が孵化しなどの代替案を試してください。それはしない、別の大虐殺、シリアの21世紀の最初のできる米国の不満を促進について、世界に知られています。キエフ、ロシアのクーデター政権を守るために動員することは、公開する前に、世界を非難する。しかし、我々は米国の作戦を明らかにするために、情報を操作するために、証拠に直面して沈黙することはありません。事を公開する勇気おめでとうございます。7X1にもかかわらず、その公正のためにあなたを愛しています!...


37. 2014年7月30日 07:39:23 : BVqwfGc3rw
マレーシア航空はネオコンのカモですね。

38. 2014年7月30日 08:40:37 : SAkbcU4RQs
故意に墜落現場の現場検証を困難にしている親露派の犯罪としか思えない。ウクライナの仕業なら、現場保存しているでしょう。銃を持つ覆面の連中がウクライナ特殊部隊ということもなさそうですし。


39. 2014年7月30日 09:17:33 : h5v2wKaCmU


赤旗報道の劣化が目立つ、親ロ派が撃墜したという欧米メデイアの報道に追随し、垂れ流すのみである。ウクライナ・ロシアの双方の情報を分析し、解析し、批判するという姿勢が見られない。昨29日の赤旗も、ほぼ1頁全面使い、親ロ派武装勢力の疑惑なるものを、報じた。どうも最近の赤旗は、大国や権力側の壮大な謀略やフレームアップには、対応できなくなっている。ダンマリか追随姿勢のみである。いつ頃から、何故こうなったか。小沢「政治とカネ」報道でも、権力・検察の謀略といくらいっても、そうした党員の声には全く耳貸さず、率先して小沢ゼネコン政治とカネなるもののキャンペーンを張った。これでは、「体制内」共産党の指摘や批判に、反論できなくなる。米ネオコン戦争屋勢力の、覇権を離すまいとする、焦りや足掻きからくる謀略やフレームアップに、赤旗はこれからどう対処するつもりか。911以来謀略はスケールアップの一方で、1226ムサシ不正選挙など、こちらにもヒタヒタ押し寄せている。こうした状況に、目をつぶていていいのか。又、欧米メデイアに追随するのみでは、赤旗の魅力は薄れる。シャフシュシェクのときも、現地特派員は、彼の悪行を掴んでいたが、反ソということで大目にみてしまった。赤旗に、汚点残した。かって、ヴエトナムの時は、その正確・真実の報道に対し、アメリカさえ評価し、NAA(米公文書館)では唯一赤旗を、収集保存した。日本メデイアが、ゴミウリや犬アッチイケーなど体制御用機関化で、メデイアの責任放棄で、国民から相手にされなくなっているとき、赤旗しか果たせない任務あると思うのだが。赤旗だけは、プロパガンダ宣伝機関にならないと思うのだが。

[32削除理由]:アラシ
40. 2014年7月30日 09:20:14 : hbw5DkCChw
>>36
nJF6kGWndY、またアンタか。
放射能にやられた放射脳の投稿とはこのこと。
まともな翻訳もできないない長文の投稿、嫌がらせか。
要点をきちんとまとめて投稿してくれ。

41. 2014年7月30日 09:49:23 : E0epB89n3E
>38
「銃を持つ覆面の連中」はCIAが雇っている傭兵です。アメリカに雇われた(株式会社アカデミの)傭兵であるのがばれないように覆面をしています。それ以外にウクライナの正規軍が覆面している理由はありません。

42. 2014年7月30日 11:05:42 : neEE6r3mkA
昨日21時頃に、当方がホームページを見たときは、以下の赤文字の注意書きはなかった。

>The source of this article is a satire page.
Источником этой статьи является страница сатира.
Die Quelle dieses Artikels, ist eine Satireseite.

http://wahrheitfuerdeutschland.de/?p=3622

wahrheitfuerdeutschland.deの元記事であるAllgemeine Morgenpost Rundschauのホームページには、そのような注意書きは加えられていない。

http://amr.amronline.de/2014/07/25/ukrainische-pilot-gibt-abschuss-von-mh17-zu-meinungsfreiheit/

ただし情報の信憑性はないと思っている。


43. 2014年7月30日 13:30:38 : WwPDCnZveE
やっぱり米国の謀略!

◇ロシアが盗聴した極秘会話を流出させたようです。

メルケル首相は自分の電話が米国に盗聴されていたことに大変怒っていたようですが、今度はドイツがウクライナの電話を盗聴したのでしょうか

オバマとポルキーとの間の電話内容と言われている こと 2014年7月25日

f:id:k1491n:20140729114809p:image

http://www.rense.com/general96/transobnpork.html

Rough Translation Of Alleged Phone 
Call Between Obama, Porky

25 July 2014

以下の記述は今日のロシアの新聞記事からのオバマ とウクライナ大統領のポロシェンコとの間の電話会談の内容の抜粋である。この電話会談は7月22日ヨーロッパ時間18時53分から19時 12分までの間におこなわれたものである。

ドイツの情報機関はこの会談の記録を入手した。ア ンジェラ・メルケルは公開しないように、記録は隠すように指示した。この記事によるとロシアの情報当局はこの会話内容をドイツ側から入手 することが出来た。この記事にはこの電話会談の一部しか記載されていない。

ポロシェンコ: ”バラク、あなたの行動に ついて、私は怒り、失望している。・・・我々は合意の通り共同で作業をした。以前あなたは分離主義者とロシア人達がマレーシア航空機の撃 墜事件を起こしたと言ったが、今ではあなたはロシア人の関与の証拠はないと言っている。もしもあなたがそう言い続けるとしたら我々にはモ スクワに対抗する力はない。”

オバマ: ”まあまあ、気持ちを静めて、 ピーター!私たちは証拠は「まだ」ないと報告を受けているが、今作業中だ。私たちは「それを本当のものにするよう作業中だ。」 あなたは 大きい過ちを犯した。あなたはジェット戦闘機を派遣するという誤りを犯した。ロシアはあなた方のジェット戦闘機を特定した。今では、世界 にあなた方のジェット戦闘機がマレーシア航空機を追跡した理由を説明出来ないでいる。”

ポロシェンコ: ”我々には地上から目的を 達成できるかどうか確信がなかったのだ。我々は旨くやる必要があった。”

オバマ: ”分かった、ピーター。しかし、 今ロシアは我々に対してもう一枚のカードを持っている。”

ポロシェンコ: ”過ぎたことは過ぎたこと だ。”

オバマ: ”ピーター、あなたはこれが悪い ことで過ちだと認めるのかね?このジェット戦闘機は我々に頭の痛い問題を起こしたんだぜ!”

ポロシェンコ: ”我々は全部をはねつけ続 けるよ。 大事な事はロシアはこの事件に関係していなかったなどと言って、将来あなたが我々をはめないようにすることだ。”

オバマ: 我々はあなた方を支援し続ける よ。我々は同じボートに乗っているんだから。これは確かなことだ。 同時に、我々が合意していたように、これはもっと早く起きていたはずの 事だ。”

ポロシェンコ: ”あなたは我々の専門家の レベルを知っているはずだ。”

オバマ: ”これらの専門家の腕は疑わしい と思っている。彼等がぺらぺらしゃべったりはしないだろうね?ロシアは既に彼等を見つけ出そうとしているんだから。彼等を表にださないよ うにしてくれ。彼等が口を割ったら・・・・”

ポロシェンコ: ”分かった。彼等が絶対に 口を割らないような対策を講じるよ。”


44. 2014年7月30日 14:27:28 : oJFrRWIQoM
Su−25は地上攻撃専用機であって、高高度を飛行する航空機を撃墜する能力はありません。

マレーシア機が撃墜された時点では、その高度は1万m前後です。
しかし、Su−25の実用上昇限度は7000mです。

また、Su−25には、対空戦闘用のレーダーがありません。
だから、ロックオンすること自体ができません。

さらには、Su−25が運用できる空対空ミサイルは2種類ありますが、どちらもウクライナ空軍は保有してません。


なので、ここにある情報は、ロシアのプロパガンダと思われます。


45. 2014年7月30日 14:57:51 : TbZy18kA1M
>>44

キエフもそのように反論すればいいのいに(笑)
もう信用されないか。


46. 2014年7月30日 15:33:31 : a3QVVQafgo
やっぱり、上昇限度7,000mのSu-25では高度10,000mのマレーシア航空機を撃墜するのは無理だろうな。

ロシア軍のSu-25

■性能緒元

重量 9,500kg
全長 15.53m
全幅 14.36m
全高 4.80m
エンジン ツマンスキー R-195(44.18kN)2基
最大速度 950km/h
航続距離 400km(戦闘行動半径)
上昇限度 7,000m
武装 AO-17A 30mm連装機関砲×1(250発)
  R-60赤外線誘導空対空ミサイル(AA-8 Aphid)
  各種爆弾等6,000kg
乗員 1名

47. 2014年7月30日 15:42:18 : PeE76hJXds
ウィキ丸写し↑それを得意げにやるとこのスレでは嘲笑の元になる。
なお集合知としてのウィキぺディアはしょせん皆が知識を持ち寄って書いているものであり、専門家がちゃんと名前を明記して責任をもって解説しているわけではないのでウィキにはこう書いてあると引用することが必ずしも正確とは限らないことを覚えておいたほうがいい。

48. 2014年7月30日 16:00:15 : IQdUKNR9uY
ドイツのタブロイド紙とも言うような、とても信ぴょう性のない新聞だけをソースにして信じてしまうのはどうなのかと…

ドイツの新聞が有事下にある軍のパイロットに接触できたとか、どうやってそのパイロットを特定したのかとか、その「告白」の裏付けはどうしたの?とか。そういうのものなしでいきなり「信じろ」ではねえ…

スホーイ25にまともな対空戦闘能力はないし、なにより高度の辻褄が合わない。実用上昇限度7000mのスホーイ25に、射程1500m程度の機関砲。対してマレーシア機は高度10000mちょいを飛行中。この小学生でもわかるレベルの計算ができるなら「スホーイ25の砲による撃墜説」が成り立たないのはわかりますよね?

そのリンク先にある「ミサイルではできない穴」というのがそもそも間違い。対空ミサイルは目標の至近で爆発し細かい破片を浴びせます。散弾のように細かい「弾」を浴びせるから、小さい穴がたくさん空くのは普通なんですよ。


49. 2014年7月30日 16:21:03 : UDRjfaaKZ2
地対空ミサイルが至近距離で炸裂し、目標飛行体を撃墜する という指摘は以前からたくさん寄せられていた。
 しかし、それなら 大きな機体であるB777の下から狙われた場合、胴体部分に加えて両主翼の半分までもが燃料タンクになっている構造上、その炸裂した散弾が表面積の大きい胴体下部および主翼に命中するのは自明。
 であれば、目的地を遥かに残しているB777の燃料はまだたっぷり積まれているわけで、被弾により出火⇒爆発に至る ことが予想されるのでは?

