★阿修羅♪ > 日政U2 > 483.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
侵略の歴史を反省し、「核兵器なき世界」の実現のために実際の行動を=外交部(中国国際放送局)
http://www.asyura2.com/15/gaikokujin2/msg/483.html
投稿者 HIMAZIN 日時 2022 年 8 月 09 日 17:40:40: OVGN3lMPHO62U SElNQVpJTg
 

https://japanese.cri.cn/2022/08/08/ARTI3qNWEUlSqGoLrWJ1muQr220808.shtml

侵略の歴史を反省し、「核兵器なき世界」の実現のために実際の行動を=外交部
2022-08-08 19:46:04 CRI


 先日広島で行われた被爆77周年の平和記念式典で、日本の岸田文雄首相は「核兵器なき世界」の実現を呼びかけました。これを受け、外交部の汪文斌報道官は今日(8日)の定例記者会見で、「当時の歴史的背景を抜きにして、原爆を語ることはできない。日本政府は原爆を語るだけで、侵略の歴史に対する深い反省は全く見られない」と指摘しました。

 汪報道官はさらに、「日本は核攻撃を受けた唯一の国として、長い間国際核軍縮と核不拡散分野の『模範』を自任し、核兵器のない世界を主張してきた。しかし実際には、日本は米国の『核の傘』の下で、米国の核兵器先制使用政策の放棄に反対し、妨害してきた。日本には、米国の核兵器の日本配備をタブー視することはできないとして、米国との『核シェアリング』を主張する政治家もいるほどだ。日本政府はこのような言論を容認しているだけでなく、第10回核兵器不拡散条約(NPT)運用検討会議に提出した報告書から、『非核三原則』の表現を削除している。日本は一体何を望んでいるのか。日本は核軍縮と核不拡散問題において、言行一致しているのか」と懸念を示しました。

 汪報道官は、「我々は日本が『核兵器不拡散条約』の非核兵器国として、核不拡散に関する国際義務を確実に履行し、自らに課した『非核三原則』を厳格に遵守し、核兵器の開発・導入を行わず、『核兵器なき世界』の実現のために実践的な貢献するよう促す」と述べました。(閣、MN)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 日政U2掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 日政U2掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
日政U2掲示板  
次へ