★阿修羅♪ > 日政U2 > 503.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
中央だけでなく地方政治まで蹂躙する旧統一教会の「恐るべき実態」/日刊ゲンダイ
http://www.asyura2.com/15/gaikokujin2/msg/503.html
投稿者 仁王像 日時 2022 年 8 月 26 日 14:16:01: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

中央だけでなく地方政治まで蹂躙する旧統一教会の「恐るべき実態」/日刊ゲンダイ
公開日:2022/08/25 06:00 更新日:2022/08/25 06:00
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/310277

 旧統一教会の「反日謀略工作」が中央政界を侵食してきた実態には日々驚かされるばかりだが、それに加えて地方政治への蹂躙にも目を向ける必要がある。

「毎日新聞」(8月17日付)が映像記録をもとに大々的に報じたところによると、2019年10月6日に愛知県常滑市の国際展示場で行われ…  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 氷島[106] lViThw 2022年8月26日 15:13:42 : ajtho9wCRU :TOR OXlHbGh3QUhZcG8=[8] 報告
打越さく良氏
https://twitter.com/sakurauchikoshi/status/1562931741240700931
⇒《城内実衆議 の、#選択的夫婦別姓 反対の弁は2009年のこちらに凝縮。》
⇒《「夫婦別姓問題は、日本の国柄や家族制度のあり方に関する重要な法案」であるから個人を尊重し平等を目指す国柄と家族制度にする、とはならず、実現したら亡命したいと。しかし亡命先ヨーロッパも別姓です。》

予想を超える低品質・DHCクオリティの城内実…

2. 氷島[107] lViThw 2022年8月26日 15:27:16 : opSniv46sE :TOR dS45b0JuQUozR1k=[2] 報告
『24時間テレビ』は壺臭いらしい。

【旧統一教会が追及急先鋒の日テレを逆暴露「24時間テレビ」でズブズブ関係だった】
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4405082/
⇒《『24時間テレビ』ですが、当法人の女性信徒がボランティアスタッフとして7年間にもわたって関わり、番組ボランティアをまとめる中心的な立場で活躍していたことが分かりました》

手弁当秘書のつぎは手弁当スタッフ…
こういうのは最低賃金違反として取り締まれないものなのか?

3. 2022年8月27日 00:53:32 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[14627] 報告
一方的な宗教弾圧で危惧していた通り マスコミに大きなブーメラン / ウクライナ・ロシアが睨み合うクリミア 中国は干ばつと色々崩壊〖渡邉哲也Show TWW〗 20220826
62022/08/26
文化人放送局
https://www.youtube.com/watch?v=ydepIuP_iM4
4. 2022年8月27日 01:11:09 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[14628] 報告
〖日テレ24時間テレビ〗“統一教会”が関わっていた!?
2022/08/26
川松真一朗TV 都議会議員・元テレビ朝日アナウンサー
https://www.youtube.com/watch?v=esd-KJYmO8Y
5. 2022年8月27日 01:29:20 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[14629] 報告
異常な過熱報道に対する注意喚起
プレスリリース
プレスリリース 2022.08.21
報道機関各位

世界平和統一家庭連合

広報部

【異常な過熱報道に対する注意喚起】

現在、民放のワイドショーや報道番組、新聞・週刊誌記事を中心として、世界平和統一家庭連合(以下、当法人)および友好団体等に対する異常ともいえる過熱報道が続いております。

これらのメディア報道は、日本国憲法第20条で保障された「信教の自由」を無視した魔女狩り的なバッシング行為であり、当法人および友好団体等に対する著しい名誉棄損であると同時に、当法人の信者ならびに関係者に対する深刻な人権侵害に当たります。

また、当法人の関係施設および信者の自宅周辺で繰り返される強引な取材は、再三に渡る注意喚起にも拘らず、現在も断行され続けており、こうした強引な取材行為は当法人信者に深刻な不安と精神的ダメージを与え、身の危険を感じさせる程の恐怖となっております。当法人は、再度、報道機関に対して強行取材の停止を求めると共に、これまでの強行取材によって、当法人信者が被った心的被害に対する謝罪を要求します。

さらに、一部の民放ワイドショーが意図的にたれ流す元信者と称する人物の証言インタビューには、事実確認が行われたとは到底思えない内容が散見されます。それらの報道が視聴者に与える誤解、影響は甚大であり、報道によって誘発された差別・ヘイト感情はそのまま当法人の全国の教会にぶつけられ、現在までに寄せられた殺害予告を始めとした誹謗中傷の数々は、優に1万件を超え、街宣カーによる脅迫行為や教団施設への落書き行為等は日に日に増え続け、その影響は信者家庭における離婚騒動や親子断絶問題にまで発展しております。

一方、多くの報道機関が、政治家と当法人および友好団体等との関わりをテーマに「祝電を送った」「イベントに参加した」等、政治家が当法人および友好団体等と少しでも接点を持っていれば、まるで犯罪を犯したかのような取り上げ方を繰り返しております。また、一部の新聞社や通信社は政治家に対し、当法人および友好団体等との関係を炙りだすことを目的とした卑劣なアンケート調査を実施し、まるで「魔女狩り」や「踏み絵」を行うかの如き不当な追及を行ってきました。

仮に、当法人および友好団体等が、現在各種メディアで報じられているような「反社会的」で関係を持つことが許されないような団体だったとすれば、各報道機関はその調査能力を総動員して、過去から現在に至るまで当法人および友好団体等に全く関わらないように注意を払ってきた筈です。

