★阿修羅♪ > 原発・フッ素43 > 186.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
被爆者75人分のカルテ 佐賀の病院で発見 「詳細、貴重な資料」:占領米軍の追求から逃れて保管の可能性
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/186.html
投稿者 あっしら 日時 2015 年 6 月 09 日 01:42:13: Mo7ApAlflbQ6s
 


発見された被爆者のカルテ


被爆者75人分のカルテ 佐賀の病院で発見 「詳細、貴重な資料」

 佐賀県の医師や大学教授らでつくる「佐賀医学史研究会」(鍵山稔明会長)は、長崎と広島の被爆者計75人分のカルテを旧佐賀県立病院(現県医療センター好生館)で発見したと明らかにした。病状だけでなく、被爆した克明な状況や死後に病理解剖した臓器の状態も記されている。

 原爆に関する資料は、戦後に進駐軍が多くを没収しており、研究会の青木歳幸事務局長は「詳細な記録がまとまって見つかるのは近年では珍しい。人体への影響を研究する上で貴重な資料」と話している。

 75人は1945年8月14日〜46年1月、当時の県立病院内科を受診した16〜59歳の男女。妊婦もいた。カルテには脱毛や皮下出血などがドイツ語と日本語で記されている。

 放射能被害の特徴的な症状の一つとされる白血球の減少がみられる人もいた。

 カルテはB5サイズで「昭和二十年度内科、原子爆弾ニ依ル書類」と書かれた表紙のボール紙に229枚がとじられ、厚さは約6センチ。色あせ、かすれて判読が難しい文字もある。

 2011年、看護師が内科の古いロッカーを整理中に偶然発見し、研究会が約3年かけて内容を精査した。

 病院によると、カルテは原則、専用の倉庫でまとめて保管するが、県立病院に進駐軍の医師が複数回訪問した記録があるため、当時の医師が見つからないよう別に保管していた可能性もある。

[日経新聞6月7日朝刊P.30]

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 茶色のうさぎ 2015年6月09日 04:37:16 : qtmOTsgWNIsK2 : bwpBUtphEo

今後は、米国に行っている資料なども合わせて、ABCC、がどの様な分析、解析したのか知りたいですね。!

声なき声。! 叫びが、表に出るって喜ぶと思います。! その人の最後の、一生の叫びと思います。!

ボクには、預金通帳くらいしかないです。!  うさぎ♂ センチメンタルになってきました。!外は雨。!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素43掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素43掲示板  
次へ