 しかしyoutubeの映像(これが本物と仮定してだが)を見れば、左右どちらかのエンジンから炎を噴きながら落下する様が確認できる。
 これは首記の地対空ミサイル説に無理がある証左ではないか。

 ただし 記事の 『砲』 という表現もいかがなものか・・・やはり私は空対空の熱感知追尾式ミサイルが後方から、一方のエンジンを打ち抜いて炎を噴いた と推測する。

 あくまでの推測の域を出ないが・・


50. 2014年7月30日 16:35:29 : TbZy18kA1M
とても信憑性のあるキエフの情報が有りましたな(笑)

ぜひキエフ側の反論が聞いてみたいものですな(笑)
同じ反論したらたぶん笑ってしまうな。
たぶん別の方からロシアに突っ込まれるから。

>>43

>> オバマ: ”分かった、ピーター。しかし、今ロシアは
我々に対してもう一枚のカードを持っている。”

笑った。


51. 2014年7月30日 16:39:22 : oWcpCErZaE
ひとつ言っとくと、あからさまなロシアの情報工作です。
ロシアはそれらしい情報は息のかかったメディアを介して出しますが、公式見解としては絶対に出しません。ある意味で部外者をミスリードさせる為の仄めかしといえます。
要は投稿者みたいに考えてしまう人を作り出すのがロシアの狙いであり、その意味では投稿者はロシアの思う壺といったところです。

特にSu-25による撃墜説はロシアが裏から手を回して必死に流させています。ロシア系メディアはもちろん、今回のネタ元となったドイツのよくわからないメディアに関してもそうです。
今回の件などロシア→怪しいドイツメディア→ロシアの声という典型的なソースロンダリングです。ロシア以外のメディアから発信されたというのが重要であり、情報の真偽などは二の次です。

この件は間違いなく公式見解としては絶対に出してこないでしょう、話として馬鹿らしすぎますので。
今後も似たように手法で情報を裏から流していくと思われますので、裏を読むとロシアの必死さがわかって面白いですよ。


52. 2014年7月30日 16:43:08 : 6AUQU0yuJI
「やはり私は空対空の熱感知追尾式ミサイルが後方から、一方のエンジンを打ち抜いて炎を噴いた と推測する。」

B777は片方のエンジンが破壊されても残りのエンジンで余裕で飛行を続けられる。

それに墜落現場は5Kmに渡ってB777の主要な部材が広範囲に散乱しており、また遺体も5Kmに渡って散乱しているのが見つかっている。

この墜落現場の状況からは、B777が上空で空中分解したことを示している。これだけの破壊は弾頭が3Kgしかない赤外線追尾方式のR-60空対空ミサイルによる攻撃では説明できない。


53. 2014年7月30日 17:15:04 : IHVIg2ahoM
マレーシア航空機撃墜事件の原因は、マレーシア機の飛行状況などを記録した「ブラックボックス」の解析結果で、「墜落の原因は、爆発物の破片で機体が破壊され、急激な減圧が起きたためだ」と判明。マレーシア航空機の機体前方に付いた小型金属片によるとみられる損傷は、標的のすぐ近くで炸裂する信管の付いた地対空ミサイルとみてよいのではないか。地対空ミサイルによって撃墜されたとの見方を裏付けることになる。墜落の原因は「空中分解」ではない。

他の人も指摘しているが、上昇限度7000m、射程1500m程度の機関砲のSu-25でどうやって高度10000mのマレーシア航空機を撃墜するのか。

話をそらさず、まずこの疑問を合理的に解決してもらいたい。

そうでなければ、とてもではないがSu-25による撃墜説など信用できるものではない。


54. 2014年7月30日 17:35:56 : 6AUQU0yuJI
>>53

強力な弾頭を有する地対空ミサイルによる破壊によって、機体が空中分解したということ。

墜落現場の機体と遺体の散乱状況はそのことを物語っている。


55. 2014年7月30日 18:58:07 : HL7uTIUjro
 SU25の機関砲に装てんされる弾丸も近接信管つきを選べます。

56. 2014年7月30日 19:02:43 : rUj6oznxK6
マレーシア航空撃墜事件後のウクライナ上空の飛行機 動画追加 [ウクライナ]
http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2014-07-19

この動画を見ると「空中分解」というほどではないように見える。

それより、「上昇限度7000m、射程1500m程度の機関砲のSu-25で、どうやって届かない相手の高度10000mのマレーシア航空機を撃墜できるのか」知りたい。


57. 2014年7月30日 19:03:26 : BVqwfGc3rw
そもそも親露派がbukなんか使ってわざわざ自分たちの立場を悪くしてまでマレーシア航空のような外国民間航空会社の旅客機を落としたのは何故ですか?

よほど暇だったんでしょうか?


58. 2014年7月30日 19:19:09 : BVqwfGc3rw
Su-25は古い機体で、公表されている諸元は旧式のものだと思います。後、実用最大高度というのは作戦行動中の高度ですから、7000メートル以上の上昇が出来ないわけでもないです。

59. 2014年7月30日 19:25:25 : DDnmi1ZH0U
>>56

その前に、

旅客機が撃墜される直前まで

なぜウクライナ軍のSu-25が

近くを飛行していたのか?

疑われるのは当然だろ?

納得のいく説明をしてみろ


60. 2014年7月30日 19:26:32 : HL7uTIUjro
53
実用上昇限度について調べてみろ

61. 2014年7月30日 19:33:22 : sxgCWUAmQ6
>>59
普通に考えて親ロシア派武装勢力に対する攻撃をやっていたんだろう。
きっと今日も明日も明後日もあの空域をウクライナ軍のSU25は飛んでるよ。

62. 2014年7月30日 20:12:47 : 7a485pUwzQ
ウクライナの北朝鮮化が進んでいる。
両者の舞台裏が透けて見えそうだぞ。

63. 2014年7月30日 20:24:58 : Wr5cvCffrE
>>56
届くでしょ
相手の高度、速度、針路はだいたいわかっているのだから、無線情報とレーダーを頼りに、緩い角度で上昇していき、ケツについて撃ちゃあいい。
急上昇、急降下、急旋回などしなければ、そう簡単に壊れるもんでもない。
管制官(クビになったらしいがw)は、MH17に低く飛ぶよう指示もしている。

何にせよ、管制官と軍用機が戦闘地域に誘導したのだから、ウクライナは国として重大な責任がある。


64. 2014年7月30日 21:00:45 : EAkIk2fULU
おれは遠隔操作説を推しているが、

ミサイル説もウクライナ側BUKじゃねえの?

Su-25説も高度10000に届く、

っていうことで、どの説もすべてウクライナ側が今のところ論破されている
ように見える。ということで、

遠隔操作で墜落しながら、Su-25に撃たれながら、ウクライナ側のBUKミサイルに
も撃墜された、全部正解、という説を立ててみたw 工作員はこれ論破してみ?w


65. 2014年7月30日 21:09:39 : EAkIk2fULU
ボーイング777自体が爆発物を抱えていた、っていう説はどうなんだ。

ミサイル発射の証拠も出ないし、Su-25で撃墜があやしい段階ではこれが
一番素直な推測だと思うが。素人的には。

機体の散乱状況を地対空ミサイルだけで理論付けようとする理由はなんだ。


66. 2014年7月30日 21:34:59 : o6qLMEpiS1
>>51
逆もまた然り。
アメリカの方が必死に見えるな。
この手のアメリカプロパガンダは30年前から手口が変化していない。
情報は曖昧なんだけど非難する相手は明確。
目的は挑発と敵の創作。
もう飽きました。

67. 2014年7月30日 22:14:58 : RduNa6sAPk
>>56が紹介された映像が正しいとすると、片方のエンジンから火を吹きながら墜落している.
>>52が指摘されているように、B777は片方のエンジンで飛行を続けられる.
空対空ミサイルの破壊力はエンジンだけを壊す程度と考えられるので、戦闘機のミサイルではなく、地対空ミサイルがB777の直近前方で炸裂し、片方のエンジンと操縦席に同時にダメージを与えたのではないか?

1.空対空ミサイルの破壊力から、戦闘機による撃墜とは考えにくい.
2.ウクライナが戦闘機で追尾しながら、わざわざ地対空ミサイルで撃ち落としたとは考えにくい.地対空ミサイルを使用するつもりなら、戦闘機の追尾は不要である.
3.機関砲による攻撃、あるいは空対空ミサイルによる攻撃ならば、B777のパイロットが即死したとは考えられないので、フライトレコーダに撃たれた瞬間の音声が記録されているはず.ウクライナの戦闘機による攻撃ならば、フライトレコーダを手に入れた親露派が公表するはずである.


68. 2014年7月30日 22:28:38 : jIe2de1rbQ
やはりBRICS開発銀行創設を阻むアメリカの謀略と考えるのが一番自然。
ロシア側にはマレーシア航空の旅客機を撃墜しても、何も得るものが無い。
それどこか世界中からのバッシングと、大国ロシアとしての信用を一気に失う事になる。それを判っていて実行するのであれば、もっと自国領空から遠い地で起こすであろう。

過去に遡ればイラクのサダム・フセインもリビアのカダフィも、他国との取引において自国通貨により決済を行おうと着手していた。シリアのアサド大統領も中国やロシアとの原油取引には、人民元=ルーブルで行う意向を明らかにしていた。その後イラク・リビア・シリアがどうなったかは皆さん周知の通り。

大量破壊兵器を保有だの、テロ国家だの、有りもしない事を御用メディア、傘下メディアを使い嘘を捏造し、言われの無い戦争を仕掛け、邪魔ものを殺戮し、傀儡共を政権中枢に据え、国を乗っ取った。

この過去の所業を振り返れば、撃墜の方法はどうあれ、世界の基軸通貨として覇権を手中に収めて来たアメリカにとって、プーチン率いるロシアは目障りな存在であり、それはウクライナも同じく、ロシアを貶める事に関しては完全に利害が一致。ロシア政権を崩壊させる事は出来なくとも、少なくともBRICS創設がどういう事態を招くのか、BRICS参加予定国に強烈な脅しとして働き、頓挫をさせることが出来るかもしれないと、ウクライナを動かし実行させたととるのが、一番自然である。


69. 2014年7月30日 22:40:22 : fmoA3dDfts
マレーシア機は機関砲で撃墜? ロシアTV Has automatic cannon shot down the Malaysian airliner


https://www.youtube.com/watch?v=2N5eWGcPnlk


70. 2014年7月31日 00:07:33 : FfzzRIbxkp
この事故によるマレーシア航空のご遺族は、どのような賠償が発生しているのでしょうか。

民間人を犠牲にするなよ。人類は、地球上から戦争を追い出せ。


71. 2014年7月31日 01:01:28 : Ffh380kskZ
>>56 この映像は、今年6月6日に撮影されたAN機の撃墜シーンのようよ。
少なくとも、MH17ではない。その日のうちに投稿されている。

民兵が自分で撮影しているようね。無線機からの喚声みたいなものが聞こえるな。

http://www.youtube.com/watch?v=vB4xJ_F3ddA

ネットで見たり読んだりしたものが一般的な見方(ま、マスコミの意見ね)と違うときは、
まずネットの情報のほうを疑ったほうがいいね。

で爺



72. 2014年7月31日 07:20:36 : iTu8Qc3tQQ

脳内妄想レベルの一般論でしか反論できなくなったユダヤCIAの工作員ですが 
ウソにウソを重ねるアメリカ(ユダヤCIA)は、今も昔も、何事にも手段を選びません

スマホにスパイプログラム、組込み完了
http://up3.viploader.net/news/read.cgi/vlnews077071.jpg/l50
 


73. 母系社会 2014年7月31日 08:20:16 : Xfgr7Fh//h.LU : pp8wL5o6JY

★★ウクライナ民族は、イスラエルのシオニストのように「ナショナリズム」が
煮えたぎる異常な精神状態に陥っているのかもしれない。

●●今のところ、ありとあらゆる可能性=ウクライナの謀略、演習事故、
親ロシア派の誤爆=があり、SU−25の関与説も、その一つ。

●仮に、親ロシア派が誤射したとしても、キエフの準ネオ・ナチ政権の責任
も免れない。

なぜなら、小火器しか持たぬ親ロシア派に対して、住民を巻き添えにする
空爆などするから、親ロシア派も、対空兵器で対抗するしかなくなり、
その結果、親ロシア派が誤射したということになるからである。