しかし、これまでそのようなことは一切ありませんでした。それどころか、当法人および友好団体等が開催するイベントへの取材活動を始め、協賛、後援、寄付、ボランティア派遣等を通じて、実に多くの報道機関が密接に関わって来たことは疑いようのない事実です。

なお、現在、各報道機関と当法人および友好団体等とのこれまでの関わり等について、過去に遡って詳細な調査を進めております。調査結果がまとまり次第、全面的に公表させていただく予定です。

再三に渡り申し上げますが、各報道機関に於かれましては、事実に基づいた報道を心掛けていただき、無闇に当法人および友好団体等を陥れることを目的とした報道を行わないようお願いいたします。

今後は、事実に反する報道や不当に当法人等を貶める報道に対しては、法的手段を講じて厳重に対処させていただく所存です。

以上
https://ffwpu.jp/news/3915.html

異常な過熱報道に対する注意喚起(2)
プレスリリース
プレスリリース 2022.08.25
2022年8月25日

報道機関各位

世界平和統一家庭連合

広報部

【異常な過熱報道に対する注意喚起(2)】

8月21日に当法人より【異常な過熱報道に対する注意喚起】と題したリリースを配信したばかりでしたが、ついに当法人信徒(20代後半・女性)による自殺未遂事件が起こってしまいました。

このような事態は、特定の報道機関による過激な偏向報道が原因であるとみられ、被害者家族および親族は困惑し、極めて深刻な状況です。現在、当法人では、被害者家族に対する精神的ケアをおこなうと同時に、全面的なサポートを行っております。

前回の注意喚起文において、今後、当法人ないし友好団体等に関わってきた報道機関に対して、順次公開させていただく旨を申し上げましたが、以下、その一例をお伝えします。

現在、民放の雄と言われる日本テレビが、同社ネットワークの総力を挙げて毎年取り組んでいる「24時間テレビ」ですが、当法人の女性信徒がボランティアスタッフとして7年間にもわたって関わり、番組ボランティアをまとめる中心的な立場で活躍していたことが分かりました。

https://ffwpu.jp/wp-content/uploads/2022/08/2014_24tv-768x501.png
2014年の24時間テレビのテロップ
日本テレビ「24時間テレビ」2014年番組テロップより
※参加ボランティア団体として「世界基督教統一神霊協会・能登教会」を番組で紹介している

この調査結果からも分かるとおり、現在、特定の報道機関が「反社会的団体」であるかのように報じている当法人および当法人信徒が、安倍元首相銃撃事件が起こるまでは多くの報道機関から確かな信頼を受けて、番組づくりに協力し、密接に関わってきたことは疑いようのない事実です。

自殺未遂事件の原因にまで発展した、特定の報道機関による過熱報道に対して、当法人は再度、事実に基づいた報道と、憶測に基づく偏向報道の停止を強く要求します。

注意喚起の意味を重く受け止めていただき、鋭意ご対応下さるよう宜しくお願い申し上げます。

以上
https://ffwpu.jp/news/3921.html

立憲民主党に問う
―目指すは宗教弾圧か?―
世界平和統一家庭連合

法務部

立憲民主党(以下,貴党)は,「脱会支援者からヒアリング 党旧統一教会被害対策本部会合」と題する記事を貴党のWebサイト上に掲載しました。

同記事によると貴党の旧統一教会被害対策本部(本部長:西村智奈美衆院議員)が本年8月18日,第7回会合を国会内で開催し,「旧統一教会からの脱会を支援してきた」という宮村峻氏から,被害の実態と課題について話を聞いたとのことであり,冒頭,同本部事務局長の石橋通宏参院議員は,宮村峻氏を皮切りに具体的な話を聞いていきたいと挨拶し,「救済の在り方」等を知った上で「被害者の救済」等に資する立法措置を準備しようと議論を進めている旨述べたとのことです。

また同記事は,会合には,同本部特別参与の有田芳生氏(元共産党員)が同席し,宮村氏について1985年,87年当時からこの問題に関わり,「多くの信者の脱会に多大な力を尽くしてくるとともに,今メディア等で元信者が発言をしていること」にも,同氏の力が大きく働いたと述べたと報じています。


https://ffwpu.jp/wp-content/uploads/2022/08/miyamura-300x216.jpg
宮村峻氏
宮村峻氏
しかるに宮村氏は,長年に亘り当法人信者に対する強制的脱会説得に関与してきた人物であり,以下に詳述する通り,宮村氏の脱会強要の違法性は既に最高裁判決によって確定しています(平成27年(オ)第308号、平成27年(受)第385号)。

従って,立憲民主党がこうした人物を「多くの信者の脱会に多大な力を尽くし」た人物として会合に呼び「救済の在り方」等について聞くこと自体,極めて異常であると言わざるを得ません。のみならず,同氏らから「救済の在り方」等について聞いた上で立法措置を準備するという以上,同会合は,違法・違憲な脱会強要手法の法制化を目指すものであり,当法人のみならず他宗教の信者に対してまで信教の自由を侵害し,宗教弾圧をもたらすのではないかとの危惧を強く抱かざるを得ません。

