★阿修羅♪ > 原発・フッ素43 > 200.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<自主避難者から住まいを奪うな>避難者の叫びは国会議員の胸に響いたか?福島県庁ではハンスト継続中(鈴木博喜)
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/200.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 6 月 10 日 14:58:10: igsppGRN/E9PQ
 

【自主避難者から住まいを奪うな】避難者の叫びは国会議員の胸に響いたか?福島県庁ではハンスト継続中(鈴木博喜)
http://no-border.co.jp/archives/33464/
2015年06月10日 NO BORDER


「避難用住宅の無償提供の打ち切りに反対し、撤回を求める院内集会」(主催:ひなん生活をまもる会)が9日、参議院会館で開かれ、全国の自主避難者たちが打ち切りへの不安と被曝回避の大切さを訴えた。何度も何度も頭を下げる避難者たち。涙を流し、怒りに語気を強める姿は、駆け付けた国会議員にどう映ったか?まもなく原発事故から51カ月。福島県庁ではハンガーストライキも始まった。だが、国や福島県は依然として「協議中」との姿勢を貫き、避難者たちを愚弄し続けている。

【「逃げざるを得なかった」】

 自主避難者たちが集うのは、これで何度目になるだろう。仕事を休み、交通費を費やして、全国から永田町に避難者が駆け付けた。

 「住宅支援は命綱。子どもを2人育てるとしたら、保育園の費用だけでパート代が吹き飛んでしまう」。札幌市に避難した女性は言った。「決して家賃助成に甘えて生活をしてきたわけではありません。選択的避難権を認めてください」。

 相馬市から滋賀県に避難した男性は、怒りを抑えるように語った。「相馬市には、原発事故由来の避難者はいないそうです。今まで、市から避難者向けの手紙が届いたことは一切ない。大学生の娘は甲状腺検査でA2判定でした。安全に暮らせるということが担保されないまま、福島に帰るわけにはいかないんです」

 静岡県に避難中の男性は、原発事故から5カ月後に妊娠中の妻と5歳の長男を連れて郡山市を離れた。「私だって、いつまでも公的支援にすがって生きるのは心苦しいです。多くの国民の皆様の汗水にすがって生きることになるからです。支援はいつかなくなる。問題は幕引きの仕方なんです」。男性は原発事故直後から国と闘い続けている。「最愛のわが子に胸を張れる父親であるためにです」。福島市から京都に逃げた女性は、腹痛の伴わない下痢に悩まされた。子どもは鼻血を出した。家族を説得し、学校へのあいさつを済ませて西へ向かった。「自主避難者は勝手に逃げたのではなく、逃げざるを得なかったのです。ラジオでは外出を自粛するよう呼び掛けていたけれど、暮らしていくには給水やスーパーの行列に並ぶしかなかった」。当時、福島市内では20μSv/hを超える放射線量が計測されていた。

 いわき市の男性は、妻子を横浜市内に避難させている。「半年前、除染業者が自宅の放射線量を測ったら『結構高いね』と驚いていた。つい先日、別の業者が再び測りに来た。今度は測り方が前回と違う。すると『0.23μSv/h以下だから除染対象外ですね』と言う。冗談じゃない」と声を荒げた。「実際、病気が増えているじゃないですか」。3人の子どもと妻を福島県外に逃がしているのは、郡山市の男性。「20歳になるまで子どもを避難先に置いて欲しい。20歳になったら戻るかどうかを子どもに決めさせて欲しい」。最近、4人目の子どもが産まれた。妻は大量出血し、幼いわが子の心臓には疾患が見つかった。医師は「被曝の影響?うーん、分からない」と首をひねったという。


【住民避難を嫌がった福島県庁】

 避難者たちは代わる代わるマイクを握り、住宅無償提供を打ち切らないよう訴えた。涙を流す女性、緊張で手が震える男性。どうして被害者がここまでしなければ当然の権利を手にできないのか。そして、都内での避難生活を続ける女性は、勇気を振り絞って言った。「あの時、菅首相が『みんな避難するべきだ』と言ってくれていたら…」。視線の先では、菅直人元首相が時折メモを取りながら避難者の言葉を聴いていた。