★従って、犠牲者は親ロシア派だけでなく、キエフ政権の責任も問うことが
出来る。

●更に言えば、戦争では味方に誤爆されるというようなことも起きるので、
誰が撃墜したか?は二次的問題に過ぎない。

★★根本問題は、なぜ、親ロシア派が武装蜂起したのか?である。

すると、オランダ政府の責任さえ問える。

なぜなら、オランダも加盟するEUは、ウクライナがEUに将来加盟する条件
として、東部のドンバス炭鉱の閉鎖を要求したから。

というのは、ドンバス炭鉱の安い石炭がEU市場で流通するようになると、
再開したイギリスやドイツの炭鉱の高い価格の石炭が売れなくなり、再び閉鎖
するしかなくなるからだ。

ところが、ロシア民族が多い東部の製鉄業とかの産業は、ドンバス炭鉱の石炭
に支えられて繁栄してきたので壊滅し、また、その他の産業も、ロシアや旧ソ連
地域でしか売れない商品しか生産できない。

これは、東部の産業を牛耳る「新興財閥」=政商が独立後、利益をEUへの
金融投資に回し、設備投資しないためでもあるが、とにかく東部の諸産業の
現状は、主に旧ソ連地域を主な市場としてきたので、EUの厳しい、非現実的
な要求で、東部のロシア民族は経済的基盤を失うのは必至であることが、主な
武装蜂起の理由の一つなので・・・

★この事故の犠牲者たちは、現在のEU指導部の責任も問うべきであり、
オランダ政府にも責任があるので、オランダ政府などのEU各国政府が、
被害者面するのは、盗人猛々しいと言うべき。

●また、ウクライナの財政危機=国家破綻危機=の原因は、新興財閥=腐敗
政治家の跋扈であるのに、ロシアや、東部のロシア民族が原因であるか
のように、問題が摩り替えられている。

だから、親EU派新興財閥である現大統領の親西欧化路線=東部のロシアを
主な市場とする産業の切り捨て路線=も、ウクライナ危機を解決することは
出来ない。

★★現在のウクライナは、親ロシア政策でも、親EU政策でも、内戦が起こる
政治・経済情況なのである。(つまり、等距離外交=中立的な道しかない)

●ウクライナ東部のロシアを主な市場とする製鉄業や航空宇宙産業は、日本で
言えば千葉や神奈川、愛知の日本を代表する工業地帯であり、ドンバスの
炭鉱は、東部の工業地帯を、そしてウクライナ経済自体を支える重要産業
である。

●キエフ政権は、ウクライナ随一の工業地帯を壊滅させても、欧米の一部になる
という自滅的選択を行った。

というのは、モルドバもEUに加盟しようとして、東部の親ロシア派が多い
工業地帯が独立状態になったので、西部モルドバは、ヨーロッパ最低の貧困国
となり、日本の昭和恐慌時代の東北のように、少女の人身売買が横行する国
となったが、なぜか、キエフ政権はモルドバと同じ道を進もうとしている。

●また、一時はロシア語を公用語から外し、あらゆる組織から、ロシア民族の
幹部を追放しようとさえした。ロシア語を公用語から外すというのは、長期的
にはロシア民族から、ロシア語=ロシア文化を奪い、ウクライナ民族に同化
することなので、<民族浄化>である。

●そして、マイダンの「天国の100人」を射殺したのは東部のロシア民族
から成る治安部隊という謀略により、右翼セクタ―などの報復の危険に直面
したロシア民族は、キエフ革命で、ウクライナの治安機関が崩壊したことも
あり、無防備状態になってしまった。

だから、東部のロシア民族は武装蜂起=自己権力を創出し、自衛のために、
検問所を設置し、右翼セクタ―などの東部への流入を防止するしか、選択肢
がなくなったのである。

●要するに、<失業、報復、民族浄化>の危機に晒さらされた少数民族である
ロシア民族が、自衛のために武装蜂起したのが、クリミア独立であり、今回の
内戦である。

(副次的には、もともと、ウクライナ経済の稼ぎ頭であった東部の少数派である
ロシア民族には、多数派である西部のウクライナ民族に、一方では政治・文化
社会的に軽視・差別され、一方では財政的に「搾取」されているという不満も
あったが、キエフ革命までは、武装蜂起してまで「搾取」を阻止しようとは
しなかったが・・・

ウクライナ民族は、自らキエフ革命で憲法秩序を崩壊させてしまったので、
ロシア民族の不満と怒りを爆発させ、決定的に離反させてしまったのである)

●●ウクライナが財政破綻に陥ったのは、ロシア民族が原因ではなく新興財閥
=政商=腐敗政治家であるので、両民族は力を合わせて、新興財閥を一掃する
しか、ウクライナの破綻を救えなかった。

既に、親ロシア派は、ウクライナ東部で約三十万人を雇う「ドンバスの帝王」
であり、親ロシア派だったウクライナ最大の「新興財閥」=アフメトフが
裏切ったので、アフメトフが所有する工場などを国有化した。

●700年ぶりに祖国を得たと勘違いしているウクライナ民族は、イスラエルの
シオニストのように「ナショナリズム」が煮えたぎっている異常な精神状態
(特に若者)にある。

だから、最悪の場合、ウクライナにネオナチ政権が樹立され、全ての責任を
ロシア民族に押し付け、本格的な、文字通りの<民族浄化>を行うかもしれない。

●しかし、西部でも、既に徴兵に対してウクライナ民族が抵抗を始めている。

また、この事件の顛末がどうなろうが、800万人もいるロシア民族の生命・
生活を掛けた抵抗が収まるわけではないので、更に犠牲者が増えた場合には、
キエフの「準ネオナチ政権」の内戦路線も、安泰というわけではないだろう。

Western Ukraine | Protest against Mobilization - Local Deputy Beaten
Read more at http://www.liveleak.com/view?i=112_1406728552#Kg3HCveXQU4Lu3Aw.99
https://www.youtube.com/watch?v=We7Cy8YSPVU

Western Ukraine | Mothers demand their sons returned from the war. | English Subtitles
https://www.youtube.com/watch?v=AWi0Daf228M&list=UUdnB82ob_V7EXwwcCtB1vUg

Ukraine Crisis | Another Battalion Being Sent to War
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/570.html?c15#c15

Ukraine Crisis | Ukr. Soldiers Waiting for Asylum in Russia | English Subtitles
https://www.youtube.com/watch?v=4ErRXgvZ35E&list=UUdnB82ob_V7EXwwcCtB1vUg


74. ダイナモ 2014年7月31日 08:56:51 : mY9T/8MdR98ug : SFB6e5PgNo
73>>

「今のところ、ありとあらゆる可能性」

などと言っておきながら、

「ウクライナの謀略、演習事故、親ロシア派の誤爆=があり」

だけしか取り上げず、

「(ウクライナの誤射にみせかける)親ロシア派の謀略」が抜けているのはどうしたことか ? 

ありとあらゆる可能性などではなく、自分に都合のいい部分だけ取り上げている。


75. 2014年7月31日 09:24:12 : JWJTvHchpQ
ウクライナ国内にはロシア製のブクが60基あるそうだ。

どのブクから発射されたものかわからない。

米国やEUは親露派の仕業と決めつけているがどうか?

日本のマスメディアは西側の発表しか報道しないから片手落ちで話にならない。

「民間旅客機を撃墜してメリットがあるのはダレか」を考えると親露派とは考えにくいのではないか?

危険空域を飛行した旅客機のコースも極めて不自然ではないか?

ブラックボックスにコースの指示音声などが録音されていればハッキリするだろう。

親露派がボックスを先に押さえたのはウクライナ政府の不正を恐れたもので大正解だったろう。

ボックスの内容はすべてプーチンにも報告済みであろう。



76. 2014年7月31日 09:29:25 : yDwM1wFi4k
 ブラックボックスは マレーシアから謀略を仕組んだ側である英国に引き渡されたのだとか?
 これがすべてを物語ってるね。 英国で分析なら、出てくるパイロットの会話や管制官とのやり取りなど、そのすべてがねつ造可能だ。従って英国にB.B.が渡った時点で、御仕舞い。真相は闇に葬られることになりました。

 一体誰がB,B.を手放させたんだよ ったく。


77. 2014年7月31日 09:32:36 : atxeyfN6Rs
>74
すべて結果が出てから出て来られたらいかがでしょう。

78. 2014年7月31日 09:52:23 : E4bT3Bpr2w

あのなあ、ロシア国防省のデータだと、MH17の機影がレーダーから消えた1分後に、Su-25とみられる機影もレーダーから消えてんだぞ。


79. 2014年7月31日 10:52:05 : d1INYqu1to

PM still confident about MH17 mission
( http://news.smh.com.au/breaking-news-national/pm-still-confident-about-mh17-mission-20140731-3cv2o.html )

反政府勢力が墜落現場に通じる道路に地雷を敷設しだしたみたいやわ。

MH17を撃墜してないなら、ここまでして妨害せんだろ?

「はるばる遠いところをお越しいただきありがとうございました。是非とも私どもの無実を証明して頂きたくお願い申し上げます」と言って調査団にお茶の一杯も勧めるよなあ、無実ならな。


80. 2014年7月31日 11:53:27 : awTbinbNcE
>>79
>反政府勢力が墜落現場に通じる道路に地雷を敷設しだしたみたいやわ。

政府勢力の攻撃が増大したから。真実を知られたくないウクライナ政府が攻撃を
しかけ、調査をできないようにしている。


81. 2014年7月31日 12:44:53 : w3M1BHSquE
>>09さんの言う事が、最も的を得ている
普段はマスコミの言う事など信用できるかなどと偉そうに のたまうくせに
都合の良い情報には大喜びで飛びつく オカルトマニアに有りがちな典型的なご都合主義

さらに ウィキも必ずしも正確とは限らないなどと 自慢げにのたまう馬鹿もいる
確かにウィキだって全てが正確とは限らぬ事など誰でも知ってはいるが
オカルトサイトや陰謀論サイトの妄想じみた思い込み情報なんかより
何百倍も信用できる事だけは、誰の目にも明らかなんだけどなぁ

大手マスコミなんか信用しないと言いつつ、三流ゴシップ週刊誌の記事を思い切り真に受ける輩が
本当にこの阿修羅には 魑魅魍魎のように湧いておりますな (〃^∇^)o彡☆あははははっ


82. 2014年7月31日 12:53:12 : w3M1BHSquE
どう考えたって 有り得ぬ妄想
SU25がミサイルで撃墜などと言うのでさえ、限りなくゼロに近い可能性なのに
機関砲でなんて、ちょっと軍事の知識が有る人から見れば 腹を抱えて笑うレベルだ
竹やりでB29を落としましたと主張するのと大差ないでしょう。