しかし,このような方針は,憲法尊重擁護義務を負う国会議員においては断じて許されないことです。

したがいまして,当法人は,違法・違憲な脱会強要手法の法制化を目指す動きをみせる貴党に対し,ここに厳重な抗議を申し入れる次第です。以下詳述します。

1.最高裁で確定した違法性判断


https://ffwpu.jp/wp-content/uploads/2022/08/goto1.jpg
解放直後の後藤氏
監禁解放後間もない後藤徹氏
(入院中の病院で撮影)
1995年9月から2008年2月まで12年5ヶ月に亘る拉致監禁,脱会強要の被害を被った当法人信者後藤徹氏は,宮村氏ら加害者を提訴し,東京地裁,東京高裁,最高裁でいずれも勝訴しました。判決は,宮村氏が監禁中の後藤徹氏に対して脱会強要を行った事実を認定し,被告親族らに対して認めた損害賠償金2200万円のうち1100万円を連帯して支払うよう宮村氏に命じています。

以下,最高裁で確定した同事件原審東京高裁判決(平成26年(ネ)第1143号事件)の判示の要点部分を抜粋して掲載します(同事件原告の後藤氏は下記控訴審判決では「控訴人」,被告らは「被控訴人」と表現されています。また小見出しは当法人で付記したものであり,各マンション名は抽象化して表示しています)。

貴党には,宮村氏がいかに悪質な人権侵害に関与してきた人物であるのかを明確に認識して頂くよう求めます。

【監禁説得の違法性】

○ 日本国憲法20条1項は,信教の自由は,何人に対してもこれを保障すると定めているから,ある宗教の教義がどのようなものであったとしても,それが直接対外的に他の人々や他の団体等の権利や自由を侵書したり,危害等を加えたりするものでない限り,他から干渉されない自由が保障されている。

○ 控訴人は,昭和38年11月2日生まれの成人男性で,平成7年9月11日当時,既に31歳で,特に他者の介護や補助を受けなければ日常生活等に支障があるという状態ではなかったことは明らかであるから,親兄弟といえども,控訴人を別個独立の人格を有する個人として十分に尊重しなければならないことは当然のことであり,控訴人の信じている宗教の内容が親兄弟の考え方と異なるからといって,任意の説得の範囲を超え,有形力を行使して,その自由な意思や行動を制約し,強制的に統一教会からの脱会を迫ることは,もはや社会的に許されている親子兄弟による任意の説得の範囲を超えるものであって違法であり,客観的には監禁と評価されても致し方のないものであった。

○ 平成20年2月10日に荻窪のマンションから解放された時には,身長182センチと長身で約70キログラム程度あった控訴人の体重は,多くとも約50キログラム程度に低下し,全身筋力低下,廃用性筋萎縮症などと診断されるまでになっていたことが認められる。これらの事情は,被控訴人T(後藤氏の兄)らの控訴人に対する行動の自由の制約が,控訴人の体調等について十分に配慮してなされたものではなく,控訴人の健康を損なわせる結果になっていたことを示すものであって,荻窪のマンションにおける滞在についても,控訴人に対する行動の自由の違法な制約か継続し,拘束が長期化する中で,控訴人の体調等に対する管理や配慮が十分ではなく,違法性の高いものになっていたと認めるのが相当である。

○ 控訴人は被控訴人T(後藤氏の兄)らによって新潟に連れ去られた平成7年9月11日の時点において,既に31歳の成人男子であって,その意思能力や身体状況等において,被控訴人Tらが問題とする統一教会の信者であるという一点を除いては,特段の問題は認められなかったのであるから,これまで認定した被控訴人Tらの控訴人に対する行為は,控訴人の信仰を放棄させるためになされた有形力の行使であって,しかも,控訴人の任意の承諾に基づいてなされたものではないから,違法なものといわざるを得ない。しかも,被控訴人Tらの控訴人に対する監禁等は計画的なものであって,その後,平成20年2月10日まで,約12年5か月の長期間にわたって継続されたものであり,控訴人に重大な被害が生じたことも明らかである。

【宮村氏の脱会強要】

○ 被控訴人宮村は,披控訴人Tに対して荻窪のマンションを紹介するなどして,被控訴人隆らが長期間にわたって控訴人の拘束を可能とする場所の提供に関与しただけではなく,荻窪のマンションにおいて,平成10年1月頃から同年9月頃までの間,合計73回にわたり控訴人と面談し,統一教会の教義の誤りなどを指摘するなどして。控訴人に対して統一教会から脱会するように働き掛けたものである。

○ もちろん,被控訴人宮村自身が,荻窪のマンションにおいて,事実上,同所に監禁されている控訴人の状況を十分に認識した上で,極めて多数回にわたって控訴人と面談し,控訴人に対して統一教会から脱会するよう説得していたものであるから,被控訴人宮村においても,被控訴人Tらによる控訴人の拘束について,これを理解した上で幇助していたものと認めることかできる。

○ 被控訴人Tらの行為はもとより,その幇助とみなされる被控訴人松永や被控訴人宮村の行為についても,控訴人に対して統一教会の信仰を捨てることを強要していたものといわざるを得ない。

2.国際的機関からの指摘

 当法人信者を監禁して行う脱会強要の手法は,密室で行われるものであるため,監禁中のレイプ事件やマンション高層階から脱出を図った信者が転落して瀕死の重傷を追う事件,長期監禁中に信者が脱会説得の専門家から包丁で脅迫を受ける事件, 監禁中の信者が苦痛に耐えかねて自殺する事件,精神病院への違法強制入院事件など,様々な悲劇を生んできました。