 「今日は私の過去の経験を言う場では無いが…」。国政の最高責任者だった自分に対する批判が根強いことは分かっているのだろう。菅元首相は静かに語り始めた。「もっと早い段階でSPEEDIを避難の指針として使うべきだった。私の責任。申し訳なく思っている」、「自主的避難だから、という区別はあり得ない」、「住宅無償提供は絶対に打ち切るべきではない」。そして当時、福島の各自治体が住民避難に消極的だったと打ち明けた。「個人的にはできるだけ避難の基準を厳しくしたかったが、『自治体が機能しなくなる』と自治体関係者の声があった」。

 原発事故当時、双葉町長だった井戸川克隆氏は「彼は正直に話した」と元首相の言葉を振り返った。「当時、福島県庁は官邸にものすごい圧力をかけた。佐藤雄平知事(当時)は俺に言ったんだよ。『県民を外に出したくない』ってね」。住民の生命を守るはずの行政が住民避難に消極的な姿勢をとった結果、多くの「自主避難者」を生んだ。そして今、彼らを切り捨てようとしている。井戸川氏は呼び掛けた。「皆さんは必要に迫られて動いたんだ。自主避難ではありませんよ。そういう考えは捨ててください」。

 会場には、福島県いわき市出身の森雅子参院議員(自民)の姿もあった。あいさつで「子ども被災者支援法案提出の筆頭議員になった」と胸を張ったが、「悲痛な訴えを関係者に届けたい」とだけ話して足早に会場を後にした。森議員は、2012年12月の福島民報のインタビューで「自主避難者を支援する態勢の整備を急ぐ」と語っているが、住宅無償提供延長について、避難者を前に具体的に言及することは無かった。

 大島九州男参院議員(民主)に至っては「内堀さん(福島県知事)だって、国が金を出すと言えば支援を断らないだろう」と、県知事をかばうような発言をする始末。結局、子ども被災者支援法の成立に奔走した一人、福島県伊達市の金子恵美衆院議員(民主)の言葉が政治の無力さを物語っていた。

 「こんなはずじゃなかった、と悔しい思いをしている日々です」


【国の姿勢は「いい加減に自立しろ」】

 福島県南相馬市から神奈川県に避難している女性は、こんな言葉で自主避難者たちの苦境を表現した。「1年ごとに死刑宣告を引き延ばされているようなものだ」。これまで全国で展開された要請行動で、国も福島県も「協議中」と繰り返した。福島瑞穂参院議員(社民)ら支援法議員連盟の申し入れにも、政務官は「まだ決まっていない」との答えにとどまったという。先日の委員会でも、山本太郎議員の質問に対し、山谷えりこ大臣は「福島県からの協議書が正式に提出されていない」と具体的な答弁を拒否した。山本議員は「被曝の問題は、政治の中では終わったことになっているんですよ。被害を矮小化させないと原発再稼働も原発輸出もできないから」と怒りを込めて話した。

 「国のスタンスははっきりしている。『いつまで国に甘えるんだ。いい加減に自立しろ』ですよ。どうして加害者が被害者を線引きするんだ?なぜ密室で決める?」

 福島市を離れて関西での生活を続けている女性は「見える所だけが立派になっても、そんなの復興じゃない。有名な人を呼んでイベントをしたり、子どもたちに食べさせて大丈夫だとアピールすることが復興か」と言葉を強めた。福島県庁では、富岡町から神奈川県内に避難中の坂本建さん(47)がハンガーストライキの座り込みを始めた。梅雨空の下、命がけで支援を求める避難者を尻目に、国は「福島県が」と言い、福島県は「国と協議中」と馬鹿の一つ覚えのように繰り返す。「ひなん生活をまもる会」代表・鴨下祐也さんの言う「打ち切りへの恐怖」から、避難者を一日も早く解放させるのが政治の務めだ。


