★阿修羅♪ > カルト15 > 256.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ゲンダイ・クルマ社会から電車社会に移行・クルマ前提の郊外や駅から微妙に歩く物件は、若者に嫌われてタダ化していきます。
http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/256.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 10 月 08 日 17:49:17: 4sIKljvd9SgGs
 

苗場五万円マンションは、翌日の熱海三万円マンションの先行指標で、その波はかつての憧れだった鎌倉を簡単にのみ込み、横浜・二子玉川をものみ込み、環八内側から環七にまで迫っています。
それが、住みたい街一位の吉祥寺を恵比寿がロックオンした意味で、池袋を抱えるのに豊島区が限界集落にエントリーされる所以でもあります。
それも当然で、ドル詐欺陣営の代理人である小泉や安倍が若者をトコトンいじめ抜き、細腕繁盛記みたいに、おみゃーの飯はにゃーだよと家も結婚もクルマも奪っておいて、明日から食事抜きにしてケンとメリーのスカイラインを買って彼女をゲットしてドライブに出掛けませんかと言われても、生命維持レベルの食事や明日の早番やサビ残に備えての睡眠を蹴飛ばしてでもゲットしたい女子など早々いるものではなく、それより、駅近でコンビニの近くの四畳半で早く寝ないと過労死してしまう訳で、電車も憧れのジョージまでなんか乗ってられねーよー、そんな事してたらしたらマジ死ぬわ、システムキッチンで優雅な調理するよりカップ麺食ってちょっとゲームして死んだように寝るだけだっつーのーという訳です。
従いまして、ただのクソ田舎でしかないリゾートにも行かないし、バスは勿論、電車の乗り継ぎなどNGで、かつての交通過疎地は郊外だけでなく、環状の内側まで迫ってくる訳で、それで恵比寿が一位になり麻布十番が急浮上という訳で、私の年代では宝くじでも当たらないと住みたいとは思えない場所ですが、若者にしてみれば憧れの場所だのステータスだのはいいから、ブラック職場の近くに住まねーと体が持たねーんだよー、牛久や青梅から通勤しろとか死ねって意味かー、人殺し反対ー、二人の西麻布だか有楽町で会いましょうだかブランデーグラスだか何だか知らねーけど、駅が近くてコンビニが近くないとマジ死ぬっつーのー、通勤特快だの新幹線通勤だのアホかっつーのーという訳で、それでそういうエリアが苗場三万円マンションと五十歩百歩になりつつある訳です。
セコムしてますかー、負動産叩き売りしてますかー、売った売った売ったー、早くしないとタダになるよー、持ってけ泥棒ー、つーか泥棒さんもいらない、それは失礼いたしましたー、という時代になってきた訳です。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年10月08日 21:58:11 : IKU0AYxuSs
うう嘘ばっか言ってじゃねえよ。おっさん!

2. 2015年10月08日 23:18:24 : VnKReQu6fo
そうですね。若い人がゲームなんかにうつつを抜かして、まったく…と、ケータイでピコピコやっているのを見るにつけ情けなく思っていましたが、時間に縛られてヘトヘトになって働いている束の間に出来ることと言えば、携帯ゲームくらいなのかもしれない。憐憫の情をもって、眺めないといけなかったですね。

3. 2015年10月09日 00:02:24 : FfzzRIbxkp
地方で路面電車に乗ったら車掌さんが若い人ばかりでした。
高齢のおばあさんが、よっこらしょっと乗り込んでくるときも、声掛けが優しい。
乗り越して降りるのを忘れていたご老人にも、声かけてました。

アジアの人口密集地帯の都市は交通事故が多いので、路面電車や地下鉄が役に立つだろうけど、日本はそういう営業しないのがもったいない。

話題が変わりますが、高齢者はお孫さんのお世話をすると、子供向きの商品に、高齢者向きのアイデアがかなり含まれているので発見できます。 
地球上の生物で人間ほど幼少期が長い生物はいません。子供時代を子供らしく充実することも、この星の特別な学び(遊び)だと思います。大人になってから活かされるインナーチャイルドもありますし、大人になり子供と向き合いながらさらなる学びも続きます。児童虐待は地球の学びに反しています。

学校の先生が「遊べない子供たち」の出現に驚いていたのが30年くらい前の事。
広場に連れて行っても、遊べないのだと言う。

遊べない子供たちの多さは、その国がいかに狂っているのか指標になりそうです。

すでに公開されている宇宙人からの情報ですが、五感の中で最も重要視しているのが触覚。他の惑星では触覚を教育の重要項目にしているそうです。


4. 2015年10月09日 09:41:06 : nRLdnCMnS2
1〉の、安倍工作員政権のネット荒らし担当チームセコウの、セコイ工作員はツマラン仕事に、人間として嫌にならないノータリン安倍工作員と同じくノータリン工作員でしょうね!阿修羅にはびこるこのチームセコイのノータリン工作員の頭の悪さは、指示を出すノータリンセコウのノータリン指示を、ノータリン工作員が頭の悪さを倍化させて、大バカをさらします、さあ皆様で、大笑いしましょう❗