83. 2014年7月31日 12:59:42 : RTWWw8j8P6

今のところヒステリックな米英と冷静沈着、論理的な露との対比が際だつ。

プーチンが役者として数段上だが、米英が黄昏を迎えているのは否めない。


84. 2014年7月31日 13:07:18 : ynSQvzTlvk

>>81

>普段はマスコミの言う事など信用できるかなどと偉そうに のたまうくせに
>都合の良い情報には大喜びで飛びつく オカルトマニアに有りがちな典型的なご都合主義

まったくその通りですよ。

汚くてもウンコにたかるのをやめられないハエのような連中です。


85. 2014年7月31日 15:00:22 : IzTl2FBXlc
プーチンが乗っている大統領専用機と間違えたんね。よく似てるし。

86. 2014年7月31日 15:05:05 : IzTl2FBXlc
事故直後、墜落現場付近に住んでいる年配のおじさんが、TVのインタビューに答えて「空で何発も機銃音が聞こえた後、大きな爆発音が聞こえた」と言っていたのが、ずっと気になっていたんだがこれでスッキリした。

87. おっさんZ 2014年7月31日 15:52:26 : QiAidfSyKW8xg : Yub1kaOtjE
有り得ないな。

1:まず、ロシア有利な情報がロシア発表という所からして、ウソの可能性が高い。
2:SU−25は対地攻撃機で、1万メートル以上の上空を飛ぶ旅客機を撃墜する兵装は搭載していない。また、SU−25は実用上昇限度がせいぜい7千メートルの機体で、それ以上の高度ではジェット旅客機に付いて行く事も出来ない(推力のかなりの部分を高度維持に使わなければならない為)。

つまり、嘘。

大体、ウクライナ軍がウクライナ領内で、内戦をでっち上げる理由が無い。
一方、ロシア側には、ウクライナ内戦を起こす理由が有る。
内戦に介入する事を口実に、クリミアへの回廊地帯を確保するという十分すぎる理由が。

結局、>>09 氏の論理的な反証で全て説明されている。
論理的な反証に耐えるような親ロシア派の言い分は見られない。


88. 母系社会 2014年7月31日 15:57:31 : Xfgr7Fh//h.LU : pp8wL5o6JY
>>74. ダイナモさん

ダイナモさんて、案外、世界情勢がわかっていませんね。

ル・モンド・ディプロマティーク(日本語・電子版2014年4月号)
の下記の記事を読んでください。

ウクライナ問題で反ロシアに凝り固まるEU
オリヴィエ・ザジェク
http://www.diplo.jp/articles14/1404antirusse.html

<引用開始>

偏見に満ちた欧米メディア

<略>

(欧米の)メディアの多くのコメンテーターたちにとり、コサックが支配する野蛮国家ウクライナは、KGBの後継者に統治される半モンゴルのようなもうひとつの国ロシアと同類である。KGBの後継者たちはエゴイストの氷海の中に浮かび上がる神経症の皇帝たちのために腹黒い陰謀を企てている。彼ら独裁の担い手たちは、時代から遊離し、狭い場所に閉じこもって巨大な象牙のチェスボード上の駒をゆっくりと動かしていて、『エコノミスト』など読んだりはしない。時折、彼らは原子力潜水艦を白海に沈めて海の汚染を楽しみ、「近い外国」[旧ソ連諸国——訳注]で不法な国民投票を引き起こし、ソビエト連邦を再建しようとしている。[訳注a]

 この件について欧米メディアに見られる決まり文句を集めてみれば――ウクライナ危機の問題が始まってからだけでなく15年前から続いており――このけばけばしい色の伝説は、一般読者が今日のロシア連邦の政策について心に抱くものとほぼ同じだ。このように全くネガティブな認識は戯画化され、染みついた伝統の域にまで至っている。

 こうしたネガティブな認識は、ロシアの文化の全体主義的で「虚偽の」心理的威迫を強調する分析に基づくこともあり(原注2)、またヨシフ・スターリンからウラジーミル・プーチンに至るまで一貫している継続性に基づくとされることもある。フランスの論説記者やアメリカの新保守主義のシンクタンクから好まれる発想であるこうした発想はルネサンス時代のヨーロッパ人の旅行記にまで遡ることができるもので、そのなかでもうすでに、「粗野な」ロシア人と凶暴な古代スキタイ人との間には類似性があるなどと書かれている。

<引用終了>

そして、更に、この[訳注a]について・・・

<引用開始>

[a] この部分は全体の序章として、ヨーロッパの人々が昔から持っている、ロシアやウクライナ(コサックの国)に対する歴史観を背景にした憎悪・偏見・差別感情が露骨にメディアに表されるようになった様子を、戯画化して表現している。モンゴル帝国に征服された野蛮な国あるいはかつての皇帝たちの亡霊といったイメージは、ロシアがバルト海などで原子力潜水艦などを投棄した問題やクリミアの住民投票との関わりなど、KGB出身のプーチン氏ら現代の指導者達と過去の歴史上の人物達とが渾然一体となって常に陰謀を巡らせているように捉えられている。

<引用終了>

要するに、欧米諸国の政府やマスゴミは、自分たちもつい最近まで文字通りの
野蛮国だったくせに、ソ連崩壊後も、一方的にロシアやウクライナを
「コサックの国」=「野蛮な国」と見なし、露骨に差別するプロパガンダを
してきたのです。

(正確には、今もガザの悲劇を放置する欧米諸国は野蛮国だが、フランスでは、
1939年までギロチンによる公開処刑が行われていたし、その後も1977年
まで非公開でギロチン処刑は行われ、正式に廃止されたのは、死刑自体が廃止
された1981年だったし、周知のように米国は拷問・盗聴国家である)

こうした偏見に満ちた視線の中で親ロシア派が、わざわざ、ウクライナ
の誤射にみせかける「謀略」など、するわけがありません。

なぜなら、親ロシア派が何を言おうが、親ロシア派の言い分など、欧米では
マトモに報道されないからで、むしろ逆に、親ロシア派犯人説にされるのが
関の山だからです。


89. 2014年7月31日 16:28:35 : d1INYqu1to

仮にウクライナ軍が反政府勢力の仕業に見せかける為に民間機を撃墜したとしても、反政府勢力がその撃墜に合わせてタイミング良く地対空ミサイルを発射してくれる保証などまったくないのだから、詭計としては成り立たない。


91. 2014年7月31日 18:35:35 : RQpv2rjbfs
不毛な議論だ、どこが撃ち落としたにしろ失われた命とエイズ学者は帰ってこない。
そもそも、ウクライナあたりで大義なき内戦が繰り広げられているのが問題で

国際社会はロシア派ユーロ派の両者に制裁を課すべきところだ、
国際社会が一致しなければ制裁は効果をあげないのだ、南アフリカで経験済みだ。

即時停戦しなければ燃料を禁輸するだけで戦争の継続が不可能になるのだ
簡単ではないか。

麻薬は使用するよりも製造したり販売したりするほうが重罪である、
武器も同じだ、製造したり、提供したり、輸出したりするほうがより罪が思い。


92. 2014年7月31日 18:37:27 : v4am0qU2bk
SU25には空対空ミサイルを搭載できる。
射程距離は7千メートルの高度から1万メートルの民間航空のジェット機を十分撃墜できる。起動して発射するだけでいい。ロックオンは不要だ。理由は簡単近くにほかの飛行機が居ないから。
 

93. 2014年7月31日 20:07:48 : nDWKRX8zhg
>>90. 2014年7月31日 18:34:00 : Ui3OcjppsY 様

最高

特にこれ
この馬鹿さ加減

FNN超低能

http://www.youtube.com/watch?v=Wzjoiqysb7w

今見ると改めて大笑いですね
これでもかと新品のバッグ(それも同情を引こうと子供用ばかり)のオンパレードの積み重なり
さらに直近に買ったばかりの保護材でくるまれた無傷のウイスキーのビン

これこそが何よりの「嘘」の証拠なのです

それとネタニヤフのモグラの穴を壊滅させるまで「ヤル」の常軌を逸したバカ発言

さらにハマス怖いハマステロ組織と連呼し、そのモグラの穴から出てイスラエルの見張り番一人をやっつけるという茶番劇をお茶の間で見せつけられちゃあ、ハマスもひっくるめてグルだろ、と素人でも思ってしまうのよ。

このキチガイのおバカたちをそろそろ掃除しないといけないね


94. 2014年7月31日 20:44:27 : hU2UKe8pfM
>>87. おっさんZ 2014年7月31日 15:52:26 : QiAidfSyKW8xg : Yub1kaOtjE
>有り得ないな。

>2:SU−25は対地攻撃機で、1万メートル以上の上空を飛ぶ旅客機を撃墜する兵装は搭載していない。また、SU−25は実用上昇限度がせいぜい7千メートルの機体で、それ以上の高度ではジェット旅客機に付いて行く事も出来ない(推力のかなりの部分を高度維持に使わなければならない為)。

無知なくせに自信満々だね、実用上昇限度の意味知らないだろ


95. 2014年7月31日 21:00:50 : 7umt5xZmXE
 
無知蒙昧な『おっさんZ』さんへ

http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/570.html#c25
 
 


96. 2014年7月31日 21:54:33 : v4am0qU2bk
94さん
87は度つぼの科学です。
SU25が空対空ミサイルを搭載できるにも関わらず無視しています。
次はどこかの馬鹿のようにウクライナは持っていなかったと喚きます。



97. 2014年7月31日 23:03:39 : zhRCAKwkKA
ウィキぺディアではないzenwikiのSu−25の性能・主要諸元ではこうなっている。

性能・主要諸元

乗員: 1名
全長: 15.36m
全幅: 14.36m
全高: 4.8m
翼面積: 33.7m²
空虚重量: 9,500kg
最大離陸重量: 17,600kg
エンジン: R-195×2基
推力: 44.13kN×1
最大速度: 950km/h
航続距離: 2,500km
実用上昇限度: 10,000m

兵装

固定武装

GSh-30-2 30mm機関砲×1(250発)

空対地ミサイル

Kh-25ML
Kh-29L

空対地ロケット

S-5
S-8
S-13
S-25L

空対空ミサイル

R-60

ガンポッド

GSh-23L 23mm連装機関砲 SPPU-22

対地爆弾

250kg爆弾・500kg爆弾×8-10


98. 2014年7月31日 23:08:59 : zhRCAKwkKA
追記
リンクを貼り忘れました。

http://load.zenwiki.net/Su-25_%28%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%29/

これに付随してSu−25の実用上昇限度についてだがウィキペディア以外にもミリヲタ系サイトではウィキペディアの記述とは異なる実用上昇限度: 10,000mという記述が案外見つかる。


99. 2014年7月31日 23:20:24 : Wr5cvCffrE
さて、ニセユダヤのホラ吹き大魔王2名(オバカとポロちゃん)はどうすんのかな。

日本のダマスゴミは、小保方さん騒動はあきらめ、佐世保の少女惨殺でメクラマシ工作中のようだが・・・


100. 2014年8月01日 00:15:57 : DQYU0xQCDQ
2014年7月27日 (日)
SA-11(Buk)とSu-25の性能から考えるマレーシア機撃墜の犯人
http://kuon-amata.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/sa-11buksu-25-8.html