他方,監禁説得する側の異常性は止まるところを知らず,男性を妻子から引き離して隔離し,脱会させる事件や,夫婦を幼い子供達から引き離して監禁する事件,複数の患者を抱える医師を拉致監禁する事件,更には20名近くで教会を襲撃して信者を拉致する事件など,狂気の沙汰とも言える異常な人権侵害が継続しました。

更には,脱会した信者の中にも解放後重度のPTSDを患う者が複数現れ,大手出版社の月刊誌でも取り上げられました(講談社発行『月間現代2004年11月号』掲載「書かれざる『宗教監禁』の恐怖と悲劇」と題するルポライター・米本和広氏の長編ドキュメント)。同記事によれば,拉致監禁,脱会強要の結果PTSDに苦しむ元信者らは,「信仰の自由を強制的に奪われ続けた」こと(主治医の発言)の結果,今も奈落の底でもがき続けているとのことです。

 こうした中,米国国務省は1999年以降, 2015年までの間,国際宗教自由報告書ないし国別人権実施報告書において当法人信者に対する強制的脱会説得問題についてほぼ毎年のごとく取り上げました。

 また,国連の自由権規約人権委員会は2014年6月,日本政府に対しこの問題に対する憂慮を表明し善処を勧告するに至りました。

 したがって立憲民主党が,宮村氏が行ってきた脱会説得の手法を元に法制化を試みているのだとしたら,国際社会からも重大な非難を浴びるであろうことは明らかです。

3.組織性・計画性,及び悪質性

上記「2」で述べた医師に対する拉致監禁,脱会強要事件にも,後藤事件で被告となった前記宮村氏及び新潟の松永牧師の両名が関与しています。同医師は自身の被害体験を陳述書にまとめて前記後藤事件に提出し,前記判決の認定材料となりました。同陳述書には,拉致監禁,脱会強要を行う側の内情を目撃してきた同医師の体験談が含まれているため,宮村氏らが行う拉致監禁,脱会強要の組織性・計画性,及び悪質性を知る上で極めて貴重な資料であると言えます。そこで同医師作成の陳述書の要点を以下に記します。

拉致監禁された当時平均35名の外来患者を担当し,入院患者も15名担当していたが,これら患者の中には瀕死の重篤患者も数人いた。ところが,実家を訪ねた際に突然20名近くに襲われ,都内のマンションの一室に拉致監禁された。同室には宮村氏が来て脱会強要を行った。患者の治療方針を録音したテープを病院に送りたかったが,宮村氏が反対したとのことで許されなかった。「人の命がどうなっても何とも思わない男なのか」と心底強い怒りと憤りを覚えた。

約1ヶ月後,同僚の医師らが裁判所に人身保護請求を申立てたが,宮村は監禁場所を新潟に移し,松永牧師の指導下,更に監禁が継続した。こうして1年3ヶ月間に亘って監禁され,その後もリハビリと称する監視下での生活を約半年間に亘り余儀なくされた。監禁中,解放されるためにやむなく偽装脱会をした。この結果,監禁中ないしリハビリ中に以下の行為を強いられた。

○ 宮村氏の指導により有田芳生氏による取材に応じさせられた。監禁されていた部屋に有田氏と記者とが訪れ取材を行い,有田氏の記事は週刊誌に掲載されたが,拉致監禁の事実は一切報じられなかった。

○ 宮村氏の指導により反統一教会報道を行うTBSの報道番組のインタビューに応じさせられ,テレビカメラの前で意に反して統一教会批判を行わされた。宮村氏は元信者に対して統一教会に対する敵愾心,憎悪,怒りを持つよう厳しく指導していたが,撮影当日もその場を取り仕切っていたため,真意に反して統一教会に対する敵愾心,憎悪,怒りをあらわに表現させられた。

○ リハビリ期間中,監禁された信者に対する強制的脱会説得に加担させられた。また,信者を拉致監禁するため準備中の父兄に対する勉強会やセミナーに元信者として参加させられ講義など担当させられたが,セミナーでは拉致監禁の指導や模擬訓練までもが行われた。

○ 宮村氏から全国霊感商法被害対策弁護士連絡会(全国弁連)の山口広弁護士及び紀藤正樹弁護士を紹介され,統一教会に対し請求する理由などないことを認識しつつ意に反して両弁護士に委任させられた。この結果,両弁護士を通して統一教会等に対する金銭的請求等が行われた。

○ 元信者が統一教会に対して献金返還等の損害賠償を求める「青春を返せ訴訟」が全国で起こされていたが,新潟の「青春を返せ裁判」の打ち合わせに5〜6回参加させられた。知る限りの原告は全て拉致監禁によって脱会させられた人達だった。会議では弁護士は熱心であったが,原告らは50名くらいのうち5名くらいしか参加しておらず,参加者も熱心ではなかった。これは,訴訟への参加が脱会の判断基準(踏み絵)としての機能を果たす中,元信者らは宮村氏や松永牧師から言われてやむなく訴訟に参加しているからではないかと感じた。


https://ffwpu.jp/wp-content/uploads/2022/08/matsunaga-768x645.jpg
松永牧師
信者の拘束方法指導ビデオ
(講師は被告松永牧師)
貴党の会合で有田氏は,「多くの信者の脱会に多大な力を尽くしてくるとともに,今メディア等で元信者が発言をしていること」にも,同氏の力が大きく働いたと述べたとのことですが,自身や提携する牧師が脱会させた元信者をメディアに登場させ,自身の意のままにメディアの前で発信させているわけですから,同氏の力が大きく働いたのはその通りです。

