★阿修羅♪ > 中国7 > 618.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
虚勢を張る習近平が倒れる日 〜引き金になるのは「腐敗問題」だ エズラ・ヴォーゲル教授が読み解く「中国の明日」
http://www.asyura2.com/15/china7/msg/618.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 23 日 11:04:00: igsppGRN/E9PQ
 

            最近、経済不振から日本に擦り寄っている習近平主席〔PHOTO〕gettyimages


虚勢を張る習近平が倒れる日 〜引き金になるのは「腐敗問題」だ エズラ・ヴォーゲル教授が読み解く「中国の明日」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/46969
2015年12月23日(水) 週刊現代 :現代ビジネス


聞き手:橋爪大三郎


橋爪大三郎氏が聞き手になり、アメリカのアジア研究の権威・ヴォーゲル教授が、中国とケ小平について語り明かす——そんな新書が話題を呼んでいる。習近平と中国の近未来を教授が予言する。


■なぜ中国は崩壊しないか


——20世紀、ソ連、東欧、中国、いくつかの国で社会主義が試みられて、冷戦が終わったあと、ほとんどすべてなくなってしまいました。中国はなぜ、ポスト冷戦の時代に、解体しなかったんでしょうか。


ヴォーゲル それは、ひとつには、経済成長がものすごく速かったからですね。'80年代に、みんな生活がよくなった。


もうひとつは、阿片戦争以来、この国を統一するのがむずかしいとわかっていること。政治が乱れ国が分裂している状態では、ダメだと、誰もが骨身にしみてわかっている。多くの人びとがこのふたつを認めているから、中国共産党が支持されているのだと思うんです。


——中国の改革開放はいまのところ、政治権力の統一によって、経済の発展を推し進めるというパターンです。韓国や台湾はある段階で民主化しましたが、中国の場合、民主化しそうにない。



現代中国を理解するための必読書


ヴォーゲル この点をめぐっては、いろんな考え方があります。


われわれ西洋人が前に考えたことは、まず、産業の発展をはかり、経済成長を進める。すると、民主主義の国になり、独裁的なやり方をやめる。


中国はいままでのところ、そうなっていませんね。どうしてかと言うと、ひとつは国が大きい。統治するのは大変なので、権力が民主化して統制がとれなくなることを、人々が恐れている。


もうひとつは、指導者がなかなかの手腕を持っているので、人びとの信頼をえている。


けれども将来は、もっと民主主義の国になる可能性が大きいと、私は思います。


日本は、高度成長から低成長時代に入って、全社会が平等化した。教育水準が高いし、医療制度も充実している。


中国は、そういう条件をまだ、持っていない。今後、高度成長から低成長の時代に入ると、むずかしい問題がいっぱい出ると思うんですね。


私の目から見ると、いまの習近平はかなり、必死になっている。必死になっているので、自分は強いぞと、虚勢を張っている。心のなかは、いろいろ心配も多い。


——中国のチャレンジについて、うかがいましょう。まず、経済発展が、まだ一部に偏っているので、国全体にそれを押し広げなければならない、というのがあります。二番目に、社会保障や社会インフラの整備に、相当の投資が必要です。


ヴォーゲル その二つよりももっとむずかしい問題は、腐敗だと思います。


国民は、腐敗をやめろ、腐敗をすぐ何とかしてほしい、と思っている。ところが、腐敗を根絶しようにも、腐敗の根はあまりに深い。


指導者はいま、みんな心配しているんですね。自分もひっかかるんじゃないかと。海外へ行こうか、どこに財産を隠そうかと、気が気でない。


そういう心配があまり強くなると、習近平に対して、反感を持つ可能性がある。習近平政権も、それを恐れなければならない。しかし国民の手前、腐敗問題に手をつけて成果をあげないわけにいかない。


このバランスが崩れると、深刻な政治闘争を引き起こし、政治が乱れてしまうという心配があるのです。


それが、いま直面している一番危険なことだと、私はみています。


■10年で台湾の統一は無理


——ヴォーゲル先生が危ないっておっしゃるなら、それは相当危ない。これは、構造的な問題であって、取り除く方法が、私には思いつかないんですけれど。


ヴォーゲル 腐敗の問題は、抑えようとしているけれども、非常にむずかしい。どうにかして、腐敗をどんどん少なくさせようとすると、幹部たちは反発する……。



ケ小平〔PHOTO〕gettyimages


——習近平が、もし非常に聡明で大胆なひとだったら、中国共産党の(民主)改革を、10年以内に達成する、って宣言するでしょう。それはもう、ケ小平もできなかった、改革開放を乗り越えた、つぎの段階だと。


ヴォーゲル どうして(民主化された)香港は、あんなに乱れてしまうのか。


中国政府が心配しているのは、香港に例外を認めると、中国の別な場所も、同じことをやりたい、早くやりたい、と言い出すことではないか。それをどう抑えるか。


——わかります。香港は完全に中国がコントロールしているのに、自由な選挙なんかやらせれば、広東省がやりたいとか、遼寧省もやりたいとか。そういうことでしょう?