マレーシア航空17便撃墜事件の犯人は、未だに確定していません。

親露派武装勢力が証拠隠滅を図っていたと伝えられた他、状況証拠が多く、間を置かず「ウチの若い者が、やっちまったようです。スンマセン」なんて言い出すのではないかと思っていましたが、流石に組長がKGB出身なだけあって、謝罪するよりも嘘も100回続ければ真実になると思っているようです。

という訳で、ウクライナ+西欧諸国 vs 親露派武装勢力+ロシアのプロパガンダ合戦が続いているので、元自衛官推理作家として、犯行に使われたと疑われている凶器であるSA-11(Buk)とSu-25の性能から、犯人を推理してみたいと思います。

記事全体を、推理小説風に書くことも考えましたが、流石に不謹慎ですし、何より面倒なので、以下は普通に書くことにします。

まず、今回の事件に関するニュースで上がっていた兵器をピックアップしてみます。
なお、各種報道の中で、「ロケット」という言葉が良く出ていますが、ロシア語圏では、ミサイルの事をロケットと言ってしまうので、今回の事件では、ほぼミサイルと読み替えて差し支えありません。
また、ミサイル名称の後にある括弧内は、弾頭重量です。
なお、航空機の場合、実際に攻撃する場合は、搭載兵器である空対空ミサイル(AAM)か機関砲(GUN)になります。
可能性のあるものをピックアップすると、こうなります。

1 地対空ミサイル(SAM)
・SA-11(70kg)
・SA-7(1.15kg)、SA-16(1.17 kg)、SA-18(1.17 kg)

2 航空機
・Su-25(30mm機関砲、R-60(3kg)、R-73(7.4kg)、R-77(22kg))
・Su-27(30mm機関砲、R-27(37kg)、R-73(7.4kg)、R-77(22kg))

ただし、Su-27については、ロシア側が「ウクライナの戦闘機」という表現で可能性を仄めかしているだけなので、可能性は高くありません。

ここから細かい話も考えてましたが、ウォールストリートジャーナルが、マレーシア機の残骸に攻撃の痕跡があったことを報じ、その写真を掲載しました。、
「マレーシア機の穴、ミサイル撃墜を示唆」(WSJ20140725)
Woat129_airpro_g_20140724210611
同記事より

これで、一気に使用された兵器が絞られます。

OSCEの報道官は、「榴散弾のような、マシンガンで連射されたような穴」が機体の一部に点在していたと述べた。


WSJの記事にもある通り、このような穴は、大型ミサイルの弾頭部分に破片効果を高めるために仕込まれているタングステンなどの比重の高い金属でできたペレットによるものとよく似ています。
空中では、爆薬による爆風は、あっという間に減衰してしまうため、爆薬だけでは威力範囲が非常に狭いモノになってしまいます。そのため、比重の高いペレットを拡散させ、散弾銃を撃ち込んで破壊するようなイメージです。
(手製の爆弾に釘を仕込むのも同じですが、空中では効果はより高くなります)

となると、これだけでもSA-11(70kg)の可能性が非常に高く、R-27(37kg)の可能性が多少、R-77(22kg)はあり得なくはないという程度に絞れます。
ちなみに、この3種のミサイルは、すべてレーダーホーミングです。

WSJの記事にもあるとおり、今後破片の中からペレットが発見できれば、ペレットの大きさや素材から、使用されたミサイルを確定させられます。
が、発見は非常に難しいでしょう。
弾痕の大きさや密集度合いから、推定は可能ですが、確証とは言いにくいと思います。

一般には、ミサイルというと強烈な破壊力を持っていると思われがちですが、精密な機械であり、軽量化のために強度ギリギリの構造材とペラペラの外板で出来ている航空機を墜落させるためには、それほど大きな破壊力は必要なく、WSJの記事にもあるとおり、操縦不能にすれば十分です。

SA-11の弾頭は、目標の近くで爆発し「破片の球状雲」を送り出し、航空機のロッドやホース、配線に損害を与えるつくりになっている。


SA-11(70kg)だけでなく、R-27(37kg)もR-77(22kg)基本的に同じです。
弾頭重量に大きな違いがあるのは、ミサイル速度や機動性の違いから、命中時に想定されているミスディスタンス(目標との離間距離)の違いです。
ちなみに、SA-11(70kg)とR-27(37kg)では、弾頭重量は約2倍ですが、単純計算での威力範囲は3乗で効いてくるので、威力範囲としては8倍にもなります。

また、WSJの写真を見ると、この部位は、窓の形状とペイントの状況から、コックピットの右側窓下部分ではないかと思われます。
Malaysia_airlines_boeing_777200er_p
wikipediaより

原理上、目標が移動しているため、ミサイルは、シーカーが誘導しようとしているポイントよりも後方になります。
それでも、機首のコックピット部分にこれだけ弾痕が見られるということは、ミサイルがマレーシア機の前方から接近してきた可能性が高いと言えます。

この事を踏まえ、マレーシア機の破片が広範囲に散らばっているという事実、及び墜落中の映像とされる次の映像を見ると、機首前方当たりでミサイルが起爆したと思われるにも係わらず、左エンジンに火災が生じており、相当威力の大きなミサイルが使用されたと思われます。

つまり、使用されたミサイルは、SA-11である可能性が濃厚です。

また、対空ミサイルであるR-27、R-77が正面から命中したのであれば、東に向かっていたマレーシア機に対して、ロシア方向から戦闘機が接近した事になるため、親露派・ロシアが主張するように、ウクライナ軍機が攻撃したと考えることは相当に無理があります。
(実は、左エンジンが火災を起こしているので、ウクライナ軍機が搭載する赤外線誘導ミサイルの可能性が否定できないと思っていたのですが、WSJの記事が出たので、状況が変わりました)

ということで、ここまでの整理をすると、SA-11がマレーシア機の前方東側から、機体とミサイルがヘッドオン(正面衝突状態)で命中した可能性が高そうです。

では、SA-11を誰が使用したのかですが、東側から発射された可能性が高いというだけで、既にウクライナ軍ではなく、親露派ないしはロシア軍の可能性が濃厚ですが、もう少し検討してみます。

誰がミサイルを発射したにせよ、誤識別があった事になりますが、1万メートルもの高空になると、目視での識別は不可能です。SA-11には光学照準装置も装備できますが、一部に留まるようですし、相当高倍率の光学照準だったとしても、やはり1万メートルもの高空ですと、機種判定は厳しいでしょう。

普通、最も有効な識別手段は、2次レーダーであるトランスポンダーによる電波信号での応答です。
民間機は、3つのモードのトランスポンダーを搭載し、軍用機は、これらに加えて、西側東側でそれぞれ別系統の識別手段を搭載しています。

しかし、今回の場合、ウクライナも親露派も同じ装置を使用しており、どちらがミサイルを撃ったにせよ、軍用モードは当てにならないと考えていたかも知れません。

マレーシア機は、民間に開放されている3つのモードを使用していたはずですが、民間機を偽装していると考えた可能性もあります。
同種の状況は、アメリカの巡洋艦「ヴィンセンス」がイランの民間機を撃墜したイラン航空655便撃墜事件でも発生しているため、トランスポンダーの応答から、誰が誤識別をしたのかまでは類推できません。
ウクライナ軍は、ウクライナATCとの連携がし易いので、確率が低いとは言えますが、その程度です。

もう一つ、識別ではなく機種判定という点で、親露派なのかロシア軍なのかという点を推し量る事の出来る情報があります。

ロシアのマスコミ情報、および親露派のSNSでは、撃墜された機体を、親露派がAn-26と認識していた情報があります。
しかし、An-26とマレーシア機ボーイング777-200ERは、性能が著しく異なります。

事故当時、マレーシア機は、高度1万メートルを飛行していました。速度は不明ですが、巡航速度である時速1000km/h程度だったと思われます。
それに対して、An-26は、実用上昇限度が7500m、最高速度は540km/hです。
つまり、レーダーで飛行諸元を確認した時点で、まともな知識のあるオペレーターなら、目標はAn-26であることはあり得ないと判断できたはずです。

と言うことは、SA-11を使用していたのは、ロシア軍とは考えられず、ロシアから器材を渡されただけの親露派民兵である可能性が高いと言えます。

以上のように、推定ではありますが、ミサイルや航空機の性能を考慮し、各種情報を照らし合わせると、やはり今回の撃墜事件は、親露派民兵SA-11を使って引き起こしたという可能性が濃厚です。

アメリカなどは、これらの情報に加えて、衛星などからの情報を加えて、かなりの確証を持っているはずです。
ですが、もしかすると介入機運が高まっても困るため、追求の手を緩めているのかもしれません。


101. 2014年8月01日 00:36:10 : 6GVFgUzFN6
上の100の人。
そのブログが考察している動画自体がマレーシア機撃墜の物ではないみたいだが、それはいいのか?

102. 2014年8月01日 01:26:28 : 1laTubqZew

>>100

元動画はこれじゃないの? AN-26。しかも左右反転してるみたい。

Terrorists in Sloviansk shot down airplane at a height of 4km using Russian new weapon.
( http://www.youtube.com/watch?v=V22Cwgc1_co )


103. 母系社会 2014年8月01日 07:07:28 : Xfgr7Fh//h.LU : cGDM3N76rQ
>>100さん

>また、対空ミサイルであるR-27、R-77が正面から命中したのであれば、
>東に向かっていたマレーシア機に対して、ロシア方向から戦闘機が
>接近した事になるため、親露派・ロシアが主張するように、ウクライナ
>軍機が攻撃したと考えることは相当に無理があります。

ロシアは、考え得る可能性の一つとして、ウクライナ軍機が攻撃した可能性
も示唆していますが、一方では、ウクライナ軍のブクが撃墜した可能性も
示唆していますので、ロシアはウクライナ軍機が攻撃したと主張している
のではありません。

ですから、7月21日のロシア軍の記者会見では、ウクライナとアメリカに
対し、下記のような10の質問をしていますが、この3や4、5の質問は、
ウクライナ軍防空部隊のブク地対空ミサイル・システムについて質問をして
おり、ロシア軍はウクライナ軍のブクが撃墜した可能性も示唆しています。

★★ですから、この100のコメントが正しければ、この推理作家は、ロシア側
が示唆する<ウクライナ軍のブクが撃墜したという>というもう一つの可能性
も証明してしまったことになります。

ご苦労様でした(笑)

★この記者会見で、ロシア陸軍参謀総長のアンドレイ・カルトポロフ中将と
空軍参謀本部主任参謀のイゴール・マクシェフ中将が行った質問について、
「ROCKWAY EXPRESS 」から引用する。

(「ROCKWAY EXPRESS 」独自のコメントの部分もあるので注意)

<引用開始>

1.なぜ、マレーシア航空MH17便は国際的航路を外れたのか?
 
 「この航空機はドネツクに到達するまでは航路を維持していたが、
それから北に航路を外れていった」とカルトポロフは語った。

2.MH17便は操縦上のミスで航路を外れたのか、それとも乗務員は
ウクライナのドネプロペトロフスクの航空交通管制官の指示に従った
からなのか?
 