しかし,拉致監禁,脱会強要という違法な人権侵害を手段としてメディアが操られてきたことは重大問題です。そしてまた,統一教会を被告として提起する裁判についてまで,宮村氏ら人権侵害を繰り返して来た者達のコントロールが及んできたというのは,極めて忌むべき事態です。

貴党は,こうした違法な人権侵害によるメディアのコントロールや司法のコントロールに積極的に参入したいとの意向で宮村氏を招いたのでしょうか。だとすれば,貴党こそ,解散すべきであると思料します。

4.全国弁連の宮村氏に対する評価

 全国弁連の東京の弁護士らも脱会した元信者を原告とする「青春を返せ訴訟」を担当しましたが,宮村氏が脱会させた元信者の代理人となった弁護士の中には,元信者から脱会時の経緯を聞く中で宮村氏の手法に疑問を持つ者も現れ,宮村氏の脱会説得の手法は「脱会活動に名を借りた金儲けであり,実態は拉致監禁であり,棄教強要に過ぎない」と主張して宮村氏を全国弁連から排斥すべきだと他の弁護士らに要求しました。同弁護士によると,この結果,少なくとも同弁護士が全国弁連に所属していた間は,宮村氏を排斥することができたとのことでした。

一方,後藤事件で宮村氏の代理人を務めた全国弁連の山口広弁護士は,平成27年6月15日に民事裁判の証人として出廷した際(東京地裁平成24年(ワ)第19029号),この件について聞かれると,前記弁護士から,「棄教の強要」「脱会活動に名を借りた金儲け」との露骨な発言があったか記憶にないと証言し,また宮村氏の活動をそういう活動とは認識していないと証言しつつも,全国弁連が牧師資格のない宮村氏を紹介するのはやめた方がよいとの議論があり,協議した結果,日本基督教団の相談窓口を紹介することに決めたと証言しました。

山口弁護士は宮村氏の代理人であった関係で,宮村氏に不利な発言は避けざるを得なかったものと考えられますが,いずれにしても,家庭連合に反対する全国弁連の内部においてすら,脱会説得の専門家として紹介すべきで無いとされた宮村氏を貴党がことさらに「多くの信者の脱会に多大な力を尽くして」来た人物として会合に招き,「救済の在り方」等を聞いた上で「被害者の救済」等に資する立法措置を準備しようと議論を進めているというのは,余りにも異常なことだと言わざるを得ません。

 ところで,全国弁連が紹介先としたという日本基督教団においてすら,脱会説得の結果「心に傷を受けていく人」がいる事実や失敗事例を教団内で説く牧師が現れ,それまで「保護,救出」と称して一部牧師らが行っていた「隔離説得」をやめた経緯があります。

こうした過去の経緯も踏まえずに,貴党がいきなり宮村氏のような,脱会強要の違法性が裁判で認定された人物を「脱会支援者」として招いてヒヤリングを行うなど,もはや狂気の沙汰としか言いようがありません。

再度申し上げます。貴党の現在の動きは,まかり間違えば,違法・違憲な脱会強要手法の法制化を目指す危険なものであり,当法人の信者のみならずあらゆる宗教の信者の信教の自由の侵害,宗教弾圧を助長するものであって,到底許されざる行為です。こうしたことを自覚し,政党として良識ある行動を取るよう強く要望するものです。

以上
https://ffwpu.jp/news/3936.html

6. 氷島[109] lViThw 2022年8月27日 08:19:55 : iwafCSH60M :TOR SXk5bGl6S0t3NGs=[-11] 報告
大野たかし氏
https://twitter.com/koredeiinoka/status/1563105911077363714
⇒《連合加盟の組合が研修等で使っている施設の元理事長と統一協会との関わりが判明しました。
しかし、芳野会長は施設と統一協会の関係について問われ、「調べるつもりはない」と答えました。
これでは、調べたら都合の悪い事実が判明するのでは、と疑わざるをえません。きちんと調査を行うべきです。》

富士社会教育センター…
「反共洗脳センター」への名称変更をおススメいたします。

7. 氷島[110] lViThw 2022年8月27日 08:29:46 : FAndkxaqYo :TOR cFVuemUuVU9zQ00=[2] 報告
6のつづき

政治部記者
https://twitter.com/hahaguma/status/1563168234659987457
⇒《共産党との共闘は否定する一方で、自民党の会合に出席し、小渕優子元経産相や麻生太郎副総裁と会食する芳野氏の姿勢こそ、『反共産党』以外に何がやりたいのかわからない、といわれても仕方がないでしょう》

(ラップ調でリフレイン願います)
反共、宗教、ゼノフォビア。
反共、宗教、ミソジニー。
反共、宗教、クルクルパー。

8. 氷島[111] lViThw 2022年8月27日 08:44:30 : CCbMUBjgno :TOR RDV6SEpZV3lmQ1k=[142] 報告
7のつづき

早川タダノリ氏
https://twitter.com/hayakawa2600/status/1563083789634457602
⇒《例によってよからぬ雑誌を買ってしまったが、『WiLL』2022年10月号に、「国際政治経済学者」を名乗る浜田和幸という人が「中国が恐竜を復活、兵器化を狙っている」という記事を書いていて悶絶。》

