★阿修羅♪ > 中国6 > 203.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「反日」よりひどい「仇日」、中国で病的レベルに達する=「売国奴と言われるのが怖くて…」―中国ネット
http://www.asyura2.com/15/china6/msg/203.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 5 月 26 日 09:23:30: igsppGRN/E9PQ
 

25日、中国のネット上に「『仇日』は手のつけようがない病気」との書き込みがあった。「『反日』よりもさらに強い恨みを含んだ『仇日』は、現在の中国で病的レベルに達している」と指摘している。写真は12年9月に中国で起きた反日デモ。


「反日」よりひどい「仇日」、中国で病的レベルに達する=「売国奴と言われるのが怖くて…」―中国ネット
http://www.recordchina.co.jp/a109825.html
2015年5月26日(火) 8時40分


2015年5月25日、中国のネット上に「『仇日』は手のつけようがない病気」との書き込みがあった。「『反日』よりもさらに強い恨みを含んだ『仇日』は、現在の中国で病的レベルに達している」と指摘している。

現在の中国は教育、テレビ、映画、さらに身近な関係においても、子供たちに対して「仇日」の思想を刷り込んでいる。幼い子供たちのみならず、教育を受けたエリートまでもが「日本人=敵」という考えを持っており、反日は「どこか遠くにいる一部の反日青年」が行うものではなく、身近で体験する事実となっている。

反日青年たちは日本を恨むあまり理性を失い、作り話まででっちあげている。例えば彼らが好んで広めている有名な「日本人による中国人虐殺の証拠写真」は、実際は中国人が日本の民間人を虐殺した写真だ。オオカミ少年の寓話が教えるように、これ以上日本に関するうそを振りまけば、人々の同情を得ることはできない。

この書き込みに対し、ほかのネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「小さいころは日本を敵と思っていたけど、経験値の上がった今は日本のいい所もわかる」

「売国奴と言われるのが怖くてリツイートできない」

「俺の同級生は日本の漫画やゲームキャラが好きなくせに、日本をばかにするようなやつらばっかり。こんなやつらにかまうな」

「反日は政府が人民の注意をそらすため煽動しているだけ」

「恨みはどこまでいっても恨みしか残さない。歴史を忘れず、未来を創ろう」(翻訳・編集/谷)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年5月26日 11:32:54 : aIjrukObbg
仮に中国(韓国)が誇る歴史上の『英雄』がいたら

反日政策で『恐怖感』に浸されている君らの行為を見て

何を思うのかな。

君らの本当の敵は『恐怖感』を植えつける『輩』が

売国奴だと気付くべきなのです。

世界の目にはどう映るのか自問自答し、

中国人が騒げば騒ぐほど逆に中国人のイメージが

隣人とお付き合いが出来ない『退化した猿』にしか見えないようにする

『策者』を見つけることです。


02. 2015年5月26日 14:37:04 : 5s2ZDxRtAc
尖閣諸島を日本に売り渡したのが売国だが、その日本のために尖閣諸島を警備までしてチャンコロ漁民を排除している。そんな習近平と日本を懲らしめるには仇日しかない。直ちに尖閣諸島に上陸して占領するしかない。もし日本と日本人が怖ければ泣き寝入りしろ。

03. 2015年5月26日 18:14:47 : aIjrukObbg
まぁ『赤サンゴ密漁』でコソ泥団には圧倒されたことはありますが、

『良識ある中国国民』とだだの『コソ泥』の見分けは

やはり良識のある日本人には判ります。

あの光景を見た良識ある中国国民は悔しくて涙したことでしょう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国6掲示板  
次へ