 「航路の左はしからの最大離脱距離は14kmである。それから、この
航空機は正式な航路に戻ろうとしているのが見えるが、マレーシア人
クルーはそれを達成するまでいかなかった。17時20分にこの航空機は
スピードを失い始め、17時23分にロシアのレーダーから消滅した」
と彼は語った。

3.反政府民兵らは航空機は所有していないのに、なぜ大規模な
防空システムが反政府民兵の地域付近に展開したのか?
 
 「我々が知る限りでは、ウクライナ軍は墜落当日、ブク地対空ミサイル・
システムを装備している3個ないし4個の大隊をドネツク近郊に持っていた。
このミサイル・システムは高度22km、射程35km内の標的を打撃できる能力
がある」

ドネツク地区のブク・ミサイルシステム。ドネツク市から5kmの地点

4.なぜ、ウクライナ政府はブク・ミサイルシステムを墜落直前に反政府
民兵支配地域のすぐ横に展開したのか?

 「我々はこの地点の衛星写真を持っているが、そこではウクライナ軍が
防空部隊をウクライナ南東部に展開しているのが分かる。最初の3枚の写真
は7月14日に撮影されたものだ。最初の写真はブク発射台がルガンスクの8km
北西にあるのが分かる。一基のTELARと二基のTELが見える。2枚目の写真は
ドネツクの5km北のレーダーを示している。二基のTARが他の装備と建物等
と共に見える。3枚目の写真はドネツク北の防空システムを示している。
TELAR発射機と60台の軍関係車両、車両用テントとその他の建物が見える。

 「これは同じ地域の7月17日の写真である。発射台が撤去されていること
が確認できる。5枚目の写真は同じ日の、ドネツク東50kmの
ザロシュチェンスコエ村とシャフチョルスク南8kmにあるブク・ミサイル
発射台を示している。6枚目の写真は、同じ地点の7月18日のものである。
見るとおり、発射台は撤去されている」

ドネツク地区のブク・ミサイルシステムはなくなっている。ドネツク市北
5km。7月17日 

5.墜落が起きた日、ウクライナはブク・システムのキーとなる構成部分で
あるクポル-M1 9S18レーダーの活動を活発化させた。なぜか? 
 
 「7月17日には、ウクライナのクポル-M1 9S18レーダーの活動が活発化して
いるのが分かった。この図で分かるように、7基のレーダーが7月15日に
作動していた、16日には8基のレーダー、17日には9基のレーダーが作動して
いた。そして18日からレーダー活動は急速に減少し、今では2基ないし3基の
レーダーが作動しているだけだ。この理由はまだ説明されていない」、

6.民間航空機用のルートで軍用機は何をしていたのか? 

 「この空域には当時3機の民間航空機が通常の飛行をしていた。17時17分、
コペンハーゲンからシンガポールへのフライト、17時24分、パリから台北
へのフライト、そして同時刻、アムステルダムからクアラルンプールへの
フライトだ」

 「更に、ロシアのモニタリング・システムはウクライナ空軍ジェット機、
恐らくはSu-25が上昇しマレーシアのボーイング機に接近してくるのを
記録している」

 「このSu-25はマレーシア航空機から3-5kmほど離れていた。Su-25は短時間
で高度1万メートルに到達できる能力がある。その標準装備はR60空対空
ミサイルを含み、これは12km先の標的をロックし打撃することができる。
これは5kmの距離の標的を確実に打撃できる」

7.なぜ軍のジェット戦闘機は民間航空機にそれほどまでに接近したのか?

 「17時21分35秒、ボーイング機のスピードは毎時200kmまで落ちた時、
新しい飛行物体を探知するマークがボーイング機の破壊の点に現れた。
この新しい飛行物体は4分間に渡ってドネツクとブツリンスカヤのレーダー
基地で継続して探知されていた。管制官の一人はこの新しい飛行物体の
正体が何か尋ねていたが、そのパラメーターに関する解釈を得ることは
出来なかった。恐らくはこの新しい航空機は第二監視レーダトランスポンダ
を装備していなかったためで、これは軍用機の特徴である」とマクシェフは
語った。

 「新しい航空機の探知はその航空機が上昇し始めたので可能となった。
この飛行物体の位置の変化はボーイング機の墜落現場をホバリングし、
偵察していたことを示している」

 「ウクライナ高官は先に、ウクライナ軍用機は墜落空域には存在しなかった
と主張したが、見ての通り、それは真実ではない」

8.ミサイル発射台はどこからきたのか?欧米メディアによってブク・
システムはウクライナからロシアに移動したことを示すというビデオが
出回った。このビデオはキエフ当局が支配する地域で撮影されたのだから、
発射台はどこから輸送されたのか?

https://www.youtube.com/watch?v=L4HJmev5xg0&feature=player_detailpage

 「ここに紹介してきたこの情報は客観的かつ信頼できるデータを元に
したもので、ロシアに対する根拠の無い非難とは違う」とパルとポロフは
語った。

 「例えば、ブク・システムがウクライナからロシアへ移動したことを示す
というビデオを欧米メディアは流した。これは明らかなインチキである。
このビデオはクラスノアルメイスク町で撮影されたものだ。背景に見える
自動車特約店の広告板の住所がドネプロペトロフスク通り34番地である事を
示している。クラスノアルメイスクは5月11日以降はウクライナ軍が支配
している地域だ」

9.今それはどこにあるのか?なぜ、いくつかのミサイルは発射台からなく
なっているのか?ミサイルが最後に発射されたのはいつか?

 ウクライナの内務省のビデオからの映像は、ウクライナから移動されたと
思われるブク・ミサイルシステムが3発の内の2発のミサイルと共にある
ことを示している。

2発のミサイルが見える、3発目、4発目は? MH17便の撃墜に使用された?

10.アメリカは、反政府民兵によって発射されたミサイルでMH17便が撃たれた
と主張する内容を示す証拠となるものを、何故示さないのか?

 「アメリカ高官らは彼等はマレーシア航空機が反政府民兵によって発射
されたミサイルによって撃墜されたことを示す衛星写真を持っている、
と主張した。しかし、今のところ誰もそれを見た者はいない。我々が知る限り、
確かにアメリカの衛星がモスクワ時間で7月17日17時06分から17時21分まで
ウクライナ南東上空にあった。

 「この衛星はさまざまな射程のミサイルの発射をモニターし追跡するよう
デザインされた実験システムの一部である。もしも我等のアメリカの仲間が
衛星からの映像を持っているのならば、詳細な検証のために国際社会に向けて
それを公開するべきだ。マレーシア航空機が墜落した丁度その時、アメリカの
衛星がウクライナ上空にあったというのは、偶然であろう。

ザロシンスコエのブク・ミサイル防空システム

 この航空機墜落問題において疑問点を持ち出したのはこれが初めてではない。
ロシアが攻撃の黒幕にいる確かな証拠を持っていると主張するキエフ当局が
テープを公開しただけで、なんらの説明もなされていない。

 自衛勢力(反政府民兵勢力)を非難しているアメリカは、情報関係資料を
公開することを拒否している。21日国務省副スポークス・パーソンのマリー・
ハーフはロシアの声明を「プロパガンダと偽情報」であると表現したが、記者ら
がアメリカ政府は情報と衛星からのデータを公開するのか、と尋ねられ、
ハーフは「するかもね」としか回答しなかった。今までのところ、アメリカは
自分達の主張をソーシャル・メディアと「コモンセンス」で擁護しているだけだ。

<引用終了>

ロシア軍:ウクライナ・アメリカへの10の質問 −その1−
http://rockway.blog.shinobi.jp/%E6%88%A6%E7%95%A5/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E8%BB%8D%EF%BC%9A%E3%82%A6%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%B8%E3%81%AE10%E3%81%AE%E8%B3%AA%E5%95%8F%E3%80%80%EF%BC%8D%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%91%EF%BC%8D

ロシア軍:ウクライナ・アメリカへの10の質問 −その2−
http://rockway.blog.shinobi.jp/%E6%88%A6%E7%95%A5/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E8%BB%8D%EF%BC%9A%E3%82%A6%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%B8%E3%81%AE10%E3%81%AE%E8%B3%AA%E5%95%8F%E3%80%80%EF%BC%8D%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%92%EF%BC%8D


104. 2014年8月01日 07:10:34 : sxgCWUAmQ6
>ドイツ紙Wahrheit für Deutschland

これはホロコースト否定なんかでドイツではちょっと有名なUdo Walendyがやってる
トンデモ新聞(というかミニコミ誌)なんだが。
もちろんあちらでも一般人は全く相手にしない。
こんなのありがたがっている時点でもうどうしようもないな。


105. 2014年8月01日 07:49:10 : sQP0LkkUJg
ロシア国防省の公開したレーダー情報が正しいと仮定しても、この記事には無理がありすぎるぜ(笑)
自機の2倍の速度で自機の実用上昇限度を巡航する機体を、対空レーダーを搭載していないSu-25の30mm機関砲で3000mの距離から目視と勘だけを頼りに攻撃して撃墜するだなんてな凄業をこなせるパイロットが居るとすれば、やはりデューク東郷だけだろうな。

106. 2014年8月01日 07:59:14 : 4TVUgeoF16
>複数の専門家たちはこの穴について、地対空ミサイルシステム「ブーク」では、このような穴はできないとの見方を示している。

たしかに、機関砲で撃ったような穴。
真偽をはっきりさせてくれ。
とにかく、無差別攻撃や、北方領土不法占領とかも法により早く止めさせろ。


107. おっさんZ 2014年8月01日 10:22:49 : QiAidfSyKW8xg : Yub1kaOtjE
>機関砲で撃ったような穴

んな物は、証拠隠滅中にカラシニコフで撃てば開きますよ。
SU−25の30mm機関砲で撃てば、穴どころか大砲が命中したように機体が引き裂かれますぜw。
30mm機関砲は炸薬入りだから、ただ穴が開くって訳にはいかないのさ(大爆笑)。


108. 2014年8月01日 10:22:58 : y9C1CQ6Wuo
>>103 のウクライナ政府によるブクミサイルの移動をしめすビデオが
捏造だったというロシアの主張は、決定打だね。

「背景に見える自動車特約店の広告板の住所がドネプロペトロフスク通り
34番地である事を示している。クラスノアルメイスクは5月11日以降はウク
ライナ軍が支配している地域だ」


109. おっさんZ 2014年8月01日 10:24:33 : QiAidfSyKW8xg : Yub1kaOtjE
>>94
無知と言うのは、君の様なトンデモ雑誌の記事を真に受ける人間の事さ(嘲)。

110. 母系社会 2014年8月01日 12:20:07 : Xfgr7Fh//h.LU : ZmkRnbIA8A

★ウクライナ内戦は簡単には終結しない。この戦争は「新冷戦」をもたらす
だろう。

●モンゴル帝国がスラブ民族を征服した時、既に、中国の高度に洗練された文化
・文明に感化されていたモンゴル人は、スラブ民族の「野蛮」な生活実態に驚い
たのである。

モンゴル帝国がスラブ民族を征服した同時期の西欧世界も、スラブ民族と大差
無いレベルの「野蛮」な生活をしていたのである。つまり、歴史的事実として、
西欧よりもアジアの方が遥かに洗練された高度な文化を築いていたのである。
ところが西欧は、スラブ民族を野蛮なモンゴル帝国=アジア人に征服された
野蛮な「コサックの国」と見なし、恐れると共に蔑視・差別してきた。