「反共、宗教、ゼノフォビア」をこじらすとこうなるんだねぇ…
「チャイナ・ウィルス」のつぎは「チャイナ・ダイナソー」ですか…

この雑誌は…
「嫌韓、嫌中」というお題で、読者を唸らせたら勝ち(原稿料2倍)、笑わせたら負け(原稿料没収)、みたいな勝負でもしているんですかねぇ…

保守じゃダメだろ…

9. 2022年8月27日 09:29:00 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[14630] 報告
日本テレビ・ミヤネ屋が大炎上 統一教会隠蔽で 24時間テレビ
2022/08/27
自由の声6
https://www.youtube.com/watch?v=HjWXvf3mgMI
10. 氷島[112] lViThw 2022年8月27日 09:42:37 : WOKYFShewA :TOR OGprcVQyUEVGUUU=[1] 報告
世界平和教授アカデミーについて

https://christianpress.jp/cult0822/
⇒《元立教大学総長で安倍晋三氏の祖父・岸信介氏の特使や民社党の参議院議員も務めた松下正寿》
⇒《松下正寿氏は、元立教大学総長、祖父の代からの聖公会の会員》
⇒《その最大の財源である国際文化財団は文鮮明が創立したもので統一教会の資金によって運営されており、久保木修巳統一教会会長が日本での会長を兼務している。東京麹町にある事務局の職員12人は、松下正寿同アカデミー会長(元立教大学総長)の話によれば、全員が統一教会員。》

⇒《分かったことは1970年代、左翼学生による学園紛争が激しくなる中で、「勝共(反共)」を掲げて左翼の学生運動に対抗した原理研究会を大学側が頼りにした、その中で学内活動の主導権を原理研究会が握っていったという構図だ。自らの利害のために統一協会関連団体と知りながら利用しようとして、逆に統一協会に利用される――政界と統一協会の癒着と同じ構図が、キリスト教主義大学を含む学術・教育の分野でも起こってきたのだ。》

松下正寿なるトンデモ学者…

11. 2022年8月27日 13:12:17 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[14632] 報告
〖24時間テレビの闇〗チャリティー番組なのに出演者への高額ギャラ発生!障がい者を利用した感動ポルノ・ヤラセ行為など闇が深すぎる....募金・寄付金の行方は?
2022/08/27
占い師けんけんTV
https://www.youtube.com/watch?v=BKQaXra2tME
12. 2022年8月27日 16:30:58 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[14635] 報告
統一教会、日本テレビ『24時間テレビ』に宣戦布告!!
2022/08/27
SHIMAKURA BIZch
https://www.youtube.com/watch?v=e-0m5pmAWSc
13. 2022年8月28日 01:37:56 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[2736] 報告
自民党と中国の共産党と
日本人の敵はどちらかと考えると
答えは明らかである
14. 2022年8月28日 16:13:57 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[14646] 報告
〖暴露〗まずは日テレ24時間テレビにロックオン!ミヤネ屋の旧統一教会報道を受けて制裁開始か?
2022/08/28
伊達一詔
https://www.youtube.com/watch?v=RdlMVTGEzOg
15. 2022年8月28日 21:43:37 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[14650] 報告
旧統一教会は「ミヤネ屋を止める!」“宣戦布告!日テレと電通を肥やす感動ポルノ「24時間テレビ」に、旧統一協会が「7年も信者が応援したのに」と暴露。どっちとも「金・金・金」!作家・今一生。一月万冊
102 分 前に公開済み
一月万冊
https://www.youtube.com/watch?v=EwoP_G13KBo
16. 氷島[113] lViThw 2022年8月28日 23:31:43 : FxhG1Vvojy :TOR c0xkRXNCNVdCZy4=[17] 報告
『ライシテから読む現代フランス(伊藤聖伸)』読了。
https://www.amazon.co.jp/dp/400431710X
⇒《
(P40)フランスのライシテには7つの類型がある…
(1)宗教を敵視するライシテ
(2)ガリカニスムのライシテ
(3)個人の良心の自由を重視する自由主義的ライシテ
(4)礼拝の自由を重視する自由主義的ライシテ
(5)コンコルダートのライシテ
(6)宗教の公共性を強調する、開かれたライシテ
(7)アイデンティティのライシテ(右派からでてきた)

(P214)
世俗化:生活のなかから宗教が消えていく
ライシテ化:国家機関と宗教制度の関係を断ち切る
アメリカは世俗化が低く、ライシテ化が高い
イギリスは世俗化が高く(教会に行かない)、ライシテ化が低い(国教会がある)

(P215)ライシテ体制を構成する5つの要素
(1)信仰、良心の自由
(2)諸信仰体系の平等
(3)国家と教会などの分離、相互の自律性
(4)あらゆる宗教に対して、国家は中立
(5)習慣としての価値、代々受け継がれてきた価値

面白かった。しかしほとんど理解していないと思う。なぜなら素地がないから。
日本の選挙となると話題(争点)はほぼ「経済」だけだ。よくて「経済、安保」ぐらいかな… 自然とそちら方面は詳しくなっていくけど、「宗教」となるとかなりどうでもいいと思っていた。

ところが本書を読んで「あ、それって結局、宗教問題なんだね」と気付くことが多い。
・(宗教婚ではない)民事婚、同性婚、パックス、離婚
・食事
・女性の服装
・託児所
・フェミニズム
それらが問題になっている。考えてみると女性にとって身近な話題が多い。この本の登場人物にも女性が多い。同性婚「反対」をリードしたのも、なんと3人の女性だったという…
「セックス、食事、ファッション」といういかにもフランスらしい話題だからかもしれないし、日本に比べて女性の政治参加が盛んなのかもしれない…