(文・写真:鈴木博喜)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年6月10日 16:39:51 : L7N7W2WKWY
公的支援云々の以前に、まず国や東電が賠償をほとんどまったくしないという問題がある。
賠償が為されているのは多くが原発立地地域に対してであって、即ちそれはもともと原発マネーを貰っていた所だ。(飯舘村などは例外として)
たくさんの原発マネーを貰っていた人々が、今度はたくさんの賠償マネーを貰っている。
その一方で、原発マネーを貰っていなかった人々は、被害だけを押しつけられてろくな賠償すらなされていない。
しかし、最低限放射性管理区域レベルの汚染を被った被害者には、正当な賠償が為されるべきである。
多くの被害者は、原発事故以来の賠償金の総額として8万とか12万円程度しか貰っていない。
これでは、元の家から避難先への交通費にもならない。

きちんとした適切な金額の賠償が為されれば、住宅などの公的支援はなくて構わない。
十分な賠償金の中から通常の家賃を払えばいいのだから。


2. 2015年6月11日 08:41:29 : QwBRytT5ec
 多摩散人です。

 自主避難とは、「どの範囲からどの範囲への避難」と定義されるのだろうか。東京から四国に避難しても、自主避難だろうか。

 自主避難民に十分な賠償金を払い、範囲も広くすれば、自主避難しない方が損。多摩川の近くにいる私だって、ドナウ川の近くに引っ越します。阿修羅の人は、多摩川の近くだって、危険だ、今すぐ逃げろと言っているのではないですか。


3. 茶色のうさぎ 2015年6月11日 09:51:13 : qtmOTsgWNIsK2 : pYNqa1U0so

森雅子(自民)筆頭の、子ども被災者支援法、が混乱の元凶でしょ。! 足止め、の骨抜き法案。!

共産党なんて津波被害の、岩手三陸とゴッチャに考えてるよ。!

放射能被害は、別箇に考えないと。!と思います。!

チェルノブイリ法なんて無視だもんな。!

現在では、年20ミリまでは除染もないんだよ。! 0.23が、3.8μSv/h、から除染でしょ。!

首都圏なんて除染なんて、夢の夢ですね。! 個人でやるしかないですね。!

すべて、議員たちが悪い。! 自分の給料の心配ばかりと思います。!

そのうち、県庁や国会前で、焼身自殺でもやらないと、マスコミも相手にしないね。!

食べて応援。!の確信犯を、方向転換させるのは。。。共産党が邪魔してるんでしょ。!💢 うさぎ♂


4. 茶色のうさぎ 2015年6月12日 00:33:45 : qtmOTsgWNIsK2 : pYNqa1U0so

坂本­健さんの動画です。! 2015/06/11 公開 Our Planet-TV

「住宅支援の継続を」福島県庁前で避難者がハンスト
https://www.youtube.com/watch?v=bMgoObc0MC8

結論: だれか、助けに行けよー。!


5. 2015年6月21日 18:12:00 : Epp0ueU2qE
>>2
 四国のほうが関東近辺や関西より家賃はやすいのではないか。
 まあ、引越しに掛かる費用は多めにかかりそうだが、4−5年
 経てば四国のほうが、十分おつりがくるのではないか。

6. メロンフルーチェ 2015年7月19日 18:22:15 : xv7JJ36k.BSoI : DTcVZlQKIE
5番さんに同意見ですね

田舎の方が家賃は安いです・・・・関東近辺の家賃の高い場所に避難して 生活が大変と言うのも 後先考えないやり方ですよね

仕事すれば 家賃の安い田舎暮らしでも十分やっていけるんじゃないかな?

そもそも もともと福島も田舎だし(^_^;)

なぜ福島にいた人達が都会に避難したがるのか?疑問ですよね??

便利じゃない生活は 今までもやって来ていて なれているはずなのに・・・

関東圏や関西圏のような便利で家賃の高い場所に行って「生活苦しいのです」って訴えているのも 「本当はやり方が悪いんじゃない?」って言いたくなります。

田舎で生活した方が 物価も違うよ?


