★阿修羅♪ > 戦争b14 > 268.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
・フランス、イスラム国に初の空爆―イラク北東部で補給所を破壊/WSJ
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/268.html
投稿者 仁王像 日時 2014 年 9 月 20 日 18:42:03: jdZgmZ21Prm8E
 

・フランス、イスラム国に初の空爆―イラク北東部で補給所を破壊/WSJ
 http://jp.wsj.com/news/articles/SB10656493786288173419804580164983143840418
 【パリ】フランスは19日、イラクでイスラム教過激派組織「イスラム国」に対する初の空爆を実施した。

 オランド大統領は大統領府のエリゼ宮でテレビ演説を行い、アラブ首長国連邦(UEA)内の基地を飛び立った複数の戦闘機がイラク北東部にあるイスラム国の補給所を攻撃、破壊したと述べた。

 大統領は、イスラム国を弱体化させ、イラク当局を支援するために、「今後数日間に他の作戦が実行される」と述べた。

 イスラム国への対応をめぐっては今週、26カ国が「必要なあらゆる措置」をとってイスラム国との戦いを支援することで合意した。米国は幅広い軍事連合を構築しようとしているが、今のところ、軍事行動への参加を表明しているのはフランスだけだ。


 米国のオバマ大統領は18日、「フランスと米国の兵士が両国共通の安全や価値観のために再び協力することをうれしく思う」と述べ、フランスの決定を歓迎した。

 しかし、オランド大統領はシリア国内にあるイスラム国の拠点は攻撃しないと述べ、シリアへの空爆を決定した米国とは一線を画した。

 米国はシリアが主戦場になるとみているが、オランド大統領は内戦が激化したシリアでは、軍事介入の明確な法的根拠を示せる合法的な政府が存在しないとの見解を示している。


・フランス「イスラム国」を空爆 イラクで「武器庫破壊」/朝日新聞(パリ=青田秀樹 2014年9月20日)
http://www.asahi.com/articles/ASG9M7563G9MUHBI02X.html

 フランス政府は19日、イラクとシリアで勢力を広げる過激派組織「イスラム国」への空爆に踏み切った。大統領府が発表した。まずは武器や装備品などの倉庫を攻撃したという。米軍と足並みをそろえた対テロの実力行使で、近く次の作戦に移るという。

 大統領府によると、ラファール戦闘機がこの日朝、イラク北東部を爆撃し、「(武器庫などの)標的を完全に破壊した」としている。AFP通信によると、レーザー誘導弾を備えた2機が給油機などと編隊を組み、イラク北部のモスル方面へと展開したという。過激派組織の側に人的被害が出たかどうかなどは明らかになっていない。

 「イスラム国」には欧米の若者らも加わっており、帰国してテロに及ぶ懸念は深い。オランド大統領はこの日、空爆の成功をたたえるとともに、「テロは中東だけにあるものではない。我々の脅威でもある」とあらためて強調し、空爆はフランスを守るためでもあると位置づけた。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月20日 19:25:18 : f5eInpLyGQ
空爆で 阿り見せる おフランス

02. 仁王像 2014年9月20日 21:19:42 : jdZgmZ21Prm8E : 5r1VUMkj6g
 フランスは武器庫を真っ正直に破壊して、「イスラム国」のパトロンである米国(陰謀脳的に見た)から、裏でクレームは付けられないのだろうか。今後は豪州も参加する予定だが、米国は手加減してくれなどと要請するのだろうか。国連も巻き込んだ三文芝居をいつまでも続けられるのだろうか。

 そもそもイスラム国が米国の傀儡なら、マリキ政権はそのまま放置して、イスラム国に飲み込ませればはるかに簡単でスマートではなかったか。イラクとシリアにまたがる広大な傀儡政権ができるではないか。それを思うように操って、中東でのいろいろな政治目的を達成していくことができるはずだ。うまく誘導すれば労せずしてシリア政権も潰せる可能性がある。

 陰謀脳化した脳では、以上の辻褄の合わないことが、極めて滑らかにつながってご合理的に見えるらしい。
 そうか、陰謀脳ウィルスというのがあってコンピュータ・ウィルスと同様、ネットを介して伝播していくのか。
 阿修羅には陰謀脳ウィルスが大量に噴霧されている。蚊に刺されるわけでもなく、発熱するわけでもなく感染にまったく気づかないから(デング熱より)厄介である。


03. 2014年9月20日 21:38:53 : jNkFXHtVhg
フランス人も人●し国家になりました!

1人でも一般人を殺したら、その時点でフランス人全員
人殺し犯罪者と●犯とみなす。

1人殺しても1万人殺しても人殺しは人殺し!


04. 2014年9月21日 20:44:40 : zAfhSqa3aE
フランスの空爆などは砂漠でションベンをしているようなものだろう。
アメリカが地上軍を送り込んで占領したイラクでも全く施政権は掌握していない。
中東の風土も何も理解せず市場原理主義を植えつけようとしたアメリカの占領政策は完全に失敗した。

いまさら空爆したところでしょせん物を破壊するだけ。


05. 2014年9月24日 16:38:58 : dXYRaqroUM
イスラム国は米国のパトロンではないと思うけどね。
ただ、イスラム国という看板の中身は巷間言われているバグダーディに連なるアルカイダの持て余し者たちが中心を成しているというより、イラク北部でマーリキ政権に不満を持ったスンニ派や旧フセイン政権派の残党らが起こした叛乱を無理矢理イスラム国に意味づけて猫も杓子もイスラム国の仕業だとして、マーリキのアッダワ党政権(今は首相を降りたが元々、アッダワ党はシーア派少数宗派にしてイラン寄り、そしてフセイン政権ではアメリカに亡命していた関係上、アメリカの庇護を受けたバリバリのアメリカ傀儡)はスンニ派や旧政権の叛乱を叩こうとしたのではないかと思う。
そしてそれはイラクではある程度成功しているが、シリアではイスラム国の本隊が支配している地域をいよいよ叩かずにおれないまでに彼らの凶暴さを制御できないまでに増長していることは間違いなのだろう。
それでもアメリカがシリア空爆を憂慮したのは、強硬派にして狂気集団であるイスラム国本隊を空爆で根絶やしにできる根拠はきわめて薄く、かつアサド政権にぶつける有力武装勢力を自ら削ぐことでアサドを有利にしてしまう自己矛盾をイスラム国と対立する武装勢力で補おうと目論んだが見事にポシャり苦悩の末の選択ゆえだろう。
こういう計算違いの事態はリビア、エジプトで幾度も起きており、エジプトではアメリカの望んだ軍事政権よりムスリム同胞団寄りの政権が樹立(軍事政権にとって代わられた)したし、リビアでは反米的な強硬宗派が不安定な政権を脅かし続けている。
これらはアラブの春のとき、欧米が自由の戦士と持ち上げて賞賛し、軍事支援まで行った連中である。
こういうバカさ加減を何度も何度も、アホのごとく繰り返してはそのつど、国際社会の助けを借りて青息吐息のくせに虚勢を張るのがアメリカである。
アメリカのこの性懲りのなさこそが、反復の悪循環を生み出す元凶なのである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b14掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b14掲示板  
次へ