★阿修羅♪ > 戦争b14 > 757.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
やっとCIAの麻薬取引を暴いて死亡したゲイリー・ウェブ記者の調査報道が映画になった。
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/757.html
投稿者 フォックス・モルダー捜査官 日時 2015 年 1 月 13 日 00:31:59: 06Hg1VZuo.ysA
 

やっとCIAの麻薬取引を暴いて死亡したゲイリー・ウェブ記者の調査報道が映画になった。
世紀の大スクープをしたサンノゼ・マーキュリー・ニュース紙の調査報道記者ゲイリー・ウェブ氏に起こった出来事を知らないとアメリカの真の姿は見えてこない。
http://democracynow.jp/video/20141009-3

新作劇映画Kill The Messenger(『使者を殺せ』)の主人公は、タブーを破ってCIAの犯罪を報道したために主流の企業メディアによって誹謗中傷されて職を失い、最後には自ら命を絶った報道記者ゲイリー・ウェブ氏です。

ウェブ氏は1996年サンノゼ・マーキュリー・ニュース紙(San Jose Mercury News)に、Dark Alliance(「暗黒同盟」)と題する衝撃的な記事を発表し、1980年代に全米で大問題になったクラック・コカインの密売が、CIAによって組織されたニカラグアの反政府右翼武装組織コントラの資金源であることをスクープしました。

この暴露記事は広範な抗議運動を呼び、議会の公聴会も開かれましたが、大手企業メディアは事実に背を向けただけでなく、結託してウェブ氏を攻撃しました。記録映画Shadows of Liberty(『自由の影』)からの抜粋を併せて紹介しつつ、記事に先立ってウェブ氏に助言した、ベテラン調査報道記者でイラン・コントラ事件報道に先鞭をつけたロバート・パリー氏に、ウェブ氏の業績を再評価していただきます。これは過去の物語ではなく、大手企業メディアが権力の発表を疑うことなく垂れ流しにしている問題は、イラク戦争を経て現在もかわらず続いているとパリー氏は指摘します。番組では、先述の劇映画からの抜粋や、新聞社を追放された後に在りし日のウェブ氏にインタビューしたデモクラシーナウの資料映像も紹介されます。

記録映画Shadows of Libertyのホームページはhttp://shadowsofliberty.orgで、http://shadowsofliberty.org/watchから無料ストリーミング視聴や有料ダウンロードも可能です(どちらも英語版のみ)。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年1月14日 00:03:44 : UgBqVnYSXA
ゲイリー・ウェブ氏

「英雄」とはこういう人を言うのだろう

感動した


02. 2015年1月14日 02:21:01 : TGgfYEbPRU
事実を知ることが出来るってのが真の自由・・・。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b14掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b14掲示板  
次へ