西欧のスラブ民族蔑視の根底には、アジア人に対する西欧の偏見があり、これが
やがて、東洋を不気味なもの、西洋とは異質なものと見る「オリエンタリズム」
となって、西欧による文明化事業としての植民地建設を正当化する根拠となり、
その後、この「オリエンタリズム」は、西欧知識人自身が「ヨーロッパ中心主義」
として自己批判するに至った。

●ところが、西欧はソ連崩壊後も、スラブ民族を野蛮な民族として露骨に差別し
続けているのである。つまり、西欧の知識人は自己批判したのだが、まだ、西欧
世界は、東洋を不気味なものと見る「オリエンタリズム」を自己批判していない
のである。

それで、今回のウクライナ内戦でも、ロシア=野蛮な「帝国主義国」という
先入観で事態を判断してロシアを心底から怒らせている。この西欧とロシアの
対立は「新冷戦」となるだろう。そして、この「新冷戦」は、ロシアを中国=
アジアとの同盟へと追いやり、その結果、西欧は自ら孤立するという自滅的な
戦略的ミスを犯しているのである。

なぜなら、既に、南アメリカと中東は欧米を憎んでいて、インドはロシアの準
同盟国である。そして、2050年頃には中国・インド・米国に次ぐ世界第4位
の人口大国になると予想されているパキスタンも中国の準同盟国。アフリカ
の知識階級も中国を絶賛しているから、中国とロシアの同盟は、アフリカでも
支持され、欧米は孤立する。

●これは、文明論的には、機械論的自然観に基づく「物的世界観」=西欧文明を
終焉させ、アジア、特に東アジアの関係主義的自然観に基づく「事的世界観」が
世界を主導する時代への飛躍をもたらすであろう。

★「事的世界観」とは、<物>とは<事>が物象化した仮象と考える世界観=
典型的には仏教の世界観であり、マルクス思想の世界観である。


111. 2014年8月01日 12:37:27 : w3M1BHSquE
>>107
まあ、そうですな 30ミリ機関砲は 戦車を撃破するための兵装
それを旅客機にぶっ放す事自体 素人考えとしか言えませんが
数発命中しただけで民間旅客機なんぞ バラバラに吹き飛びますわな

あんな穴なぞ、せいぜい9ミリ弾か それ以下の小口径自動小銃でしょうなぁ。


112. 2014年8月01日 12:51:27 : yHTeo31TOw
あのう

機関砲で撃ったということは、目視確認出来る距離なんですがね。
その距離で撃ったということは、故意に旅客機を撃墜したことになりますが。

性能云々ではなく、現実的に考えることをお勧めします。


113. 2014年8月01日 13:10:25 : w3M1BHSquE
と言うより 故意に旅客機を撃墜するつもりなら そもそも なんでSU-25なんだ?

SU-27を使えば簡単な話じゃねえか? これなら一万9000mまで上昇できるのだぞ
他に撃墜可能な機体が無いってんだったら話は判るが、ウクライナだって もちろんロシアにだって
SU-27は常時配備されてるんだぞ

まるで 刺身を捌くのに わざわざ中華包丁を持ちだすようなもんだろ
せっかく柳刃包丁が有ると言うのに なんで極めて難しい方法を わざわざ選ぶのだ?

どんなド素人でも、SU-27の方が簡単に撃墜できる事ぐらい理解できるわな。


114. 2014年8月01日 15:46:09 : MwBcML7Mvg
マレーシア機の穴、ミサイル撃墜を示唆
2014 年 7 月 25 日 10:19 JST
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304067104580050171793702454

マレーシア航空17便の機体の残がい(24日) Reuters
 ウクライナ東部のマレーシア航空17便墜落現場を監視している欧州安全保障協力機構(OSCE)の当局者らは24日、同機の一部に「榴(りゅう)散弾のようなもの」でできた穴を認めたと語った。墜落がミサイルによるものだったことを示唆する証拠が、正式な調査によって現場で確認されたのはこれが初めてだ。

 OSCEの報道官は、「榴散弾のような、マシンガンで連射されたような穴」が機体の一部に点在していたと述べた。穴は機体の残骸2片で見つかり、国際調査に参加しているマレーシアの航空安全当局者が調べたという。

 機体外部の損傷状況は、17便墜落の原因を理解するうえで重要なカギだ。ただ、こうした損傷があったことが、そのままブク地対空ミサイル(SA-11)によって撃墜されたことの証明になならないかもしれない。米当局者らは、親ロシア派勢力がSA-11ミサイルを放った公算が大きいとみているが、一部の空対空ミサイルにもさく裂して金属片を拡散させる弾頭を持つものがある。

 榴散弾そのものが発見されれば、ミサイルの種類がより明確になる。ミサイルの種類によって弾頭の素材が異なるため、使われた武器の種類が化学分析によって解明される可能性もある。

 軍事関係の情報サイト、「GlobalSecurity.org」 のディレクター、ジョン・パイク氏によると、SA-11の弾頭は、目標の近くで爆発し「破片の球状雲」を送り出し、航空機のロッドやホース、配線に損害を与えるつくりになっている。

 使われたのがSA-11だったと判明しても、誰が発射したのかという最大の疑問は解けない。ウクライナもSA-11システムを保有している。だが、発射はしていないとしており、米国もこの主張を支持している。


以上と

SA-11(Buk)とSu-25の性能から考えるマレーシア機撃墜の犯人
http://kuon-amata.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/sa-11buksu-25-8.html

を参考に

推定ではありますが、ミサイルや航空機の性能を考慮し、各種情報を照らし合わせると、やはり今回の撃墜事件は、親露派民兵SA-11を使って引き起こしたという可能性が濃厚です。


115. 2014年8月01日 18:53:44 : RTWWw8j8P6
いずれにしても、確からしい事実がハッキリするまで、
日本は中立であるべきだ。


116. 2014年8月01日 19:23:22 : pRoqeLeeFk
 

アメポチ工作員、wikiのSu-25の実用上昇限度を
7月21日に 10000m → 7000m と、急遽書き換えw

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Su-25_(航空機)&action=history

いやはや、、、雇い主の(全部バラされた)証拠写真等の捏造といい、卑しき同根ですなww

http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/570.html#c33
 
  


117. 2014年8月01日 20:20:47 : toJQ7PVJxy
ニセ情報には、気を付けよう。

ウクライナの国営企業Ukrspecexport社の子会社UKROBORONSERVICEのホームページによれば、

@ Su−25の実用上昇高度は、7000〜10000メートルである。

>Practical ceiling, m  7000-10000

A 空対空ミサイルR−60を装備している。

>Guided missiles:air-to-air R-60

http://en.uos.ua/produktsiya/aviakosmicheskaya-tehnika/84-cy-25


118. 2014年8月01日 21:13:03 : hU2UKe8pfM
>>109. おっさんZ 2014年8月01日 10:24:33 : QiAidfSyKW8xg : Yub1kaOtjE
>>94
>無知と言うのは、君の様なトンデモ雑誌の記事を真に受ける人間の事さ(嘲)。

無知と言うのは理解も出来ない言葉をさもわかってる様に使う貴殿の様なヒトを
示す言葉だよ、ところでまだ実用上昇限度が何か書けないの?恥ずかしいね!


119. 2014年8月01日 21:37:31 : aj0LLh5tDQ
「新ウクライナ野党」米国に請う:第三次世界大戦を起こさせないでください!(ビデオ)

「新ウクライナ野党」ウラジーミル・ラーリン党首は英語のレターを作成し、米国市民に呼びかけた。

ラーリン氏は言う。卑劣な米国政府でなく、米国に少なからずいるはずの心正しき人々に対して送るメッセージである、と。いわく、米国は米国の問題の解決に取り組むべきであり、他国に侵害的干渉を行うべきではない。米国の政治家たちは、ウクライナを自らの軍事同盟国に仕立て上げつつ、ロシアを挑発して、世界を第三次世界大戦の方へ突き動かしている。米国はウクライナ現政府を、それがヤヌコーヴィチ政府より良いものではないのに関わらず、民主主義的であると言って、支持している。現政府は自国民から強奪し、南東部で殺戮している。もし米国がウクライナにおける侵攻を停止しないなら、ウクライナは死滅する。

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_08_01/ukuraina-bideo/


120. 2014年8月01日 22:13:05 : 0vpj4fTxDo
>>119. 2014年8月01日 21:37:31 : aj0LLh5tDQ 様

ありがとう

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_08_01/ukuraina-bideo/

ルッテでもない、バイデンでもない、どうでもいいがもちろんアベでもない、おバカのキチガイのハイエナたちが姑息な詐欺で持ち上げた大馬鹿な国の党首なんてハエみたいな、石ころみたいなもんだ。

人の命を、幸せを踏みにじる頭のおかしいハゲタカを金輪際容赦しないと立ち上がった、心正しき人達、気高き世界市民こそ光を導くパワーを持つ。


121. 2014年8月01日 22:14:05 : 0vpj4fTxDo

迷う事はない

心の声に従え

アメリカの、イスラエルの、日本の清き人達


122. 2014年8月02日 00:47:32 : Aeokt90NQ6
撃墜事件 ウクライナの戦闘機パイロット、マレーシア機撃墜を認める!機関砲で撃墜!機体からは不自然な弾痕のような「穴」も!
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/570.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 7 月 30 日 18:27:15: igsppGRN/E9PQ

がなぜか急にランク下がりましたがぜひ見た方がいいと思うよ。

この板の書き込みは工作員さんが必至すぎて意図する方へと流したいみたいで露骨にこれほど分かり易いのも珍しい。

論理のすり替えはあたりまえで屁理屈遊びみたいに思うよ。

穴の開き方や方向が異なるそうでブクによる撃墜ではどうも無いみたいですが。

ここまで必至だとやはりアメポチ自作自演の猿芝居みたいだね。

なお都合が悪くなるとアクセスアップ工作も止めるようだから実に分かり易い。

従ってこの板未だにランクが落ちないので工作はうまくいっているとでも思っているのだろうね。


123. 2014年8月02日 01:17:56 : xQytauUaSM

7月26日
マレーシア航空MH17便撃墜の目的は、プーチン叩きとエイズ利権の温存、過去に消えたMH370便のガラクタ処理である。

http://rapt.sub.jp/?p=13792

マレーシア航空を撃墜した犯人は間違いなく金融ユダヤです。これについてては、ほぼ確定したと言っても過言ではないでしょう。では、彼ら金融ユダヤはなぜこんなバカなことをやらかしたのか……。その目的は大きく分けて三つありそうです。

先ず一つ目は、プーチンに濡れ衣を着せてバッシングし、BRICS銀行の信用を落とすことです。今月の15日、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ共和国の五カ国が、あからさまにアメリカIMFに対抗してBRICS銀行を設立。アメリカドルの世界市場からの排除を全面的に打ち出しました。


つまり、アメリカドルなんてもういらない。IMFももういらない。G7ももういらない。金融ユダヤはとっとと世界から出て行け。と言ったわけです。


これに金融ユダヤの面々が怒り心頭に発したことは間違いありません。彼らはその報復として、ロシアのプーチンを悪者を仕立て上げ、BRICS銀行の信用を失墜させようと企みました。これについては先日も記事に書きましたので、詳しくは以下のリンクをご覧ください。