7. メロンフルーチェ 2015年7月19日 18:39:12 : xv7JJ36k.BSoI : DTcVZlQKIE
私は福島県民だけど 福島在住の者として言わせてもらうと

福島の復興とは 経済が良くなることが一番だと思っています

お父さんが福島で稼いでいて 母子で避難している人達も 自主避難者の中にいると思うんですけど。

そう言う人達も福島復興を拒んでいるようですが・・・・それもおかしい話です。

ご主人は福島で稼ぎが有る以上は 福島が復興して経済が上向きになることで自分達の生活が支えられているんだと言う基本的な仕組みが理解していないんじゃないかな?

それを無視して 内堀知事の「福島復興」と言っている事がおかしいと批判するのはナンセンス!

ご主人は 福島で収入を得ていて それがあなたたちの生活を支えていると言う事を忘れてそういう訳のわからない事言う方が無知だと思う。


8. メロンフルーチェ 2015年7月19日 20:42:19 : xv7JJ36k.BSoI : DTcVZlQKIE
でもさ・・・この問題はずっと騒ぐんだろうね・・

自分の力で生活しようと言う気が無ければいつまでも支援を頼ってしまうもの

その支援継続の理由づけとして「福島危険」をこの人達はずっと叫び続けるんじゃないかな?

そのうち 本当に福島在住の人間からも呆れられてしまうと思う・・・

もう福島在住の人達は復興に向けて進み始まっているし 自分達は頑張っていかなきゃいけないと思っている福島県民も 増えてきました。

でも・・自主避難した人達はあの時の(3.11のまま)で 止まってしまったのだと思います。

だからね・・進もうと考えている福島在住の福島県民とは 考えが交われないよね・・

この人達は もうずっと福島には戻らな方が良いと思う。 だって福島に戻ったところでこの人達の居場所は福島には無いと思うから・・

早く自立して 新たな地で頑張って欲しいと心から思いますが・・・


9. メロンフルーチェ 2015年7月19日 22:53:02 : xv7JJ36k.BSoI : DTcVZlQKIE
私達 福島に住んでいるけど 今は健康上問題ない生活してます。

鼻血とか 下痢とか???って感じです・・・

福島が原発被害にあって 福島県民はものすごく混乱していました。一時私自身 ノイローゼ気味になったこともあります

学校の体育館などは 強制避難者であふれ返り ネットを見ればデマ情報が満載 ガソリンも無い 食料も手に入らなかったあの悲惨な福島の状況

スーパーが開いていても 人が駐車場まで並んで食料が買えない時もありました。ガソリンスタンドはいつも車が長い列を作っていてガソリンも買えませんでした

本当に皆おかしくなっていて 人が人をののしる事もしょっちゅうでした。

福島ではあの時 みんなノイローゼでしたよ。

自主避難者からは「福島から出ない人は親失格」とか面と向かって言われたこともあります。

その頃 精神的影響で体調も悪くなった人も確かにいてもおかしくない状況でしたよね?

しかし・・5年目になる今は福島は普通の暮らしを取り戻していますし みんな健康で頑張っています。

だから・・あまりあることないこと 遠くにいる自主避難者に「福島危険」を唱えて欲しくは無いです。

在住者はこの福島で本当に頑張って生活しているのですから。自主避難者の方々も福島の事は忘れ 新たな地で 頑張って生活してほしいと思います

戻ってこない方が良いですよ。今の福島は あなた方が考えている福島ではありませんし どんどん復興へむけて進んで行っていますから。

きっと自主避難者の方々にとっては 理解しがたい福島になってきていると思います。

しかし 実際福島に住んでいる私たちにとっては 住みやすい福島になってきています。

しかし・・自主避難者の方々にはそれは気に入らない訳でしょう?

きっと 考え方が 在住者と避難者では 平行線をたどってしまうでしょうし 


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素43掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素43掲示板  
次へ