5. 2015年10月09日 16:16:24 : SBztI6XWSY
首都圏が廃れるアダ花として
投稿者の内容
現象はあるのだろうけど。

地方は完全クルマ社会だよ。
投稿者が提唱するように
首都圏から関東東北圏から地方に移住疎開
すればクルマは必須のアイテムだし。

てかバス会社の従業員社員全員マイカー通勤ですから。

某町の話だが何十年の昔からJRの特急が全列車停車駅なのだが
余りに町がJRに非協力なので
駅を無人化するとか。

クルマ離れの若者ってのは、首都圏大都市圏の話で
地方は生活必需品として必要。
そーゆー地方の若者をマイルドヤンキーというのだよ。
20〜40代前半で一応ガキと妻もいる
ノアだのステップワゴンなどのやや大きめのミニバンをかつての
クレスタの族車よりは、マイルドに乗りこなし
EXILEだのをこよなく愛し
郊外のイオンにたむろってる連中を言うのだが。
日本全国九州から北海道まで
郊外の光景は似たようなもん。
絶対マイルドヤンキーは、電車乗らないから。
よく鉄ヲタが富山ライトレールだとかを指して
地方は電車の時代だとかいってのだが
JRの赤字の路線を路面電車に移管して成功したのであり
マイカーが使っている市民が電車に乗るようになったわけじゃないから。


6. 2015年10月09日 22:00:47 : wmpQp2uMBc
地方に住んでると車クルマでイヤになっちゃいます。運転操作そのものはむしろ
好きなくらいだし、車種をチェック・鑑賞するのも好きなくらいだけど。しかし!
車検(節約のためユーザー車検)の度に飛んでいく福沢諭吉を見る度に、勿体無い
です。壊れにくい日本の車に2年毎の車検はモッタイナイです。車ナシでは生活に
支障があるので仕方ない。地方では車関連産業に関わる人間が多い。販売・整備・
スタンド。車検場に行くと「これだけの人がここにぶら下がってる!」と驚く。

去年亡くなられた経済学者の宇沢弘文さんによる「自動車の社会的費用」の初版は
1974年ですから、早くから警鐘を鳴らしていたんだが、欧州のような国ではなく、
アメリカのようにガソリンを撒き散らす国に。イオンのような大型店を作られて
地元商店街を破壊され、個人の車の所有を方向付けられる。道路も作りまくり、
蛇口を閉めることをヤラナイ。土建業者・利権の為の政治。
今使わなきゃ損だぜ!という考えで、霞ヶ関と連動して地方行政もマワッテル。


7. 2015年10月10日 00:28:47 : usFVygZ3pw
ユートピア 来ると思わせ 耐乏論

8. フリエネがイチバーン 2015年10月10日 18:52:29 : 5wJLDIGbzP2jc : D7PGVoflIQ

http://sunshine.dreamlog.jp/archives/289537.html
この上記のケッシュ財団の日本語版ブログにあるように、
フリーエネルギー・反重力装置を搭載した航空機なら、
ロンドン~東京間(10000km程度)をたったの30分程度という、超高速で移動できます
世界中自由に行き来でき、世界中どこにでも超高速に移動でき、
運賃もいらない、操縦士もいらない、燃料補給もいらない、フリーエネルギー・反重力装置を
搭載した新しい交通システムを実現してほしい。
この技術を利用すれば、日本国内なら、ほんの数分で移動できます。
もちろん、広大な空港も、滑走路も必要ありません。
これからの空港は、鉄道駅程度の敷地があれば、じゅうぶんです。
もう、満員電車のギュウギュウ詰めなんか、やめてほしい。
オールリクライニングシートで、楽々通勤・通学の時代に早くなって欲しい
(このコメントの文章の引用・転載・拡散、大歓迎です)

[32削除理由]:削除人:書き方がヘン
9. 2015年10月11日 00:40:27 : gjSWR86AiA
タイヤのない自動車。これを実現しようと考えていたのが、かつて先進的な自動車メーカーとして知られたフランス・シトロエンのデザイン部門責任者の、フラミニオ・ベルトーニ氏です。彼は自動車デザイナーだけではなく、絵画、彫刻、建築など幅広い芸術分野で活躍され、20世紀の自動車・インダストリアルデザインの世界で、ルネッサンスの旗手だった。

当時のシトロエンは、航空機メーカー、ヴォワザンから転向した技術者アンドレ・ルフェーブル氏と、油圧関係の専門家、ポール・マージェ氏と言った、自動車の歴史をつくった天才が在籍し、20年後の未来を先取りした自動車を開発し、世に送り出していました。その中でフラミニオ・ベルトーニ氏は、自動車からタイヤをなくすことを真剣に考えていたのです。

彼がデザインしたシトロエンDS19は、1955年に発表され、世界中にセンセーションを巻き起こしますが、1957年にイタリア・ミラノ・トリエンナーレ展で、タイヤのないDS19のオブジェを出品し、見事金賞に輝きました。英語圏のシトロエン愛好家サイト、Citroenetから紹介します。

1958 French DS 19 Brochure Page 1
http://www.citroenet.org.uk/passenger-cars/michelin/ds/brochures/11.html
●このページの、下の部分に注目。タイヤのないシトロエンDS19があります。これこそ、ミラノ・トリエンナーレ展に出品されたオブジェなのです。

フラミニオ・ベルトーニ氏のサイトを紹介します。
http://www.flaminiobertoni.it/

フラミニオ・ベルトーニ氏は、自動車からタイヤをなくすことを本気で考えていました。しかし当時のシトロエンの経営権を握っていたのは、世界的なタイヤメーカー、ミシュランでした。ベルトーニ氏は、ミシュラン家と対立していたようです。そんな中でも、タイヤをなくすことを主張。

彼の手がけた作品、2CVやアミ、DS19にID19は、どうして後輪をカバーで覆っているのか。タイヤをなくすことを主張した、彼の考えがデザインに反映されているのです。フラミニオ・ベルトーニ氏は、フリーエネルギーの時代が来ることを予見していたのです。まさに天才ですね。

個展が開催された時の動画がありますので、ご覧ください。

Raduno Museo Bertoni
https://www.youtube.com/watch?v=jYOst9PgKKE



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
カルト15掲示板  
次へ