○マレーシア航空MH17便の撃墜事件は、BRICS銀行設立に対するアメリカCIAの報復かも知れない。

二つ目の目的は、エイズ利権の温存です。今回、撃墜したマレーシア航空機には、エイズ学会研究者が100名以上も搭乗していたということになっています。彼らが死亡したことによって、エイズ治療薬を作っていた製薬会社はこれまで通り、巨大な利権をそのまま温存できたことになります。

言うまでもなく、エイズ利権のほとんどは金融ユダヤが握っています。彼らは(絶対に完治できない)HIV治療薬を売りさばくことによって、世界中で暴利をむさぼってきました。

そんな彼らにとって、エイズが完治できるようになるのは由々しき事態です。完治できるようになれば、自分たちの作る薬が売れなくなるからです。そこで彼らは、エイズ治療の研究開発に関わっていた研究者たちを皆殺しにしようと企んだのでしょう。ちなみに、HIV感染症治療薬を作っている製薬会社とその薬品名は以下になります。

●グラクソ・スミスクライン
レトロビル/コンビビル/エピビル/ザイアジェン/エプジコム/レクシヴァ

●ブリストル・マイヤーズ
ヴァイデックス/ゼリット/レイアタッツ

●日本たばこ産業&鳥居薬品(製造は日本たばこ産業)
ビリアード/エムトリバ/ツルバダ/ビラセプト(中外製薬でも販売)

●日本ベーリンガーインヘルハイム
ビラミューン

●万有製薬
ストックリン/クリキシバン/アイセントレス

●ファイザー
レスクリプター(第一三共でも販売)/シーエルセントリ

●ヤンセンファーマ
インテレンス/プリジスタ

●中外製薬
インビラーゼ

●アボットジャパン
ノービア/カレトラ


見ての通り、「グラクソ・スミスクライン」や「ファイザー」など、金融ユダヤの名だたる製薬会社が名を連ねています。


金融ユダヤがこうしてエイズ研究者を100人以上もまとめて殺したということは、それだけエイズ治療の研究開発が進んでいたという証左でしょう。もしかしたら、あと少しのところで完治できる、というところまで進んでいたのかも知れません。実際、メディアでもこの研究者たちについてこう報じられています。

○マレーシア機で死亡のHIV研究の巨人 その功績と遺した言葉 – SNN(Social News Network)

そのため、金融ユダヤは焦りに焦り、この研究者たちを抹殺しなければならないと考えたのでしょう。そして、実際に皆殺しにしてしまったわけです。なんとも酷いことをしてくれたものです。これによって、世界中のエイズ感染者たちは今後もその尊い命を落としつづけることになります。

ただし、100人のエイズ研究者たちが本当にマレーシア航空MH17に乗っていたかどうかは定かではありません。というより、間違いなく乗っていなかったと思われます。彼らはどこか別の場所で殺され、撃墜されたマレーシア航空MH17に乗っていたことにされてしまったようです。

というのも、今回撃墜されたマレーシア航空17便は、過去に消失したMH370便であった可能性が高いからです。MH17便は実際には撃墜されておらず、撃墜されたように偽装されただけだったのです。その証拠が以下の画像になります。

mh17starboardcrashsceneconclusion

見ての通り、国旗の下にある窓がMH17便は塞がれておらず、MH370便は塞がれています。金融ユダヤはまたしても大きなドジを踏んでしまったわけです。まあ、彼らはいつもこうなのですが……。

実を言うと、過去に消えたMH370便も、ロスチャイルドがハイジャックしたとの説が世間に広く出回っています。私もその説に大いに賛同しています。というより、それ以外に考えられません。(詳しくは以下のリンクをご覧ください。)

○マレーシア航空消失のロスチャイルド陰謀説。もう既に世間でも広く出回っているようです。

しかし、ロスチャイルドはこうしてハイジャックしたMH370便の機体の処理に困ってしまいました。隠し場所に困ってしまいました。そこで、MH17便が撃墜されたかのように見せかけつつ、MH370便を爆発させて粉々に破壊しようとしたのではないかと考えられます。

実を言うと、これに同じような手口がかのタイタニック沈没の際にも使われました。実はあのタイタニック号の沈没事件も、実際に沈んだのはタイタニック号ではなく、それ以前に事故に遭って故障していたオリンピック号であった可能性が高いと言われています。このときも彼らは、機体をすり替えるという偽装工作を行ったのです。

○タイタニックは沈没していない。9.11同時テロと同じ巨額の詐欺事件であった。

要するに、金融ユダヤの使う手口はいつも同じだということです。彼らには何か新しいことを発想する頭がないのです。あるいは、彼らの拝んでいる悪魔に知恵がないと言った方がいいでしょうか。

まあ、当然でしょう。彼らの進めてきた愚民化政策によって、世界中の人々は日々頭が悪くなっています。当然、裏社会もその煽りを食い、賢い人間を雇い入れることができなくなっています。自分たちの奴隷を作るために、偏差値45の人間をコロンビア大学の大学院に編入させなければならない、という事態にまでなっているようですから、彼ら裏社会も人材の育成には頭を抱えているはずです。(誰とは言いませんが、小泉進次郎氏のことです。)

このような無能な人間が集まって陰謀を企んでいるため、その陰謀はすぐに世間の人たちにばれてしまうわけですが、彼らはその事態にどう対処することもできず、ただ歯噛みするしかないという状態が続いているのではないでしょうか。

もっとも、日本のB層の方々は今回もまんまと金融ユダヤの傀儡メディアに騙されているご様子で、「プーチンは悪い」「プーチンは怖い」と毎日のように連呼しています。本当に困ったものです。金融ユダヤの連中もそれに気をよくして、今後も続けてロシアを叩きまくり、BRICS銀行の信用を落としつづけるつもりなのでしょう……。

ということで、マレーシア航空MH17便を撃墜した三つ目の目的は、処理に困っていたMH370の機体処理、ということになります。


○こちらの記事もどうぞ

•スタンリー・キューブリックは暗殺されたか。

•金融ユダヤ人は石油利権から原発利権へと舵を切りつつある。

•ボヘミアン・グローブでの悪魔崇拝。目撃者の証言が見られる動画。

•悪魔崇拝者たちの魔のトライアングル。世界を支配している三つのCITY(街)

•マレーシア航空消失のロスチャイルド陰謀説。もう既に世間でも広く出回っているようです。

•フリーメーソンのマークは1万年以上も前から存在した。「ホルスの目」に隠された悪魔の真相。

•マイケル・ジャクソン五回忌に考えたこと。名曲「BAD」はイルミナティへの挑戦状だった。


124. 2014年8月02日 06:35:59 : pBipN2KXDo
 
【超速報】ウクライナ軍パイロット「こんなこと言ってごめんね。でも本当です。マレーシア機撃墜した」

1 名前: ジャーマンスープレックス(東京都)@転載は禁止 2014/08/02(土) 00:17:07.56 ID:UdNnOzBT0 2BP(5000)

ドイツ紙Wahrheit fur Deutschlandは、マレーシア航空のボーイング777型機を撃墜したとみられる
ウクライナのスホイ25のパイロットから話を聞くことに成功したとする記事を掲載した。

Wahrheit fur Deutschlandはドイツの主要紙ではないが、同紙は、
スホイ25のパイロットが、マレーシア機を撃墜するために、同機に搭載されている砲を使用したと主張している。

Wahrheit fur Deutschlandによると、スホイ25は、ロシア参謀本部が提出した画像に写っていたという。

パイロットの名前は明らかにされていないが、このパイロットは、
自身が操縦していたスホイ25に搭載されている砲で、マレーシア機が撃墜されたことを認めたという。

なお、パイロットがマレーシア機の撃墜を認めたのと同時に、
明確な穴があいているマレーシア機の破片の写真が公開された。
複数の専門家たちはこの穴について、地対空ミサイルシステム「ブーク」では、このような穴はできないとの見方を示している。

MK.ruより

続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_29/275232268/


関連
撃墜されたマレーシア航空ボーイングの外板の損害を受けた部分の穴は、
下から脇へ爆発したことを物語っているが、地対空ミサイル「ブーク」は、上から攻撃する。
ロシア陸軍対空防衛部隊のミハイル・クルシ隊長が発表した。

続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_30/275279237/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


125. 2014年8月02日 08:34:24 : zKTguJHQxg
>ドイツ紙Wahrheit fur Deutschland

これの発起人であるUdo Walendyはホロコースト否定論者でボン基本法を占領憲法
として否定するような人間なので、当然ヨーロッパはもちろんドイツでも全く
相手にされていないミニコミ誌。
つまり信憑性ゼロだな。


126. 2014年8月02日 10:31:06 : ioK55yxg2U

信憑性ゼロなのはアメリカもそう。ウクライナの上げる証拠もウソだらけ。
アメリカはたしかな証拠もなく犯人を決め付けている。

イラク戦争前、イラクに大量破壊兵器があるというときは、証拠なしではなく、
捏造した証拠をだした。今回も出したらどうだ。世界中の人間が見張っている以上
ウソならあばかれる。


127. 2014年8月02日 11:15:12 : ESW3SnyLbQ
てかこんな馬鹿記事を信じるやつは、PCの本格フラシムとは言わず、プレステのエナジーエアフォースでもいいからリアル志向のフライトゲームでA-10等の鈍足攻撃機で33000ftを飛び、GAU-8やAIM-9Mで敵機の撃墜にチャレンジすりゃいいんだよ。

そうすれば少なくとも、自機の実用上昇限度付近を巡航する機体をレーダーもなく余剰推力の欠片もない機体で邀撃できるとか、航空機が実用上昇限度たる高度でマトモな速度/旋回性能を発揮できるとか、FCレーダーを搭載していない機体で機関砲の有効射程外から圧倒的に速い標的を撃てるとか、そういった「ゲーム脳」な認識よりもずっとマトモな見解を得られるw


128. 2014年8月02日 16:58:34 : w3M1BHSquE
戦闘機と地上攻撃機の 区別も判らん連中に 何言っても駄目なようですな
ジェットエンジンさえ ついていれば一万bなぞ“軽く”上れると思っているんですから。

129. 2014年8月03日 03:57:30 : ZvcGS9qUik
ウクライナは何故GPSを切っていたのか?ロシアに回答すべき。
盗聴電話によると、パイロットから洩れない様にオバマが言っている。
パイロット、一人殺されたらしいが、どうなるのだろう?

アメリカは日本に経済制裁参加を強く求めているが、日本は「ロシアがやったという確実な証拠、スパイ衛星からの写真を提示されたい。
イラクのときは、大量破壊兵器があると言ったが、結局無かった。イラクの人達は10年たった今も苦境に喘いでいる。確実な証拠がない限り、日本は動けない」ときちんと言うべきである。

アメリカ・EU・ウクライナがロシアと戦争を始めたら、日本は参戦するのか?
自衛隊は行くのか?この隙に中国が尖閣・沖縄・九州を占領し始めたら、アメリカは助けてくれるのか?日本の国民がかなり動員されるのではないか?

好戦的なアメリカとは良い加減距離を置いて、近隣諸国と協力したほうが良い。
日本は、誰がマレーシア機を撃墜したか、断定できる材料は持っていないのか?
それは問題だ。


130. 2014年8月03日 13:00:27 : qdjgjfqDFA

同意。

証拠もなしに、「お前が犯人だ」とリンチするのはアメリカ流だ。これがまかり通った
ら、世界に正義はなくなる。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b13掲示板  
次へ