でもそれを逆手に取れば、香港がうまくいけば、香港で自由選挙をどうぞやってください、でも中国の一部ですよ、っていう実例ができれば、台湾に対してものすごいプレッシャーになるはずなんですよ。


ヴォーゲル ボクは、台湾の統一は、10年以内はほとんど無理だと思います。台湾では、やっぱり独立した、いまのままで、ずっといいと思っているひとが多いでしょう。


どうしたらいいか。私は、(中国国内で)まず選挙みたいなことを、実験としてやればいいと思うのです。場所をどこか決めて。


——下の村のレヴェルから順番に選挙をやる、っていうのを、一時、試行していたようでしたね。10年くらい前。でも、進んでいませんね。


ヴォーゲル あまり、進まなかった。でも、もう少しそれをやる。


もうひとつ大事なのは、腐敗問題を、きちんと法律をつくって解決する。みんなが腐敗している。でも、過去のことは過去として、罰することはしない。


けれども将来は、1年か2年以内に法律をつくって、こういうことをしたら腐敗、とはっきりさせる。そして、取り締まりを開始する。


■腐敗政治はなくならない


——ポストケ小平の指導者たちについて、順番に、コメントいただきたいと思います。


ヴォーゲル 江沢民は、'60年代、ソ連に行って、国際的な経験があった。それから、'80年代に貿易の関係の仕事もして、科学についてもよくわかっている。天安門事件のあと、外国とうまくやるために、忍耐力をもって取り組んだ。


残念ながら日本との関係では、ぎくしゃくした。


'92年に日本を訪ねたときはあまり問題がなかったけれども、'90年代後半にかけては関係がちょっと悪くなった。江沢民が、判断を間違った。


残念ですね。日本と中国は、やっぱりぶつかってしまった。


胡錦濤は、日本でたとえるなら、松下政経塾。政治家の親戚もいないし、友達もいない。そこで、共産主義青年団に入り、その道をずっと歩いてきた。


それで、胡錦濤は、ちょっと官僚タイプですね。優秀。


ただ、政治の力はあまりなかった。腐敗問題がどんどんひどくなって、国民もなんとかしてほしいと思ったのに、それほど大胆なことができなかったんですね。


彼は、よくも悪くも、いい官僚的な人間だった、という感じがしますね。


胡錦濤のあと、もう少し指導力のある人が必要だ、とみんな思った。自信のあるひとです。


習近平は、父親(習仲勲元副首相)も改革派。彼は多少、農村のこともわかっている。


地方の経験もあったし、非常に自信満々で、頭がいい。そういうひとなので、胡錦濤よりも、強いことをやれるわけですね。


——いま集団指導制と言っていいですか。それとも習近平の力が、飛び抜けて強くなっていますか。


ヴォーゲル 習近平は、わりあいに強くなった。だけどまだ、集団が決めるんですね。


習近平が、今後、権力を自分の手に集めて、もう少し強い指導者として動く可能性はあるけれども、ほかのひとが反対すれば、やりにくい。権力は、限られているんですね。


——途中で、薄煕来とか周永康とかいろんなひとを抑えていったので、対抗するひとがあまりいないようにも思うんですけれども。


ヴォーゲル それは、まだわからないですね。


——習近平が失敗して、なにか問題を起こすとすれば、いちばん大事な問題はなんでしょうね。


ヴォーゲル 腐敗ですね。みんな、自分の将来を心配しているわけですね。みんなも腐敗をやっているのだから、という言い訳は、これからは通用しないでしょう。


「週刊現代」2015年12月26日より


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年12月23日 23:30:29 : Qk0z0gVGLY : lQZkNLxHm_4[39]
もう対抗する手段がなくて腐敗を期待するとは。落ちたもんだな。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国7掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国7掲示板  
次へ