日本でもこの話題を争点にしたら、女性の投票率が高まらないだろうか?
野党にとって有利かもよ。

17. 2022年8月29日 14:37:43 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[14662] 報告
「ミヤネ屋」は旧統一教会の反撃に屈せず、真実を暴露できるのか!?
95 分 前に公開済み
風花未来チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=et68vZJ7owc
18. 氷島[114] lViThw 2022年8月30日 13:34:10 : R9jKbMTLoc :TOR UldlbEF4ZGRDMms=[9] 報告
今、どんな感じで進行しているのか…

【自民党の動き】
・献金や選挙支援など、これまでの関係について記入させるアンケート
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/135561?display=1
⇒《来月2日までに提出するよう求めていて、自民党関係者によりますと議員からの回答を党として集約したのち、全体の調査結果を公表する》

これについて反対している人…
太田光
https://news.yahoo.co.jp/articles/35de4b7fd96793dcab341ab08ee1febf882f7212
⇒《とにかく関係を絶つんだって岸田さんも言っている。だけどこれってじゃあ統一教会は反社だっていうことを確定するんですか?って僕は岸田さんに聞きたいんです。何の悪意もなくただ信じてやっている人たちはいっぱいいるわけですよね。その人たちはどうやって救済する?すごい偏見な目で見られちゃうわけで…統一教会のもちろん霊感商法やなんかあるそれは商法的には間違っているかもしれないけど》

太田に対して反論している人…
江川紹子氏
https://news.yahoo.co.jp/profile/commentator/egawashoko/comments/16617596476636.710f.30373
⇒《カルトは、「教えが間違っている」から問題視されるわけではなく、その「行為」が問題視されます。統一教会も同じです。》
⇒《統一教会で(オウム真理教もそうでしたが)問題になっているのは、ちょっと無理する程度ではなく、破産したり家庭が崩壊したりするようなものです。これは「程度の差」と言えるような小さな違いではありません。》
⇒《正体を隠した勧誘や多くのダミー団体によって知らないうちに人を関与させるやり方も、まっとうな行為とは言えません。》

「量的問題」と「やり方」
太田光の言う「商法的な間違い」は、江川紹子氏のいう「やり方」のほうでしょうか?
ガンジー7つの教えの「道徳なき商売」に分類されるのかな?
(「自己犠牲なき崇拝」ではない気がする。むしろ過度に自己犠牲を強いる崇拝)

⇒《「宗教法人で認められた宗教」だから調査するのはおかしいと言うなら、オウムは地下鉄サリン事件を起こして警察が捜査に入るまで、調べない方がよかった、ということですか?》

これはあらゆる風通しの悪い組織で問題になる点ですね。「家庭」「学校」「会社」「病院」「軍隊」…
家庭内暴力、学校での下着の色チェック、脱税、医療事故隠し、先輩からのイジメ…
宗教団体のタブーもなくしましょう。

19. 氷島[115] lViThw 2022年8月30日 13:56:24 : PQZhBdbFtk :TOR c3duRG9ScjloM0E=[-3] 報告
こちらは自民党ではなく政府の動き。

【消費者庁霊感商法検討会】
菅野志桜里氏
https://twitter.com/ShioriYamao/status/1564423404274724864
https://twitter.com/ShioriYamao/status/1564423405608538112
⇒《私としては次回、個別の悪質商法規制だけでなく、それを組織的に繰り返す団体規制の論点を宗教法人法と絡めて提起したい。そこをやらないと、一部の返金や損賠は織り込んだ上で、はるかに上回る実入りをあげ税制優遇を受け続ければプラマイでプラスという判断が続く。》
⇒《しかも多くの場合、個別の行為の実行者は、加害者であると同時に被害者なので、やはり団体の問題に切り込むことが重要なのです。》

「商法(やり方問題)」と「宗教法人法」の2コ1で考えると…
ペナルティが軽いと「やり得」感から、犯罪が再犯され続けると…
カモフラージュのためのフロント企業、団体がいくつもつくれるのもオカシイよね…
また、ある宗教法人を解散させたとして、すぐに同じメンバーで違う宗教団体がつくれてしまうハードルの低さも問題だと思う。

河野太郎氏、菅野志桜里氏にはガンバっていただきたい。

20. 2022年8月30日 23:22:54 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[14680] 報告
〖危機感ゼロ〗安倍元総理事件で一番得をしてる人達リスト。最も得をしたのは○○?旧統○教会が「○○」を宗教弾圧で国連提訴を匂わせ始めた? #751(8/30火@)
45 分 前に公開済み
文化人放送局2
https://www.youtube.com/watch?v=uN4d1QPRJAE
21. 氷島[120] lViThw 2022年8月31日 21:23:37 : aDMIcTiFmE :TOR LjB0WW0xaGp5SmM=[20] 報告
やっぱりライシテ(政教分離)法の立法しかないな…

じゅんちゃん@哲学入門チャンネル
【公明党山口「自民党は統一教会との関係をちゃんとわかりやすく説明を」→無関係装うのに必死】
https://youtu.be/K32B-NP-DEg?t=972
⇒《2016年にも、反共謀略ビラと呼ばれるものが配られていたとされています》
⇒《謀略ビラは公明党・創価学会が各地で撒いた内部討議資料と基本的に同内容で、国民連合政府のよびかけについては選挙野合、現実性ゼロなどと一方的に決めつけて批判していた》

