★阿修羅♪ > 原発・フッ素43 > 272.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
川内原発:高経年化審査「終了前に再稼働するな」 市民団体が県に要望書/鹿児島(毎日新聞・地方版)
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/272.html
投稿者 ナルト大橋 日時 2015 年 6 月 22 日 16:41:46: YeIY2bStqQR0.
 

http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20150622ddlk46040247000c.html

2015年06月22日

 九州電力川内原発(薩摩川内市)の再稼働に不安を抱く原発30キロ圏9市町の住民でつくる市民団体「川内原発30キロ圏住民ネットワーク」は県に対し、運転30年超の原発に対する原子力規制委員会の高経年化技術評価審査が終わるまでは再稼働しないようにと九電と規制委に求めるよう、伊藤祐一郎知事宛ての要望書を提出した。


 運転開始から30年を超える原発は、機器の劣化状況を踏まえた管理方針などを定め、10年間安全に運転を続けられるか確認する高経年化技術評価書の策定が法律で義務づけられている。九電は、再稼働審査を踏まえ修正した高経年化技術評価の申請書類を1号機(運転開始1984年7月)は7月上旬、2号機(同85年11月)は9月上旬に提出する方針。規制委の審査が終わる前に再稼働が始まる可能性が出ている。

 住民ネットワークの高木章次代表(いちき串木野市)は「福島の原発事故をみれば、手続きとして再稼働と直結しないのはおかしい」と話している。

【杣谷健太】  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年6月22日 17:36:23 : tctY4BgZcg

>再稼働しないようにと九電と規制委に求めるよう、伊藤祐一郎知事宛ての要望書を提出した

         九電 規制委員会 伊藤裕一郎知事

   全て 事故が有っても 責任は取らない 三件分裂 なすり合いの三角関係

          事故の無時は 利益の山分け

          なにやってもいい 無法地帯

           アホ安部様の おかげです



2. 2015年6月22日 18:25:48 : atuowgrUnM
あれほどの津波がなければ、ユリアゲ、なんて一生読めないままの地名だっただろう。
鉄腕ダッシュのダッシュ村が浪江にあると日本中にばれたのは、福島原発事故のせいだ。

薩摩川内市は、川内と書いてカワウチではなくセンダイと読むのだと日本中に強く印象つけたいらしい。世界中に有名になりたいらしい。
福島が羨ましいらしい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素43掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素43掲示板  
次へ