★阿修羅♪ > 中国7 > 569.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
なぜ新幹線はもっと早く海外に売り込まなかったのか?=「中国に対する嫌がらせにほかならない」「世界市場は中国が切り開いた」
http://www.asyura2.com/15/china7/msg/569.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 13 日 14:09:45: igsppGRN/E9PQ
 

9日、中国の掲示板サイトに、「日本の新幹線は中国高速鉄道よりずっと前にできていたのに、なぜ海外に売り込まなかったのか」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は新幹線。


なぜ新幹線はもっと早く海外に売り込まなかったのか?=「中国に対する嫌がらせにほかならない」「世界市場は中国が切り開いた」―中国ネット
http://www.recordchina.co.jp/a125003.html
2015年12月13日(日) 0時10分


2015年12月9日、中国の掲示板サイトに、「日本の新幹線は中国高速鉄道よりずっと前にできていたのに、なぜもっと早く海外に売り込まなかったのか」と題するスレッドが立った。

スレ主は、「中国高速鉄道ができる前なら、日本は海外の高速鉄道市場を独占できたはずだ。でも中国が高速鉄道を海外で売り込みようになったら、日本も売り込みを始めた。日本は中国を潰したいからなのか?それとも中国の海外攻勢に乗っただけなのか?」と質問している。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「これは中国に対する嫌がらせにほかならない」
「日本は量産しないからコストが下がらず、受け入れられる国は少ない。今は完全に中国に対抗しているだけ」

「新幹線はコストが高いから売り込むのも難しいのだろう」
「世界市場は中国が切り開いた。以前は少数の先進国だけがハイテクである高速鉄道技術を導入できた。安くないから国際市場もなかったのだ」

「日本は島国だから海外にまで広げる戦略意図はなかった。今は中国を阻止するために頑張っている」
「売りたいと思えばいつでも売れると思うのか?市場が育つには時間がかかるものだ」

「日本は赤字になる商売はしないだけのこと」
「新幹線を台湾に売ったけど、台湾新幹線は破産寸前」
「現実的には、高速鉄道の海外輸出は導入をお願いしているようなもの。無利子での融資も必要なわけで、いわゆる戦略的意義以外に利点はない」(翻訳・編集/山中)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年12月13日 16:42:14 : gjSWR86AiA : u0glpiXsZGg[67]
中国大陸のネットユーザーには分からないことだが、日本の新幹線電車は海外に売り込まなかったのではなく、売り込むどころの状況ではなかったと言った方が正しい。

東海道新幹線(東京〜新大阪)が開通したのは1964年だが、その年に日本の国鉄は赤字に転落している。その赤字は年々増加し、1968年の時点で危機的な状況に追い込まれた。赤字83線を順次廃止するという、国鉄再建計画が1969年より実行されたが、それと同時に山陽新幹線の建設が進められた。これにも膨大な費用がかかるため、財政投融資で賄った結果、国鉄の財政はますます深刻化していった。

(註 この時代は、中国大陸では文化大革命で全土が混乱し、膨大な人々が死んだ。)

1972年に山陽新幹線岡山開業、1975年に山陽新幹線博多開業を迎えるが、肝心の国鉄は、1972年に就任した田中角栄腐敗汚職政治屋首相が「日本列島改造論」を打ち出し、建設国債を乱発。国鉄ローカル線は、日本列島改造のために廃止が許されず、国鉄は新幹線電車の技術改良が停滞。数少ない黒字路線の東海道新幹線の収益で食っていく状態であった。

田中角栄は辞任し、ロッキード事件で逮捕されたが、自らが建設させた上越新幹線は建設中止されることなく、東北新幹線と共に毎年1兆円もの財政投融資に頼る状態となり、とてもじゃないが外国に売り込みどころではなかった。深刻な財政危機に悩む国鉄は、遂に1978年に運賃50%値上げに踏み切り、客離れ、荷主離れが深刻化した。

(註 この時代は、中国大陸では虐殺王・毛沢東が死亡し、四人組追放の後、走資派と批判されたケ小平氏が権力の座に着いた。ケ小平氏は、すっかり世界から取り残された中国大陸を何とかしようと、日本に学ぶことを決意され、新幹線電車にも乗車された。)

ケ小平Deng Xiaoping在日本新幹線Japanese Shinkansen
https://www.youtube.com/watch?v=wAuctsGutjo

●運賃50%値上げを行なっても改善しない国鉄は日本国内で問題になり、イルミナティ・ナカソネは分割解体に踏み切る。東北・上越新幹線が、大宮暫定開業した1982年。とてもじゃないが、お祝いするどころじゃなかった。

国鉄部内でも対立があり、新幹線など財政投融資で建設されたことから、新幹線が国鉄の財政を傾かせたと思う向きも多く、国鉄時代に登場した営業用車輌は、0系、100系、200系だけだった。

●新幹線の海外売り込みに取り組みだしたのは、1987年の国鉄分割・解体によるJR新会社発足からですよ。当時、東海道新幹線のために発足したJR東海が、オーストラリアに売り込もうとして、シドニーに連絡事務所を設置したのが1987年です。その頃から新幹線電車の新型が続々と登場するようになった。その象徴が、300系のぞみです。

300系新幹線の生まれた背景
https://www.youtube.com/watch?v=qYE4eADpTNI
●当方の宿敵が、インタビューに応じています。(爆)

★日本の鉄道は、1950年代から世界の趨勢とは異なった道を歩みだしました。日本は線路幅が1,067mmの「狭軌」であり、世界の主流たる1,435mmの「標準軌」とは違う。軌道構造が弱いことから、軸重を軽くできる動力分散方式(電車方式)を選択した。これに対して、世界の主流は動力集中方式(機関車方式)です。

日本の動力分散方式は、各車輌の床下に機器を分散させて搭載するため、メンテナンスが面倒なんですな。(機関車方式なら、機関車をメンテするだけで済む)このため、外国では嫌がられる傾向がありました。それで売込みが進まなかった。しかし、中華民国台湾で民進党が政権に就き、機関車方式で計画、建設されていた台湾高速鉄道が、日本の新幹線電車に途中で計画変更された。これが、日本側に自信を与えたと言えます。

●この頃からですよ。日本が本格的に新幹線電車の採用を外国に働きかけるようになったのは。日本の新幹線電車を採用した台湾高速鉄道ですが、民営で建設されたため、資金調達コストが高かったとか、減価償却期間が短かったことが経営難の原因ですから、これらは政治が判断すれば解決できる問題だと、当方は最近投稿しました。

日本の技術を導入した結果、台湾新幹線が破綻危機に?中国メディア主張に「中国の高速鉄道を使えばいい」「中国のCRH2も日本
http://www.asyura2.com/15/china7/msg/527.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 05 日 17:37:48:

●当方の投稿です。
http://www.asyura2.com/15/china7/msg/527.html#c1

台湾高速鉄道ですが、この12月に3ヶ所の駅が開業しました。乗客は、ライバルの在来線、高速バス、旅客機と過当競争の環境下でも増加していると伝えられており、これに気をよくした中華民国政府は、日本の新幹線方式を日本側と協力して世界に普及させると言います。つまり、日本・中華民国連合が、これから中国大陸の高速鉄道売り込みのライバルになると言うことです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国7掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国7掲示板  
次へ