日本の政治に巣食う「反共、宗教、クルクルパー」を排除しなければなりませんなぁ…
(1)統一教会
(2)松下正寿(富士社会教育センター)
(3)創価学会

立共社れで、ライシテ法をつくり、国民連合政府をつくりましょう。

22. 2022年9月01日 11:50:26 : hNHhUPgfXo : Y0YySUlQWnE0ZG8=[930] 報告
いずれにせよ24時間テレビは札付きの低俗クソ番組。無理やり感動させようとしてやらせと捏造のオンパレード。27時間テレビも同じ。
23. 2022年9月05日 15:39:43 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[14741] 報告
全国拉致監禁・強制改宗被害者の会がTBS「NEWS DIG」に抗議文を提出
プレスリリース
プレスリリース 2022.09.05
9月1日、全国拉致監禁・強制改宗被害者の会の後藤徹代表がTBSに対して抗議文を送りました。

後藤代表は抗議文の中で、「8月27日付で『報道特集』と題する番組を放映し、元家庭連合の信者と称する5名を出演させました。しかるに、スタジオに座っていた5名のうち一番左に座っていた『洋子』と名乗る女性は私の兄嫁であり、私に対する12年5ヶ月に亘る拉致監禁、脱会強要という異常な人権侵害を行った加害者の1人です。」と「報道特集」の出演者のキャスティングの問題を指摘しました。

また、「私を監禁して異常な人権侵害を行い、その行為の違法性が最高裁において確定した人物を出演させながら、その非人間的な人権侵害について謝罪の弁を述べさせるなどのことは一切せず、家庭連合に対する一方的な批判をさせ、その発言を公共の電波で流しました。このような異常な人権侵害、違法行為については一切無視する一方、その実行行為者を動員して家庭連合叩きに奔走する貴社の報道は、公正中立な報道と言えるのでしょうか?」と抗議した上で、以下の4点について回答を求めています。

1.番組に出演した元信者5名の人選プロセス、特に宮村峻氏の関与の有無。

2.兄夫婦も拉致監禁され、無理やり信仰を捨てさせられた過去があるが、他の4名も同様に意に反する隔離を手段とした脱会説得によって棄教したのではないか?

3.家庭連合の国際合同結婚式を人権侵害などと非難しつつ(フリーアナウンサー膳場貴子氏の発言)、私を初めとする家庭連合の信者らが受けてきた拉致監禁、脱会強要という、最高裁で違法性が確定した人権侵害について一切報道しないのは何故か?

4.貴社は公共の電波を用いて宗教弾圧を行っているだけではないのか?また、そうではないというなら理由を説明されたい。

後藤代表はTBSに対し、9月8日までに質問事項の返答を求めています。

抗議文の全文は全国拉致監禁・強制改宗被害者の会公式サイトで閲覧できます。
https://ffwpu.jp/news/3983.html

24. 2022年9月07日 23:00:10 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[14773] 報告
旧統一教会関連団体がTBS番組に抗議文! 膳場貴子アナにも言及、同局は「対応検討」
9/7(水) 19:11配信

東スポWeb
https://news.yahoo.co.jp/articles/eb770fa223cc76f781d6fd9bdb4d9df58b77336b/images/000
旧統一教会から抗議されているTBS(東スポWeb)

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が、公式サイトに「全国拉致監禁・強制改宗被害者の会がTBS『NEWS DIG』に抗議文を提出」との文書を掲載している。

〖写真〗白スーツ姿の膳場貴子キャスター
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/479977/attachment/%e8%86%b3%e5%a0%b4%e8%b2%b4%e5%ad%90-2/
 抗議文は、全国拉致監禁・強制改宗被害者の会の後藤徹氏によるもの。

 同局の「報道特集」が先月27日、「元信者″ネたちが語る旧統一教会の実態」と題した特集を報じたことについて、後藤氏が出演した5人の元信者のうちの一人から「拉致監禁、脱会強要という異常な人権侵害」を受け、裁判の末に勝訴したと主張。

「私を監禁して異常な人権侵害を行い、その行為の違法性が最高裁において確定した人物を出演させながら、その非人間的な人権侵害について謝罪の弁を述べさせるなどのことは一切せず、家庭連合に対する一方的な批判をさせ、その発言を公共の電波で流しました。このような異常な人権侵害、違法行為については一切無視する一方、その実行行為者を動員して家庭連合叩きに奔走する貴社の報道は、公正中立な報道と言えるのでしょうか?」と抗議し、後藤氏と視聴者への謝罪を求めている。

 その上で、出演した5人の出演プロセスや同局の報道姿勢に疑問を投げかけ、書面で回答するよう求めている。その中には、旧統一教会の国際合同結婚式を「人権侵害」と非難した膳場貴子アナウンサーに言及している箇所もある。

 TBSは取材に対し「対応検討中です」と回答した。

 同局では、「報道特集」のほか、系列のCBCテレビが制作する「ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜」などで旧統一教会を取り上げている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/eb770fa223cc76f781d6fd9bdb4d9df58b77336b

▲上へ      ★阿修羅♪ > 日政U2掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 日政U2掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
日政U2掲示板  
次へ